恋と悪魔と黙示録1 契約の獣と身代わりの花嫁

『恋と悪魔と黙示録 契約の獣と身代わりの花嫁』(糸森環著/一迅社文庫アイリス)★★★★☆

恋と悪魔と黙示録 契約の獣と身代わりの花嫁 (一迅社文庫アイリス)
恋と悪魔と黙示録 契約の獣と身代わりの花嫁 (一迅社文庫アイリス)

「花神遊戯伝」(角川ビーンズ文庫)と同じ著者の作品です。
花神のほうもけっこう好きなので、読もう読もうと思っていたシリーズ。
読んでみたら、赤面乙女系ヒーローにやられました。なにこの生きもの、可愛すぎます。
主人公であるレジナも自分の目的をしっかり持った強い女の子なので、とても好感がもてます。アガルを言い負かしたりするしね。
文体自体も、花神と違って三人称視点だからか、読みやすい。花神より好きかもしれません。
2014年2月現在、3巻まで刊行されていますが、この1冊だけでも完結しています。気になっている方にはぜひ読んで欲しい作品でした。

☆あらすじ☆
「あなたは特別。契約して差し上げる」。悪魔の名を記した書を複製する森玄使であるレジナ。ある日、彼女は教会内で美しい獣型の高位の魔物を召喚してしまう。慌てて自室に獣を匿うけれど、聖祭の“神の花嫁”候補が悪魔に襲われる事件が発生!レジナは囮役として花嫁の身代わりをすることに―。そんな中、彼女の危機に美青年に姿を変えた獣が契約を迫ってきて…!?一途な魔物と乙女が織りなす、悪魔召喚ラブファンタジー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 恋と悪魔と黙示録1 契約の獣と身代わりの花嫁

瑠璃龍守護録1 花嫁様のおおせのままに!?

『瑠璃龍守護録 花嫁様のおおせのままに!?』(くりたかのこ著/ビーズログ文庫)★★★☆☆

瑠璃龍守護録 花嫁様のおおせのままに!? (ビーズログ文庫)
瑠璃龍守護録 花嫁様のおおせのままに!? (ビーズログ文庫)

2014年2月13日まで、BOOK☆WALKERでビーズログ文庫の男性向けフェアが開催されています。いくつかのシリーズが1巻100円だったので、気になっていた「瑠璃龍守護録」と「影の王の婚姻」を購入。どちらも続きが気になるくらいには気に入ったので、フェアのキャッシュバックを利用して残りも買おうと思います。
で、まずは「瑠璃龍守護録」の1巻を読んでみました。
弱気だけど心優しい鈴花と、強制的に鈴花の呼び出しと命令に逆らえなくなってしまった黎鳴。傍若無人で人との壁を作りまくり、王であっても命令されたくない!邪魔するやつは足蹴にしてくれる!という黎明ですが、そんな彼が「王には傅きたくないが、嫁には傅きたい」「そういう、性癖だ。」と吐き捨てたシーンで続刊購入が決まりました。素晴らしいセリフです。BOOK☆WALKERフェアでも売り文句になっていました。

☆あらすじ☆
俺様王子は弱腰嫁に絶対服従!? 龍が護る国の、言いなり中華ラブコメファンタジー!!
歳国の田舎に暮らす鈴花は、ある日突然、王子妃候補に選ばれた!
しかも相手は、何人もの妃候補を追いだしたという”半仙”王子・黎鳴。
貧しい家族のため、鈴花は震える声で彼に「お嫁さんにしてください!」と直球勝負!!
あっさり拒否するかと思われた黎鳴だったが、なぜか「御心のままに」と鈴花の前にひざまずき……一体どういうこと!?
俺様王子と弱腰嫁、言いなり中華ラブコメ開始!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 瑠璃龍守護録1 花嫁様のおおせのままに!?

影の王の婚姻1

『影の王の婚姻』(天海りく著/ビーズログ文庫)★★★☆☆

影の王の婚姻 (ビーズログ文庫)

影の王の婚姻 (ビーズログ文庫)

ヒロイン系ヒーローとヒーロー系ヒロインの婿入り話。
ヒーローのクロードがわんこ可愛いです。しかし実際の役にはあまり立たない・・・笑
ヒロインのフィグは凜々しくて素敵です。 性別逆だろ!とすごく思いましたが、まぁこれはこれで萌えます。

☆あらすじ☆
皇女様のスパルタ婿教育!! 婚姻から始まる王宮ラブ(時々暗殺)ロマン――!?
ディシベリア帝国皇女・フィグネリアへの誕生日祝い。それはあまりに怪しい”婿”だった!刺客かと疑うも、クロードと名乗る彼は何にもできない優男。婚儀の夜――早々にフィグネリアがクロードを寝室から追い出そうとすると、何故か扉が開かない。
すると、部屋を突風が駆け抜けた!驚くフィグネリアの前で、クロードが慌てて笛を吹き始め……?
第14回えんため大賞奨励賞受賞作!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 影の王の婚姻1

おこぼれ姫と円卓の騎士8 伯爵の切り札

『おこぼれ姫と円卓の騎士』(石田リンネ著/ビーズログ文庫)★★★☆☆

おこぼれ姫と円卓の騎士 伯爵の切札 (ビーズログ文庫)
おこぼれ姫と円卓の騎士 伯爵の切札 (ビーズログ文庫)

おこぼれ姫が久しぶりに国内に戻ってきた第8弾。騎士獲得のため、犯罪組織への潜入とかしちゃったりしてなんだか刑事ものっぽい雰囲気のある話でした(ミステリー成分もやや入ってます)。
読者としては気になるのは前巻でデュークの告白をうっかり聞いてしまったレティの反応なのですが、うん、まぁ、下の感想に思いの丈をぶつけることにします。

☆あらすじ☆
今度の騎士候補は、幼女趣味(ロリコン)の伯爵子息&魅惑のミステリアス未亡人!
デュークがキルフ帝国でもらした台詞が忘れられないレティだが、一旦頭を切り替え、次の王の専属騎士(ナイツラオブラウンド)勧誘に動き出す。候補は、若くして未亡人となった女伯爵マリアンネと、流行には敏感だが幼女趣味(ロリコン)の伯爵子息ウィラード。しかしマリアンネには“個人的な事情”であっさり断られ、ウィラードは多忙で捕まらない。ようやく交渉できたと思いきや、ある条件が出され……!? 最強女王伝説、第8弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む おこぼれ姫と円卓の騎士8 伯爵の切り札

(仮)花嫁のやんごとなき事情6 円満離婚に新たな試練!?

『(仮)花嫁のやんごとなき事情 円満離婚に新たな試練!?』(夕鷺かのう著/ビーズログ文庫)★★★★☆

(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~円満離婚に新たな試練!?~ (ビーズログ文庫)
(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~円満離婚に新たな試練!?~ (ビーズログ文庫)

ついに地方民も発売日に読めるようになりました!ビーズログ文庫発売日に電子書籍同時配信!
家に引きこもったままiPadでささっと買えちゃうのがいいです。でも、あとがきにあるカバー裏のイラストは収録されず(涙)。電子書籍はこういうデメリットが目立つからいまいち広まらないんだよ!!!と怒りつつ、電子書籍業界の未来のために今後も買い支えていきます。

それはそうと(仮)花嫁シリーズ第6弾。シレイネさま本人登場からの退場で今後の展開どうなるの?え、まだ続くの?とか思っちゃってごめんなさい。むしろ本題に入るよ!ていう意気込みを感じる巻でした。あとがきには箸休めのお話とされていますが、いろいろきな臭い伏線を張ってあって、これからどうなるのかすごく楽しみです。そして相変わらずの時事ネタに変な笑いがこぼれます。このシリーズほんとに笑わせてくれるから大好きです。
今回の見所は(仮)夫婦の精神面の変化ですよ!悶えます。

☆あらすじ☆
(仮)夫婦だからこそ……このキョリ間に身悶える――!!
(仮)の旦那様クロウに対し、“嫌われて離婚してこい”から“ベタ惚れさせて離婚しろ”に命令変更を受けた身代わり花嫁のフェル。それってどうやんの――!? と悩みながらもクロウと距離を縮めていく中、突然「来ちゃった☆」と、クロウの長兄ジルフォードがやってきた!しかも彼はフェルに「愚弟が本当に君の正体に気づいてないと思う?」と言い出し……!?
ニセ新婚生活、爆弾投下の第6弾!

深夜のテンションのまま、「ふひっ」とか変な音出しつつ読んでしまったことを思い返しながら感想です。

続きを読む (仮)花嫁のやんごとなき事情6 円満離婚に新たな試練!?

シュガーアップル・フェアリーテイル14 銀砂糖師と銀の守護者

『シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と銀の守護者』(三川みり著・角川ビーンズ文庫)★★★★☆

シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と銀の守護者 (角川ビーンズ文庫)
シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と銀の守護者 (角川ビーンズ文庫)

今回も面白かったです!いよいよクライマックスに向けて物語が加速していますね。シリーズ第14巻。
シリーズ序盤からの伏線もいくつか回収されました。銀砂糖妖精筆頭とアンの対決、シャルの羞恥心の目覚め(笑)、ヒューの渋かっこよさが見所です!!

☆あらすじ☆
「約束の証をやる。俺が作れるのはこれだけだ」ハイランド国王は、妖精王シャルの申し出を受け「人間と妖精に優劣はない」と誓約することを決める。それを成立させる条件は、シャルが「最初の銀砂糖」を持ち帰ることだった!!アン達は「最初の砂糖林檎の木」に向かう。そこで「最初の銀砂糖」を手に入れるため、アンは持てる技術の全てを賭け、作品を作るが―!?過去と邂逅し、人間と妖精が自らの運命を賭けて戦う!!

感想です。次巻の見返し用も兼ねているのでやたら長いです。

続きを読む シュガーアップル・フェアリーテイル14 銀砂糖師と銀の守護者

思い出のとき修理します2 明日を動かす歯車

『思い出のとき修理します2 明日を動かす歯車』(谷瑞恵著/集英社文庫)★★★★☆

思い出のとき修理します 2 明日を動かす歯車 (集英社文庫)
思い出のとき修理します 2 明日を動かす歯車 (集英社文庫)

伯爵と妖精の新刊を読んで、こっちを買ったまま積んでいたことを思い出しました。
谷瑞恵さんの一般小説2冊目。本屋さんに行くとけっこう目立つ場所に平積みされていて、「よしよし」と思ってしまいます。
前巻で恋人どうしになった時計屋さんと明里。呼び方や距離感が変わっていて、作中の糖度も5割増しですw
日常の小さなミステリーを不思議な雰囲気をまじえつつ、時計屋さんが解き明かしていく短編集。優しい余韻に癒やされます。

☆あらすじ☆
寂れた商店街の片隅に佇む、「おもいでの時修理します」という不思議なプレートを飾った飯田時計店。店主の時計師・秀司と、彼の恋人で美容師の明里のもとを、傷ついた記憶を抱えた人たちが訪れる。あの日言えなかった言葉や、すれ違ってしまった思い―家族や恋人、大切な人との悲しい過去を修復できるとしたら?切なく温かく、心を癒す連作短編集、シリーズ第2弾。文庫書き下ろし。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 思い出のとき修理します2 明日を動かす歯車

伯爵と妖精 新たなるシルヴァンフォードにて

『伯爵と妖精 新たなるシルヴァンフォードにて』(谷瑞恵著/コバルト文庫)★★★★★

伯爵と妖精 新たなるシルヴァンフォードにて (伯爵と妖精シリーズ) (コバルト文庫)
伯爵と妖精 新たなるシルヴァンフォードにて (伯爵と妖精シリーズ) (コバルト文庫)

本編を完結させた「伯爵と妖精」の後日談を描く最後の短編集です。
ついに伯妖も終わりなのか、と思うと涙が出そうになるし、寂しくて仕方ありません。
全33巻という大長編であり、間違いなく少女ライトノベルの名作でしょう。
少女向けのライトノベルらしいにやにやしてしまう恋愛要素を主軸に据えつつ、決して甘いだけではないストーリー展開は他の追随を許さないものでした。
序盤の童話的世界感を出す妖精事件簿的なお話も良かったですし、シリーズの本筋である対プリンスがメインになってからの終盤の緊張感も本当に面白かったです。
今回の短編は、序盤の雰囲気を出しつつ、「ああ、これまでふたりが抱えて戦ってきた問題が本当に終わったんだな」という余韻情緒あふれる後日談となっています。
アルヴィンの可愛さにときめきつつ、変わらぬエドガーに和ませられ、幸せな気持ちになれる短編集でした。

☆あらすじ☆
すべての戦いを終え、平和を取り戻したリディアとエドガー。息子のアルヴィンも生まれ、一家は改めてエドガーの両親の領地を訪ねるが…。文庫未収録の短編を含む、愛いっぱいの後日談。

では、各話の感想でも。

続きを読む 伯爵と妖精 新たなるシルヴァンフォードにて

2013年おすすめ少女小説

2013年もあと少し。
今年は久しぶりにライトノベルに手を出し、私の中で高校時代以来のラノベブームが再燃した年でした。
きっかけはBOOK☆WALKERを利用し始めたからに間違いないです。電子書籍って便利すぎます。いい年してライトノベル買うのに人目を気にしなくていいし、自分以外に蔵書が見られることもないって素晴らしいです(笑)

そんな感じで色々読みあさってみたので、今年読んだ中で個人的にひとさまにおすすめしたい!というシリーズを選んでみました。今回は少女向けライトノベル。少年向けはまた今度で(書かないかもしれないけど)。

このブログでは★5つまたは4つの評価をつけてるものがおすすめ作品なのですが、あらためてシリーズでおすすめするとなると、クライマックスを確認した完結作品のほうがいいかな、と思いましてこちらをすすめてみます。

「デ・コスタ家の優雅な獣」シリーズ(喜多みどり著/角川ビーンズ文庫)全5巻

デ・コスタ家の優雅な獣 (角川ビーンズ文庫)
喜多 みどり
角川書店(角川グループパブリッシング)

ブログでは最終巻の感想しか書いてないのですが・・・。

昨今のキラキラしたお姫様いっぱいの少女向けラノベの中では、かなり異色なマフィアものです。
どんなシリーズか簡単に説明すると、異能の子どもを産ませるために孤児院からマフィアの3兄弟のもとに連れて行かれた主人公ロージーが、自らの自由を手に入れるためにマフィアの世界における地位を得ようと奮闘する、というものです。

全5巻と短めながら、主人公ロージーの成長物語を丁寧かつスリリングに描き出しています。最初はおどおどとして気弱なロージーが、狡猾な裏社会の住人たちを相手に心理戦を展開し「悪い子」になっていく様は、かなり読み応えありますよ!
少女向けラノベに欠かせない恋愛要素もしっかりあります。表紙は男3人に囲まれていますが別に逆ハーレムとかじゃないので、その辺が苦手な方も安心してください。恋愛面でもかなりシリアスですが、繊細な心理描写に惹き込まれること間違い無しです!

「悪い子」に成長していくロージー、秘密主義でもどかしい次男、恋心に振り回されながらもどんどん男前になっていく三男坊、ブラコン炸裂の長男、といった感じにそれぞれのキャラがとても魅力的なこのシリーズ。少しでも興味をひかれたなら、ぜひ試しに1巻を読んでみてほしいです。

というわけで、2013年のイチオシ少女向けライトノベルは「デ・コスタ家の優雅な獣」シリーズなのですが、なんだか筆がのってきたので、もうちょい書き足します。おつきあいくださる方は以下をどうぞ☆

続きを読む 2013年おすすめ少女小説

贅沢な身の上11 ときめきは遙かなる河に乱されて

『贅沢な身の上 ときめきは遙かなる河に乱されて』(我鳥彩子著/コバルト文庫)★☆☆☆☆

贅沢な身の上 ときめきは遥かなる河に乱されて! (贅沢な身の上シリーズ) (コバルト文庫)
贅沢な身の上 ときめきは遥かなる河に乱されて! (贅沢な身の上シリーズ) (コバルト文庫)

よし、もう切ろう。と前回も思ったような・・・
全く面白くないわけじゃなく、途中で読むのを断念するレベルでもない。なんとも微妙なシリーズ。
だらだらと11冊目?うーん。

☆あらすじ☆
稜王夫妻が誘拐された。関係者が一様に「めんどくさ…」と思っているところへ、稜王を解放する条件を記した文が届く。要求は金ではなく、意味不明な珍品。花蓮は、きっと犯人はただの河賊ではないと興味津々。そんな時、天綸に懐いている羽竜という美少年と出会う。初めは女の子だと思った。以前は、天綸と美少女が並べば、楽しく妄想していたのに、それが出来なくなっていることに気づいて…!?

以下、感想(書くことあるかな?)

続きを読む 贅沢な身の上11 ときめきは遙かなる河に乱されて

少女小説・ライトノベル率高めの読書感想ブログ