「PASH!ブックス」カテゴリーアーカイブ

ヒロインな妹、悪役令嬢な私3/佐藤真登

ヒロインな妹、悪役令嬢な私 3 (PASH!ブックス)
ヒロインな妹、悪役令嬢な私 3 (PASH!ブックス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年12月刊。
完結巻。
悲壮な覚悟で学園生活にのぞんだクリスの結末が、なんともこのシリーズらしいなって思いました。
やっぱり姉妹愛は最強だった!

☆あらすじ☆
私の名前はクリスティーナ・ノワール。天才だ。
大天使な妹ミシュリーとあははうふふのめくるめく未来と決別し、悪役令嬢の道を歩むと決意してから早二年。私も十六歳になり、学園では悪役令嬢として確固たる地位を築いていた。時間は歩みを止めることなく流れ続け、やがてミシュリーも入学の時を迎えた。そして、私が愛すべき運命が始まる──。
来たるべき宿命に向き合い、抗い、受け入れた暴走悪役令嬢物語、ついにフィナーレ!番外編も3篇収録。
※電子版は書き下ろしショートストーリー『おかし食べる』の特別付録つきです。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ヒロインな妹、悪役令嬢な私3/佐藤真登

ヒロインな妹、悪役令嬢な私 1・2/佐藤真登

ヒロインな妹、悪役令嬢な私 (PASH!ブックス)
ヒロインな妹、悪役令嬢な私 (PASH!ブックス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

総評:★★★★☆
1巻:2016年4月刊、2巻:2016年8月刊。
面白かったー!
ゲームヒロインである妹と、悪役令嬢(予定)の姉。
大天使な妹を私が虐げるとかありえない!とゲーム設定を無視して妹を溺愛しまくる悪役令嬢転生ものです。
妹の姉愛も負けず劣らず深くてねっちょり。ラブラブです。姉妹でとってもラブラブしてました・・・!
そんなシスコン姉妹の周囲の人々も個性が強く、個性の塊の主人公を中心に賑やかで楽しすぎるコメディ。
合間に挟まれるラブコメやシリアスも実に良い仕事をしていて、楽しいだけの物語で終わらないところもよかった。
1巻も2巻も、読んでる間ずっと笑っていたのに、最後は切なさに胸がぎゅっと締め付けられたんですよね。なんて不意打ち・・・・・・。
果たして、姉妹の愛はゲームシナリオという名の運命を乗り越えられるのか。その結末がとても気になります。

☆あらすじ☆
一歳で歩き始め、三歳で言葉を自在に操り、五歳で書斎の書物をことごとく読み尽くし、金色の天使・ミシュリーと出会うことで前世の知識を思い出した。天才的頭脳と前世の知識という奇貨を併せ持つ、世にも稀なる公爵令嬢。彼女の名はクリスティーナ・ノワール。天才だ。その前世の記憶の中にあった乙女ゲーム『迷宮デスティニー』。それによるとクリスは、ヒロインであり妹のミシュリーを虐げる悪役らしい。そして妹の幸せの代償として自らの破滅が待ち受けているそうだが、彼女に迷いはない。すべては、ミシュリーのために。なぜなら……妹がかわいすぎるから!!!!
シスコンすぎる天才令嬢、天使すぎる妹、ドSすぎる家庭教師、天然すぎる王子……。彼女たちの危なすぎる日常が始まる!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ヒロインな妹、悪役令嬢な私 1・2/佐藤真登

悪役令嬢、時々本気、のち聖女。2・3/もり

悪役令嬢、時々本気、のち聖女。 2【電子版特典付】 (PASH! ブックス)
悪役令嬢、時々本気、のち聖女。 2【電子版特典付】 (PASH! ブックス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

1巻の感想はこちらから


総評:★★★★☆
2巻:2016年2月刊、3巻:2016年7月刊。
悪役令嬢ロールプレイをしつつ、引っ込み思案な自分を変えようと頑張る侯爵家の令嬢の物語。
全3巻で綺麗に完結しています。
エリカの初恋の結末が結構好きだったなぁ。切なくて。
それでも最後はハッピーエンド。とても楽しい作品でした。

☆あらすじ☆
どうか僕と正式に婚約して頂きたい――。殿下からついに婚約を申し込まれたエリカ。勢力争いのため、アンドール侯爵家の力を借りたいとの理由に、その場で婚約を拒絶する。しかし、ギデオンが病に冒され、余命幾ばくもないことを知ってしまったエリカは、魔法石の力によってギデオンの病が快方に向かう可能性があると知ると、暗黒の森へ行くことを決意。森のそばの離宮への滞在を目的に、殿下との仮初(かりそめ)の婚約を決断する……。引っ込み思案の自分を変えたいと奮闘する、純情乙女エリカの恋と魔法の学園物語第2弾!

以下、2巻・3巻のネタバレありの感想です。

続きを読む 悪役令嬢、時々本気、のち聖女。2・3/もり

悪役令嬢、時々本気、のち聖女。/もり

悪役令嬢、時々本気、のち聖女。 (PASH!ブックス)
悪役令嬢、時々本気、のち聖女。 (PASH!ブックス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2015年7月刊。
自分に自信がなく引っ込み思案な侯爵家令嬢が、お芝居で悪役令嬢を演じたことをきっかけに自分を変えようと頑張る物語。
割と淡々と話が進んでいくのですが、そのリズムが私には合ってとても楽しめました。
王子妃候補の筆頭に名前があがるくらい名門家の令嬢なのに、正直デキは良くないし世間の噂には疎いし素直すぎるエリカ。色々と頼りない彼女が、かつて演じた悪女「イザベラ」を意識して自分を奮い立たせていく姿が面白かったです。
初恋相手にときめきつつ、実は因縁がある王子と関わりも出てきたりして、その恋愛模様もニヨニヨできてよかった。
でも一番は親友リザベルとの友情かな。こういう女の子の友情を感じられる作品って好きなんですよね。

☆あらすじ☆
エリカ・アンドールは王立学院に通う16歳。周囲が黙る美貌に、名門侯爵家の一人娘という肩書きで遠巻きにされているけれど、本当は冒険小説が何より好きな夢見がちな少女。演劇で悪役“イザベラ”を演じたせいで、男を次から次に手玉に取る悪女……そんな噂を立てられ、あろうことかヴィクトル王子殿下のお妃候補と目されて!? いいえ、わたしはせっかくできたお友達リザベルとの楽しい学院生活を謳歌して、あこがれのギデオン様と幸せな結婚生活を送るつもりなのよ! 引っ込み思案の自分を変えたいと奮闘する、純情乙女エリカの恋と魔法の学園物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 悪役令嬢、時々本気、のち聖女。/もり