「レジーナブックス」カテゴリーアーカイブ

詐騎士外伝 薬草魔女のレシピ 全3巻/かいとーこ

詐騎士外伝―薬草魔女のレシピ〈1〉 (レジーナ文庫)
詐騎士外伝―薬草魔女のレシピ〈1〉 (レジーナ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

総評:★★★★☆
1巻:単行本2014年10月刊。文庫版2016年7月刊。
2巻:単行本2015年7月刊。文庫版2016年9月刊。
3巻:単行本2016年2月刊。

「詐騎士」本編から6年後の世界を、薬草魔女を新主人公として描く外伝シリーズ。
本編の続編として楽しめるのはもちろんのこと、外伝単体でも十分に面白い作品だと思います。
個人的には外伝の方が読みやすいし、全3巻の構成が綺麗に整っているので、これだけでもオススメしたいところ。
「いかに美味しく健康に食事を楽しむか」という主人公のモットーのもと、ハーブの豆知識やそれを使った料理がたくさん出てくるのでハーブへの興味がむくむくとわいてきてしまいます。
プロ意識の高い薬草魔女が人々に優しくアドバイスしていくお仕事小説としても面白かったし、失恋少女と腹ペコ青年の初々しくてほのぼのするラブコメとしても楽しい作品でした。

☆あらすじ☆
美味しくなければ意味がない。美味しくても身体に悪ければ意味がない――。そんな理念のもと、美味しい料理で美容と健康を叶える“薬草魔女”。人々から尊敬され、伴侶としても理想的……のはずが、まだ新米のエルファは婚約者に浮気され、ヤケ酒ヤケ食いの真っ最中。そんな時、遠い国ランネルに出来る高級レストランの料理人としてスカウトされた! 心機一転、異国の地で働き始めたけれど、何故か会う人会う人、一癖ある人ばかりで……!? 「詐騎士」本編の六年後、当時のキャラも続々登場! 読めばお腹が空いてくる絶品ファンタジー!

以下、全3巻のネタバレあり感想です。

続きを読む 詐騎士外伝 薬草魔女のレシピ 全3巻/かいとーこ

詐騎士2〜8/かいとーこ

詐騎士〈2〉 (レジーナ文庫)
詐騎士〈2〉 (レジーナ文庫)

1巻の感想はこちらから


総評:★★★★☆
腹黒男装騎士の冒険を描いたファンタジー全8巻。
潜入任務に挑んだり陰謀劇に巻き込まれたり聖女さまをナイトよろしくお守りしたりと、主人公が八面六臂な大活躍をみせてくれる爽快な冒険活劇でした。
糖度こそないけれど、ラブコメ的な何かを楽しめるサディスト王子様との不思議な関係も面白かったです。
ラストがやや中途半端に感じられたのだけが惜しかったものの、規格外なルゼの無双っぷりに最後までワクワクするシリーズでした。

☆あらすじ☆
訳あって、性別も年齢も身分も、余命すらも詐称して騎士となった少女ルゼ。何の因果かランネル王国の第四王子ギルネストに見込まれ、友人ゼクセンとともにとある不正が行われているという都市へ潜入捜査をする羽目に。それでも得意の傀儡術で、時に敵地を探り、時に魔物を豪快に蹴散らし大活躍!…したはいいものの、突然、実は女であるという正体バレの危機!?大人気の新感覚ファンタジー、待望の第2巻!

以下、2巻から8巻のネタバレあり感想です。

続きを読む 詐騎士2〜8/かいとーこ

悪辣執事のなげやり人生/江本マシメサ

悪辣執事のなげやり人生 (レジーナブックス)
悪辣執事のなげやり人生 (レジーナブックス)

評価:★★★★☆
2016年10月刊。
とっても面白かった!
傍若無人な女執事が、家族関係が壊れた伯爵家を振り回していくうちに彼らを変えていく、というお仕事小説。
主家への忠誠心はなく、要領がよくて図太い性格。しかし仕事ぶりは有能。そして色っぽさは未亡人級、という女執事のキャラクターが最高に好みでした。
飄々とした物言いで相手を挑発してニヤッと笑うところなんか、こちらもつられてニヤニヤしてしまいますw
人生なげやりの女執事と人生やけくその元軍人伯爵のラブコメとして笑えて萌えて楽しい作品。特に伯爵のヘタレでやけくそ気味な奮闘は必見です。

☆あらすじ☆
貴族令嬢でありながら工場勤めをしている苦労人のアルベルタ。けれどある日、国内でも有数の大伯爵家からなぜか突然の呼び出しが……。てっきり厄介事に巻き込まれるのかと思いきや、なりゆきで使用人にならないかと持ちかけられる。その厚待遇に思わず引き受けたところ、よくよく聞くと、命じられたのは執事の仕事だった!
かくして女執事となったアルベルタだが、伯爵家の複雑なお家事情と気難し屋の旦那様に早くもうんざり!
あきらめモードで傍若無人に振る舞っていると、使用人らしからぬその態度が家人を振り回し、事態は思わぬ方向へ動き出し――?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 悪辣執事のなげやり人生/江本マシメサ

アイリスの剣2〜4・外伝/小田マキ

アイリスの剣〈2〉 (レジーナ文庫)
アイリスの剣〈2〉 (レジーナ文庫)

1巻の感想はこちらから


シリーズ総評:★★★★☆
元男装騎士が、想いを寄せる元上官のもとに間諜として嫁ぐところから始まる愛と陰謀のファンタジー。
自罰的で後ろ向きな主人公にハラハラしつつ、そんな彼女が再び立ち上がり運命に立ち向かっていく姿を固唾を呑んで見守るシリーズでした。
陰謀ありきの冷たい婚約者関係も途中からフォーサイスが気合いの入ったデレを炸裂させ、周囲が砂を吐いてしまう状態になってからはニヨニヨと楽しいものに。
少し世界観がややこしく、ごちゃごちゃしたところもありましたが、どんでん返しを何度も決める読み応えのあるストーリーにとても満足しています。

☆2巻あらすじ☆
間諜として、元上官・フォーサイスのもとへ嫁ぐことになったブルーデンス。大切な人を守るため、両親の企ての一端を担ってきた彼女は、かつて信頼し合ったフォーサイスと心の通わぬ日々を送っていた。そんな中、突如赤く発光しはじめた魔導石。それは、最愛の兄の危機を知らせるものだった。慌てて飛び立った彼女を襲う、新たな試練とは?一方、隣国ではブルーデンスの正体が明るみに出ようとしていて…。愛と陰謀のファンタジー、激動の第2巻!文庫だけの書き下ろし番外編も収録!

以下、各巻のネタバレあり感想です。

続きを読む アイリスの剣2〜4・外伝/小田マキ

騎士様の使い魔 全4巻/村沢侑

騎士様の使い魔〈1〉 (レジーナ文庫)
騎士様の使い魔〈1〉 (レジーナ文庫)

シリーズ総評:★★★☆☆
悪い魔女によって猫に姿を変えられた少女が、保護してくれた騎士に愛玩されるラブファンタジー。
この騎士様が色々と「病気」の人で、少女小説のヒーローとは思えないような行動をとったりするので、ここに嫌悪感を持つか笑い飛ばせるかが本作を楽しめるかどうかのポイントになると思います。ヤンデレというか、女をダメにしようとするタイプの男です。

ちなみに私は1巻2巻はツッコミを入れながら笑い、3巻はドン引きしすぎてブチ切れ、4巻では「もう好きにしたらいいよ・・・幸せにおなり・・・」と悟りました。個人的には2巻までで十分だったかな(2巻で一応は綺麗にストーリーがまとまるので。それなのに3巻・・・・・・)

あと、際どいシーンが結構多いし猫相手のエロコメみたいな雰囲気もあったりするので、そういうのを受け入れられるかどうかも大事かもしれません。

良くも悪くも感情を揺さぶる物語で、謎のパワーに引っ張られるように一気読みしたシリーズでした。
なんだかんだ文句を言いつつ結構楽しんだ気がしますw まぁヘイトも凄かったけれど!!

☆あらすじ☆
悪い魔女に猫にされてしまった孤児のアーシェ。ろくな食べ物も与えられずに、ひたすら魔法の練習のつらい毎日。そこへ、お城の騎士たちがやってきた!魔女は捕まり、アーシェは騎士のライトリークに助けられる。でも、アーシェの魔法はとけずに猫のまま。どうして!?結局猫の姿のまま、お城の彼の部屋で暮らすことになった彼女は、文字どおり猫かわいがりされるのだが―!?猫にされてしまった女の子と騎士様の溺愛ファンタジー。文庫だけの書き下ろし番外編も収録!

以下、各巻のネタバレありの感想です。

続きを読む 騎士様の使い魔 全4巻/村沢侑

公爵様と仲良くなるだけの簡単なお仕事/江本マシメサ

公爵様と仲良くなるだけの簡単なお仕事 (レジーナブックス)
公爵様と仲良くなるだけの簡単なお仕事 (レジーナブックス)

評価:★★★★☆
2016年6月刊。
「北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし」の江本マシメサ先生の新作です。
笑っちゃうくらい貧乏な子爵家令嬢が「目の保養をしつつ働きたい」というおバカな願いを職場の上司に相談。
紹介された先で待っていたのは、これまた笑っちゃうくらいコミュ障な公爵家の旦那様。
お世話係の職務のために仲良くなろうと距離を詰めるヒロインと、人が怖くて震えながら逃げるヒーローの攻防戦を描くドタバタラブコメです。
こんな可愛い三十路がいてたまるか!(だが可愛い!) とツッコミながら読むこと間違いなし。ヒロインの手にある馬のかぶり物も大活躍で更にツッコむハメになりました。
ああもう、めっちゃ笑ったww

☆あらすじ☆
笑っちゃうくらいの貧乏子爵家に生まれたユードラ。幼い頃から労働少女と化していた彼女は、22歳となった今も王宮の下働きとして忙しい日々を送っている。そんな中、ユードラに新たな仕事が舞い込んだ!とある公爵家の見目麗しい旦那様に仕えることになったのだけれど…実はこの旦那様、極度の口下手&人見知りの超・問題児だった!!さらには秘密もいっぱいで、ユードラは戸惑うばかり。あの手この手で打ち解けようとするものの、なかなかうまくいかなくて―主従が繰り広げる、異色の攻防戦ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 公爵様と仲良くなるだけの簡単なお仕事/江本マシメサ

アイリスの剣1/小田マキ

アイリスの剣〈1〉 (レジーナ文庫)
アイリスの剣〈1〉 (レジーナ文庫)

評価:★★★☆☆
2016年2月刊。初出はレジーナブックス2011年6月刊。
男と偽って騎士をしていた貴族令嬢が、女に戻って自分の元上司のもとに間諜として嫁ぐ物語。
元男装騎士の主人公ですが、予想外に自罰的な言動が多い不憫すぎる子だったので、これは幸せになるところまで見届けなければ。
陰謀と猜疑心を詰め込んだ暗い内容ではあるものの、個性的な世界観と謎めいた登場人物達が気になってぐいぐいと読ませる物語です。
まだ色々と始まったばかりの第1巻ですが、これからどんどん面白くなっていきそう。期待しています。

☆あらすじ☆
病弱な兄に代わり、フカッシャー家を継ぐために、男として生きることを決めたブルーデンス。性別を偽り、アイリス騎士団の中でも誉れ高い精鋭部隊の副隊長を務めていた。しかし父親の命により、女の姿に戻り、元上官である隊長のもとへ間諜として嫁ぐことになる。だが夫となる隊長は、突然姿を消した元部下と瓜二つの彼女の姿に動揺し、心を閉ざしてしまっていた。すれ違うふたりの想いの行方は―?男装の騎士ブルーデンスの愛と陰謀のファンタジー!文庫だけの書き下ろし番外編も収録!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む アイリスの剣1/小田マキ

灰色のマリエ2

『灰色のマリエ2』(文野さと著/レジーナ文庫)★★★★☆

灰色のマリエ〈2〉 (レジーナ文庫)
灰色のマリエ〈2〉 (レジーナ文庫)

前巻の感想はこちらから


2016年1月刊。初出はレジーナブックス2014年12月刊。
親しみを感じなければ灰色にしか見ることができない、不思議な目を持つマリエ。
そんなマリエの偽りの結婚を描く物語ですが、2巻で綺麗に完結。
不実な夫だったエヴァラードの自業自得祭が楽しくも切ない、とても素敵なラブロマンスでした。

☆あらすじ☆
幼い頃からの憧れの人、ヴィリアンの願いを聞き入れ、彼の孫息子のエヴァラードと夫婦になったマリエ。だが、二人の関係は病に侵されているヴィリアンが天に召されるまでの期限付き。一見、砂上の城のような関係ではあるものの、いつしか、二人はこの暮らしに居心地の良さを感じるようになっていた。しかし、互いに一歩踏み込めず、決定的な変化は訪れない。そんな時、ヴィリアンの容体が急変して―。かりそめの結婚から始まった二人の恋の結末は?文庫だけの書き下ろし番外編も収録!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 灰色のマリエ2

詐騎士1

『詐騎士1』(かいとーこ著/レジーナ文庫)★★★★☆

詐騎士〈1〉 (レジーナ文庫)
詐騎士〈1〉 (レジーナ文庫)

2014年11月刊。初出はレジーナブックス2011年2月刊。
名前のインパクトで以前から気になっていた作品なのですが、とても面白かったです!
貴族の身代わりに騎士となった少女が、強力な魔術と機転と毒舌を活かして様々なトラブルを華麗に乗り切っていく物語。
ドライすぎる主人公の一人称視点のせいか、やや読みづらい箇所もありますが(この子、名前覚えてくれないんですよ・・・)、かなりテンポと勢いが良いのでラストまで楽しく読めました。
これは続きも期待できそう。1巻しか買っておかなかったことを後悔してます。

☆あらすじ☆
ある王国の新人騎士の中に、風変りな少年が一人。少年は今日も傀儡術という特殊な魔術で空を飛び、女の子と間違われた友人をフォローする。しかし、実はその少年こそが女の子だった!性別も、年齢も、身分も、余命すらも詐称。不気味姫と呼ばれる姫君と友情を育み、サディストの王子&上官をイジメかえす。飄々と空を飛び仲間たちを振り回す新感覚のヒロイン・詐騎士ルゼの、色んな意味で予想外なファンタジー!文庫だけの書き下ろし番外編も収録!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 詐騎士1

灰色のマリエ1

『灰色のマリエ1』(文野さと著/レジーナ文庫)★★★★☆

灰色のマリエ〈1〉 (レジーナ文庫)
灰色のマリエ〈1〉 (レジーナ文庫)

2015年12月刊。初出はレジーナブックス2014年6月刊。
親しく感じるもの以外は灰色にしか見えないマリエ。
そんな彼女が祖父母の親友だった老紳士の願いを叶えるため、彼の孫息子と偽りの結婚をすることになる物語です。
割と本気で殴りたい感じの、自他共に認めるダメな夫の変化が見物な本作。
「自業自得」という言葉が似合いすぎる残念なイケメンはともかく、「灰色」だった彼を変えていくマリエの強さがとても好ましい作品でした。

☆あらすじ☆
辺境の町に住む、働き者のマリエ。ある日突然、幼い頃から憧れていた紳士に自分の孫息子と結婚してほしいと頼まれる。驚くマリエだったが、彼の願いならばとその話を受けることに。孫息子であるエヴァラードが住む王都に向かうと、紳士に瓜二つの彼から、こう言い放たれる。「この婚姻は祖父が身罷るまでだ」。そうして偽りの結婚生活が始まるが、彼は常にマリエに無関心。しかも自分以外の女性の気配もあって…。かりそめの結婚から始まるラブストーリー。文庫だけの書き下ろし番外編も収録!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 灰色のマリエ1