「講談社文庫他」カテゴリーアーカイブ

カーリー2 二十一発の祝砲とプリンセスの休日/高殿円

カーリー <2.二十一発の祝砲とプリンセスの休日> (講談社文庫)
カーリー <2.二十一発の祝砲とプリンセスの休日> (講談社文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2013年3月刊。初出はファミ通文庫2006年10月刊。
第二次世界大戦前夜、英国統治下にあるインドを舞台とした女学校物語第2弾。
今回はインドのお姫様が転入してきたことから始まる騒動が描かれていくのだけど、彼女の恋が本当に切なくて素敵。
大人たちの都合で世界が大きく変動するなか、無力な存在でいたくない少女達の青春と恋の輝きが目もくらむほどにまぶしい1冊でした。

☆あらすじ☆
オルガ女学院に転校生・パティがやってきた。パティは大国バローダの第一王女、つまり、本物のプリンセス。転校初日からわがまま放題な彼女は、ヴェロニカから特別室を奪い取り、カーリーを自分の召使いにしてしまう。そんなパティが心に秘めた、切ない恋とは――。シリーズ第二弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む カーリー2 二十一発の祝砲とプリンセスの休日/高殿円

カーリー1 黄金の尖塔の国とあひると小公女/高殿円

カーリー <1.黄金の尖塔の国とあひると小公女> (講談社文庫)
カーリー <1.黄金の尖塔の国とあひると小公女> (講談社文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2012年10月刊。初出はファミ通文庫2006年4月刊。
以前から気になっていた「カーリー」シリーズ。
いざ読んでみると、本当に素敵な少女小説として最高でした。
第二次世界大戦という波乱の時代を生きる少女達の、繊細で輝かしい青春を描いた作品。
英国文化とインド社会が混ざり合う不思議な異国情緒に心惹かれつつ、運命と出会った少女の恋と友情から目が離せません。
そして不意打ちで突っ込まれたスパイ&怪盗要素が堪らない・・・!

☆あらすじ☆
第二次世界大戦前夜、故郷ロンドンを離れ、英国統治下のインドへと渡った14歳のシャーロット。駐在英国人の子女が通うオルガ女学院の寄宿舎で出会ったのは、神秘的な美少女・カーリーガードと個性豊かな仲間たちだった。時代に翻弄されながらも懸命に生きる少女たちの姿を描き、熱狂的なファンを生んだシリーズ第一作。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む カーリー1 黄金の尖塔の国とあひると小公女/高殿円

黒猫邸の晩餐会/嬉野君

黒猫邸の晩餐会 (講談社文庫)
黒猫邸の晩餐会 (講談社文庫)

評価:★★★☆☆
2016年11月刊。
老婦人と謎の和服青年が新婚夫婦のように暮らす家に、奇妙な謎が持ち込まれていく物語。
あらすじで押すほどの「おいしさ」や「ほっこり」はあんまりなかったような・・・・・・。
ただ、探偵役の青年が解き明かす数々の謎めいたエピソードはとても面白かったです。
ラストでちょっと奇妙な世界に迷い込んだような不思議なオチがついたりして、そこも結構お気に入り。

☆あらすじ☆
地味リケジョの律を夕食に迎えたのは、和服イケメンの竜弥とほんわか老女の文絵。謎めいた話を聞き出す竜弥と、五十年前から時が止まっている文絵が交わす会話はまるで夫婦!?見つめるだけで料理をおいしくする不思議な黒猫・フミエも怪しい。おいしさと切なさに溢れるほっこり系ミステリ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 黒猫邸の晩餐会/嬉野君

図書館の魔女 第三巻・第四巻/高田大介

図書館の魔女 第三巻 (講談社文庫)
図書館の魔女 第三巻 (講談社文庫)【Amazon】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2016年5月刊。初出は講談社2013年8月刊。
四分冊されたファンタジー超大作の後半戦。
第4巻だけで640頁もあったのですが、面白すぎてあっという間に読んでしまいました。
権謀術数が飛び交う骨太な政治ファンタジーとしても、甘酸っぱい主従関係に萌えるボーイ・ミーツ・ガール小説としても最高でした。本当に素晴らしかった!

☆あらすじ☆
深刻な麦の不作に苦しむアルデシュは、背後に接するニザマに嗾けられ、今まさに一ノ谷に戦端を開こうとしていた。高い塔のマツリカは、アルデシュの穀倉を回復する奇策を見出し、戦争を回避せんとする。しかし、彼女の誤算は、雄弁に言葉を紡ぐ自身の利き腕、左手を狙った敵の罠を見過ごしていたことにあった。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 図書館の魔女 第三巻・第四巻/高田大介

図書館の魔女 第一巻・第二巻/高田大介

図書館の魔女 第一巻 (講談社文庫)
図書館の魔女 第一巻 (講談社文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年4月刊。初出は講談社2013年8月刊。
第45回メフィスト賞受賞作を4分冊で文庫化。
権謀術数に長けた「図書館の魔女」マツリカと、話すことができない彼女の手話通訳となった少年キリヒトの物語。
「原稿用紙3000枚の超弩級ファンタジー」を売り文句としているだけあって、とても重厚な作品です(内容的にも物理的にも)
完全なファンタジー世界での権謀術数ものなのですが、情報量の膨大さに圧倒され(言語の話とかも難しい・・・)、第一巻は正直読むのがとても大変でした。
しかしそれらに慣れストーリーも動き始めていくにつれ、どんどんこの物語の面白さに惹き込まれいくことに。この読み応えは凄まじいものがあります。
声に持たずとも雄弁に語るマツリカと、鋭敏な感覚をもって彼女の「声」となっていくキリヒトの主従関係も好み。
彼らに待ち受ける運命とその行方が気になります。

☆あらすじ☆
鍛冶の里に生まれ育った少年キリヒトは、王宮の命により、史上最古の図書館に暮らす「高い塔の魔女(ソルシエール)」マツリカに仕えることになる。古今の書物を繙き、数多の言語を操って策を巡らせるがゆえ、「魔女」と恐れられる彼女は、自分の声を持たないうら若き少女だった。超弩級異世界ファンタジー全四巻、ここに始まる!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 図書館の魔女 第一巻・第二巻/高田大介

掟上今日子の備忘録

『掟上今日子の備忘録』(西尾維新著/講談社)★★★☆☆

掟上今日子の備忘録
掟上今日子の備忘録

西尾維新さんの著作は戯言シリーズしか読んだことがないのですが(物語シリーズはアニメだけ)、初の電子化ということで新作を買ってみました(特別価格&BOOK☆WALKERのセールで半額以下でしたし)。
記憶が1日ごとにリセットされる忘却探偵と、トラブル体質の青年のコンビが様々な事件に巻き込まれる連作短編です。
最近の西尾維新さんの著作を読んでいないのでアレなのですが、戯言に比べればかなりアクが抜けたような印象を受けました。良くも悪くも想定していた「西尾維新らしさ」はなかったです。真面目に推理小説していて、普通に楽しめました。
あとがきに原点回帰か新境地か、と書いてありましたが、西尾維新ファンの方が本作を読んでどう感じたかはちょっと気になるところです。
物語シリーズとコラボした紹介PVなんてのもあるくらいですし。シャフ度はいつ見ても不安になりますね。

☆あらすじ☆
掟上今日子(おきてがみきょうこ)――またの名を、忘却探偵。
すべてを一日で忘れてしまう彼女は、事件を(ほぼ)即日解決!
あらゆる事件に巻き込まれ、常に犯人として疑われてしまう不遇の青年・隠館厄介(かくしだてやくすけ)は今日も叫ぶ。
「探偵を呼ばせてください――!!」
スピーディーな展開と、忘却の儚さ。
果たして今日子さんは、事件の概要を忘れてしまう前に解決することができるのか?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 掟上今日子の備忘録