『ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る』他 英国空中学園譚シリーズ 全4巻/ゲイル・キャリガー

ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る (英国空中学園譚)
ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る (英国空中学園譚)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
『ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る』2013年2月刊、『ソフロニア嬢、発明の礼儀作法を学ぶ』2013年12月刊、『ソフロニア嬢、仮面舞踏会を密偵する』2015年4月刊、『ソフロニア嬢、倫敦で恋に陥落する』2017年2月刊。

面白かったーーーー!!
19世紀の英国を舞台に、スパイ少女が大活躍するスチームパンク学園冒険譚です。

主人公である貴族令嬢が放り込まれたのは、とある秘密を隠した花嫁学校。
その校舎は空に浮かぶ巨大飛行船であり、教師陣が教えるのは淑女のためのスパイ術。
そんなスパイ養成花嫁学校でスパイとしての頭角を現していく主人公は、次第に英国を揺るがす大きな事件に首を突っ込むことになるのです。

スチパンギミック満載のスパイアクションであると同時に、思春期の少女を描いた青春小説でもある本作。
少女から大人へと変わっていくセンチメンタルな雰囲気や、友情のきらめき、恋のときめきも味わえる一粒で二度も三度も美味しいシリーズでした。控えめにいってすごく楽しかった!

「英国パラソル奇譚」シリーズの前日譚的な物語ですが、内容的にはほぼ独立しているのでこのシリーズだけ読んでも大丈夫だと思います。
が、吸血鬼や人狼絡みのオリジナル用語を把握するのが少し大変かもしれない(もちろん作中で説明はあります)。
アレクシア女史も最高に頭茹だるくらい面白いし、そちらを読んでからだとラストでニヤッとできる、かも??

☆あらすじ☆
吸血鬼や人狼らと人類が共存するヴィクトリア朝英国。
おてんばなわれらが主人公ソフロニア・テミニック嬢は、上流階級の子女が集まる花嫁学校(フィニシング・スクール)に入れられてしまうことに。ところがそこは、情報収集や毒物の使い方、異界族への対処などといった技術を教える、女スパイ養成所だった!?
さらにソフロニアは、空盗賊がらみの謎解きにも巻きこまれる――
歴史情緒とユーモアにみちたスチームパンク冒険奇譚、新シリーズ開幕!

以下、全4巻まとめてネタバレありの感想です。たぶん致命的なネタバレはないはず。

続きを読む 『ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る』他 英国空中学園譚シリーズ 全4巻/ゲイル・キャリガー

終奏のリフレイン/物草純平

終奏のリフレイン (電撃文庫)
終奏のリフレイン (電撃文庫)

評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
かなり凝った世界観(レトロ・フューチャーって良いね)で送られるヒトでなしの少年とモノでなしの人形のボーイ・ミーツ・ガール。
オルゴールモチーフの自動人形や天空に浮かぶ不思議な球体が存在し、それらのオーバーテクノロジーの秘密に迫っていくという展開がすごく好みな作品でした。
大戦が不完全燃焼だったことで史実から改変された世界の行く末も気になります。
主人公とヒロインの対になった関係性も素敵だったけど、物語的には序章な雰囲気。
伏線を回収してほしいので続刊に期待しています!

☆あらすじ☆
「重力子」を操る特殊なオルゴール技術と、その粋である「歌唱人形」が一般化し、ついに「電気離れ」を果たした世界。“機械しか愛せない”壊れた少年技師・タスクがある日、出会ったのは―。「わたしは、ガラテア・シスターズNo.7/リフレイン。今このときより、貴方の『花嫁』です」歌唱人形技術、その始まりとなったオーパーツそのものだと主張する、美しき歌唱人形リフレイン。彼女を巡って事態は動き出す。追う者、追われる者、そして、恋をする者―。“機械しか愛せない”少年と“人間に近づきすぎた”少女型人形。ヒトでなしの人間と、モノでなしの人形の織りなす恋が、世界を変えてゆく―!?世界の歯車が音色を奏でる、旋律のギアハート・ファンタジー登場!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 終奏のリフレイン/物草純平

オリンポスの郵便ポスト/藻野多摩夫

オリンポスの郵便ポスト (電撃文庫)
オリンポスの郵便ポスト (電撃文庫)

評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
第23回電撃小説大賞「選考委員奨励賞」受賞作。
とてもロマンチックな火星ファンタジーでした。
神様が手紙を届けてくれるという伝説のポストを目指す、郵便配達員の少女と機械の体を持つ男。即席凸凹コンビな二人の旅は賑やかなほどにトラブルだらけ。それでも前へ前へと進んでいくのです。
二人の旅路からディストピア化した火星の過去・現在・未来を描き出す、切なくて優しい物語だったと思います。

☆あらすじ☆
火星へ人類が本格的な入植を始めてから二百年。この星でいつからか言い伝えられている、ある都市伝説があった。オリンポスの郵便ポスト。太陽系最大の火山、オリンポス山の天辺にあるというその郵便ポストに投函された手紙は、神様がどこへでも、誰にでも届けてくれるという。―そう、たとえ天国へでも。度重なる災害と内戦によって都市が寸断され、赤土に覆われたこの星で長距離郵便配達員として働く少女・エリスは、機械の身体を持つ人造人類・クロをオリンポスの郵便ポストまで届ける仕事を依頼される。火星で最も天国に近い場所と呼ばれるその地を目指し、8,635kmに及ぶ二人の長い旅路が始まる―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む オリンポスの郵便ポスト/藻野多摩夫

賭博師は祈らない/周藤蓮

賭博師は祈らない (電撃文庫)
賭博師は祈らない (電撃文庫)

評価:★★★★☆
2017年3月刊。
第23回電撃小説大賞「金賞」受賞作。
18世紀末のロンドンを舞台に、奴隷の少女と孤独な賭博師の出会いから始まる物語です。
明日をも知れぬ賭博師の悲哀とか、少女が沈む絶望とか、そういう重く苦々しい側面の描き方が秀逸な作品でした。
一方で、メイン二人の距離感の変化が生み出す雰囲気は、泣きたいくらいに優しくて温かいもの。
その明暗のコントラストが、物語を情緒豊かに彩っていくのです。
また、史実に基づく世界観は奥行きまでしっかり描かれていて、当時のロンドンの日常風景が目に浮かぶようでした。
そして伏線の張り方は絶妙で構成も丁寧。青年と少女の不器用で愛おしい日常が、やがて一世一代のギャンブルにつながる1本の物語として文句なしの完成度だったと思います。
いやほんと素晴らしかった。ぜひシリーズ化してほしい!

☆あらすじ☆
十八世紀末、ロンドン。賭場での失敗から、手に余る大金を得てしまった若き賭博師ラザルスが、仕方なく購入させられた商品。―それは、奴隷の少女だった。喉を焼かれ声を失い、感情を失い、どんな扱いを受けようが決して逆らうことなく、主人の性的な欲求を満たすためだけに調教された少女リーラ。そんなリーラを放り出すわけにもいかず、ラザルスは教育を施しながら彼女をメイドとして雇うことに。慣れない触れ合いに戸惑いながらも、二人は次第に想い通わせていくが…。やがて訪れるのは二人を引き裂く悲劇。そして男は奴隷の少女を護るため、一世一代のギャンブルに挑む。第23回電撃小説大賞・金賞受賞作!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 賭博師は祈らない/周藤蓮

魔法使いの婚約者2・3/中村朱里

魔法使いの婚約者2 秘密の花嫁と覚めない悪夢 (アイリスNEO)
魔法使いの婚約者2 秘密の花嫁と覚めない悪夢 (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

1巻の感想はこちらから


総評:★★★★☆
2巻「秘密の花嫁と覚めない悪夢」2016年4月刊、3巻「偽りの騎士に誓いの花冠を」2016年9月刊。

異世界に転生し、魔王討伐パーティの最強魔法使いの婚約者となった貴族令嬢の物語。
1巻はダイジェストっぽい短編集的な構成がやや不満だったのだけど、2巻からはきちんと長編で主人公たちの物語が描かれています。
ちなみに、タイトルは変わらないけれどここから結婚編。

精神年齢○歳をモノローグでよく意識しているだけに、主人公がとても落ち着いて老成した雰囲気なのが印象的。
ただ、その精神年齢ゆえに遠慮が先にたち、他者に頼らず自分でなんとかしようと気負いすぎているところが不安になったりも。
そんな主人公の思考回路を丁寧に描かれているので、迂闊なところにすら思わず感情移入しちゃうんですけどね。この作家さんの心情描写すごく好きだなぁ。

幼なじみの魔法使いとのロマンスも、二人の不器用さが可愛くてニヨニヨしてしまいました。
「仕方のない人」と夫に微笑みかける落ち着いた妻と、「もっと頼れよ」ってふてくされる口下手夫の関係が良い・・・!
精神年齢のせいで姉さん女房っぽい感じのある夫婦でした。

続きもとても楽しみです。

☆2巻あらすじ☆
剣と魔法の世界に転生してしまった私、フィリミナの婚約者は、愛想はないが強大な魔力を持つ、美しき王宮筆頭の魔法使い・エギエディルズだった。主役級フラグを立てまくりの彼と晴れて結婚したけれど、最近見るのは原因不明の悪夢ばかり。さらに、結婚を周囲に明かしていない旦那様エディには、可愛らしい貴族の娘が急接近して…!?注目度急上昇! 第一回アイリス恋愛ファンタジー大賞金賞受賞作の続編が登場!!

以下、2・3巻まとめてネタバレありの感想です。

 

続きを読む 魔法使いの婚約者2・3/中村朱里

旦那様の頭が獣なのはどうも私のせいらしい2/紫月恵里

旦那様の頭が獣なのはどうも私のせいらしい2 (一迅社文庫アイリス)
旦那様の頭が獣なのはどうも私のせいらしい2 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年2月刊。
変則的「美女と野獣」な、新婚ラブファンタジー第2弾。
面白くなってきました〜!
前巻で気がかりだった幼少時のエピソードが補完されたし、ローゼマリーとクラウディオの両片思い状態もすごく微笑ましくて楽しかったです。ふたりとも赤面するカップル可愛い。
内容的に3巻もありそうな感じなので続きも楽しみです。

☆あらすじ☆
負の感情を持つ人の頭が獣に変化して見えるローゼマリー姫の旦那様は、獅子の頭を持つ大国の王子クラウディオ。幼い日にローゼマリーに魔力を奪われたことで異形の姿となった彼をもとに戻すため、ローゼマリーたちは海を望む聖地へと向かうことに。ところが、聖地では不穏な事件が起きていて――!? 魔力を返すまでの偽りの夫婦だったのに、なんだか私、最近おかしいみたいです……。獣頭の王子と引きこもり姫の異形×新婚ラブ第2弾★

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 旦那様の頭が獣なのはどうも私のせいらしい2/紫月恵里

お守り屋なのに、私の運が悪すぎて騎士に護衛されてます。/黒湖クロコ

お守り屋なのに、私の運が悪すぎて騎士に護衛されてます。 (一迅社文庫アイリス)
お守り屋なのに、私の運が悪すぎて騎士に護衛されてます。 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年2月刊。
お守り屋の少女が、ある依頼を受けたことから命を狙われ、騎士に護衛されるというタイトル通りのラブファンタジー。
なのだけど、個人的には
「お守り屋なのに、私の運が悪すぎて美人オネエに餌付けされてます。」
って感じの印象。騎士ヒーローなのに半分はドレスを着てらっしゃった!
悪運+ツンデレ+不器用という厄介なヒロインと、世話焼きで心配症の美人オネエの組み合わせは可愛くてニヨニヨw
テンポの良いストーリーは予想外にひねった真相があり、全体的に楽しくて満足です。
ただ糖度はあまりなかったし、主人公のデレがもうちょっと見たかったかなぁー。もしシリーズ化するなら続きも読みたいです。

☆あらすじ☆
ご利益があると評判のお守り屋を経営している少女エレナの運は、壮絶に悪い。だから、先日知りあった青年騎士ルイから紹介された、とある高貴なご令嬢から依頼を受けた直後に、矢が飛んできても、馬車に轢かれそうになっても、いつものことだと思っていたのに……。えっ、今回は運が悪いんじゃなくて、依頼のせいで命を狙われてるの? だからってなんで、私が騎士に護衛されないといけないの!? あり得ないほど運が悪すぎる凶運少女と護衛騎士のラブコメディ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む お守り屋なのに、私の運が悪すぎて騎士に護衛されてます。/黒湖クロコ

きみの分解パラドックス/井上悠宇

きみの分解パラドックス (富士見L文庫)
きみの分解パラドックス (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年8月刊。
バラバラにしたい衝動を抱える少女と、彼女がバラバラにしたものを元に戻す少年。
そんな2人が学校近辺で起こった殺人事件の謎を追っていく、というミステリーです。
ヒロインがサイコパスということで理解不能な行動をとったりするけれど、主人公との関係性はなかなか好みでした。
事件そのものについてはコンパクトにまとまっていてサクサクと楽しめたし、シリーズ化したら続きも読みたいと思います。

☆あらすじ☆
物も謎もすべてバラバラに――異質な少女の学園青春ミステリー
物をバラバラにすることに異常な情熱を持つ少女・玲夏と幼なじみの少年・友紀は、総合パズル研究同好会に入部する。とあるバラバラ連続殺人事件の謎を調査する友紀たちだったが、校内で1人の生徒が殺害され――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む きみの分解パラドックス/井上悠宇

魔法使いの婚約者/中村朱里

魔法使いの婚約者 (アイリスNEO)
魔法使いの婚約者 (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2015年11月刊。
第1回アイリス恋愛ファンタジー大賞「金賞」受賞作。
勇者と一緒に魔王討伐パーティーに選ばれた最強魔法使い、の婚約者の物語です。
回想録風でダイジェスト的に語られていく作品でした。そのためやや物足りなく感じるところも。
ただ、負い目のある二人のすれ違いの切なさや、それでも相手を想う恋のときめき、主人公を襲う絶望感といった心情描写がとても素晴らしい作品でした。
本編はあっさりと終わり、その後は他キャラによる本編裏話が語られていくのだけど、もうちょっと主人公自身の話が読みたかったなぁ。
とはいえシリーズ化してるので続きを読んで不満を解消していきたいと思います。

☆あらすじ☆
現世で事故に巻き込まれ、剣と魔法の世界に転生してしまった私。新しい世界で一緒にいてくれたのは、愛想はないが強大な魔力を持つ、絶世の美少年・エギエディルズだった。だが、心を通わせていたはずの幼なじみは、王宮筆頭魔法使いとして魔王討伐に旅立つことになってしまい――。「小説家になろう」の人気作で、恋愛ファンタジー大賞金賞受賞作品、加筆修正・書き下ろし番外編を加えて堂々の書籍化!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔法使いの婚約者/中村朱里

後宮幻華伝 奇奇怪怪なる花嫁は謎めく機巧を踊らす/はるおかりの

後宮幻華伝 奇奇怪怪なる花嫁は謎めく機巧を踊らす (コバルト文庫)
後宮幻華伝 奇奇怪怪なる花嫁は謎めく機巧を踊らす (コバルト文庫)

前作の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
後宮純愛&愛憎劇を描くシリーズ第5弾。
今回エグみ半端ない。よく考えたら主人公が後宮入りしたのってなにげに初めてだったんですね(1作めは皇太子時代だから)
恒例のテーマは「科学」ということで理系ヒロインなのだけど、あとがきに書いてあるとおり「宦官」がテーマで良いと思います。むしろ宦官のアレコレしか印象に残ってないレベル。
面白かったけれど、糖分が補充されたそばから枯渇していく・・・・・・萌えをください・・・・・・。

☆あらすじ☆
12人の妃を一度に娶った凱帝国の崇成帝・高遊宵は、すべての花嫁を出自に関係なく同じ位に拝命し、床を一緒にした者から順に位を上げていくと宣言した。そのため、花嫁たちは皇帝の気を惹こうと必死に競い始めるのだが、ただ一人、科学好きの令嬢・緋燕には全くその気が起きない。緋燕が後宮に入ったそもそもの理由、それは「貴重な科学の本が読めること」、そして「復讐」にあって…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮幻華伝 奇奇怪怪なる花嫁は謎めく機巧を踊らす/はるおかりの

少女小説・ライトノベル率高めの読書感想ブログ