「ぽにきゃんBOOKS」カテゴリーアーカイブ

宝石吐きのおんなのこ5 ちいさな宝石店といつわりの魔法使い/なみあと

宝石吐きのおんなのこ(5) ~ちいさな宝石店といつわりの魔法使い~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
宝石吐きのおんなのこ(5) ~ちいさな宝石店といつわりの魔法使い~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年10月刊。
宝石を吐きだす不思議な女の子と、彼女を見守るひねくれ者の宝石店店主の日常を描くファンタジー第5弾。
ほのぼの癒やされる前半と緊張感が漂いはじめる後半というメリハリのきいた構成となっていて、今回もとても面白かったです。そろそろ物語が転がり始めたかな??

☆あらすじ☆
大陸東部の穏やかな街、リアフィアット市。そんな街の片隅に、店員二名の小さな宝石店があった。
――『スプートニク宝石店(ジュエリー・スプートニク)』。
その日「宝石を吐き出す」少女クリューと、宝石店店主スプートニクのもとを訪れたのは、ユキからの使いだった。使いから受け取った、封筒の中身には魔法使い・ファンションにまつわる「一つの仮説」が記されていた。
一方、病床の魔法使いソアランは、部下イラージャに、かつての婚約者・ファンションの姿を語っていた。クリューとスプートニクにより二人のもとへ届けられた「仮説」に、ソアランが願うことは、イラージャが決意することは。そしてクリューが、そんな魔法使いたちの姿に、思うこととは…。
宝石に愛された少女の、甘くて淡い、ファンタジーノベル。覚悟と決意の第五幕、開演。
★警察官ナツの休日と、スプートニク宝石店の思い出を描いた短編「つなぐ」収録。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 宝石吐きのおんなのこ5 ちいさな宝石店といつわりの魔法使い/なみあと

宝石吐きのおんなのこ4 彼女の想いと彼の想い/なみあと

宝石吐きのおんなのこ(4) ~彼女の想いと彼の想い~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
宝石吐きのおんなのこ(4) ~彼女の想いと彼の想い~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年6月刊。
今回もとても癒やされました〜。
クリューの無邪気な可愛さは最高に天使だし、スプートニクのイジワルで捻くれた優しさは最高に萌える。
次巻からまた話が動き出しそうな気配もあって、続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
「君。どうして彼女を守っている?」
大陸東部の穏やかな街、リアフィアット市。そんな街の片隅に、店員二名の小さな宝石店があった。――『スプートニク宝石店(ジュエリー・スプートニク)』。「宝石を吐き出す」少女クリューと彼女の働く宝石店の店主・スプートニクはフィーネチカ市から戻り、平和な日常を送っていた。しかし、フィーネチカ市で聞いた「ある言葉」が胸に引っかかったままのクリューは、自分の内の波立つ想いに戸惑ってしまう。悩んだ末に、彼女はスプートニクと距離を置くため、家出を決意するが…。そしてそれから数日後、二人のもとに再び、見覚えのある二人組が訪ねてくる。彼らがリアフィアット市に訪れた目的とは。――彼の想う、彼の過去とは。
宝石に愛された少女の、甘くて淡い、ファンタジーノベル。想いを紡ぐ第4巻。
★特別短編「スプートニク宝石店 四季のおはなし」収録!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 宝石吐きのおんなのこ4 彼女の想いと彼の想い/なみあと

宝石吐きのおんなのこ3 再会の街にひそむ影

『宝石吐きのおんなのこ③ 〜再会の街にひそむ影〜』(なみあと著/ぽにきゃんBOOKS)★★★★☆

宝石吐きのおんなのこ(3) ~再会の街にひそむ影~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
宝石吐きのおんなのこ(3) ~再会の街にひそむ影~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)

前巻の感想はこちらから


2016年2月刊。
相変わらずクリュー可愛すぎる宝石ファンタジー第3弾。
新章の序章的なお出かけ回だったのですが、今回はスプートニクがすごくアレなことになっていてビックリでした。

☆あらすじ☆
大陸東部の穏やかな街、リアフィアット市。そんな街の片隅に、店員二名の小さな宝石店があった。――『スプートニク宝石店(ジュエリー・スプートニク)』。「宝石を吐き出す」少女クリューは、彼女の働く宝石店の店主・スプートニクと共に、リアフィアット市を離れ別の街を訪れていた。街の名はフィーネチカ、クルーロル宝石商会が支部を構える街である。二人は、スプートニク宝石店の管理担当・ユキに会うために、このフィーネチカ市へやってきたのだった。二人きりの遠出に胸を高鳴らせつつも、従業員としての職務をまっとうしようと意気込むクリュー。しかしその一方、スプートニクのもとには、少々やっかいな事件が舞い込んできて…さらに街の片隅では、何やら不穏な影が動きを見せる…。
宝石に愛された少女の、甘くて淡い、ファンタジーノベル。日常の裏側で物語が静かに動き始める、再会にはじまる第3巻。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 宝石吐きのおんなのこ3 再会の街にひそむ影

宝石吐きのおんなのこ2 めぐる記憶とはじめての冒険

『宝石吐きのおんなのこⅡ めぐる記憶とはじめての冒険』(なみあと著/ぽにきゃんBOOKS)★★★★☆

宝石吐きのおんなのこ(2) ~めぐる記憶とはじめての冒険~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
宝石吐きのおんなのこ(2) ~めぐる記憶とはじめての冒険~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)

前巻の感想はこちらから
宝石吐きのおんなのこ ちいさな宝石店のすこし不思議な日常 | 晴れたら読書を
2015年10月刊。
宝石を吐く不思議な少女と彼女の雇い主の日々を描くファンタジー第2弾。今回もとても癒されました(´,,•ω•,,)♡
クリューが可愛すぎるし、周囲の人は優しいし。読んでいると穏やかな気持ちになれるんですよね。
ただ、その中で異彩を放つのはあの魔法少女・・・・・・まさか彼女(?)主人公の短編が挟まるとはww

☆あらすじ☆
大陸東部の穏やかな街、リアフィアット市。そんな街の片隅に、店員二名の小さな宝石店があった。――『スプートニク宝石店(ジュエリー・スプートニク)』。「宝石を吐き出す」少女クリューの、すこし昔と今の話。まだ街を出歩くのがこわかった、幼き日のクリュー。そんな彼女が店主スプートニクに命じられたのは、たった一人での『おつかい』だった。簡単な道筋のはずが、なかなか辿り着かない目的地。寄り道に寄り道を重ね、先々で出会う街の人たち。当初の目的を忘れそうになりながらも、彼女は歩みを進めていく—-…そして、巡る記憶と現在の果てに、クリューにちいさな感情が芽生える。
「どうして私の親は、私をあそこに捨てたのだろう?」
宝石に愛された少女の、甘くて淡い、ファンタジーノベル。迷いと冒険の第2幕、開演。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 宝石吐きのおんなのこ2 めぐる記憶とはじめての冒険

カーマリー地方教会特務課の事件簿1

『カーマリー地方教会特務課の事件簿1』(橘早月著/ぽにきゃんBOOKS)★★★★☆

カーマリー地方教会特務課の事件簿(1) (カーマリー地方特務教会の事件簿)
カーマリー地方教会特務課の事件簿(1) (カーマリー地方特務教会の事件簿)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2014年3月刊。
悪魔退治系のゴシックファンタジー。
関西弁の聖騎士が左遷された先は、殉職率トップを誇るカーマリー地方教会特務課。そこで待っていたのは不良神父オブザーをはじめとする気の良い特務課メンバーたち。
前半はほのぼのとして空気で和やかに特務課の日常が描かれていきますが、それも後半に一変。前半のゆるい空気に騙されて痛い目をみてしまいました・・・・・・面白かった!泣いた!(´;ω;`)

☆あらすじ☆
「隊長、これ『左遷』って言いませんか?」
レストラニクス聖教国神教会聖騎士団の若き騎士であるジークフリートは、ある日、騎士団の上司・サーバルト卿から食事の誘いを受ける。「イイ話」に違いないと思い込んでいたシークフリートは、なんと「カーマリー地方教会特務課」への人事異動を受けてしまう。カーマリーといえばやたらと悪魔や不死の魔物の発生率が高い土地で、その特務課といえばそういった魔物退治などでレストラニクス東方教区一番の殉職率を誇る職場だった!しかもサーバルト卿がカーマリー特務課主任に賭けチェスで負けた代償に、若い人員を差し出すという、なんともお粗末な約束が成立し、見事にジークフリートに白羽の矢が立ってしまったのだった・・・。ああ、哀れや、ジークフリート・・・。あまりにもひどい仕打ちに自暴自棄になりつつも、「左遷」を受け入れカーマリーにやってきたジークフリートは、そこで見慣れない黒い片眼鏡を掛け、背が高く神父でありながら僧服の襟元は大きくはだけている金髪で長髪の男~特務課主任・オブザーに出会う。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む カーマリー地方教会特務課の事件簿1

廃線上のアリス2 廃駅の天使

『廃駅の天使 -廃線上のアリス2nd-』(マサト真希著/ぽにきゃんBOOKS)★★★★★

廃駅の天使 -廃線上のアリス2nd- (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
廃駅の天使 -廃線上のアリス2nd- (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)

前巻の感想はこちらから
廃線上のアリス | 晴れたら読書を

2015年8月刊。
「廃線上のアリス」のまさかの続編。といっても、単巻ものとして楽しめるようになっており、主人公も違います。ただ世界観は共通で、前作との繋がりがみえてくるところも。
前作のイメージが夏の晴れ渡る青空なら、本作はどこまでも広がる真っ白な雪景色。
作品世界が相変わらず美しい色彩を放っていて素晴らしかったです。
雪の中の廃駅で出会った少年と少女。互いに暗い過去を抱える二人の哀しくて切ないラブストーリー。それでいて救いのある物語となっていて、爽やかな読後感でした。

☆あらすじ☆
雪国の廃駅で、少年は死を願う少女に出会う。
岩手県花巻市――宮沢賢治の生誕地。他人と深く交流せず生きてきた十七歳の少年・遠峰谷晴は、雪の廃駅に佇む一人の少女と遭遇する。彼女の名は春告久芙美。孤独を選び、けっして笑みを見せない彼女に惹かれる晴。
一方、彼女との出会いがきっかけのように、晴の周囲で不可解な脅迫事件が起こる。少女の心を殺したのは誰か。死を願う理由はなにか。謎の脅迫者の真意とは……?宮沢賢治の物語が二人を結び、その過去を解いていく。切なく鮮烈な青春ラブストーリー、第二弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 廃線上のアリス2 廃駅の天使

宝石吐きのおんなのこ ちいさな宝石店のすこし不思議な日常

『宝石吐きのおんなのこ 〜ちいさな宝石店のすこし不思議な日常〜』(なみあと著/ぽにきゃんBOOKS)★★★★☆

宝石吐きのおんなのこ ~ちいさな宝石店のすこし不思議な日常~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
宝石吐きのおんなのこ ~ちいさな宝石店のすこし不思議な日常~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)

最高だ!表紙が好みなら読んで損はない作品です。
「宝石吐き」というタイトルが不思議だったのですが、意味はそのままw そして、そんな体質を持つためにトラブルに遭いやすい女の子と、彼女を守る宝石店店主の青年のお話です。
疑似親子(兄妹)というか、こういう保護者的関係がどストライクすぎて萌え転がりました・・・・・・

☆あらすじ☆
第2回「なろうコン」からの追加書籍化タイトル。イラストは、イラストコンテスト「Crafe」の第5回から、「ぽにきゃんBOOKS賞」受賞者の景が担当。
大陸東部の穏やかな街、リアフィアット市。そんな街の片隅に、店員二名の小さな宝石店があった。–『スプートニク宝石店(ジュエリー・スプートニク)』。従業員のクリューは、どこか言動の幼い、よく笑いよく怒る、栗色の髪の女の子。一方、店主のスプートニクは、嫌みっぽく口の悪い、そのくせ外見だけは無駄に良い意地悪な青年。そんなふたりが営む宝石店では、今日も穏やかに、賑やかに時間が過ぎていく。しかし、クリューにはある不思議な体質があった…–「宝石を吐きだす」体質。それはふたりだけの秘密。この体質のせいなのか、ふたりの日常は、ゴロツキやら警察局や魔法少女やら魔女協会やら…なんだか不思議な出来事に巻き込まれていく…。
宝石に愛された少女の、甘くて淡い、ファンタジーノベル開演。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 宝石吐きのおんなのこ ちいさな宝石店のすこし不思議な日常

廃線上のアリス

『廃線上のアリス』(マサト真希著/ぽにきゃんBOOKS)★★★★☆

廃線上のアリス (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
廃線上のアリス (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)

夏の港町を舞台に、傷ついた少年が「幽霊」の少女と出会う青春ラブストーリー。
廃線と廃屋でしか会えない少女との、現実感に欠けるふわふわと夢のような逢瀬。
その一方で、少年を取り巻く重い現実と、正体のわからない少女への漠然とした不安。
表紙から想像するような爽やかさだけではない、少し暗い話でしたがそれがとても良かったです。
時に若さと無謀さはイコールになりがちですが、その瞬間を必死に生きている様ががたまらなく愛おしく感じたりもするんですよね。
ラストには賛否両論ありそうですが、私は好きです。

☆あらすじ☆
「見つけた。あなたが、わたしの鼓動――。」
不登校の十七歳・譲羽朗は、東京を逃れ生き別れの父が住む愛媛県の小さな港町を訪れる。そこで出会ったのが、廃線を裸足で歩く不思議な少女「アリス」。一冊の本がきっかけで近づく二人だが、アリスはかたくなに正体を明かさない。そんな折り、朗は町で「廃線の幽霊」のうわさを耳にする……。
恋した少女は何者か。本当に夏の亡霊(ゴースト)か。
切なく鮮烈な青春ラブストーリー、登場!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 廃線上のアリス