「集英社文庫他」カテゴリーアーカイブ

木もれ日を縫う/谷瑞恵

木もれ日を縫う
木もれ日を縫う

評価:★★★★☆
2016年11月刊。
疎遠な関係の三姉妹のもとに突然現れたのは、行方不明だったはずの母親。嫌っていた母の存在をきっかけに、少しずつ三姉妹の心に変化が生まれていく。
本当の自分とは何か、大事にすべきものは何か、価値あるものは何か。
答えに迷う三姉妹を「山姥」の母が優しく導いていく物語です。
温かくて優しくて、そして少し切ない家族の姿がそこにはありました。
母によって結び直されていく三姉妹の絆を、作中で重要な意味を持つパッチワークに例えていく語り口はとても柔らか。
その一方で、彼女たちが母に覚える違和感には理由があり、その秘密に迫っていくミステリーでもあるのです。
謎が明かされる終盤は目頭がぐっと熱くなり、自分の両親に優しくしたいと思わずにいられませんでした。

☆あらすじ☆
ファッション業界で働く小峰紬(こみね・つむぎ)の前に、行方不明だった母親の文子が姿を現した。自身を「山姥になった」と言い、面影にもどこか違和感がある母に困惑する紬。母を山奥から東京に連れてきた古書店主の柳川から話を聞きつつ、年の離れた姉の麻弥と絹代に相談する。恋愛と仕事に迷いを感じている二十代半ばの紬、女である自分に悲しみを抱えている三十代の麻弥、夫との間にすれ違いが生じ始めている四十代の絹代。それぞれに悩みをいだく三姉妹は、疎遠になっていた母親と再会し、少しずつ距離が縮まる中で、自分たちの幸せの形に気づいてゆく。そんなとき、母をある事件が襲い――。
三姉妹は母との絆を結び直せるのか。心に染みるミステリー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 木もれ日を縫う/谷瑞恵

思い出のとき修理します4 永久時計を胸に/谷瑞恵

思い出のとき修理します 4 永久時計を胸に (集英社文庫)
思い出のとき修理します 4 永久時計を胸に (集英社文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
大好きな谷瑞恵さんの一般文芸初進出となるシリーズでしたが、ついに完結。
懐かしい思い出と、その時を刻む時計の優しい物語。最後までとても素敵でした。穏やかな気持ちになれる良い作品だったと思います。
そして秀司と明里のカップル、本当に大好きです。

☆あらすじ☆
不仲に思えた両親の絆、亡き妻への秘めた思い…時計店には今日も人々の「思い出」が持ち込まれる。そんな中、秀司が作ってくれているドレスウォッチの完成が近いと聞き、喜びとともに複雑な気持ちになる明里。秀司の元に、スイスの時計工房から手紙が届いているらしいからだ。ともに商店街で暮らす未来を夢見つつ、本当は秀司がスイスで修業を続けたいのではないかと悩み…。ついに完結!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 思い出のとき修理します4 永久時計を胸に/谷瑞恵

拝啓 彼方からあなたへ

『拝啓 彼方からあなたへ』(谷瑞恵著/集英社)★★★★★

拝啓 彼方からあなたへ
拝啓 彼方からあなたへ

「伯爵と妖精」「思い出のとき修理します」の谷瑞恵さんが初の単行本を出版されると聞いてから、ずっと読むのを楽しみにしていた1冊です。
期待に違わずとても面白かった!
「手紙」をテーマにしたミステリーであり、主人公は「手紙」を扱う雑貨屋の女性店主です。
店に訪れるお客さんたちの、「手紙」にまつわる小さな心温まるエピソードに触れる日常。そんな日々の中で、主人公は自分に「手紙」を託した親友の不可解な死の謎に迫っていきます。
最初は「思い出のとき」のようなライトミステリー系の連作短編なのかと思っていましたが、中盤以降から雰囲気ががらりと変わってしまいました。これは長編ミステリーになるのかな?
ライトミステリーほどライトではないし、かといって本格ミステリーのような終始殺伐とした作品とも違うような気がします。帯には「ハートフル・ミステリー」と書いてありました。確かにこの表現が一番近いかもしれません。
そして、谷瑞恵作品といえば繊細な恋愛感情とそれに対する戸惑いと苦悩の描写。
本作は今までの作品よりさらに一歩踏み込んで、より複雑で息が詰まるような大人の恋愛感情が描かれていきます。
少女小説とも「思い出のとき」とも違う、谷瑞恵さんの新境地を見ることができた作品でした。本当に素晴らしかったです。

☆あらすじ☆
親友の響子に「自分が死んだらこの手紙を投函してほしい」と託された詩穂。
響子の死を知った詩穂は手紙を開封し、響子の過去にまつわる事件に巻き込まれてゆく・・・。
ベストセラー作家初の単行本。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 拝啓 彼方からあなたへ

思い出のとき修理します3 空からの時報

『思い出のとき修理します3 空からの時報』(谷瑞恵著/集英社文庫)★★★★☆

思い出のとき修理します 3 空からの時報 (集英社文庫)
思い出のとき修理します 3 空からの時報 (集英社文庫)

優しい時計職人さんがいる修理専門の時計店。
そこへ訪れる人々の様々な「思い出」が語られる連作短編シリーズの第3巻です。
巻を重ねるにつれて谷さんの一般小説作家としてのスキルアップを感じます。
ファンタジーである前作以前の名残が強く感じられた1巻、付き合いたての恋人達の初々しさにときめく2巻、そして、これまで以上に「家族」という形の内側に踏み込んだ「思い出」が語られる3巻。
どれも優しくて温かな雰囲気に満ちたものでありながら、その中にほんのりとスパイスをきかせるように暗く重たい人の負の感情が混じるところがとても谷さんらしいというか。今巻は特にハッピーエンドとは言えないほろ苦い結末が多くて、思わずため息が出てしまうような読後感でした。でもこういう話も好きです。
恋敵登場!?という流れにドキドキしたものの、読み終わって一番に思うことは秀ちゃんかっこよすぎるということだけでした。

☆あらすじ☆
穏やかな交際を続ける明里と秀司。ある日「秀司の時計店を女が手伝っている」と教えられた明里は、店で骨董店の娘・郁実と出会う。東京での仕事を辞めて帰ってきたという彼女は、商店街のお祭り準備で秀司が不在がちの今だけ、店番をしているのだという。自分と境遇の似た彼女に共感を覚えつつも、秀司との関係に少しだけ不安を感じて…。切なく温かく、心を癒やす連作短編集、シリーズ第3弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 思い出のとき修理します3 空からの時報

いちご同盟

『いちご同盟』(三田誠広著/集英社文庫)★★★★☆

いちご同盟 集英社文庫
いちご同盟 集英社文庫

「四月は君の嘘」の重要シーンで引用されていたことから、気になって読んでみた作品です。
wpid-20141115095058.jpg

四月は君の嘘(1) (講談社コミックス月刊マガジン)四月は君の嘘(1) (講談社コミックス月刊マガジン)
新川 直司講談社Amazonで詳しく見る

軽い気持ちで読んで打ちのめされました(君嘘の内容的に覚悟しとけよという話ですが)。
15歳になるかならないかの中学生3人の交流を描く物語で、登場するのはピアノを弾く少年と、野球がうまい少年と、病床の少女。
読んでみれば、なるほど確かに「四月は君の嘘」はこの作品のオマージュ的な側面がありますね。細部は違いますが、テーマはどちらも共通して強烈。
生きるとは何か、死ぬとは何か。人生の道筋を、生まれて初めて真剣に考えるであろう中学生ならではの人生観。
15歳というのは子供と大人の境界を歩くアンバランスな生き物なのだと再認識させられつつ、今の自分にとっても深く突き刺さる言葉にあふれた作品でした。

☆あらすじ☆
中学三年生の良一は、同級生の野球部のエース・徹也を通じて、重症の腫瘍で入院中の少女・直美を知る。徹也は対抗試合に全力を尽くして直美を力づけ、良一もよい話し相手になって彼女を慰める。ある日、直美が突然良一に言った。「あたしと、心中しない?」ガラス細工のように繊細な少年の日の恋愛と友情、生と死をリリカルに描いた長篇。

読んだ動機が上述の通りですので、以下は「四月は君の嘘」の内容(ネタバレあり)に少し触れながらの感想になります。ご注意ください。

続きを読む いちご同盟

思い出のとき修理します2 明日を動かす歯車

『思い出のとき修理します2 明日を動かす歯車』(谷瑞恵著/集英社文庫)★★★★☆

思い出のとき修理します 2 明日を動かす歯車 (集英社文庫)
思い出のとき修理します 2 明日を動かす歯車 (集英社文庫)

伯爵と妖精の新刊を読んで、こっちを買ったまま積んでいたことを思い出しました。
谷瑞恵さんの一般小説2冊目。本屋さんに行くとけっこう目立つ場所に平積みされていて、「よしよし」と思ってしまいます。
前巻で恋人どうしになった時計屋さんと明里。呼び方や距離感が変わっていて、作中の糖度も5割増しですw
日常の小さなミステリーを不思議な雰囲気をまじえつつ、時計屋さんが解き明かしていく短編集。優しい余韻に癒やされます。

☆あらすじ☆
寂れた商店街の片隅に佇む、「おもいでの時修理します」という不思議なプレートを飾った飯田時計店。店主の時計師・秀司と、彼の恋人で美容師の明里のもとを、傷ついた記憶を抱えた人たちが訪れる。あの日言えなかった言葉や、すれ違ってしまった思い―家族や恋人、大切な人との悲しい過去を修復できるとしたら?切なく温かく、心を癒す連作短編集、シリーズ第2弾。文庫書き下ろし。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 思い出のとき修理します2 明日を動かす歯車