「オーバーラップ文庫」カテゴリーアーカイブ

最果てのパラディン3 鉄錆の山の王 上・下/柳野かなた

最果てのパラディンIII〈上〉 鉄錆の山の王 (オーバーラップ文庫)
最果てのパラディンIII〈上〉 鉄錆の山の王 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2016年12月刊。
めっちゃくちゃ面白かった・・・!
不死者に育てられた少年の英雄物語第3弾。
ファンタジー好きの魂を揺さぶるような、懐かしさと新しさを兼ね備えた王道を行くシリーズですが、今回の冒険も最高に熱い。特に下巻は無我夢中で読み切ってしまいました。
決死の戦いに挑む若き聖騎士。それを支える種族を超えた仲間達。彼らを見守る神々と、立ちはだかる誇り高き強敵。
その全てに昂ぶってしかたありません。文句なしの傑作だと思います!

☆あらすじ☆
ウィルが聖騎士となってしばらく。悪魔たちやキマイラを倒し、無法と困窮の《獣の森》には、人々の営為と笑顔が戻りはじめていた。しかし最果ての地に、再び邪悪の影が忍び寄る。季節外れの花が咲き乱れたことから始まる、森の異常。解決のため、仲間とともに《獣の森》の深奥に挑んだウィルを待っていたのは、森の王からの不吉な予言だった。
「鉄錆の山脈に、黒き災いの火が起こる。火は燃え広がり、あるいは、この地の全てを焼きつくすであろう」
滅びしドワーフの都、《鉄錆山脈》に眠る災いとは――? 新たな出会いとともに、再びウィルたちの冒険が始まる!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 最果てのパラディン3 鉄錆の山の王 上・下/柳野かなた

異世界迷宮の最深部を目指そう 8/割内タリサ

異世界迷宮の最深部を目指そう 8 (オーバーラップ文庫)
異世界迷宮の最深部を目指そう 8 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2016年11月刊。
面白かったー!!
ついにパリンクロンとの戦いに決着がつく第9巻。
1巻冒頭からの様々な謎が明らかになる重要な1冊でした。
二転三転する「真実」にハラハラし、熱いバトルにドキドキし、そして最後の展開が予想外すぎて呆然。
あまりの熱量に完結かと思いきや、物語はまだ続く様子。
今後の展開もとても楽しみです!

☆あらすじ☆
――それは千年前の契約。使徒の力を受け継ぐという使命。『英雄』と『化け物』たちの戦いを続ける遊び。『境界戦争』の中で誰もが『運命』や『生まれ』に振り回され、契約を果たすパリンクロンの計画をもはや誰も止められない。戦場でついにパリンクロンを捉えたカナミは、千年前の再来を止めるべく仇敵に戦いを挑んでいく。『世界奉還陣』の発動する戦場が紫水晶(アメジスト)の魔力に満たされ、再び始まる第二十の試練――。
「――『ああ、我こそが死罪人』『闇の理を盗むもの』――」
心に宿す運命(かのじょ)に『誓約』を果たしたその時――少年は『最深部(しんじつ)』を暴く者となる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界迷宮の最深部を目指そう 8/割内タリサ

キミもまた、偽恋(オタク)だとしても。1〈下〉/渡辺恒彦

キミもまた、偽恋(オタク)だとしても。1〈下〉 (オーバーラップ文庫)
キミもまた、偽恋(オタク)だとしても。1〈下〉 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年10月刊。
隠れオタク×隠れ腐女子のすれ違い系ニセ恋人ラブコメ第2弾。
1巻を上下巻に分けた意味がよくわからなかったものの、ラブコメとしては面白かったです。
隠れオタクあるあるが身につまされるw

☆あらすじ☆
「隠れオタク」として高校デビューを果たした村上政樹は、「隠れ腐女子」の長島薫子と「偽装恋人」関係を続けていた。二人ともがオタクであることを知らぬまま。自分がオタクであることをバラさないよう、慎重に。デートの約束も取り付け、順調に恋人としてのイベントを積み重ねる二人。だが、二人が本当に楽しみにしていたイベントは別にあった。それこそがオタクの祭典、同人誌即売会! オタクの血が騒ぎ、理性を失う空間。そこで二人は同時に居合わせてしまい……。そして、同人誌即売会後に二人にとっての初デート当日を迎えることに!? 政樹と薫子の「偽装恋人」関係と彼らの「秘密」の行方は!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む キミもまた、偽恋(オタク)だとしても。1〈下〉/渡辺恒彦

魔法使いと僕1/十文字青

魔法使いと僕1 (オーバーラップ文庫)
魔法使いと僕1 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年8月刊。
「灰と幻想のグリムガル」の十文字青先生の新シリーズ開幕。
亜人が虐げられる国で出会った少年と少女の旅を描く物語、になるのでしょうか。
私が今まで読んだ十文字青作品に比べると、アクがそこまで強くなくて柔らかい雰囲気のお話だった気がします(あくまで比較的)
今回は「これぞボーイ・ミーツ・ガールものの序章!」って感じの内容でしたし(伝われ)、色々と興味深い伏線が張られているので無事に続けば面白いシリーズに育つはず。
期待しています!

☆あらすじ☆
少年は故郷と同胞を奪われ一人だった。少女は旅の荷物さえ失い行き倒れていた。カルルとエルシー。貪るように拡大を続ける「帝國」の辺土で二人は出会う――。人と亜人。名も無き小村で身を寄せあい暮らすひとびと。命は散り、花は咲く。コルタポ。辺土の商都。そこではひとがひとを売りさばき、ひとがひとを所有する。逆らいがたきその現実。引き離される二人。果たしてそれは運命なのか。巻き起こる騒乱。糸を引く者。引かれる者。あらがう者。うつむく者。前を向く者。
「ひとを救うのって、簡単じゃないよ。きっと」「死ぬなんて、だめです!」
少年と少女が“生きる”意味を求めて旅する珠玉のファンタジー、ここに開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔法使いと僕1/十文字青

灰と幻想のグリムガル9 ここにいる今、遙か遠くへ/十文字青

灰と幻想のグリムガル level.9 ここにいる今、遥か遠くへ (オーバーラップ文庫)
灰と幻想のグリムガル level.9 ここにいる今、遥か遠くへ (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年8月刊。
引き続きサウザンバレーでの戦い。
あまり話は進まなかったけれどラブコメ的にニヤニヤできたりして、なんだか楽しい1冊でしたw
ハルヒロのパーティって良いなぁと改めて思えましたし。ひとりひとりが本当に素敵。

☆あらすじ☆
ジャンボという名のオーク率いるフォルガンとの戦いが混迷を極める最中、ハルヒロたちはかつてない危機を迎えていた。ランタのフォルガンへの寝返り。そして、一人また一人と散り散りになっていく過酷な撤退戦。パーティのみんなの安否がわからないまま、ハルヒロたちは自分たちにとってパーティの仲間が、どんな存在だったかを再認識していく。失いそうになってはじめて知るそれを、ハルヒロたちは本当に失ってしまうのか、それとも――。
霧深き千の峡谷(サウザンバレー)で、“孤独”という敵と相まみえる時、灰の中から生まれし冒険譚は新たな一幕を紡ぎはじめる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 灰と幻想のグリムガル9 ここにいる今、遙か遠くへ/十文字青

異世界迷宮の最深部を目指そう7/割内タリサ

異世界迷宮の最深部を目指そう 7 (オーバーラップ文庫)
異世界迷宮の最深部を目指そう 7 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年7月刊。
息抜きできないラブコメ回。おかしい・・・・・・。
普通のバトル回よりもギリギリで命がけな緊張感があるってどういうことなんですかね。楽しい・・・・・・。

☆あらすじ☆
武闘大会が終わり、遂にラスティアラたちと本当の再会を果たしたカナミ。下手な火薬庫より危ない彼女たちと共に、カナミのパーティーはリヴィングレジェンド号に乗って海原を行く。向かうは『本土』――全ては、パリンクロンとの決着をつけるために。パリンクロンを倒す実力をつけるために潜った迷宮で、カナミは《天上の七騎士》ハインの面影を残す少女と遭遇し……!?
「初めまして――私の名前はワイス・ハイリプローペ」
彼女はいったい何者なのか。『迷宮』とはいったい何なのか?カナミは真実を求め、迷宮に再突入する――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界迷宮の最深部を目指そう7/割内タリサ

最果てのパラディン2 獣の森の射手/柳野かなた

最果てのパラディンII 獣の森の射手 (オーバーラップ文庫)
最果てのパラディンII 獣の森の射手 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年7月刊。
不死者に育てられ、冒険者として旅立った少年ウィルの活躍を描く異世界転生ファンタジー第2弾。
1巻の完成度が高かったので続編がどうなるのか少し心配していたのですが、安定した面白さを堪能することができました。
ファンタジーとしての話の運び方がすごく好み。いよいよウィルの冒険が始まったのだとワクワクします。
しかし思わぬところで泣かせにかかるから油断できない・・・・・・ウィルの根幹にある家族への深い敬愛が1巻に引き続きグッときました。

☆あらすじ☆
死者の街を出て北に。ウィルが初めて接触した人類社会の最果ては、魔獣が跋扈し、困窮する人々が暮らす無法の土地だった。そんな絶望に触れるも神の啓示に耳を傾け、その薄闇のなかに光を灯すことを決意した。そして都市との流通や交易を活性化させることと、魔獣を退治できる冒険者たちを招き入れるため、友人となったハーフエルフのメネルドールとともに、北の都市に向かう。そして道中、商人の男トニオや小人の楽師ビィを加え、向かった街では何かに改造され凶暴化したワイバーンと遭遇し、ウィルはこれを撃破する。初めて英雄として認知され、都市の統治者から騎士の称号を授かる。そして《最果ての聖騎士》の名が南辺境で知られ始めるようになり……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 最果てのパラディン2 獣の森の射手/柳野かなた

キミもまた、偽恋(オタク)だとしても。1〈上〉/渡辺恒彦

キミもまた、偽恋だとしても。1〈上〉 (オーバーラップ文庫)
キミもまた、偽恋だとしても。1〈上〉 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年5月刊。
互いにオタク趣味を隠しながら偽装恋人をすることになった高校生のラブコメ。
あ、これ好きなやつですね。全部バレたら幸せになれそうなのに、当人達は必死に秘密を隠してコメディしちゃう感じ。そこにとてもニヤニヤしてしまうやつですね!Σb( `・ω・´)グッ
1巻の上巻ということで、単体だとヤマとオチが少し弱いのですが、ここから更に面白くなりそうな予感しかありません。
下巻がはやく読みたい!

☆あらすじ☆
「理想のヒモ生活」渡辺恒彦が描く、次なる理想のヒロインとは……。
「ねぇ。わたしの秘密、バレてないよねっ!?」「俺の秘密、バレてないよな!?」
関東圏のとある田舎町。岩下学園に越境入学して間もなく、村上政樹は学級委員の長島薫子に「偽装恋人」になって欲しいと頼まれる。薫子の家は地元では知らない人のいない旧家。お見合いを回避するための手段として偽装恋人の役を頼んだのだ。しかし、政樹が薫子の親に紹介されると思わぬ事実が発覚! それは村上家こそが長島家の主筋の直系だったこと。そして、あれよあれよという間に、婚約まで話が進んでしまい、2人は引くに引けない状態になってしまって……!?
そんな二人にはそれぞれ相手に対して、一つだけ大きな秘密を抱いていた。それは「隠れオタク」「隠れ腐女子」という秘密であった。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む キミもまた、偽恋(オタク)だとしても。1〈上〉/渡辺恒彦

最果てのパラディン1 死者の街の少年

『最果てのパラディンⅠ 死者の街の少年』(柳野かなた著/オーバーラップ文庫)★★★★☆

最果てのパラディンI 死者の街の少年 (オーバーラップ文庫)
最果てのパラディンI 死者の街の少年 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年3月刊。
これは良いファンタジーでした。
異世界に転生した主人公が、成長し旅立つまでを描く第1巻。
内容的にはプロローグであるものの、ストーリーのまとまりが良くて単巻作品的に楽しめることができました。
家族愛って良いですよね。終盤の展開は切なくてちょっと泣けてきたり。
キャラも良かったし、神々の存在を感じる神秘的な世界観もとても好みでした。続きに期待しています!

☆あらすじ☆
かつて滅びた死者の街――人里離れたこの地に一人の生きた子供、ウィルがいた。少年を育てるのは三人の不死者。豪快な骸骨の剣士のブラッド。淑やかな神官ミイラのマリー。偏屈な魔法使いの幽霊のガス。彼ら三人に教えを受け、愛を注がれ少年は育てられる。そしていつしか少年は一つの疑念を抱く。「……この『僕』って、何者なんだ?」ウィルにより解き明かされる最果ての街に秘められた不死者たちの抱える謎。善なる神々の愛と慈悲。悪なる神々の偏執と狂気。「約束だ。ちょいと長いが、語ってやる。多くの英雄と俺たちの死の……、そして、お前がここで育った話でもある」――その全てを知る時、少年は聖騎士への道を歩みだす。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 最果てのパラディン1 死者の街の少年

灰と幻想のグリムガル8 そして僕らは明日を待つ

『灰と幻想のグリムガル Level.8 そして僕らは明日を待つ』(十文字青著/オーバーラップ文庫)★★★★☆

灰と幻想のグリムガル level.8 そして僕らは明日を待つ (オーバーラップ文庫)
灰と幻想のグリムガル level.8 そして僕らは明日を待つ (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2016年3月刊。
アニメの素晴らしさにムフムフしながら、楽しみに待ちに待った原作最新巻。
だったのですが。
なにこれ! ちょっと、ちょっと・・・・・・これは予想外すぎるのですが。ほんとに待ってどうなるのこれ(´;ω;`)
続きを大至急お願いします!!

☆あらすじ☆
幾多の危機を越えグリムガルへの帰還を果たしたハルヒロたち。しかし、戻ってきたとはいえ、出口の先は人間族の勢力圏から遠く離れた土地だった。偵察に出たハルヒロとユメは、幸運にもクラン「暁連隊(DAYBREAKERS)」に所属する〝颱風(タイフーン)〟ロックスたちと出会う。だが彼らはある目的のため、オークや不死族の集団と戦っており、ハルヒロたちも、更には残っていたランタとメリイ、クザクとシホルの4人も別々に行動し、戦闘に巻き込まれてしまう。
ようやく戻ってきた世界でも、待っていたのは仲間と更なる出会いと戦いだった。灰が舞い、幻想を越えた先に何が待つのか、いまはまだ誰も知らない。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 灰と幻想のグリムガル8 そして僕らは明日を待つ