「宝島社」カテゴリーアーカイブ

長崎・オランダ坂の洋館カフェ シュガーロードと秘密の本/江本マシメサ

長崎・オランダ坂の洋館カフェ シュガーロードと秘密の本 (宝島社文庫)
長崎・オランダ坂の洋館カフェ シュガーロードと秘密の本 (宝島社文庫)

評価:★★★★☆
2017年4月刊。
面白かったー!
長崎を舞台にした地元グルメ(甘味多め)満載の恋愛小説。
雨の夜にしか営業しない不思議な洋館カフェと謎めいたオーナーに出会った女子大生が、長崎の様々な魅力に触れていく物語です。
著者の江本マシメサさんが長崎県出身なだけあって、郷土愛にあふれていて実に良いです。読めば長崎旅行に行きたくなること間違いなし。食い倒れしたい・・・!
一年を通して長崎の魅力的な顔を色んな角度からたくさん紹介してくれるのも楽しいし、なにより、頑張り屋の主人公と挙動不審系ツンデレオーナーの距離感が!最高!!

☆あらすじ☆
長崎の女子大学に入学した東京出身の乙女は、オランダ坂の外れに一軒の洋館カフェを見つけ、バイトをすることに。クラシカルで雰囲気たっぷりのカフェのメニューは、一日一品のデザートセットのみ。不機嫌顔のイケメンオーナーは、本業不明でやる気ゼロ。その上、雨降る夜にしか開店しないという謎システム。乙女は怪しすぎるバイトをやめようかと思うが、提供される極上スイーツに攻略され、徐々にカフェと長崎の歴史に夢中になって…。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 長崎・オランダ坂の洋館カフェ シュガーロードと秘密の本/江本マシメサ

京の縁結び 縁見屋の娘/三好昌子

【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』優秀賞受賞作】 縁見屋の娘 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』優秀賞受賞作】 縁見屋の娘 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
第15回『このミステリーがすごい!』大賞「優秀賞」受賞作。
ミステリーというより、人外要素ありの時代伝奇ファンタジーという感じでしょうか。
代々早死にする女系の家に生まれ、祟りつきとの噂がある縁見屋の娘。そんな主人公が、ある行者との出会いから自分に関わる悪縁を知っていく物語です。
彼女の家に隠された秘密に迫っていくストーリーはぐいぐいと読ませるものでした。不思議要素が予想より多かったけれど、緩急の付け方が程よくて面白かったです。
でもそんなことより個人的には当て馬キャラの扱いが気になって仕方ない。
どうしてもモヤモヤがおさまらないので長文で語りたいと思います。

☆あらすじ☆
「縁見屋の娘は祟りつき。男児を産まず二十六歳で死ぬ」―江戸時代、京で口入業を営む「縁見屋」の一人娘のお輪は、母、祖母、曾祖母がみな二十六歳で亡くなったという「悪縁」を知り、自らの行く末を案じる。謎めく修行者・帰燕は、秘術を用いて悪縁を祓えるというが…。縁見屋の歴史と四代にわたる呪縛、そして帰燕の正体。息を呑む真実がすべてを繋ぎ、やがて京全土を巻き込んでいく。

以下、ネタバレしまくり、偏見ありまくりの感想です。笑って許してくださる方はどうぞ〜

続きを読む 京の縁結び 縁見屋の娘/三好昌子

借り暮らしのご令嬢/江本マシメサ

借り暮らしのご令嬢
借り暮らしのご令嬢

評価:★★★★☆
2016年10月刊。
素直じゃない苦労性の騎士と不遇な没落令嬢のすれ違いを描いた王道ラブコメ。
ツンデレヒーローの言動にやきもきさせられつつ、ヒロインとのじれったい微妙な距離感を楽しめる作品です。
健気に主人公を慕うヒロインが可愛すぎてきゅんきゅんするので、主人公には早く素直になってもらいたい。
シリーズ化に期待しています!

☆あらすじ☆
社交界で「麗しの薔薇」と讃えられる高嶺の花、美しき伯爵令嬢アニエス。騎士で貧乏貴族のベルナールは、アニエスに夜会の晩、生まれや育ちを嘲笑うような蔑んだ目で見られたことを根に持っていた。最悪の出会いから5年、アニエスの家は突然没落する。何もかも失い、代わりに悪評のみが残ったアニエス。そんな彼女に手を差し伸べたのは、ベルナールだけだった。ただし、「使用人としてなら」という条件付きで―。誤解から始まる、不器用な恋愛劇、開幕!書き下ろし短編『ジジルの日記帳』も収録!特別収録『悪辣執事のなげやり人生』コラボ短編。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 借り暮らしのご令嬢/江本マシメサ

北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし4 そして、愛しき日々/江本マシメサ

北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし 4 そして愛しき日々
北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし 4 そして愛しき日々

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2016年7月刊。
貧乏領主と元軍人女性の雪国生活を描くシリーズ最終巻。
あまりにも穏やかであたたかい幸せの形に感極まって涙ぐんでしまいました。
飯テロにお腹を鳴らし、イチャイチャ夫婦に砂を吐き、少しずつ日々を豊かにしていく彼らの姿に、読んでいるこちらの心まで豊かになる。そんなシリーズらしさは、最終巻まできっちりと保たれています。
細部まで丁寧に作り込まれた世界観も本当に読み応えがありました。この本を開くとき、いつも私の心は北欧旅行の気分なのです。
本の装丁は常に凝っていて目に楽しく、イラストも世界観を見事に表現。
この素晴らしいシリーズを完結まで読めて良かったです。とても面白かった!

☆あらすじ☆
第3回なろうコン大賞 金賞受賞作!
大人気「北欧」シリーズ、待望の第4弾!
一目惚れからのプロポーズ、一年間のお試し婚を経て、愛を確かめ合ったリツハルドとジークリンデ。リツ両親の帰郷、そして奇跡のような第一子誕生。二年前には想像もしなかった、二人の姿がそこにはあった。季節がめぐるように、家族の形は変化し、辺境の村にも新風が吹き込まれていく――狩って、採って、食べる。ただそれだけの、だからこそ愛しき大切な日常。リツとジークの愛あふれる日々は今日も続いていく。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし4 そして、愛しき日々/江本マシメサ

北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし3

『北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし3』(江本マシメサ著/宝島社)★★★★☆

北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし 3
北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし 3

2016年3月刊。
今回も面白かった!
リツとジークの間に訪れた大きな変化を描く第3巻。
家族って良いなぁとしみじみ思いつつ、終盤は目頭が熱くなってしまいました。
相変わらず飯テロ&砂吐きまくる作品です。まったりとした優しさに心底癒されました。

☆あらすじ☆
一年前の夜会で出会った、立場も文化も異なる二人―辺境の地を治める貧乏貴族リツハルドと、二つ名持ちのイケメン元軍人女性ジークリンデ。一年間のお試し婚の結果、相思相愛を確認し(やっと?)正式な夫婦に!報告と新婚旅行を兼ねてジークの実家へ旅立った二人だが、旅先で待っていたのは想像もしないことばかり!!「ジ、ジーク、も、もしかして!?」「待て、落ち着け。まだ分からない」プレゼント満載のクリスマスツリー。貴族のお茶会に、ほかほかグリューワイン。ジーク父、こだわりの肉汁溢れるソーセージと生ハム、愛情たっぷり薔薇のジュース作り、と心も身体も温まる第三巻です!第3回なろうコン大賞金賞受賞作!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし3

古書街キネマの案内人 おもいで映画の謎、解き明かします

『古書街キネマの案内人 おもいでの映画の謎、解き明かします』(大泉貴著/宝島社文庫)★★★★☆

古書街キネマの案内人 おもいで映画の謎、解き明かします (宝島社文庫)
古書街キネマの案内人 おもいで映画の謎、解き明かします (宝島社文庫)

2016年3月刊。
宝島社さまよりご恵投いただきました。
神田神保町の名画座を舞台にした、古い映画と謎を巡るライトミステリー。
名画座にやってくる人々が抱える様々な想いを、映画を愛する「案内人」が紐解いていく短編集です。
映画館事情や名作映画の裏話などの小ネタも面白く、とても映画館に行きたくなりました。ここに出てくる名画を鑑賞したい気持ちにも。
優しくて温かな良い作品でした。とても面白かったです。

☆あらすじ☆
東京・神田神保町。世界最大級の書店街であるこの街の裏路地には、小さな名画座『神保町オデヲン』がある。大学生の多比良龍司は、そこで出会った女性・六浦すばるに惹かれてバイトを始めることにした。彼女は映画にまつわる悩みを聞いて解決する“案内人”なのだった。映画の感動と興奮、その“おもいで”が人と人を繋いでいく。これは小さな名画座で巻き起こる、どこか温かく懐かしい物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 古書街キネマの案内人 おもいで映画の謎、解き明かします

図書館ドラゴンは火を吹かない

『図書館ドラゴンは火を吹かない』(東雲佑著/宝島社)★★★★☆

図書館ドラゴンは火を吹かない
図書館ドラゴンは火を吹かない

2016年2月刊。
第3回なろうコン選出作。
なんて優しくて、悲しくて、美しい物語なのでしょうか。
図書館を守る孤独なドラゴンが、在りし日の親友との旅路を懐古する物語。
すでに失われた日々を語ることの寂しさが胸を締めつけると同時に、思い出の中の彼らの笑顔に心が温かく癒される作品でした。
物語師であり魔法使いである少年の旅を描く物語としても、児童文学的な懐かしい雰囲気のあるファンタジーとして魅力的。出会いと別れを繰り返す旅人たちが歩む、広大な世界に胸のときめきが止まりません。
この巻は気になるところで終わっているので、続きがとても楽しみです!( ´ ▽ ` )

☆あらすじ☆
とある司書王の遺した図書館で、百年の孤独に耐えながら書物を守る火竜がいた。書物の庇護者たる彼女は、火竜であるにもかかわらず、炎は本を燃やすものとして決して炎を吐かなかった。彼女は夢を見る。それはまだ幼き司書王・ユカと旅した輝かしい思い出。
さぁ、説話を司る神の忘れられた御名において、はじめましょう。少年ユカと竜のリエッキの出会い、そしてその旅路の物語を。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 図書館ドラゴンは火を吹かない

北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし2

『北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし2』(江本マシメサ著/宝島社)★★★★☆

北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし 2
北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし 2

前巻の感想はこちらから


2015年12月刊。
お試し夫婦の雪国スローライフ小説第2弾。
今回も読み応えたっぷり砂糖たっぷりでとても面白かったです!
嫁が好きすぎて生きるのが辛いリツさん、可愛いなーもー⁽◝( •௰• )◜⁾⁾≡₍₍◞( •௰• )◟₎₎ŧ

☆あらすじ☆
雪国の辺境で一年間のお試し婚を始めた、妖精系貴族・リツハルドと猛禽系イケメン女子・ジークリンデ。季節は巡り、極寒の地にも春が訪れる。縁溢れる森の恵み―キノコと燻製肉のソテー、釣りたて魚フライにトナカイ肉のスープ、各種ベリーはパイ、ジャム、お酒にも―賑わう食卓に心浮き立ち、雪解けと共に奥手な二人の距離もゆっくりと縮まっていくが…突然来訪したリツの祖父・アーダルベルトは見抜く、「遠慮をしているから仲も深まらないのだ!」そして村では、もう一組の異文化カップル、アイナとエメリヒの恋も急展開!?狩りと食事と、恋心。ハンティング型スローライフ、待望の第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし2

【雑感】このライトノベルがすごい!2016

『このライトノベルがすごい!2016』(宝島社)

このライトノベルがすごい! 2016
このライトノベルがすごい! 2016

2015年11月刊。
ラノベクラスタ必携の書「このライトノベルがすごい!」の最新版がついに発売されました。
今回初めて協力者として参加しています。
まさか後ろの感想ブログ紹介にうちのブログが載る日がくるとは・・・・・・。良い思い出になりました。

☆内容紹介☆
今本当に面白いライトノベルはこれだ! ライトノベルの今を知るための決定版! カバーイラストは人気イラストレーター・ぽんかん8先生が担当! ライトノベルの今を切り取る作品・キャラクター・イラストレーターランキングのほか、ランキング上位作家の特別インタビューなど、充実の内容でお届けします!

以下、自分の投票した作品を中心に雑感を。ランキングのネタバレがありますのでご注意を。

 

続きを読む 【雑感】このライトノベルがすごい!2016

北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし

『北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし』(江本マシメサ著/宝島社)★★★★☆

北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし
北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし

2015年8月刊。
一目惚れして連れ帰ったお嫁さんと送る、雪国ほのぼの夫婦生活(仮)。
旦那さんが嫁の男前っぷりに惚れ込んでいくところが可愛くて仕方なかったです。そしてお嫁さん視点でニヤニヤ大爆発w
夫婦の可愛さに萌え転がる一方で、北欧先住民の暮らしぶりがとても丁寧に描写されており、読み応えは抜群。巻末参考資料の多さにも納得です。
お嫁さんと一緒に少しずつ雪国の生活を知っていくためか、なんだか北欧の暮らしを体験している気分にもなれました。
とても面白かったです!

☆あらすじ☆
極寒の地を治める伯爵・リツハルド。男前の元軍人・ジークリンデ。彼女の鋭い眼差しに心奪われたリツハルドは、思わず告げる。
「あっあの、自分と結婚して下さい!!」
一目惚れからはじまる、1年間のお試し婚。ソリを駆ってトナカイを狩り、解体&仕分け&熟成。ベリーを摘み、保存食に蝋燭&伝統工芸品も作る合間に、凍結湖で魚釣り。熟成肉の香草焼きに、トロけるチーズとパリパリソーセージ、木の実いっぱいのパンとほかほかサーモンシチュー。自給自足な狩猟民族的スローライフを通して、奥手な2人は無事、正式な夫婦になれるのか!?
応募総数6284作! 日本最大級のライトノベルコンテスト「第3回なろう(小説家になろう)コン大賞、金賞受賞作!!
オーロラ輝く辺境ではじまる、不器用夫婦(仮)のほのぼの生活、スタートです。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし