「講談社X文庫ホワイトハート」カテゴリーアーカイブ

薔薇の乙女は秘密の扉を開ける(薔薇の乙女シリーズ5)/花夜光

薔薇の乙女は秘密の扉を開ける (講談社X文庫)
薔薇の乙女は秘密の扉を開ける (講談社X文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年3月刊。
不死者と戦う力を持つ少女の波乱の運命を描いたヒロイックファンタジー第5弾。
表紙通りの昴回でした。昴が一気にリードした??
ちなみに物語は次巻で完結とのこと。まだまだ問題が山積みのような気がするけれど、最後まで目が離せません!

☆あらすじ☆
闘いのため大切な仲間を失い、《守護者》の昴と気持ちが すれ違い落ち込む莉杏は、父ブルーノに誘われマルタへ行く。幼い頃過ごした屋敷で暮らすうちに失っていた記憶が蘇ってくる。ある夜、突然現れた謎の存在のピエロに聖杯のかけらはドイツにあると言われ!? 強い絆で結ばれ、無条件で惹かれ合う《薔薇騎士》と《守護者》。けれど、唯一の《薔薇騎士》を選んだとき、《守護者》は証を失うかもしれず。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇の乙女は秘密の扉を開ける(薔薇の乙女シリーズ5)/花夜光

公爵夫妻の面倒な事情/芝原歌織

公爵夫妻の面倒な事情 (講談社X文庫)
公爵夫妻の面倒な事情 (講談社X文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年2月刊。
契約結婚+男装学園ものという、女性向けラノベの人気設定を両取りするチャレンジャーなラブコメ。
そのチャレンジ精神は尊重するけれど、1冊でどちらの魅力も引き出すのは難しかったようです。ストーリーは面白いものの、各要素があと一歩物足りない。
ただ、内容的にシリーズ化前提の作品だから巻を重ねれば不満点も解消されると期待しています。
まっすぐな気性のヒロイン、彼女をペット扱いするものぐさ公爵、個性豊かな公爵家の使用人たちなど、登場キャラクターもなかなか魅力的でしたしね。
面白いシリーズになってくれるといいなぁ。

☆あらすじ☆
ノエルは画家見習いの少女。王家お抱えの画家だったという父を捜すため、自分も宮廷画家になることが夢だ。でも、宮廷画家は男しかなれない花形職業……。性別詐称は厳罰と知りつつも、ノエルは男の姿で画家を目指すが、仕事先で出会ったひきこもり公爵リュシアンに、女であることがバレてしまう! そこで秘密を守るのと引き替えに提示されたのは、リュシアンの花嫁になり仮面夫婦生活を送るという条件で……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 公爵夫妻の面倒な事情/芝原歌織

鬼憑き姫あやかし奇譚シリーズ2・3/楠瀬蘭

鬼憑き姫あやかし奇譚 ~なまいき陰陽師と紅桜の怪~ (講談社X文庫)
鬼憑き姫あやかし奇譚 ~なまいき陰陽師と紅桜の怪~ (講談社X文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

1巻の感想はこちらから


総評:★★★☆☆
怖がりな見鬼の姫と陰陽寮の学生が、怪異に挑む平安ファンタジー。
全3巻なのだけど、最終3巻は電子版オリジナルだったりします。こういう形態は今後増えていくのだろうか。
2巻までだと消化不良なので、電子限定であっても3巻で綺麗に完結してくれたので私としては大歓迎ですけどね。もともと電子書籍しか持ってないし。
中途半端な打ち切りが増えるくらいなら、電子だけでも最終巻を出すって方針が定着するといいなぁ。

☆2巻あらすじ☆
この世ならざる者が視える柊は、中納言の姫君。内裏の紅桜の怪にかかりきりの陰陽師生・忠晃への恋心を自覚した矢先、母の失踪が知らされた。山桜の大木に囚われた母を見つけた柊は、内裏の怪の原因を突き止める。一方宮中では、柊が怪異封じの人柱にと名指しされていた。「見捨てるなんて冗談じゃない」決死の忠晃を、宮中の追手が、山の怪異が追い詰めて!?

以下、2・3巻のメモ的な感想です。

続きを読む 鬼憑き姫あやかし奇譚シリーズ2・3/楠瀬蘭

薔薇の乙女は剣を捧げる(薔薇の乙女シリーズ4)/花夜光

薔薇の乙女は剣を捧げる (講談社X文庫)
薔薇の乙女は剣を捧げる (講談社X文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年9月刊。
不死者と戦う力をもった少女の波乱の運命を描くヒロイックファンタジー第4弾。
舞台を日本からロンドンに移してのクリス回。そして、うじうじとネガティブだった莉杏が、精神的にも肉体的にも大きく成長を遂げる修行回でした。
ラストの衝撃でちょっとヘコんだりもしましたが、今回もめちゃくちゃ面白かったです。

☆あらすじ☆
女性でありながら《薔薇騎士》で、誰もが求める聖杯の鍵を握る運命の少女・莉杏は、宿敵《不死者》の王レオナルドの呪いを解くため、仲間と共に英国へ向かうが!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇の乙女は剣を捧げる(薔薇の乙女シリーズ4)/花夜光

「薔薇の乙女は不死の王にまみえる」「薔薇の乙女は聖杯を抱く」(薔薇の乙女シリーズ2・3)/花夜光

薔薇の乙女は不死の王にまみえる (講談社X文庫)
薔薇の乙女は不死の王にまみえる (講談社X文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2巻:2015年4月刊、3巻:2015年8月刊。
やっぱり面白い!
不死者と戦う能力を持った女子高生が、自分の運命を知っていくダークファンタジーの第2弾・第3弾。
吸血鬼ハンター的な物語としても大きく動き出してきました。
それにしてもイケメンだらけの逆ハーレムだけど恋愛どころではなく、ひたすら主人公に鞭を打っていくスタイルなのかな。世界が主人公に優しいようで厳しい・・・・・・・。その試練を乗り越えて少しずつ前向きになろうと努力する主人公は、個人的にはとても好ましかったりします。

☆あらすじ☆
普通の女子高生だった莉杏は、ある日、自分が薔薇騎士団の総帥の娘で、《薔薇騎士》であることを知った。薔薇騎士団の依頼である名門女子校に転入するのだが!?

以下、2冊まとめてのネタバレあり感想です。

続きを読む 「薔薇の乙女は不死の王にまみえる」「薔薇の乙女は聖杯を抱く」(薔薇の乙女シリーズ2・3)/花夜光

薔薇の乙女は運命を知る(薔薇の乙女シリーズ1)/花夜光

薔薇の乙女は運命を知る (講談社X文庫)
薔薇の乙女は運命を知る (講談社X文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2014年12月刊。
こんなに好みなダークファンタジーなのに、なぜ今まで見落としていたのか・・・・・・!
養父母に虐待され、学校では苛められる内向的な女子高生。
そんな彼女が、不思議な転校生の登場と陰惨な事件を通して、自分に隠された秘密を知っていくことになる、という現代ファンタジーです。ゾンビもの? いや吸血鬼ハンター系か?
うじうじとした内面を抱える主人公をはじめ、全体的に薄暗い物語なのですが、その暗さがたまらなく魅力的。
まだまだ序章ではあるものの、少しずつ外側を剥がし足元を崩していくかのような展開にゾクゾクしっぱなしでした。
そして義兄がとても病んでて良いw
次巻以降を読んでいくのが楽しみです(^o^)

☆あらすじ☆
内気で自分に自信のない女子高生の牧之内莉杏の前に、ふたりの転校生が現れた。その日から、莉杏の運命は激変することに!? ネオヒロイックファンタジー登場! 「莉杏、君は薔薇騎士なんだ」 薔薇の証を持つ少女に、ふたりの美青年は出生の秘密を告げる。世界を賭けた宿命の闘いがはじまる。運命の扉が今、開かれる!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薔薇の乙女は運命を知る(薔薇の乙女シリーズ1)/花夜光

ギデオンの恋人/石和仙衣

ギデオンの恋人 (講談社X文庫ホワイトハート)
ギデオンの恋人 (講談社X文庫ホワイトハート)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2011年2月刊。
魔法とサーカスによって出会った、お転婆な少女と無口な青年の恋の物語。
最初から最後まで切なくて、胸がぎゅっと締め付けられるような作品でした。二人とも一途すぎるくらい一途なところがまた切ない。
小粋に喋るライオン・ギデオンも魅力的。
ラストはぽろっと泣けてしまったけれど、幸せな夢を見たような気持ちの良い読後感に満足しました。こういう少女小説ってほんと好きだ・・・!

☆あらすじ☆
舞台は聖歴20世紀初頭のアンゲリア王国。裕福な生まれのメリッサ・クリマイヤーは、初めて訪れたサーカスで、無口な綱渡りの青年リンドウと、人間の言葉を話す不思議なライオン、ギデオンに出会う。ある時、メリッサはリンドウとギデオンがまったく歳をとらないことに気がつく。それは、かれらが交わしているという魔法の契約のせいだった――。切なくて思わず涙する、珠玉のラブストーリー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ギデオンの恋人/石和仙衣

戦女神の婚礼/沙藤菫

戦女神の婚礼 (講談社X文庫)
戦女神の婚礼 (講談社X文庫)

評価:★★★☆☆
2016年8月刊。
神格化されて戦地を駆け抜けた「戦女神」が、戦後、大国の皇帝と政略結婚をすることになるという物語。
女神として兵を率いてきた凜々しい顔と、少女としての優しい素顔を持つ主人公のギャップがなかなか好み。
そこを詳しく書いてほしかった! と残念に思う部分はあったけれど、王道ラブロマンスとしてテンポの良い展開を楽しめる作品でした。

☆あらすじ☆
アイリーンは、アスセナ国の戦女神として、兵士を率いて戦場を駆け廻る生活を送っていた。だが、そんな彼女に突然、国王より嫁入りの命が下る。その嫁ぎ先は、先進の文化を誇る大国、ヴォールグ帝国。花婿は「死神王」と恐れられる冷酷な皇帝・オルランドだったのだ!
鎧をウェディングドレスに着替え、アイリーンは望まぬ愛の誓いを立てる・・・・・・。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 戦女神の婚礼/沙藤菫

鳥は星形の庭におりる/西東行

鳥は星形の庭におりる (講談社X文庫ホワイトハート)[Kindle版]
鳥は星形の庭におりる (講談社X文庫ホワイトハート)[Kindle版]【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2009年3月刊。
神々が去ったあとの世界に残された鳥の塔と迷宮の謎を巡る、聡明な少女と名もなき吟遊詩人の冒険譚。
奥行きのある世界観がとても素敵。主人公の気高さも読んでいて気持ちの良いものでした。
そしてラストの切なさと透明感には胸を打たれます。幸せな余韻に浸れる素晴らしいファンタジーでした。

☆あらすじ☆
双都オパリオンの貴族の娘プルーデンスは、ちょっぴりおませな13歳。亡くなった祖母を弔うため、家族とともにアラニビカ島に向かうが、遺品から護符が見つかって――。島の迷宮の謎をめぐり、プルーデンスは大人たちの陰謀に巻き込まれていくことに。味方となるのは、蒼い衣をまとった名無しの吟遊詩人。容易く女たちを魅了する彼の正体は――。壮大な迷宮ファンタジー、堂々のデビュー!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鳥は星形の庭におりる/西東行

花の乙女の銀盤恋舞

『花の乙女の銀盤恋舞』(吉田周著/講談社X文庫ホワイトハート)★★★★☆

花の乙女の銀盤恋舞 (講談社X文庫ホワイトハート)
花の乙女の銀盤恋舞 (講談社X文庫ホワイトハート)

2016年3月刊。
アイスダンスをモチーフにした競技「氷舞闘」に挑む幼なじみカップルの物語。
初恋をこじらせたヒーローにニヤニヤしたり、身近すぎて鈍感になってしまうヒロインにハラハラしたりと、すれ違うふたりが微笑ましい初恋ものでした。
色々と頑張るヒーローを健気とみるかヘタレとみるかはさておき、その動機が可愛すぎて悶えましたw
肝心のアイスダンスシーンは、神話を氷上に表現していくという情景の美しさが素晴らしいものでした。
糖度も十分に高いし、これは良い少女小説ですね!
ちなみに、前作「氷闘物語 銀盤の王子」の8年後の物語でしたが、前作未読でも問題なく楽しめました( ´ ▽ ` )ノ

☆あらすじ☆
スモンの姫君、ロザリーアは、まだ恋を知らない。一方、幼なじみの貴公子リクハルドは、幼い頃からずっとロザリーアのことを想い続けていた。容姿端麗、頭脳明晰、しかも氷闘の現王者、リクハルド。天が二物を与えた完璧王子なのに、内面は傷つきやすく臆病で、自分の気持ちを伝えることがどうしてもできない。この二人が、男女が組みになって滑る「氷舞闘」に、挑戦することになった。祖国の発展のために著名な氷闘士になるのが夢だったロザリーアは、リクハルドの恋心に気付かぬまま、無我夢中で鍛錬にあけくれる……。個性的な登場人物たちに彩られながら、銀盤の上の魔法が、少しづつ少しずつ不器用な二人の心を寄り添わせていく。いじらしく、可笑しく、可憐な初恋物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 花の乙女の銀盤恋舞