「集英社オレンジ文庫」カテゴリーアーカイブ

宝石商リチャード氏の謎鑑定3 天使のアクアマリン/辻村七子

宝石商リチャード氏の謎鑑定 (集英社オレンジ文庫)
宝石商リチャード氏の謎鑑定 (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年11月刊。
美貌の宝石商と正義漢な大学生が宝石にまつわる謎を解き明かすミステリー第3弾。
今回は謎めくリチャードの過去がどんどん掘り下げられ、正義との関係にも動きが。
ラストに「あああ・・・!」となったので次巻が待ち遠しいです。

☆あらすじ☆
美貌の敏腕宝石商・リチャードの店でバイト中の大学生・正義。
その夫婦は、結婚三十年記念に作る指輪のための宝石を探しているという。だが、二人の想いにはズレがあるようで?(求めるトパーズ)
正義が好意を寄せている谷本晶子が、お見合いをすると告げてきた。自分に止める権利があるのかと悩む正義の背中を、リチャードは押してくれて?(天使のアクアマリン)
宝石を通して見えてくる、数々の人間模様。そして、リチャードの過去が次第に明らかに!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 宝石商リチャード氏の謎鑑定3 天使のアクアマリン/辻村七子

異人館画廊4 当世風婚活のすすめ/谷瑞恵

異人館画廊 当世風婚活のすすめ (集英社オレンジ文庫)
異人館画廊 当世風婚活のすすめ (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年9月刊。
徐々に糖度が出てきたような気がする美術ミステリー第4弾。
千景と透磨のじれったい関係も良いのですが、千景の過去がますます気になる展開になってきました。

☆あらすじ☆
成瀬家は、代々“禁断の絵”を守ってきた旧家だ。その絵が盗まれた。現当主の美津に絵をさがしてほしいと頼まれた千景と透磨だが、件(くだん)の絵は異人館画廊に置き去りにされていた。同時期、失踪中の次期当主候補・雪江が遺体で見つかるが、容疑者として浮上した男が千景の誘拐事件の関係者だと判明し!? 深まる謎の中、記憶の封印が次第に解けてゆく。緊迫の美術ミステリー!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異人館画廊4 当世風婚活のすすめ/谷瑞恵

鍵屋甘味処改4 夏色子猫と和菓子乙女/梨沙

鍵屋甘味処改 4 夏色子猫と和菓子乙女 (集英社オレンジ文庫)
鍵屋甘味処改 4 夏色子猫と和菓子乙女 (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年8月刊。
無愛想な天才鍵師と猫のような女子高生の鍵屋の日常を描いたシリーズ第4弾。
今回はラブコメにようやく進展が。ちょっとだけだけど。でもこの焦れったさがすごく良い!

☆あらすじ☆
今さら淀川と祐雨子の関係が気になるこずえ。折悪しくテスト前で、鍵屋への出入りを禁じられてしまう。そんな中、こずえが通う高校のプールに不審物が投げ込まれる事件が起きる。鍵を開けられた形跡があり、鍵屋として淀川が呼ばれ…?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鍵屋甘味処改4 夏色子猫と和菓子乙女/梨沙

カスミとオボロ 大正百鬼夜行物語/丸木文華

カスミとオボロ 大正百鬼夜行物語 (集英社オレンジ文庫)
カスミとオボロ 大正百鬼夜行物語 (集英社オレンジ文庫)

評価:★★★☆☆
2016年6月刊。
坂上田村麻呂の血をひく伯爵家令嬢と、甦った悪路王がコンビを組む大正浪漫綺譚。
意外にヘタレ弟っぽい感じの悪路王が可愛く、退屈を持て余すヒロインのほの暗いキャラクターも魅力的でした。
ストーリー的にはまだ色々と謎が多くて、シリーズ開幕の1冊という感じ。
主役コンビがとても好みだったので今後に期待しています!

☆あらすじ☆
時は大正。坂之上伯爵家の令嬢・香澄は、退屈な日常にうんざりしていた。そこへ現れたのは、代々祀ってきた悪路王。香澄は彼に朧という名を与えることで、主従関係を結んでしまった。少年の姿をした朧は、世の中にはびこる鬼を喰らって力を得るという。腹をすかせた朧のために、香澄は街へ出かけてみたのだが…?煌びやかな華族世界を舞台に描く、あやかし事件簿!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む カスミとオボロ 大正百鬼夜行物語/丸木文華

宝石商リチャード氏の謎鑑定2 エメラルドは踊る/辻村七子

宝石商リチャード氏の謎鑑定 エメラルドは踊る (集英社オレンジ文庫)
宝石商リチャード氏の謎鑑定 エメラルドは踊る (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年5月刊。
美貌の毒舌宝石商と迂闊な正義の味方のコンビが宝石絡みの謎を解き明かすミステリー第2弾。
今回も面白かったです。
正義くんはリチャード氏に対してだけ発言がタラシすぎるww

☆あらすじ☆
美貌の敏腕宝石商・リチャード氏の店でバイト中の正義。氏の鑑定眼はますます冴え渡り、日々厄介な謎が持ち込まれる。本日老舗バレエ団から依頼されたのは、死んだバレリーナの呪いがかかったエメラルドのネックレスの謎鑑定。リチャード氏がエメラルドから導き出す意外な真相と石に秘められた想いとは!?宝石に宿る人の心の謎を解き明かすジュエル・ミステリー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 宝石商リチャード氏の謎鑑定2 エメラルドは踊る/辻村七子

倫敦千夜一夜物語2 ふたりの城の夢のまた夢/久賀理世

倫敦千夜一夜物語 ふたりの城の夢のまた夢 (集英社オレンジ文庫)
倫敦千夜一夜物語 ふたりの城の夢のまた夢 (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年4月刊。
1年以上間が空いたので心配していたのですが、続きが出てくれて良かった。
貸本屋を営むワケあり兄妹が謎を解き明かすヴィクトリアン・ミステリー第2弾。
前巻よりさらに面白くなってきました。特にラストには思わずニヤリと。

☆あらすじ☆
19世紀末、英国。兄アルフレッドとともに貸本屋“千夜一夜”を営むサラの毎日は、ささやかな謎に満ちている。消える蔵書票。店の片隅でひとり涙する少年。そして兄の旧友ヴィクターとともにでかけたピクニックで若い女性の遺体を発見したサラは、やがてロンドンを騒がせる連続殺人事件に深く関わることになり!?名作文学が鍵を握る、ヴィクトリアン・ミステリー!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 倫敦千夜一夜物語2 ふたりの城の夢のまた夢/久賀理世

眠れる森の夢喰い人 九条桜舟の催眠カルテ/山本瑤

眠れる森の夢喰い人 九条桜舟の催眠カルテ (集英社オレンジ文庫)
眠れる森の夢喰い人 九条桜舟の催眠カルテ (集英社オレンジ文庫)

評価:★★★★☆
2016年4月刊。
他人の夢を見てしまう主人公が催眠療法士にスカウトされ、彼と共に悩みを抱える人々の心を救っていく物語。
悪夢と苦悩とお布団のお話でした。私も高級おフトンに包まれて快眠したい。
患者の苦悩が具象化した悪夢に入り込むという設定なのですが、一見穏やかな雰囲気の中に溶け込んだ「毒」が心にびりびりと響くストーリーでした。
登場人物達は賑やかで魅力的でしたが、まだ明かされていない彼らの背景がとても気になります。
ぜひシリーズ化してほしい!

☆あらすじ☆
他人の夢が見えてしまう能力を持つ砂子は、勤めている寝具販売店で奇妙な客にスカウトされる。彼の名は、九条桜舟。催眠療法士を名乗る彼に、患者が苦しむ原因を深層心理から取り除く“獏”に勧誘された砂子が出会うのは、美しくもアクが強い三人の獏達と、不安や苦しみを抱えクリニックを訪れる患者達…。その心に秘められた謎に迫るサイコロジカル・ミステリー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 眠れる森の夢喰い人 九条桜舟の催眠カルテ/山本瑤

新釈グリム童話 めでたし、めでたし?

『新釈 グリム童話 −めでたし、めでたし?−』(谷瑞恵・白川紺子・響野夏菜・松田志乃ぶ・希多美咲・一原みう著/集英社オレンジ文庫)★★★★☆

新釈 グリム童話 -めでたし、めでたし?- (集英社オレンジ文庫)
新釈 グリム童話 -めでたし、めでたし?- (集英社オレンジ文庫)

2016年3月刊。
面白かったー!!
コバルト文庫とオレンジ文庫で活躍する作家陣による現代版グリム童話アンソロジー。
ほっこりと優しい話、ときめく恋の話、爽やかな友情の話、笑えないレベルのホラーな話などなど、バラエティに富んだ内容の短編集です。
一部作家さんを目当てに読んでみたのですが、予想以上に満足できました(´∀`*)

☆あらすじ☆
誰もが知るグリム童話をベースに、舞台を現代におきかえストーリーを大胆にアレンジ!
ヒロインがふたりの白雪姫、老舗ホテルの一人娘として生まれたの眠り姫、廃屋から届くある依頼に悩むヘンゼルとグレーテル…など、全六編収録。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 新釈グリム童話 めでたし、めでたし?

鍵屋甘味処改3 子猫の恋わずらい

『鍵屋甘味処改3 子猫の恋わずらい』(梨沙著/集英社オレンジ文庫)★★★★☆

鍵屋甘味処改 3 子猫の恋わずらい (集英社オレンジ文庫)
鍵屋甘味処改 3 子猫の恋わずらい (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


2016年1月刊。
愛想のない青年鍵師と警戒心の強い女子高生の鍵屋物語第3弾。
「恋わずらい」というサブタイトルからして思わせぶりですが、徐々に恋愛描写が増えてきた様子。
でもこの二人、カップルを通り越して熟年夫婦のような雰囲気が先に出ちゃってるのはどういうことなのか・・・・・・とても良いと思います╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

☆あらすじ☆
ゴールデンウィーク、こずえは淀川の鍵屋を手伝っていた。謎めいた依頼が入り、こずえたちは『鍵屋敷』へ向かうことに。
そこには若手の鍵師が集められていた。そして屋敷中の鍵を開け、コインを集めるという奇妙なゲームが始まり…?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鍵屋甘味処改3 子猫の恋わずらい

宝石商リチャード氏の謎鑑定

『宝石商リチャード氏の謎鑑定』(辻村七子著/集英社オレンジ文庫)★★★★☆

宝石商リチャード氏の謎鑑定 (集英社オレンジ文庫)
宝石商リチャード氏の謎鑑定 (集英社オレンジ文庫)

2015年12月刊。
「螺旋時空のラビリンス」で鮮烈なデビューを飾った辻村七子さんの第2作。
美貌の宝石商と迂闊すぎる正義漢大学生が主人公の、宝石にまつわるライトミステリ作品です。
宝石に関する蘊蓄は分かりやすくて勉強になるし、そんな宝石を巡る謎の数々は切なくも読後に心があたたかくなるものばかり。
何より主人公二人のキャラが立っていて楽しかったですw
天然人たらしな正義くんとたらし込まれるリチャード氏にニヤニヤしてしまいました(*´ー`*)

☆あらすじ☆
酔っ払いに絡まれる美貌の外国人・リチャード氏を助けた正義。彼が国内外に顧客をもつ敏腕宝石商と知り、誰にも言えない曰くつきのピンク・サファイアの鑑定を依頼する。祖母が死ぬまで守っていたその宝石が秘めた切ない“謎”がリチャード氏により解かれるとき、正義の心に甦るのは…?美しく輝く宝石に宿る人の心の謎を鮮やかに解き明かすジュエル・ミステリー!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 宝石商リチャード氏の謎鑑定