「T-LINE NOVELS」カテゴリーアーカイブ

お伽鬼譚 亡者と鬼哭の怪異譚

『お伽鬼譚 亡者と鬼哭の怪異譚』(竹林七草著/辰巳出版T-LINE NOVELS)★★★★☆

お伽鬼譚 亡者と鬼哭の怪異譚 (T-LINE NOVELS)
お伽鬼譚 亡者と鬼哭の怪異譚 (T-LINE NOVELS)

鬼の血を引く少年と「語部」の少女が、学校を襲う怪異事件の解決に奔走するという和風怪異譚。
グロありでかなりホラーな作品ですが、めちゃくちゃ面白かったです!
怖い怖いとビビリながらも、日本昔話に出てくるようなおとぎ話をベースに進む濃厚な物語にどんどん引き込まれてしまいました。
そして主人公とヒロインの関係がとても好み。可愛らしい青臭さに思わずニヤニヤです( ´ ▽ ` )

☆あらすじ☆
「あなたは《鬼》よ」血の海に溺れる死体の前に佇んで高校生・如月和真に、長い黒髪の少女はそう言い放った。突然の殺人衝動、その後の曖昧な記憶…。朦朧とした意識の中で何が起こったのか全く分からない…。「俺が殺したんじゃない! 俺は《鬼》じゃない!」幼いころ祖父から聞いた《如月家は鬼の子孫》という伝承。己の血脈、自分の中の《鬼》を恐れていた和真。そしていま、大量の血を吐いて絶命する死亡事件が立て続けに起こり、犯人は自分ではないかという妄想に怯える。そんなある日、転校生がクラスに入ってきた。媛田愛鈴珠(ひめだありす)と名乗るその転校生は、あの忌まわしい夜、和真を《鬼》と呼んだ少女だった…。
人喰い鬼の末裔である少年と語り部一族の少女が怪現象につながるお伽話を推理し、お伽話から抜け出た怪異を封じる異能バトルエンタテイメント・ホラー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む お伽鬼譚 亡者と鬼哭の怪異譚

実存系ドグマストラ1 勇者タケジョーの青き流転

『実存系ドグマストラ 1.勇者タケジョーの青き流転』(十文字青著/辰巳出版 T-LINE NOVELS)★★★☆☆

実存系ドグマストラ 勇者タケジョーの青き流転 (T-LINE NOVELS)
実存系ドグマストラ 勇者タケジョーの青き流転 (T-LINE NOVELS)

新創刊のT-LINE NOVELSから出版された青先生の新作ダークファンタジー。
どんなものかな?と思っていたところに飛び込んできたのがこのツイート。


読んでみたら、なるほど。
これはライトノベルレーベルではストップがかかるかもしれませんね。
薔薇マリでもちらちら顔を出していたエログロ押しな感じかなぁ?と予想していたのですが、なんだか違う方向で重い作品でした。
副題通り「勇者」の物語なわけですが、主人公が背負うものがいわゆる「勇者」のイメージとはかけ離れて重すぎるのです。
まさに「流転」としか言い様のない生き方をすることになってしまった主人公タケジョー。彼の選択と、それが引き起こす後悔や苦悩を描く第1巻でした。
物語としては、ラストの展開でようやく序章が終わったというところでしょうか。タケジョーがどうなっていくのか続きが楽しみです。
あ、公式PVもあるんですよ。

歌ってるのは声優の野島健二さん。本の巻末に歌詞が載ってました。

☆あらすじ☆
「おれは勇者になることにした」
幼いころ父母を亡くし、悪名高き七号孤児院で辛酸を舐めつくしたタケジョーは自分に残された唯一の希望――《勇者》になる道を選ぶ。
中原を支配する央国の戦士《勇者》は、煌熱魔法ドグマを操り敵を殲滅する。かつて央国を苦しめた国アルメンの異能戦士《ドグマストラ》の能力を徹底的に研究し産み出されたのが央国産ドグマストラ――《勇者》であった。タケジョーと勇者専門学校に集まった十一人の新入生は、入学初日から厳しい訓練を課せられ、勇者になるため地獄の日々が続く。ついに卒業を目前にしたある日、央国に敵対する北秋の攻撃に合う。襲撃部隊の中には、激烈な力を持つ、かつては央国の勇者だった男がいた。影修羅――反・央国の旗幟を掲げた「黒金剛の血盟」に与した勇者であった。影修羅の前に、一癖も二癖もあり実力派勇者であるはずの教官たちは次々に撃破されてしまう。
「ああ、こいつはおれたちより上だ。ずっと上の存在だ…」
影修羅の圧倒的な力の前に、降伏を余儀なくされるタケジョー。絶望に打ちひしがれたタケジョーが選んだ道とは…。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 実存系ドグマストラ1 勇者タケジョーの青き流転