「角川スニーカー文庫」カテゴリーアーカイブ

ひとくいマンイーター/大澤めぐみ

ひとくいマンイーター (角川スニーカー文庫)
ひとくいマンイーター (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年3月刊。
「おにぎりスタッバー」の前日譚であり、魔法少女サワメグが主人公の物語。
今回も面白かったです。文章は前巻よりもマトモ(?)になっているのだけど、それは全てサワメグのおかげ。しかし前巻とは打って変わって哲学的というか形而上学的というか、考えれば考えるほどに深みにはまっていきそうな雰囲気をこじらせてるのもサワメグのおかげ。
歪で凄惨でわけわからん物語が繰り広げられていくのは相変わらずで、それが爽やかな青春ストーリーとして綺麗に着地するのも相変わらず。お見事でした。

☆あらすじ☆
「わたしは魔法少女。敵は連続殺人鬼」――世界と戦う、孤高の青春エンタメ。
「あ、目が覚めたんだ」見知らぬ天井。咽せるような血の臭い。「こんな場所で何してたの?」思い出せない。ここはどこだ。なぜわたしは倒れている。「とにかく気を付けなよ、人食いマンに」巷で噂の美少女専門の連続殺人鬼?「攫われて殺されてバラバラにされて食べられちゃうんだよー」そうだ、わたしはそいつを必ず見つけて
――「この手で殺さないといけないんだった」
サワメグとアズの出会いを語る「おにぎりスタッバー」前日譚。

以下、ネタバレありの感想です。ネタバレ強めなので未読の方は要注意です。

続きを読む ひとくいマンイーター/大澤めぐみ

縛りプレイ英雄記 奇跡の起きない聖女様/語部マサユキ

縛りプレイ英雄記 奇跡の起きない聖女様 (角川スニーカー文庫)
縛りプレイ英雄記 奇跡の起きない聖女様 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
強面高校生が異世界に転移。そこは回復魔法が使えなくなったことで混乱が起こっている世界だった、という異世界転移ファンタジー。
定番ネタを使いつつ回復魔法なしの縛りプレイってところに個性を出そうとする作品だと思います。実際の内容はちょっとイメージと違ったけれど、無難に手堅くまとまっているのではないでしょうか。

☆あらすじ☆
回復魔法が使えない!? ダメ聖女をしつける、制限アリの異世界放浪ラブコメ!
凶悪すぎる見た目以外はフツーの高校生・仁王院陣は、不幸な事故の末なぜか異世界に。ひとまず小鬼(ゴブリン)に襲われていた美少女を助けたところ、シスターらしい彼女は傷の治療をしてくれると言う。ついに魔法の登場かとファンタジー世界に今さら感動する陣だったが、彼女はその舌でそっと傷を舐めようと――「いや、舐めるってのは医療行為として間違ってるから! 」回復魔法が使えない天然聖女とふたりきり、先行き不安な冒険が始まる!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 縛りプレイ英雄記 奇跡の起きない聖女様/語部マサユキ

異世界詐欺師のなんちゃって経営術4/宮地拓海

異世界詐欺師のなんちゃって経営術4 (角川スニーカー文庫)
異世界詐欺師のなんちゃって経営術4 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年3月刊。
異世界に転生した元詐欺師が、貧乏食堂の再建を目指すシリーズ第4巻。
これで書籍版は完結とのこと(WEB版は続いている様子)
楽しみにしていたシリーズだっただけに残念です。
ただ、区切りの良いところで終わっているし終盤の盛り上がりも素晴らしく、満足感の高い完結巻でした。
宮地さんの次回作も期待しています!

☆あらすじ☆
元詐欺師VS.行商ギルド! 『嘘が吐けない都市』を揺るがす大勝負!!
元詐欺師のスキルをフル活用し、食堂を軌道に乗せはじめたヤシロ。いつも通りパイオツカイデーなジネットと、順調に店の認知度を高めていた矢先、雨が降り始める。大雨による不作・物価高騰に苦しむ領民と、彼らを追い詰める行商ギルドの非道さを見たヤシロは――「あくまで自分のためだ」そう宣言し、行商ギルドに勝負を挑む! しかし狡猾な行商ギルドのアッスントは“精霊の審判”でジネットをカエルにすると脅迫して……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界詐欺師のなんちゃって経営術4/宮地拓海

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?#EX/枯野瑛

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?#EX (角川スニーカー文庫)
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?#EX (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年2月刊。
終末なにしてますかシリーズ初の短編集。
アニメ化予定の完結済み前作の方のお話です。
全体的にほっこりと温かい話のはずなのに、切なくてたまらない気持ちにさせるのが流石すぎて。

☆あらすじ☆
2017年4月よりTVアニメ放送開始予定! 「終末なにしてますか~?」第一部、外伝。
春の陽だまりの中、幼い少女妖精・ラキシュは《聖剣》セニオリスを抱え夢想する――。
それは500年前の出来事。正規勇者(リーガル・ブレイブ)リーリァ14歳、準勇者(クァシ・ブレイブ)ヴィレム15歳。人類を星神(ヴィジトルス)の脅威から救う兄妹弟子の日常は、なかなかにデタラメで色鮮やかで……。
それは少しだけ前の出来事。死にゆく定めの成体妖精兵クトリと、第二位呪器技官ヴィレム。想い慕われる一分一秒は、忘れ得ぬ二人の夢となる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?#EX/枯野瑛

エス・エクソシスト/霜月セイ

エス・エクソシスト (角川スニーカー文庫)
エス・エクソシスト (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年2月刊。
第21回スニーカー大賞「特別賞」受賞作。
ドSの女子高生エクソシストとそのアシスタントが、悪霊退治に挑むオカルトファンタジー。
ヒロインがかなりキツイ性格で暴力系なので、読む人を選びそうだなぁとしみじみ思いました。
事件そのものについては悪くなかったので、個人的には割と楽しめた感じ。
しかしほんと可愛げがあるのかないのか分からんヒロインだったなぁ・・・・・・。

☆あらすじ☆
女子高生にして悪魔祓い師の瑠璃崎蒼音と、彼女の下僕……もといアシスタントの一色弘青は“人間の未練”に取り憑く悪魔を退治するため、日々奔走するが? ドS少女と苦労人青年のバイオレンス悪魔退治バトル!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む エス・エクソシスト/霜月セイ

まるで人だな、ルーシー/零真似

まるで人だな、ルーシー (角川スニーカー文庫)
まるで人だな、ルーシー (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年1月刊。
第21回スニーカー大賞「優秀賞」受賞作。
これはまた尖った個性のある新人作品が出てきたなぁ。
「エキセントリックボックス」という不可思議な現象に、自分を構成する要素を捧げて願いを叶えてもらう少年の物語。
願いが叶うほどに自分ではなくなるのに、投げやりみたいな気軽さで願いを叶えていく少年の虚無的な雰囲気にひきこまれる作品でした。
箱の名前そのままにエキセントリックな世界観でありつつ、最後まで読むとしっかり青春小説。
個人的には文章が微妙に相性悪い感じだったものの、こういう作風は好き。
この作品が続くかは分からないけれど、今後も尖った作品を送り出してほしい新人さんです。

☆あらすじ☆
「代償は、悲しみだけど?」「ああ。そいつは僕にいらないものだ」「そっか!」景色をその身に纏った少女・スクランブルはうれしそうに笑うと、小さく握りしめた拳で御剣乃音(みつるぎのおと)の腹を抉る――。人身御供となった御剣の願いを叶える神代タイム1分間の代償は【打算】【キスのうまさ】【愛情】etc. 人の感情を贄にして、エキセントリックボックスはヒトに近づく……。最終選考会騒然の異色作!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む まるで人だな、ルーシー/零真似

この素晴らしい世界に祝福を!スピンオフ 続・この素晴らしい世界に爆焔を! 我ら、めぐみん盗賊団/暁なつめ

この素晴らしい世界に祝福を!スピンオフ 続・この素晴らしい世界に爆焔を! 我ら、めぐみん盗賊団 (角川スニーカー文庫)
この素晴らしい世界に祝福を!スピンオフ 続・この素晴らしい世界に爆焔を! 我ら、めぐみん盗賊団 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年1月刊。
めぐみん主人公のスピンオフ再始動。
銀髪盗賊団に中二心を刺激されためぐみんが、ファンクラブ的下部組織を作る!という外伝作品。
なんていうか、めぐみんはホントにカズマさんが好きなんだなぁって思うシーンが多くてムズムズしましたw

☆あらすじ☆
エリス祭のときに出会った銀髪盗賊団に憧れ、自らも盗賊団を結成することを決めためぐみん。しかし、集まった団員は、いつもの万年ぼっちに、世間知らずの王女様、アブないシスターと、問題児ばっかりで――!? 電子版特典として、電子限定書き下ろし短編『盗賊少女、頑張ってます』を特別収録!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む この素晴らしい世界に祝福を!スピンオフ 続・この素晴らしい世界に爆焔を! 我ら、めぐみん盗賊団/暁なつめ

いつかの空、君との魔法2/藤宮カズキ

いつかの空、君との魔法II (角川スニーカー文庫)
いつかの空、君との魔法II (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年1月刊。
箒で空を飛ぶ少年少女の青春ファンタジー第2弾。
前巻のすれ違い幼なじみも素晴らしかったけれど、今回はそんな二人の姿を傍で見て心を痛めていた先輩がメインのお話。
誰かを好きな人のことを好きになる恋って、どうしてこうも切なくて、悲しくて、目が離せなくなるのでしょうか。
レイシャを好きにならずにいられない第2巻。今回もとても素敵な空と恋の物語でした。

☆あらすじ☆
ひとりじゃ飛べない空がある――空翔る青春ファンタジー、恋心揺れる第2幕
『カリム、好きだよ。大好き――』
〈青空のヘクセ〉として街を救い、急速に距離を縮めるカリムと揺月。ふたりを見つめるレイシャの心は揺れ、この恋を諦めようと決意する。
「告白なんて、出来るわけないよね」
――しかし人々を突然の眠りに誘う謎の精霊〈宿無し〉対策のため、レイシャはカリムとデートすることになり、さらには揺月の代役で〈ヘクセ〉として二人で飛ぶことに……?
少年少女の三角関係が描く、波乱の空模様。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む いつかの空、君との魔法2/藤宮カズキ

おにぎりスタッバー/大澤めぐみ

おにぎりスタッバー (角川スニーカー文庫)
おにぎりスタッバー (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年1月刊。
うーむ、これはまた凄まじい作品でした。
普通の(?)女子高生の平和な(?)日常(?)をぽけ〜っと読んでいたはずなのに、ふと気づけば異次元に放り込まれて出口が見えずに迷子になってしまう感じ。何が出てくるか分からない闇鍋のような物語。なんだこれ変な話だな好き!
しかしネタバレ抜きには説明しにくいんですよね。文章表現も内容もアクが強いから好き嫌いがかなり分かれるタイプだと思うのだけど、「まぁまぁモノは試しに」ってニヤニヤしながら人に読ませてみたい気もする。でも責任は持てない。そんな感じの異色すぎる青春小説でした。

☆あらすじ☆
世界を巻き込む、自意識と恋。
中萱梓。愛称アズ。
見た目も成績も地味なのに「なんか援交だか売春だかをやっているらしい」という噂によって、クラス全員に避けられている。
彼女があの時男を連れ込んで、俺が台所にいて、まあいわゆる修羅場になったせいで、魔法少女やらおにぎりやらが出てくる奇怪な事件が始まったんだが、そんなのは些細な話だ。俺が誰かも気にしなくていい。
だけどどうか彼女の話を聞いてやってくれ。
《自意識持て余し気味のあなたへ捧げる、WEB発、危険な青春エンタメ》

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む おにぎりスタッバー/大澤めぐみ

うさぎ強盗には死んでもらう/橘ユマ

うさぎ強盗には死んでもらう (角川スニーカー文庫)
うさぎ強盗には死んでもらう (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年1月刊。
第1回カクヨムWeb小説コンテスト「ミステリー部門」大賞受賞作。
これは凄い。何が凄いって、ネタバレなしに何が凄いのかを語れないくらいに凄いんです。
伝説のポーカープレイヤー「うさぎ強盗」を中心に、繰り広げられ混ざり合う複数の事件。
殺し屋やクラッカーや人身売買組織などがはびこる裏の世界で、アウトローな仲間を揃えた「うさぎ強盗」は何をしようとするのか。
複雑な構成の群像劇であるため、なかなか読むのに根気がいる作品かもしれないけれど、次々と飛び出す謎と真実にワクワクが止まりません。
1冊で綺麗に終わっているから続きはあってもなくてもいいかな。橘ユマさんの次回作も楽しみです!

☆あらすじ☆
あなたをここで口説きたくて、俺はうさぎ強盗になったんだーー
京都左京区のマンション。空き巣に入った泥棒カップルは、痴話ゲンカ真っ最中だった。
その向かいのオフィスビル屋上。青年は潜入した人身売買組織に、殺人を強要されていた。
悪鬼蔓延る上海の外灘地区。最強の殺し屋は、今まさに亡き師匠の敵を追い詰めていた。
そこから1200kmの広東省。田舎町のパブで、少年は23回目のチェックメイトを宣言した。
――伝説の賭博師“うさぎ強盗”が彼らの物語を繋ぐとき、驚愕のエンディングが訪れる!

以下、ネタバレありの感想です。
前情報なしで読んだほうが絶対に楽しめる作品だと思うので、未読の方は要注意!

続きを読む うさぎ強盗には死んでもらう/橘ユマ