「メディアワークス文庫」カテゴリーアーカイブ

天保院京花の葬送 フューネラル・マーチ/山口幸三郎

天保院京花の葬送 ~フューネラル・マーチ~ (メディアワークス文庫)
天保院京花の葬送 ~フューネラル・マーチ~ (メディアワークス文庫)

評価:★★★☆☆
2017年1月刊。
霊感女子高生、トラブルメーカー、若手熱血刑事、ナルシスト霊能力者の4人が廃墟で起こった殺人事件の真相を解き明かすオカルトミステリー。
幽霊ががっつりと事件に絡んでいく物語なのだけど、普通にミステリーとしても読み応えがあって面白かったです。
群像劇的な構成が若干テンポ悪く感じたものの、クセのあるキャラクターは魅力的。
心霊探偵系の作品が好きなら楽しめると思います。私は結構好みな内容だったので、シリーズ化に期待!

☆あらすじ☆
天保院京花には、俗に言う『第六感』が備わっている。でも実際は、人よりちょっとだけ、目がおかしくて、耳が変で、鼻が異常で、舌が特殊で、肌が異様なだけ――。廃墟の洋館で起きた殺人事件。現場に集まったのは、霊感女子高生の京花、トラブルメーカーな元女装少年の人理。不良出身の熱血刑事・竜弥、そして、麗しきナルシスト霊能者の行幸。喪服を纏った女子高生・京花が、おかしな奴らと『謎』に挑むとき、事件は意外な結末を迎えることに――!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 天保院京花の葬送 フューネラル・マーチ/山口幸三郎

絶対城先輩の妖怪学講座9/峰守ひろかず

絶対城先輩の妖怪学講座 九 (メディアワークス文庫)
絶対城先輩の妖怪学講座 九 (メディアワークス文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年11月刊。
絶対城先輩と礼音が・・・・・・!
今回は「狐」回だったわけだけど、それよりも絶対城先輩と礼音が・・・・・・!!

☆あらすじ☆
絶対城を頼り四十四番資料室を訪れた、「狐憑き」に悩む女子学生、葛木葉子。こっくりさんの儀式でお祓いを行う絶対城に対し、葛木は「笑わせないでよね!」と言い放ち、真怪秘録覚書『狐』の資料と共に姿を消してしまう。突然の事態に動揺する一同。しかし、何故か礼音は葉子の声に聞き覚えがあった。声を頼りにして、お祓いと同じ日に礼音が巻き込まれた事件を調べ始めると、海辺のリゾートホテルで開催されるマジックショーに辿り付く。そこで待ち受けていたのは―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 絶対城先輩の妖怪学講座9/峰守ひろかず

0能者ミナト10/葉山透

0能者ミナト<10> (メディアワークス文庫)
0能者ミナト<10> (メディアワークス文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年10月刊。
面白かったー!!
スピンオフ的なユウキ回。終盤の展開が予想外すぎて目を剥いた・・・!
孝元さんの苦い初恋話がスタートした今回の事件は、なんだか切なくなる読後感がしっとりと素敵でした。

☆あらすじ☆
強大な怪異をも一刀で斬り伏せる、美しき怪異討伐の手練、赤羽夏蓮。若き日の孝元が恋した彼女は、しかし怪異に絡む事件を経て姿を消した。その後彼女の行方を知った孝元は、一人の少年に出会う。その少年こそ、母譲りの強大な法力を持つ夏蓮の息子、赤羽ユウキだった。そして時は経ち、ユウキの前に彼の父と目される科学者が現れる。いわく、ある薬で法力を消すことができるという。それはまさに、科学で怪異をねじ伏せるがごとき事態。あろうことかユウキは薬の力で法力を失い、クラスメイトと怪異事件に巻き込まれてしまうのだった。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 0能者ミナト10/葉山透

蒼空時雨/綾崎隼

蒼空時雨 (メディアワークス文庫)
蒼空時雨 (メディアワークス文庫)

評価:★★★★★
2010年1月刊。
第16回電撃小説大賞「選考委員奨励賞」にして綾崎隼さんのデビュー作。
めちゃくちゃ面白かったです。
一人暮らしの男のアパートにワケあり美人が転がり込んでくるところから始まる、雨の風景がとてもよく似合う恋愛群像劇。
少しずつ繋がりがある5人の男女の恋を描いていて、登場する誰もが人間的にダメなところがあるというか、痛々しいところがあって、全てひっくるめて愛おしくて仕方ありませんでした。
もうほんとにこういう話大好物すぎて叫びだしたい気分。

☆あらすじ☆
偶然の「雨宿り」から始まる、切ないラヴ・ストーリー。ある夜、舞原零央はアパートの前で倒れていた女、譲原紗矢を助ける。帰る場所がないと語る彼女は居候を始め、次第に猜疑心に満ちた零央の心を解いていった。やがて零央が紗矢に惹かれ始めた頃、彼女は黙していた秘密を語り始める。その内容に驚く零央だったが、しかし、彼にも重大な秘密があって…。巧妙に張り巡らされた伏線が、いくつも折り重なったエピソードで紐解かれる、新感覚の青春群像ストーリー。

以下、ネタバレありの感想です。ネタバレなしの方が楽しい作品なので未読の方は要注意。

続きを読む 蒼空時雨/綾崎隼

絶対城先輩の妖怪学講座8/峰守ひろかず

絶対城先輩の妖怪学講座 八 (メディアワークス文庫)
絶対城先輩の妖怪学講座 八 (メディアワークス文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年5月刊。
絶対城先輩、ほんとヒロイン体質だなって思った第8巻。
礼音と先輩の間に流れる空気がいつもよりちょっと甘めに感じてニヤニヤしてしまいましたw
ダイダラボッチ回な妖怪学講座については相変わらずトンデモなのにとても面白かったです。

☆あらすじ☆
「のっぺらぼう」の力を持つ桜城晃が、四十四番資料室に持ち込んだ女神像。それは、「ダイダラボッチ」の謎に迫る手掛かりだった。すぐさま御場島と呼ばれる絶海の孤島へ向かう絶対城と晃。二人のやりとりを見た礼音は、女性として、そして絶対城のパートーナーとして晃に遠く及ばないと感じ、一緒に行かないと告げるのだった。大学に残った礼音は織口の「二口」治療を杵松と共に行ったり、一人でオカルト相談の解決に臨む。そんな中、絶対城との連絡が途絶え―?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 絶対城先輩の妖怪学講座8/峰守ひろかず

チョコレート・コンフュージョン

『チョコレート・コンフュージョン』(星奏なつめ著/メディアワークス文庫)★★★★☆

チョコレート・コンフュージョン (メディアワークス文庫)
チョコレート・コンフュージョン (メディアワークス文庫)

2016年2月刊。
第22回電撃小説大賞「メディアワークス文庫賞」受賞作。
あっまぁーーーーーーーーぁい!!
バレンタインに起こった悲劇で喜劇なハプニングから始まるラブコメディ。
誤解と誤解が重なってお付き合いすることになったイイ年した大人のふたりが、真面目にコミカルに中学生みたいな恋を育んでいく物語です。
可愛すぎて萌え死ぬかと思いました。アラフォーコミュ障強面男にこんなにきゅんきゅんさせられるとは・・・・・・!

☆あらすじ☆
がんばり過ぎて、疲れた時に。笑えて泣けるラブコメ小説!
バレンタインすら残業の、仕事に疲れたOL千紗。お気に入りのヒールが折れ、まさに泣きっ面に蜂。そんな千紗を救ったのは、理想の王子様――ではなく、凶悪な目つきから社内で「殺し屋」と恐れられる龍生だった。千紗はお礼のつもりで義理チョコを渡すが、勘違いした龍生に交際を申し込まれてしまう。
「断ったら殺される!?」
命の危険を感じた千紗は、偽の恋人になることに。だけど強面の龍生が提案してきたのは、なぜか交換日記で!?
凶悪面の純情リーマン×がんばり過ぎなOLの、涙と笑いの激甘ラブコメ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む チョコレート・コンフュージョン

トリックスターズ

『トリックスターズ』(久住四季著/メディアワークス文庫)★★★★☆

トリックスターズ (メディアワークス文庫)
トリックスターズ (メディアワークス文庫)

2016年1月刊。初出は電撃文庫2005年6月刊。
復刊が話題になっていたので読んでみましたが、とても面白かったです!
魔術が存在する世界で、それを研究する魔学部を舞台に繰り広げられるミステリー。
語り手の入学早々起こった殺人ゲームで呈示される「七つの偽計」全てを看破できた方はどの程度いるのでしょうか。
ちなみに私は七番目の偽計をメタ的に看破しました!あはは・・・・・・

☆あらすじ☆
名門城翠大学で起きたゲームと称する大胆な殺人予告。それが世間を大いに賑わす頃。新入生のぼくは客員教授の青年、佐杏冴奈と出会う。彼は本物の魔術師だという変わり者。どういうわけか、ぼくは先生に気に入られてしまう。こうしてにわか探偵と助手は殺人予告に立ち向かう。事件すらも楽しむ先生の享楽的頭脳は冴え渡り、ぼくは振り回され、沈件は二転三転、疾風怒涛の展開へとなだれ込む。あっと驚く結末は、もう一度読み直したくなること必至。極上エンターテインメント!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む トリックスターズ

おきつねさまのティータイム

『おきつねさまのティータイム』(高村透著/メディアワークス文庫)★★★☆☆

おきつねさまのティータイム (メディアワークス文庫)
おきつねさまのティータイム (メディアワークス文庫)

2015年10月刊。
人に化ける狐と詐欺師の青年の物語。
ほっこりできるカフェものだと思って読んだのですが、ほっこり要素がほとんどなくて驚きました。むしろ結構エグみが強い感じかも。
特に主人公のキャラが予想外すぎました(;`・ω・)
3章立ての物語で話としてはまとまっているものの、ここで終わると色々と苦い後味。
紅茶の蘊蓄多めなライトミステリとして面白かったので、続きが出ることを期待しています。

☆あらすじ☆
心休まる洒落た雰囲気の紅茶専門店マチノワでは、女の姿に化けた狐が紅茶を出してくれるという―。実は彼女、紅茶を淹れるのが苦手。客に紅茶を淹れるのは、もっぱら尼子拓巳という青年の役割だった。そんな店を訪れるのは、悩みやトラブルを抱えた客ばかり。お節介焼きの狐と、そんな彼女に呆れつつもフォローする拓巳なのだが…。これは、人を騙すことがきわめて下手な狐と、人を騙して生きてきた詐欺師との、嘘と紅茶にまつわる物語である。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む おきつねさまのティータイム

0能者ミナト9

『0能者ミナト〈9〉』(葉山透著/メディアワークス文庫)★★★★☆

0能者ミナト (9) (メディアワークス文庫)
0能者ミナト (9) (メディアワークス文庫)

前巻までの感想はこちらから
0能者ミナトシリーズ感想記事一覧(旧ブログ:みかこの読書日記)

1年ぶりの新刊です。めっちゃ待ってました!
今回はドラマCD付特装版も同時発売。ドラマCD付きというものを買うのは久しぶりでしたが、とても良かったです。ぜひこのキャストでアニメ化を・・・・・・!
本編は相変わらずの面白さ。今回はスケールも(物理的に)壮大な内容となっていました。ミナトの推理が冴え渡ります( ・ㅂ・)و ̑̑

☆あらすじ☆
累計57万部超のベストセラー、第9弾!
怪異を知る者でもにわかには信じがたい、神話上の存在。だが、それはいた。身長2000メートル、超弩級の怪異。ダイダラボッチの出現は終末すら予感させるものだった。そのひと足で町が壊滅する。天災級の怪異に、公安調査庁、防衛省も動く事態に発展する。防衛省幹部、幕僚らが居並ぶ席に、ラフな服装の青年がひとり。場違いな雰囲気をこれ見よがしに発散する湊である。人知が及ばぬ無敵のダイダラボッチに対し、湊は驚くべき作戦を提案する。それは神話を現代物理学で解明する、神への挑戦とも言えるものだった。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 0能者ミナト9

絶対城先輩の妖怪学講座7

『絶対城先輩の妖怪学講座 七』(峰守ひろかず著/メディアワークス文庫)★★★★☆

絶対城先輩の妖怪学講座 七 (メディアワークス文庫)
絶対城先輩の妖怪学講座 七 (メディアワークス文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
絶対城先輩の妖怪学講座6 | 晴れたら読書を
2015年8月刊。
妖怪学講座第2部スタート!
今回は「座敷わらし」絡みの事件で、そちらの方は相変わらず蘊蓄満載で楽しかったのです(いつもよりゾワワ・・・ッ!としましたけど)。
そして新章開幕ということで、主要人物の人間関係が動き始めて面白いことになってきました。ワクワク( ^ω^)

☆あらすじ☆
「顰衆」との一件で、『妖怪学』への意識が変わった絶対城。自分なりの妖怪学論を執筆するため資料整理にあたっていると、紫から「座敷わらし」に関する情報を耳にする。一行は山間の巨木が佇む廃村「神籬村」を訪れ、座敷わらしの正体を突き止めた。一方、東勢大学では謎のドラッグが広まりつつあり、絶対城と杵松が対処に一役買うことに。大学と神籬村という、遠く離れた場所での、一見関係のない出来事が次々と繋がってゆき……そしてその脅威は礼音にまで及ぶのだった。絶対城を巡る礼音と晃の関係も見逃せない、新章突入の伝奇譚、第七弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 絶対城先輩の妖怪学講座7