「ノベルゼロ」カテゴリーアーカイブ

皿の上の聖騎士2/三浦勇雄

皿の上の聖騎士〈パラディン〉2 ‐ A Tale of Armour ‐ (Novel 0)
皿の上の聖騎士〈パラディン〉2 ‐ A Tale of Armour ‐ (Novel 0)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年9月刊。
奪われた身体を取り戻そうとする姉弟の物語第2弾。
今回も面白かったです!
色々と前提を覆しつつ、更なる真実で驚愕させてくれるのが本当に楽しいんですよねぇ。良いファンタジーだ。

☆あらすじ☆
伝説の甲冑。醜悍(おぞ)ましき真実と、王に背く勇者の神話。第二章
――片腕を失ったアイザックは剣の特訓をしながら旅を続けていた。次の目的地はベヒモスの棲む大湖沼。しかしアイザックたちが着いたときにはすでに件の霊獣の姿はなく――?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 皿の上の聖騎士2/三浦勇雄

魔獣調教師ツカイ・J・マクラウドの事件簿 獣の王はかく語りき/綾里けいし

魔獣調教師ツカイ・J・マクラウドの事件録 獣の王はかく語りき (Novel 0)
魔獣調教師ツカイ・J・マクラウドの事件録 獣の王はかく語りき (Novel 0)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年7月刊。
人間が魔獣を飼育し、繁殖させ、娯楽として扱う帝都を舞台にしたダークファンタジー。
そこはかとなく悪趣味で退廃的な雰囲気に圧倒されてしまう物語でした。
謎めいた腕利きの魔獣調教師を中心として、魔獣と人間の暗い関係性を連作短編となっていいます。
かなり陰惨ですが、ついつい読んでしまう暗い魅力を感じる作品だと思います。

☆あらすじ☆
帝都最高の魔獣調教師『絢爛なる万華鏡』ゴヴァン卿の奇妙な死とともに彼の全てを継承した青年・ツカイ。とある【魔獣愛好倶楽部】で彼に出会ったウヅキは、彼に纏わる魔獣事件を経て彼の真実に迫っていくが……?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔獣調教師ツカイ・J・マクラウドの事件簿 獣の王はかく語りき/綾里けいし

個人と国家 人魔調停局 捜査File.02/扇友太

個人と国家 人魔調停局 捜査File.02 (Novel 0)
個人と国家 人魔調停局 捜査File.02 (Novel 0)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年5月刊。
魔物と人類が衝突しながら共存する世界を舞台にしたポリスアクション第2弾。
世界観の説明に手間取っていた前巻に比べるとかなり良くなっていると思います。とても面白かったです。
不法移民の暴走事件を通じてライルが知ることになる、とある重大な真実。
そこに辿り着くまでの謎が謎を呼ぶ展開と、大きな流れに翻弄されていく登場人物達の悲哀に目が離せなくなりました。

☆あらすじ☆
主人公ライルに持ち込まれた度重なる、不法移民の暴走事件。時を同じく、クリアトと冷戦状態にあるヘクト連合王国からコスタス少佐が入国。少佐の目的はクリアトに密入国したテロリスト・ヴォルフの殺害で――!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 個人と国家 人魔調停局 捜査File.02/扇友太

境界探偵モンストルム

『境界探偵モンストルム』(十文字青著/ノベルゼロ)★★★☆☆

境界探偵モンストルム (Novel 0)
境界探偵モンストルム (Novel 0)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年3月刊。
青先生の新作はぴりっと苦い後味のハードボイルド小説。
人ではない異形が存在する世界を舞台に、境界絡みの事件を扱う探偵が主人公の物語です。
シリーズものの最初の事件簿という雰囲気で、まだ世界観についても主人公自身についても全容がみえてきませんが、続けばどんどん面白くなりそうな予感。
アクが強い個性的な登場人物たちの賑わいが楽しく、ちょっとヘタレ気味だけど芯の通った主人公はとても格好良かったです。
この不可思議な世界と人々をもっとよく知るために、シリーズ化を期待しています!

☆あらすじ☆
境界。異形。謎。探偵。吸血鬼。異界。闇。人狼。異種。――クズ。
狭間探偵事務所をある日一人の客が訪れる。依頼は失踪した妹の捜索。――だが。新興暴力団による拉致監禁暴行。不法移民。人身売買の国際組織。そして――“異種”の痕跡。事件は“彼ら”に纏わる様相を帯び――?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 境界探偵モンストルム

インスタント・マギ

『インスタント・マギ』(青木潤太朗著/ノベルゼロ)★★★★☆

インスタント・マギ<インスタント・マギ> (NOVEL 0)
インスタント・マギ (NOVEL 0)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年2月刊。
科学によって魔法を解き明かすファンタジックなSF小説。
あまり読みやすいとは言えない作品なのですが、テンション上がるくらい面白かったです。
魔法をインスタントに使える技術を発明した科学者を巡り、魔女達が死闘を繰り広げる物語。
そして同時に、科学者とJK魔女のうぶでロマンチックな恋を描く物語です。
魔女達の派手で陰惨な魔法バトルは迫力があるし、そんな「魔法」に対する科学的アプローチは読み応えあり。
魔法を徹底的に蹂躙する主人公のピュアな狂気が鳥肌モノなのですが、そんな彼のラブコメには萌え転がされましたw
一応は綺麗に終わっているものの、是非シリーズ化してほしい新作です。

☆あらすじ☆
青年の《科学》が《魔法》に到達した日、彼を巡る魔法使いの戦争が始まった
科学者の青年が、魔法陣の映像電子ドラッグで脳にストレスを加え、一時的に超能力者《インスタントな魔法使い》になる方法を発明した。それが原因で、青年を巡る本物の《魔法使い》の戦争が引き起こされて……?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む インスタント・マギ

皿の上の聖騎士1 A Tale of Armour

『皿の上の聖騎士〈パラディン〉1 ーA Tale of Armourー』(三浦勇雄著/ノベルゼロ)★★★★☆

皿の上の聖騎士〈パラディン〉1 ― A Tale of Armour ―<皿の上の聖騎士〈パラディン〉> (NOVEL 0)
皿の上の聖騎士〈パラディン〉1 ― A Tale of Armour ―(NOVEL 0)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年2月刊。
これぞ王道ハイ・ファンタジー。とても面白かったです!
理不尽に奪われたものを取り戻すため、大陸中を旅することになる騎士の姉弟の物語。
序盤でかなりショッキングな展開が起こるのですが、そこから始まる旅路と戦いの連続にワクワクさせられる作品でした。
「伝説」の真実を知ることで波乱の運命に巻き込まれても、助け合って道を切り開こうとする姉弟の関係性がすごく好み。
ドラゴンなどの霊獣が存在する神秘的で壮大な世界観のなかを、登場人物が生き生きと動き回るのも良かったです。一部、予想外な方向にも生き生きとしていて笑いましたがw
次巻以降も楽しみです!

☆あらすじ☆
伝説の甲冑が纏われた瞬間(とき)、新たな神話が開闢(はじま)る。
フィッシュバーン家には伝説がある。大国レーヴァテインがまだ小さな辺境国だった頃、ご先祖様が大陸中の霊獣を訪ね歩いて防具を授かり、集まったそれらは一着の聖なる甲冑と成った。――それが全ての始まりだった。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 皿の上の聖騎士1 A Tale of Armour

竜と正義 人魔調停局 捜査File.01

『竜と正義 人魔調停局 捜査File.01』(扇友太著/ノベルゼロ)★★★☆☆

竜と正義 人魔調停局 捜査File.01<人魔調停局 捜査File> (NOVEL 0)
竜と正義 人魔調停局 捜査File.01 (NOVEL 0)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年2月刊。
第9回MF文庫J新人賞「最優秀賞」 受賞作「MONSTER DAYS」の加筆修正版。
魔物と人類が衝突しつつも共存する世界を舞台に、人魔間の軋轢を解消するため奔走する人魔調停局員の活躍を描くハードボイルド風味のポリスアクションです。
世界観が凝りまくっているため設定の把握が大変でしたが、それだけに読み応えのある作品でした。
魔物との身体的スペックの違いから苦労ばかりするのに、挫けず困難に打ち勝とうとする主人公が格好いい。ガン&マジックの派手なアクションも良かったですし、新しい形の英雄譚として面白かったです。
旧作は1巻きりだったようですが、今回は無事にシリーズ化できるだろうか。続きを期待しています!

☆あらすじ☆
人魔調停局実働部--捜査開始!
人間と魔物が共存する現代。人魔社会の平和維持のため、調停局の新人実働官ライルは今日も事件と、上司であるオーロッドの叱責と戦っている。第9回MF文庫J ライトノベル新人賞・最優秀賞受賞作が加筆修正、完全版として登場。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 竜と正義 人魔調停局 捜査File.01

ブックマートの金狼

『ブックマートの金狼』(杉井光著/ノベルゼロ)★★★☆☆

ブックマートの金狼 (NOVEL0)
ブックマートの金狼 (NOVEL0)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年2月刊。
新レーベルNOVEL 0の創刊ラインナップの1作。
新宿を舞台にしたハードボイルドアクションで、主人公は裏社会に顔が利く雇われ書店店長。
彼がアイドルのストーカー絡みのトラブルを引き受けたことから始まる物語ですが、予想以上の血生臭さでしたw
主人公とかつての仲間たちがとても格好良かったので、ぜひ全員を登場させるためにもシリーズ化してほしい新作です。

☆あらすじ☆
元トラブルシューターの書店店長が裏社会の問題に挑む――
東京・新宿のど真ん中に位置する『くじら堂書店』店長を務める男・宮内直人はかつて伝説的チームを率い、裏社会にまで名を轟かせた元トラブルシューターだった。そんな彼の元に、久々の《トラブル》が舞い込み……?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ブックマートの金狼