「星海社」カテゴリーアーカイブ

明日の狩りの詞の

『明日の狩りの詞の』(石川博品著/星海社FICTIONS)★★★★☆

明日の狩りの詞の (星海社FICTIONS)
明日の狩りの詞の (星海社FICTIONS)

2015年5月刊。
ラノベ読みから絶大な支持を受ける人気作家・石川博品。私はこれが初読みです。
外来宇宙生物が棲みついてしまった東京の封鎖区域で狩りをする少年の物語。とても面白かったです。
どこか厳かで静謐な空気を感じさせる狩りのシーンもさることながら、獲物を調理して食べる描写が本当に美味しそう。
刺激的な飯テロ小説であり、思春期の青少年が悩み迷う青春の物語でもありました。

☆あらすじ☆
東京湾に落下した「隕石」が原因で“外来宇宙生物”の住処となった東京都「封鎖区域」へ狩りに出る高校生・西山リョートと久根ククミ。猟犬型ロボット・カイを連れて狩りに勤しんでいた二人の前に、美少女アンドロイドとその主人である宇宙人が現れる。「大人になる」ための“通過儀礼”として、リョートらは宇宙人たちとパーティを組み、“大物狩り”に挑むことになるのだが…。
外来宇宙生物を狩って、調理して、食べる―。石川博品が贈る“青春狩猟物語”。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 明日の狩りの詞の

灰燼のカルシェール What a beautiful sanctuary

『灰燼のカルシェール What a beautiful sanctuary』(桜井光著/星海社文庫)★★★★☆

灰燼のカルシェール What a beautiful sanctuary (星海社文庫)
灰燼のカルシェール What a beautiful sanctuary (星海社文庫)

人類が滅んでしまった終末の世界を二人で旅する白衣の女と半機械の男。そんな男女が主人公のディストピア小説です。
割と序盤からオチをうっすらと読めてしまうものの、支え合い依存し合う二人の儚さがとても好みな作品でした。
スチームパンクシリーズと同じ世界観だそうですが、私みたいな未プレイの人間でも楽しく読めたのでかなり独立性が高い作品なのだと思います(あとがきにもそうありましたし)
挿絵もイチオシです。こういう重厚感と迫力のある絵はほんと良いです、作品にもぴったりでした。

☆あらすじ☆
異形に歪んだ超大な“大機関時計”が墓標のようにこの星の全土に突き立ったその日、世界は終わった。機械死人が呻きを上げ、生き残った僅かな命を貪り尽くして静かになった世界に残された最後の“人”、青年・キリエと少女・ジュヌヴィエーヴ。ふたり寄り添いながら、すれ違いながら、死んでしまった世界の果てで最後の場所を求め、旅を続ける―「スチームパンクシリーズ」の桜井光が綴る“美しい終末世界”

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 灰燼のカルシェール What a beautiful sanctuary

マージナル・オペレーション5

『マージナル・オペレーション05』(芝村裕吏著/星海社FICTIONS)★★★★★

マージナル・オペレーション 05 (星海社FICTIONS)
マージナル・オペレーション 05 (星海社FICTIONS)

最終巻にふさわしい盛り上がりと面白さでした!
攻め込まれ、追い込まれ、マージナル(ギリギリ)なオペレーションを繰り返すアラタ。
冒頭からして鳥肌が立ちました。
そして子供たちの成長もみられ、アラタとジブリールの関係も・・・・・・。
現代(といっても少し未来か?)の戦争を描くシリーズでしたが、その本質はファンタジー。ファンタジーな世界の中で、どこか他人事のように自分を見ていたアラタが生きて悩んで苦しむ姿に目が離せなくなり、彼が常に抱き続ける疑問に一緒に頭を悩ませる物語でした。

☆あらすじ☆
アラタたちの活躍により、人民解放軍は打撃を受けた。しかし、大国としての誇りを背に、中国はミャンマー侵攻作戦を継続する…。時を同じくして、スポンサーである西側諸国から切り離されるアラタたち。さらに、ミャンマー軍すらも中国側に寝返ってしまう。そして、その四面楚歌の状況の中、国境をこえて怒涛のごとく押し寄せる人民解放軍。敵は一四万人、味方は三〇〇〇人。この劣勢な局面で、新田良太の作戦指揮が暁を呼ぶ―。
芝村裕吏が贈る英雄譚、ついにクライマックス!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む マージナル・オペレーション5

サクラコ・アトミカ

『サクラコ・アトミカ』(犬村小六著/星海社文庫)★★★★★

サクラコ・アトミカ (星海社文庫)
サクラコ・アトミカ (星海社文庫)

とても素晴らしかったです。
世界を滅ぼすほど美しい少女と「バケモノ」の少年の恋を描く、おとぎ話のように綺麗な物語でした。天真爛漫なサクラコと彼女に振り回されるナギの関係はとても甘いです。糖度抜群。
想像力がそのまま力となるSFな世界観の中で、概念すらあやふやな「こころ」を求め合うふたりに胸を打たれます。

☆あらすじ☆
畸形都市、丁都に囚われた美貌の姫君・サクラコの“ありえない美しさ”から創られた「原子の矢」は、七つの都市国家を焼き払う猛威を秘めていた…。その抑止のために各国の軍が丁都に迫る中、サクラコの護衛にして牢番、「無機物から創造された生命特性を持つ短期システム」、通称“バケモノ”と呼ばれる少年・ナギはいつしか彼女に魅せられていくのだが…!?
「とある飛空士」シリーズの犬村小六が放つ、愛と青春のボーイ・ミーツ・ガール!
星海社FICTIONSより2011年に刊行された名作が、ラストシーンを改稿しての文庫化。

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む サクラコ・アトミカ

マージナル・オペレーション4

『マージナル・オペレーション04』(芝村裕吏著/星海社FICTIONS)★★★★☆

マージナル・オペレーション 04 (星海社FICTIONS)
マージナル・オペレーション 04 (星海社FICTIONS)

さらに所帯が大きくなったアラタの民間軍事会社。
今回はミャンマー軍と人民解放軍との争いに首を突っ込むことになるのですが、その一方でアラタとジブリールの関係にも動きがあったり。色々と意味深な人物が増えたりもして、次巻(最終巻)の準備回という印象を受ける話でした。

☆あらすじ☆
敵は、人民解放軍──。西側諸国からの要請を受け、キャンプ・ハキムを根拠地に2000人の少年少女兵を率いる“子供使い”こと新田良太は、ミャンマー北部の国境地帯に位置する村々を怒濤の勢いで攻略していく。
それに対し、ついに中国は正規軍である人民解放軍を投入する。無人偵察機や攻撃ヘリなどの近代兵器を惜しげもなく繰り出す敵に対し、アラタは的確なオペレーションで大打撃を与えていくのだが……。
守護天使・ジブリールとの関係にも新たな季節が訪れる、熱誠の第4弾──!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む マージナル・オペレーション4

マージナル・オペレーション3

『マージナル・オペレーション03』(芝村裕吏著/星海社FICTIONS)★★★★★

マージナル・オペレーション 03 (星海社FICTIONS)
マージナル・オペレーション 03 (星海社FICTIONS)

重かったぁー・・・。
アラタ試練の回ともいうべき第3巻。前巻の予告からして不穏な空気を出していたので覚悟してはいたものの、この容赦なさは・・・・・・
暗い話でしたが、ジブリールは可愛かったです。救いだ。癒やしだ。
アラタは自分の進む道に苦い思いを抱えながら、それでも揺らがずに真っ直ぐに進もうとする姿は本当に格好いいです。

☆あらすじ☆
新宿を恐慌に陥れた戦いの後、アラタたち一行は日本を出国し、タイへと降り立った。その地でアラタを待っていたのは、“子供使い”の悪しき影響で横行する少年兵を使ったビジネスと、“あの男”との思わぬ形での再会だった。再び、ファンタジーで現実を壊すべく、戦いに身を投じるアラタだったが、僅かな油断が、子供たち―そして、彼を愛した女の命を窮地に陥れてしまう…。
熱帯の戦場に血飛沫が舞う、緊迫の第3巻。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む マージナル・オペレーション3

マージナル・オペレーション2

『マージナル・オペレーション02』(芝村裕吏著/星海社FICTIONS)★★★★☆

マージナル・オペレーション 02 (星海社FICTIONS)
マージナル・オペレーション 02 (星海社FICTIONS)

軍事的才能に目覚めた元ニート・アラタの次なるオペレーションの舞台は日本。
1巻から1年もの間傭兵稼業を続け、「子供使い」という異名を持つに至ったアラタですが、実質は子供に振り回されています。なんだか前巻よりも少し人間らしくなったような。たくさんの子供を愛するお父さんなアラタと、その子供を死地に送り込むオペレーターとしてのアラタの矛盾がとても苦しそうでした。
その子供も思春期ですし。大変だ。でもそんな思春期地雷娘のジブリールも可愛かったです。

☆あらすじ☆
中央アジアでの戦いを経て、一年ぶりに日本に降り立ったアラタと2ダースの“子供たち”。彼らを待ち受けていたのは、空港での通り魔事件と、日本の国家組織を名乗る謎の女性“イトウさん”だった―。通り魔事件、イトウさん、新興宗教、そしてかつての上司と同僚…全てが結びついたその時、アラタは東京の市街での作戦遂行を決意する―。
『ガンパレード・マーチ』の芝村裕吏が奏でる“現代の神話”、堂々の第二楽章開幕。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む マージナル・オペレーション2

マージナル・オペレーション1

『マージナル・オペレーション01』(芝村裕吏著/星海社FICTIONS)★★★★☆

マージナル・オペレーション 01 (星海社FICTIONS)
マージナル・オペレーション 01 (星海社FICTIONS)

無職の30代日本人男性が外資の民間軍事会社に就職したらオペレーターとしての才能が開花した、という話。主人公の一人称視点で、ドライで事務的な報告をされているかのように話が進んでいきます。悲惨な現実と熱のない主人公の視点のギャップが不気味でした。そして、そこになぜか惹き込まれてしまい、一体これからどうなるのかとページを繰る手が止まらず一気に読みました。面白かったです。

☆あらすじ☆
三〇歳のニート、アラタが選んだ新しい仕事、それは民間軍事会社―つまり、傭兵だった。住み慣れたTOKYOを遠く離れた中央アジアの地で、秘められていた軍事的才能を開花させていくアラタ。しかし、点数稼ぎを優先させた判断で、ひとつの村を滅ぼしてしまう。モニターの向こう側で生身の人間が血を流す本物の戦場で、傷を乗り越えたアラタが下した決断とは―?
『ガンパレード・マーチ』の芝村裕吏が贈る、新たな戦いの歴史が、今はじまる。

以下、ネタバレ有りの感想です。

続きを読む マージナル・オペレーション1

青春離婚

『青春離婚』(紅玉いづき著/星海社FICTIONS)★★★★★

青春離婚 (星海社FICTIONS)
青春離婚 (星海社FICTIONS)

指先からはじまる恋もある。
スマホを持つことが普通になった、最近の高校生たち。同じ高校を舞台に、男女3組の恋を描く連作短編でした。
人と関わることに不器用な彼らが、スマートフォンを片手に何を想うのか。
未熟だけどまっすぐに思い悩む姿に共感しない人はいないのではないでしょうか。
カバーイラストとコミカライズを漫画家のHEROさんが担当しているということで興味をもったのですが、この小説にHEROさんを起用したことは「良い仕事をしてくれました!」としか言いようがないですね。
HEROさんの作品と通じるところがあって、とても私好みでした。
紅玉さんの作品は初めて読んだのですが、句読点を多用してぽつぽつと降り積もるように語られていく世界は、昔を思い出させて切なくなるような泣きたくなるような、そんな気持ちにさせてくれます。
これは、今まさに高校生の人たちにはぜひ読んで欲しいし、かつて高校生だった人たちが読んでも面白い作品だと思います。素晴らしい青春小説でした。

☆あらすじ☆
11月22日、いい夫婦の日に、わたし達は青春のまま、離婚をする。
同じ名字に、同じクラス。春に進学したばかりの八木商業高校で、偶然に出逢ってしまった“佐古野”郁美と“佐古野”灯馬。すぐにクラスメイトから「夫婦」とはやしたてられるようになり、憂鬱な日々を過ごしていた郁美だったが、ある日、灯馬のアイディアで、ふたりは夫婦の秘密を共有することになる――。
星海社ウェブサイト『最前線』にて“いい夫婦の日(11月22日)”に公開され、イラストを担当したHERO自身のコミカライズでも話題を呼んだ表題作に書き下ろしを新たに二篇加え、ついに単行本化。
今、スマートフォンを通じて掌(てのひら)の中にある恋を描いた、紅玉いづき×HEROのタッグで贈る最新作。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 青春離婚

マイワールド

『マイワールド』(十文字青著/星海社fictions)★★★☆☆

マイワールド (星海社FICTIONS)
マイワールド (星海社FICTIONS)

十文字青最新作。Twitterで宣伝されていた表紙が美麗すぎたので積読本そっちのけで読んでみることに。
表紙と挿絵が、十文字青さんの独特な世界観にとてもマッチしていました。挿絵の1枚1枚が表紙にできそうなクオリティです。ほんとすごい。
物語自体は十文字青節炸裂です。いつもながら謎の中毒性。そして前半は私の高校時代のトラウマ(てほどでもない苦い思い出)を大いに刺激してくれました・・・

☆あらすじ☆
北の街で暮らす高校生・乾真冬。入学当初に友達作りに失敗し、灰色の学校生活を送っていた真冬だが、押しの強い先輩・押領司姫香に無理矢理入部させられた放送部で、同じように強制的に入部させられた同級生・由切園と出会う。
たどたどしくも、次第に距離を詰めていく二人。しかし、ある夜、由切は謎めいた言葉を残して真冬の前からこつ然と姿を消してしまう……。
彼女はどこに消えてしまったのか? その姿を追い求め、真冬は異郷の地に旅立つ──。
無限の世界を彷徨うすべての人に贈る、哀切の青春譚。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む マイワールド