「小学館ルルル文庫」カテゴリーアーカイブ

幽霊伯爵の花嫁8 恋する娘と真夏の夜の悪夢/宮野美嘉

幽霊伯爵の花嫁 -恋する娘と真夏の夜の悪夢- (ルルル文庫)
幽霊伯爵の花嫁 -恋する娘と真夏の夜の悪夢- (ルルル文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年8月刊。
完結済みの「幽霊伯爵の花嫁」シリーズ最新作。
本編完結後のゴルドン伯爵家を描いた外伝的な作品でしたが、本編の雰囲気そのままなストーリーを楽しめました。
5年たっても相変わらずな彼らの様子に思わずニヤニヤしてしまうこと間違いなし。とても面白かったです。

☆あらすじ☆
幽霊伯爵の17人目の花嫁の最強新婚生活!
最愛の夫であり優秀な墓守である夫ジェイクとともに、にぎやかな幽霊たちに囲まれたコルドン伯爵家で、相変わらず仲の良い暮らしを送っていたサアラ。そんなある日、ジェイクのもとに匿名の手紙が届けられる。そこには、同じ墓守の家系であるランカスタン伯爵家で殺人事件が起こり、禁術で悪霊に変えられた死者が屋敷に閉じ込めている…という信じがたい内容が記されていた。手紙の真偽を確かめるため、ジェイクの指示でエリオスが調査に向かうが、兄を追って、まだ幼い娘リオンが家出してしまう。サアラとジェイクはリオンを連れ戻すため、夫婦揃って旅立つことに。ランカスタン伯爵領に着いたサアラは、何かを隠している様子の領主を疑いもせず、屋敷に漂う奇妙な気配も気にしないジェイクに、だんだんと苛立ちが募りはじめる。ジェイクの抱擁を思わず拒絶してしまい、自分の態度に衝撃を受けるサアラ。もしかして…これが世に言う夫婦の倦怠期――!?
あれから5年。予測不能な夫婦に最大の危機? 大人気シリーズ、ファン待望の新エピソードが登場!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 幽霊伯爵の花嫁8 恋する娘と真夏の夜の悪夢/宮野美嘉

レディ・マリアーヌの婚約/宇津田晴

レディ・マリアーヌの婚約 (ルルル文庫)
レディ・マリアーヌの婚約 (ルルル文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年8月刊。
騎士精神にあふれる格好いい少女が主人公のラブ・ファンタジー第3巻。
2巻で投げっぱなしにされた伏線や、気になるキャラのフォローなどが入った完結巻でした。大団円に満足。
それにしてもはなぢが出そうなくらい気合いの入った甘さだな・・・!

☆あらすじ☆
「婚約者」から再び「王子の下僕」に!?
勇ましい少女マリアーヌと不敵な第二王子ロベルトが、「下僕とご主人様」の関係から「恋人同士」になって1ヶ月。最近、強引なほど情熱的な愛情を隠さなくなったロベルトの言動に、マリアーヌは恥ずかしくもトキメキが止まらない!そんなある日、マリアーヌに実家から絶縁状が届く。ロベルトが女性をもて遊ぶ悪い男だと誤解した父が、マリアーヌを勘当しようとしているらしい。ロベルトの素晴らしさを、なんとか父に伝えたいと考えるマリアーヌだったが、今後は、実家がある故郷シノンで謎の盗賊団が暴れているという不穏な情報が飛び込んでくる。シノンの問題を調べるロベルトの特別部隊に、騎士として参加することになったマリアーヌ。再びロベルトの下僕となって、絶縁された実家へ戻ることに。盗賊団が残した痕跡に、かつて王宮を混乱させた危険な人物の気配を感じたマリアーヌは――!?
「レディ・マリアーヌ」シリーズ、お久しぶり!の新作登場。過激に甘いロベルトの愛情に包まれて、マリアーヌがまたしても凜々しく大活躍!!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む レディ・マリアーヌの婚約/宇津田晴

『レディ・マリアーヌの秘密』『レディ・マリアーヌの恋人』/宇津田晴

レディ・マリアーヌの秘密 (ルルル文庫)
レディ・マリアーヌの秘密 (ルルル文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

総評:★★★★☆
「秘密」2010年12月刊。「恋人」2011年4月刊。
騎士として邁進してきた令嬢が、失恋を機に可愛いレディとなることを決心。しかし王女の話し相手としてあがった王宮で女好きの王子に目をつけられ、彼と共に王宮を蝕む問題を調べることになる、という物語です。
楚々としたレディを目指しつつも、隠しきれないイケメンっぷりを発揮するマリアーヌ嬢が素敵すぎてときめきました。
それでいて王子とのラブロマンスも堪能できる作品。失恋のせいで恋に臆病なマリアーヌの「勘違いしちゃだめだ!」っていう葛藤と、それをぶち破る勢いの王子の攻めっぷりが楽しかったですw
でも個人的にお気に入りなキャラは高すぎるハードルを担うお目付役だったり。
ちょっと消化不良な部分はあるけれど、そこは8月に刊行されるという続編に期待しています。

☆あらすじ☆
恋と密命は乙女の嗜み? 騎士的乙女生活!憧れの騎士の傍にいるために、剣術を学び凛々しく成長したマリアーヌ。けれど、彼が好きになったのは、儚く可憐な乙女で!? 痛い失恋を機に、剣を捨て可愛い乙女になることを決意! 華やかな王宮で意気揚々と乙女生活をスタートさせたマリアーヌだったが、昔を知る騎士やお目付役の存在で前途は多難? さらに、男前な性格が災いし、女性との噂が絶えない第二王子から下僕認定されて!? ドキドキの乙女生活の行方は?

以下、2巻まとめてのネタバレあり感想です。

続きを読む 『レディ・マリアーヌの秘密』『レディ・マリアーヌの恋人』/宇津田晴

眠れない王様のお休み係/宇津田晴

眠れない王様のお休み係 (ルルル文庫)
眠れない王様のお休み係 (ルルル文庫)

評価:★★★☆☆
2016年7月刊。
安定の糖分補給ラブコメでした。
不眠症の王様と、彼の睡眠導入剤となったヒロインの関係がほのぼの甘くて可愛かったです。
ただ今回の話、背景がちょっと薄く感じたのは残念だったかな・・・・・・

☆あらすじ☆
庶民育ちの新米王女ローズは、腹黒冷酷と悪名高い宗主国の王様アンドルーが、かつて同じ旅芸人一座に身を置いていたアンディだと知り、びっくり。だが優しかった少年は激務と刺客のせいで極度の不眠症になり、いつも不機嫌な陛下になっていた。アンディの体調を心配するローズは、彼の安眠を確保しようと計画。一方アンディも、ローズがそばにいるとなぜか熟睡できることに気づき、荒みかけた心が癒されていくが―!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 眠れない王様のお休み係/宇津田晴

幽霊伯爵の花嫁 全7巻/宮野美嘉

幽霊伯爵の花嫁 ルルル文庫 幽霊伯爵の花嫁
幽霊伯爵の花嫁 ルルル文庫 幽霊伯爵の花嫁【Amazon】【BOOK☆WALKER】

シリーズ総評:★★★★★

幽霊伯爵の17人目の花嫁として嫁いだ令嬢サアラの物語。
とても美しく賢く自信家で強かでヤンデレで恐ろしい、けれどキュートで最高に格好いい主人公でした。

そんなサアラが嫁いだのは、幽霊たちを管理する「墓守」の役目をもつ伯爵家。
「墓守」の仕事として持ち込まれる幽霊絡みの騒動は、毎巻とても凝ったストーリーで読み応えがありました。
加えて、トラブルに首を突っ込んでは微笑みながら優雅に我が道を突き進むサアラの姿に魅了されっぱなし。
合間にぽろっと零れるヤンデレな言動にガクブルしつつ、予測不可能なサアラの言動にハラハラするのがとても楽しかったですw

無口で無表情な幽霊伯爵ジェイクと、優美な肉食獣の如きサアラのラブロマンスも楽しい作品でした。
サアラに負けず劣らずジェイクも変な人で、他者の理解を超越したお似合いカップルだったと思います。

連れ子ありの再婚モノと聞いて苦手設定だなぁと放置していたのですが、読んでみたら予想以上に楽しくて楽しくて。もっと早く読めばよかった!

8月にシリーズの新作が発売されるそうですが、とりあえず本編は全7巻で綺麗に完結していますね。新作がどんな話になるのか楽しみです。

☆あらすじ☆
侯爵家の血を引く、天涯孤独の美少女サアラ。彼女は、身を寄せる遠縁の家の息子と婚約していたが、幽霊伯爵と呼ばれるコルドン伯爵の17人目の妻として嫁ぐことに! 更に嫁ぎ先は、墓地に囲まれ夜な夜な幽霊が現れるという場所で!? 妻に無関心な夫、何故かよそよそしい使用人達。ところが、サアラはのびのびと毎日を満喫し、逆に夫を翻弄して……!? 美しく強かに、少女は恋と幸せをつかみ取る!

以下、各巻のネタバレあり感想です。

続きを読む 幽霊伯爵の花嫁 全7巻/宮野美嘉

緋色の聖女に接吻を 白き翼の悪魔/葵木あんね

緋色の聖女に接吻を-白き翼の悪魔- (ルルル文庫)
緋色の聖女に接吻を-白き翼の悪魔- (ルルル文庫)

評価:★★★★☆
2016年6月刊。
純愛×復讐なゴジックファンタジー。とても面白かったです。
教皇となって神に復讐しようとする女枢機卿と、彼女を想いながら命がけで彼女の傍にいる悪魔。
二人の恋の行方を描きつつ、教皇選挙に絡んで相次ぐ不審死の謎を追うミステリー調な展開もあり、最後までドキドキしながら楽しく読めました。
とりわけ、ヒロインと悪魔の掘り下げ方はすごく丁寧で良かった。誇り高いヒロインと健気な悪魔の純愛に心ときめく物語でした。

☆あらすじ☆
「生きたければ誓え。命が尽きたら、俺のものになると」
死の間際、悪魔と契約することで生き延びた少女・アリーチェ。彼女は復讐をとげるため、その手段として史上初の女教皇となることを誓う。アリーチェは悪魔の力を借りながら着々と力をたくわえ、ついには枢機卿として教皇候補にまで上り詰める。アリーチェと契約した悪魔・バルキネスの正体は、天界を追われた元天使だった。聖なる印「神の接吻」をもつ人間の命を手に入れれば天界に戻れるが、できないまま期限が過ぎれば悪魔のまま消滅してしまう。だが、その印の持ち主であるアリーチェを愛してしまったバルキネスには、彼女を殺すことはできなくなっていた。アリーチェもまた、バルキネスへの気持ちをうすうす自覚しながらも、素直になれないままだった。そしていよいよ始まった教皇選挙。しかしそのさなか次々と枢機卿が不審な死をとげる。バルキネスとともに事件の真相を探ろうとするアリーチェ。だが、真相に気がついたとき、アリーチェの身にも魔の手が及ぼうとしていた・・・。
運命に逆らい強く生きようとする少女と、 美貌の悪魔の恋の行方に胸躍るファンタジー・ロマンス!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 緋色の聖女に接吻を 白き翼の悪魔/葵木あんね

桜嵐恋絵巻2〜10巻(完結巻)/深山くのえ

桜嵐恋絵巻―雨ひそか (ルルル文庫)
桜嵐恋絵巻―雨ひそか (ルルル文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

1巻の感想はこちらから


シリーズ総評:★★★★★
呪いと家の問題に翻弄される姫君と青年貴族の恋を情感豊かに描いた平安版ロミジュリなラブロマンス。
とても素晴らしかったです。こんな素敵な少女小説を一気読みできて幸せ。
桜のように美しく儚く見えたのに少しずつ強くなっていくヒロインも、そんな彼女を振り回す嵐のようなヒーローも、どちらもとても魅力的。
平安時代特有の面倒ごとに対するヒーローの型破りが爽快で、一度決めたことは絶対に貫き通す彼の信念が眩しい作品でした。そして、それを信じ支えるヒロインの健気な想いに胸を打たれるのです。
全10巻で間延びすることなくテンポ良く進む良質なシリーズでした。文句なしに名作入り!

以下、各巻の感想です。

続きを読む 桜嵐恋絵巻2〜10巻(完結巻)/深山くのえ

桜嵐恋絵巻/深山くのえ

ルルル文庫 桜嵐恋絵巻(イラスト完全版)
ルルル文庫 桜嵐恋絵巻【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2008年8月刊。
これは良い!すごく良い!!
家族からすら忌み嫌われる「鬼姫」と、偏見にとらわれずに彼女と接する貴族の子息。
ふたりの出会いから始まる恋の物語です。
数々の障害があっても惹かれ合う二人の姿にときめきが止まりません。
平安版ロミジュリな雰囲気も気になる作品。続きを読んでいくのが楽しみです。

☆あらすじ☆
桜の下で雅な恋が始まる! 平安ラブロマン!二条中納言家の詞子姫は、鬼を呼ぶと幼い頃から皆に疎まれ、16歳で無実の罪を着せられ、ついに別邸に移される。そんな詞子が、美しい桜に惹かれて庭に降りると、そこには長身で黒目が印象的な雅遠の姿が…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 桜嵐恋絵巻/深山くのえ

舞姫恋風伝 全4巻/深山くのえ

舞姫恋風伝 (ルルル文庫)
舞姫恋風伝 (ルルル文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

シリーズ総評:★★★☆☆
小学館ルルル文庫の人気作家 深山くのえさんの文庫デビュー作。
農村から売られて宮廷にやってきた見習い舞姫が孤独な太子と出会い、恋に落ちる物語です。
中華身分差恋愛もので、色々と粗さが気になる部分もありましたが、繊細にゆらめく恋模様は素敵でした。
特筆すべきは3巻で本編が完結した後に出された4巻目となる短編集。
これは本当に素晴らしかった。控えめに言って傑作揃いだったと思います。

☆あらすじ☆
陰謀うずまく王宮で舞姫と親王殿下の恋物語貧しい村から売られてきた愛鈴は帝のために舞う妓女見習い。月の輝く夜、親王殿下である慧俊に出会い互いに惹かれ合うが…!?  陰謀うずまく宮廷で、恋と友情と野心が交錯するドラマチック・ロマンファンタジー!

以下、各巻に触れつつネタバレありの感想です。
続きを読む 舞姫恋風伝 全4巻/深山くのえ

魔王の贄花嫁/宮野美嘉

魔王の贄花嫁 (ルルル文庫)
魔王の贄花嫁 (ルルル文庫)

評価:★★★☆☆
2016年4月刊。
魔王暗殺の密命を受けて嫁入りした花嫁の物語。
昼と夜で性格が変わる魔王に振り回されつつ、彼の本当の姿を知っていくというラブファンタジーです。
ストーリーはテンポ良く進むし糖度も良い塩梅なのですが、終盤の展開がちょっと粗く感じてしまったのが残念だったかな。

☆あらすじ☆
“夜の主”と呼ばれる魔王ウルギスの花嫁に選ばれたロロナ。ウルギス暗殺の密命を受けての嫁入りだが、ロロナは彼が本当に悪い男か、自分の目で確かめるつもりでいた。ところが初対面のウルギスから「必要なのは世継ぎを産む体だけだ」と冷淡に告げられロロナは猛反発!すれ違いの新婚生活が続くが、ある日偶然、夜しか姿を見せないウルギスの昼の姿を知ることに。恐ろしい普段の態度とは正反対の甘さを見せる夫にロロナは大混乱して…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔王の贄花嫁/宮野美嘉