白竜の花嫁5 愛の終わりと恋の目覚め

『白竜の花嫁 愛の終わりと恋の目覚め』(永野水貴著/一迅社文庫アイリス)★★★★☆

白竜の花嫁 愛の終わりと恋の目覚め (一迅社文庫アイリス)
白竜の花嫁 愛の終わりと恋の目覚め (一迅社文庫アイリス)

ああああああああ!!!!!!

もう、もう、ひたすら辛い苦しい悲しいっ!
ページをめくる度に澄白の苦境に心が痛くなって仕方ありませんでした。どうしてこうなってしまうんだ。
読むのがきついのに、続きが気になって途中でやめられないという鬼畜仕様。
そしてやはり鬼引き。
どうしてこうなっちゃうの、と叫ばずにはいられないほどの悲しいお話でした。こういう展開も嫌いじゃない。でも辛いんだ!!

☆あらすじ☆
「駄目だ。離さない」
始種の骨を略奪した黒竜を追い、古王国に向かった白竜のシュトラールとその“花嫁”である澄白。王宮の地下で、澄白は亡くなったはずのゴルト族の竜、アメテュストと出会う。人間の手により鎖で繋がれた“女神”の存在は、王国の運命だけでなく優しく穏やかだった澄白とシュトラールの関係さえも変えていく―。姫君と竜の青年が織りなすドラゴンラブファンタジー、人気作第五弾!

離さないって言ったくせにぃいいーーーー!
以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む 白竜の花嫁5 愛の終わりと恋の目覚め

白竜の花嫁4 朽ちゆく竜と幸いなるもの

『白竜の花嫁 朽ちゆく竜と幸いなるもの』(永野水貴著/一迅社文庫アイリス)★★★★☆

白竜の花嫁 朽ちゆく竜と幸いなるもの (一迅社文庫アイリス)
白竜の花嫁 朽ちゆく竜と幸いなるもの (一迅社文庫アイリス)

鬼のような引きですね!!!!(驚愕)
ラディエス編といっていいのか、新章の序章な巻。
なんだか怖そうな結末のためにせっせと下準備がされている印象を受けました。
すでに発売されている5巻まで1年近く間があいていることを思えば、リアルタイムでこの巻を読んで「待て、次巻!」されてしまった読者の方々の苦しみたるや・・・・・・今読めて良かった。

☆あらすじ☆
「―私が、欲しいのだろう?」竜の“花嫁”となった小国の姫、澄白とその夫である白竜のシュトラール。ゴルト族の竜、ザフィアの情報から古王国に赴いた澄白たちを待ち受けていたのは、始種の骨を略奪した黒竜、サルグ・アーセファだった!彼の真意が掴めないまま、澄白たちは古王国に滞在することになるが…。かつて竜に愛された人の王の国で、澄白はシュトラールへの想いと向き合うことになって―。人気作第四弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 白竜の花嫁4 朽ちゆく竜と幸いなるもの

she&sea1 海賊王の退屈

『she&sea  海賊王の退屈』(糸森環著/角川単行本)★★★★☆

she&sea 海賊王の退屈 (単行本)

she&sea 海賊王の退屈 (単行本)

「花神遊戯伝」や「恋と悪魔と黙示録」の糸森環さんが自身のホームページに掲載していたオンノベの書籍化です。オンノベを電子書籍で買うってどうなんだ・・・と自分で思わなくもなかったのですが、そこはほら、イラストがカズアキさんですし、縦書きのほうが読みやすいですし。
内容は日本の中学生笹良が突然異世界に放り出され海賊たちに拾われてしまう、というもの。
「she & sea」のweb版は未読です。なのでweb版との違いは分かりませんが、この書籍版は面白かったです。海賊達、とくに王様のガルシアが陽気に残酷なのがたまらなく魅力的でした。ただ、内容的には思いっきり序章ですね。書籍版の続刊があるのか不明ですが、ここで終わらないでほしいな。

☆あらすじ☆
水恐怖症女子・笹良は、スクリーンから溢れ出た波に飲まれ、気づくと幽霊船の上にいた。海賊が海を支配する世界に飛ばされた笹良は、絶対的な海賊王ガルシアの船に拾われ、船の守り神「冥華」と祭り上げられるが!?

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む she&sea1 海賊王の退屈

白竜の花嫁3 隻眼の黒竜と永遠を望むもの

『白竜の花嫁 隻眼の黒竜と永遠を望むもの』(永野水貴著/一迅社文庫アイリス)★★★★★

白竜の花嫁 隻眼の黒竜と永遠を望むもの (一迅社文庫アイリス)
白竜の花嫁 隻眼の黒竜と永遠を望むもの (一迅社文庫アイリス)

糖度が!糖度が・・・っ!!!と悶える前半。
そして、涙なくして読めない後半の落差が半端ないです。
イラストも内容も世界観もなにもかもが美しすぎるシリーズの第3弾。
シュトラール様の学習能力の高さに驚愕します。おそろしい子!
いよいよ「竜の永久」にまつわる異種族婚の問題に踏み込んでいきます。切ない・・・・・・。

☆あらすじ☆
竜の“花嫁”として捧げられた山城国の姫、澄白とその夫となった白竜のシュトラール。奪われた始種の骨を取り返すため、黒竜の領地に向かった澄白たちは、略奪者たちが既に離反していたことを知る。その帰路、突如現われた隻眼の黒竜に澄白は攫われてしまい…。孤高の竜と彼を伴侶に選んだ女性との出会いが、澄白に竜を愛すること、その永久となることを意識させて―。

以下、ネタバレ感想です。
続きを読む 白竜の花嫁3 隻眼の黒竜と永遠を望むもの

白竜の花嫁2 異邦の騎士と銀翼の黒竜

『白竜の花嫁 異邦の騎士と銀翼の黒竜』(永野水貴著/一迅社文庫アイリス)★★★★★

白竜の花嫁 異邦の騎士と銀翼の黒竜 (一迅社文庫アイリス)
白竜の花嫁 異邦の騎士と銀翼の黒竜 (一迅社文庫アイリス)

素晴らしいです! かなり好きなシリーズになりそう。
美麗イラストにぴったりあった神話のような物語。今回はそこに新キャラの騎士が入ることで人間的な物語に変化しています。
かといって1巻の雰囲気を壊すことなく見事に調和させているのがすごいです。
また、1巻では「山城国」という閉じられた世界の物語だったのですが、今巻からは〈外〉の存在感が増しています。それによって広がる世界観にときめきを感じざるを得ない!

☆あらすじ☆
「あなたこそが、私の剣を捧ぐべき姫」。竜の“花嫁”として捧げられた山城国の姫、澄白。夫となった竜のシュトラールと心を通わせ、穏やかな日々を過ごす彼女の前に現われたのは、遠方より飛来した黒竜だった。彼らと地上に降りた澄白は、そこで傷ついた異国の青年と出会う。彼女に救われた青年は、いつしか澄白に惹かれていき…。自らの花嫁を欲する男たちの存在は、シュトラールの内に熱い想いを宿らせる―。人気作第二弾。

興奮気味な前振りになってしまいました。以下、ネタバレ感想です。
続きを読む 白竜の花嫁2 異邦の騎士と銀翼の黒竜

白竜の花嫁1 紅の忌み姫と天の覇者

『白竜の花嫁 紅の忌み姫と天の覇者』(永野水貴著/一迅社文庫アイリス)★★★★☆

白竜の花嫁 紅の忌み姫と天の覇者 (一迅社文庫アイリス)
白竜の花嫁 紅の忌み姫と天の覇者 (一迅社文庫アイリス)

イラストがすごく素敵です。それに相応しく、物語もおとぎ話か神話のような「綺麗」な雰囲気があります。内容は陰鬱な要素が割とあるのですが。
和風ファンタジー、ということになるのかな。人間側は中世(?)日本ぽいけど、竜側は西洋のイメージなので、折衷的かも。
赤い瞳のために「忌み姫」と呼ばれて不遇の身にあった澄白と、彼女が生け贄同然の花嫁として嫁いだ竜のシュトラールの物語。
かなり終盤まで悲壮感たっぷりなのですが、ラストはとても良かったです。じんわり感動するタイプのラノベ。

☆あらすじ☆
「君は綺麗だ。その紅い瞳も、肌も…」
婚礼を控え幸福の中にいた小国の姫、澄白は、国を護るため、竜に捧げられる“花嫁”に選ばれてしまう。異なる形で国を護ろうとする兄の計略に従い、竜を殺すための呪をその身に刻み、嫁いだ澄白。しかし夫となった竜、シュトラールの優しさに触れ、次第に決心が揺らいでいく。竜を殺し許婚のもとに戻るか、竜を救うか―。美しい竜の青年に出会い、澄白が選んだ運命とは―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 白竜の花嫁1 紅の忌み姫と天の覇者

紫陽花茶房へようこそ1 ふたりのための英国式魔法茶

『紫陽花茶房へようこそ ふたりのための英国式魔法茶』(かたやま和華著/コバルト文庫)★★★★★

紫陽花茶房へようこそ ~ふたりのための英国式魔法茶~ (集英社コバルト文庫)
紫陽花茶房へようこそ ~ふたりのための英国式魔法茶~ (集英社コバルト文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2013年11月刊。
とても私好みの小説でした。ほんともっと早く読んでおけば良かった!
文明開化後、大正ロマンを感じさせる日本が舞台。
女学生月子が働く紫陽花茶房へ訪れるお客さんたちが抱えた事情を、「魔女の孫」である紫苑が魔法の紅茶で解きほぐすお話。短編集で3本収録されているんですが、どの話もほんのりと心を温かくしてくれる日常ミステリーで、とても素敵でした。
月子と紫苑の関係もドキドキして見所。紫苑のスキンシップ過多なところが良い。とても良い。
2巻の発売も決定しているそうです。嬉しいな(*´∇`*)

☆あらすじ☆
銀座の路地裏に建つレンガ造りの洋館、紫陽花茶房。帝都一おいしい紅茶で客人をもてなす青い瞳の店主・紫音は英国伯爵家の御曹司で、自称“魔女の孫”。紫音の淹れる“魔法茶”はワケありの客人たちを一夜の夢に誘って…?「深夜十二時、夜のお茶会を開きましょう」。ちょっと不思議な青い瞳の店主と給仕のハイカラ女学生・月子が出会う、香り豊かな英国式魔法茶をめぐるハートフル・ストーリー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 紫陽花茶房へようこそ1 ふたりのための英国式魔法茶

英国マザーグース物語1 婚約は事件の幕開け!

『英国マザーグース物語 婚約は事件の幕開け!』(久賀理世著/コバルト文庫)★★★★☆

英国マザーグース物語―婚約は事件の幕開け! (コバルト文庫)
英国マザーグース物語―婚約は事件の幕開け! (コバルト文庫)

かなり好きなタイプの小説でした。
ライトミステリーの短編2本と主人公セシルの父の死の真相に迫る中編1本。
子爵令嬢なのにある目的をもって男装し、新聞記者として事件を追うセシル。
セシルは知らないけど実は彼女の婚約者であり、仕事のパートナーにもなったジュリアン。
この2人の柔らかな関係性がとても良かったです。
ミステリーの出来自体はそこそこですが、それぞれの事件にはマザーグースが絡められていて、そこから感じられる近代英国の雰囲気に心惹かれるものがありました。

☆あらすじ☆
19世紀、大英帝国の首都―ロンドン。偉大な探検家である当主が亡くなり、長男が爵位を継ぐことになったアッシュフォード子爵家。長女セシルはといえば、子爵家の未来のため、顔も知らない相手と結婚することが決まっている。だが、好奇心旺盛な彼女は結婚までの一年間、新聞記者になるという前代未聞の行動に出た!「子爵令嬢」という正体を隠し、少年姿で働くセシルの前に現れたのは!?―。

では、ネタバレ感想です。
続きを読む 英国マザーグース物語1 婚約は事件の幕開け!

異人館画廊1 盗まれた絵と謎を読む少女

『異人館画廊 盗まれた絵と謎を読む少女』(谷瑞恵著/集英社コバルト文庫)★★★★☆

異人館画廊 盗まれた絵と謎を読む少女  (コバルト文庫)
異人館画廊 盗まれた絵と謎を読む少女  (コバルト文庫)

「伯爵と妖精」「思い出のとき修理します」の谷瑞恵先生の新作。
図像学者の千景と画廊経営者の透磨が、見ると人を不幸にさせる図像が仕込まれた絵の行方を追うお話でした。

図像学というとあまり聞き慣れない言葉ですが、本作を読んでいてダン・ブラウン氏のラングドン教授シリーズ(「ダ・ヴィンチ・コード」etc)を思い出しました。蘊蓄の分量とかはもっとライトですし、事件そのものもあれみたいにおどろおどろしいわけではないんですけど。

絵画に描かれた図像に込められた意味をわかりやすく端的に示してあり、絵画盗難事件から始まる様々なトラブルや主人公千景の過去などに図像の謎解き要素を絡ませつつ、物語は展開します。

千景と透磨の距離感もじれったくて好みでした。幼なじみである千景のことを見守りつつ、敬語口調で毒舌を吐く透磨が素敵すぎます。ライバルにさりげなくない牽制をかけるとこなんか・・・・・・もう!て感じでした(笑)

1冊で完結していますが、シリーズ化してほしい・・・

それにしても、これは「コバルト文庫」なんでしょうか。
コバルトの公式サイトに掲載されているものの、挿絵はないし、カバーの装丁は既存のコバルトのものじゃないですし、発売日も他と異なっていました。かといって集英社文庫とは違った扱いぽいですし。もしかしたらコバルト内の新規レーベルのテストモデル?メディアワークス文庫的な。

☆あらすじ☆
独自の意味を背景や小物に込め、暗号として絵画にする技法、図像。英国で図像学を学んだ千景は、祖父の死を知り日本へ戻ってきた。今は祖母が経営する画廊で、2枚一組の絵画の鑑定依頼を受けた。その絵画は盗難品でいわくつきらしく…!?

もうちょい詳しく、ネタバレ感想。
続きを読む 異人館画廊1 盗まれた絵と謎を読む少女

少女小説・ライトノベル率高めの読書感想ブログ