「角川書店」カテゴリーアーカイブ

後宮に星は宿る 金椛国春秋/篠原悠希

後宮に星は宿る 金椛国春秋 (角川文庫)
後宮に星は宿る 金椛国春秋 (角川文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年12月刊。
面白かった!
理不尽な法によって一族を奪われた少年が、生き延びるために女装して後宮に紛れ込むという中華風ファンタジー。
見つかれば殺される命がけの状況のなかでも、人への思いやりを忘れない優しい主人公にとても好感が持てます。
薬膳ものとしても面白いし、敵地のなかで正体がバレるか否かのハラハラ感も最高。
続きがありそうな終わり方だったので、シリーズ化が楽しみです。

☆あらすじ☆
大陸の強国、金椛(ジンファ)帝国。貴族である星家の公子、遊圭は、ひとり闇夜を逃げ惑っていた。皇帝が崩御し、叔母が皇后に選ばれ……。「天皇に外戚なし」の法のもとに、星家は一族すべて殉死を命じられたのだ。一家の療母(薬師)、胡娘(コジョウ)の助けにより、一人逃げ延びた遊圭は、町娘の明々に出会う。明々はかつて遊圭に救ってもらったことを恩に感じており、遊圭を匿ってくれた。その矢先、明々の後宮への出仕が決まる。再びの絶望的状況に、明々はからりと言う。「あんたも、一緒に来るといいのよ」――かくして、小柄で女子にも見える体躯を生かし、少年・遊圭は後宮へ出仕することに。しかし美貌の宦官・玄月に正体を疑われ……。つぎつぎと襲いかかる試練に、対抗できるのは己の知恵と仲間だけ。理不尽すぎる世の中で、少年は生き抜くことができるのか。傑作中華風ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮に星は宿る 金椛国春秋/篠原悠希

ノラ猫マリィ/十文字青

ノラ猫マリィ
ノラ猫マリィ【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年9月刊。
待望の「薔薇のマリア」再始動!万歳!!
「薔薇のマリア」の面影を残しつつも新しい「ノラ猫マリィ」の物語となっているので、薔薇マリ未読の方でも大丈夫(少し気になる箇所もあるかもしれないけど、ストーリー的には問題ないと思う)。場所も人も変わっていますしね。
しかし薔薇マリ既読なら随所でニヤニヤしまくれる最高の仕様。
薔薇マリって、超最低な世界で誰もが最高に人間くさく生きてるところが好きだったんですよね。
この「ノラ猫マリィ」でも必死に生きようとする輝きが眩しくて、ああ薔薇マリが受け継がれてるって思えて悶え死にそうでした。
もう一度彼らに会えるなんて幸せすぎて昇天する。
色々と切り口(組み合わせ?)も面白かったし、これは是非とも続けてほしいです。
実際、売れたら続刊もあるらしいので、頼む、頼むぞ・・・・・・!

☆あらすじ☆
ボクらは何度でも巡り会う――。「薔薇のマリア」ファン熱望! 最強タッグが送るマリア・ローズの新たな物語!
外縁都市グラムENDの掃き溜め《猥路》。世界と隔絶された超最低なこの場所から、空に焦がれて一匹の溝鼠が外に出た。名はマリア・ローズ。何も持たないマリアは、外の世界で言葉を、友を、仲間を手にしていく――
「僕が連れていく。きみたちを、外へ。死んじゃだめだ。生きよう」
マリアは大切な人たちを守るため、人を喰らい街を破壊する《化物》に立ち向かう……!! 美しく誇り高いマリアと仲間たちの最高な物語、新たなる幕開け。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ノラ猫マリィ/十文字青

校閲ガール/宮木あや子

校閲ガール (角川文庫)
校閲ガール (角川文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年8月刊。初出は角川書店2014年3月刊。
面白かったー!
イメージはあるけれど、具体的にはよく知らないお仕事「校閲」さんのお話。
主人公の口の悪さに面食らいつつ、痛快で爽快な彼女の言動に何度笑ってしまったことか。とても楽しかったです。
作家のトラブルに巻き込まれたり、イケメンなアフロに出会ったり、なかなか大変で楽しそうな校閲仕事。お仕事エンタメとしてももちろん面白かったのですが、何よりこの主人公の毒舌ぶりと罵倒語の豊富さがクセになる・・・!
石原さとみさん主演で10月からドラマがスタートするらしいので、そちらも期待しています。

☆あらすじ☆
ファッション誌編集を目指す河野悦子(こうのえつこ)が配属されたのは校閲部。担当する原稿や周囲ではたびたび、ちょっとした事件が巻き起こり…。読んでスッキリ、元気になる! 最強のワーキングガールズエンタメ

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 校閲ガール/宮木あや子

ここは神楽坂西洋館/三川みり

ここは神楽坂西洋館 (角川文庫)
ここは神楽坂西洋館 (角川文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年2月刊。
「シュガーアップル・フェアリーテイル」の三川みりさん初の現代小説。
無口で愛想のない大家さんが守る下宿を舞台に、不器用な住人達が頑張ったり支え合ったりする姿にほっこりとする作品でした。

☆あらすじ☆
「あなたもここで暮らしてみませんか?」 心がほっと温まる下宿物語。
都会の喧騒を忘れられる街、神楽坂。婚約者に裏切られた泉は、 路地裏にひっそりと佇む「神楽坂西洋館」を訪れる。 そこで植物を愛する若き管理人・藤江陽介と出会うが、 彼にはちょっと不思議な特技があって?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ここは神楽坂西洋館/三川みり

トオチカ

『トオチカ』(崎谷はるひ著/角川文庫)★★★★☆

トオチカ (角川文庫)
トオチカ (角川文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年1月刊。初出は角川書店2013年4月刊。
過去の恋によって傷ついた心を少しずつ癒やしていく大人の恋の物語。
この作品の主人公みたいな、内省的で自罰的な方向に面倒くさい女性主人公って好きなんですよね。ぐずぐずと悩んでいても、足掻いたり藻掻いたりしながらゆっくり前へと進んでいく姿をみるのが好き。
そんな主人公の繊細な心理描写がとても素敵な作品でした。
読んでいて共感する部分と発破をかけたく部分とがあって、もどかしい里葎子の言動をハラハラしながら見守るのが楽しかったです(´∀`*)
良い恋愛小説を読めて大満足!

☆あらすじ☆
親友と2人で鎌倉に小さなアクセサリー店「トオチカ」を営む里葎子。都内で働いていたころ恋で手酷いトラウマをおったが時間をかけて人生を立て直したことにひそかな誇らしさを感じていた。そんな彼女の心を久々に動かしたのは店に立ち寄るバイヤーの千正だった。けれど彼のおおらかな男らしさに無意識に身が竦んでしまう。戸惑いながらも自分の気持ちにむきあった里葎子は…。不器用な大人に訪れた、恋という奇跡の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む トオチカ

純潔ブルースプリング

『純潔ブルースプリング』(十文字青著/角川書店)★★★★★

純潔ブルースプリング (角川書店単行本)[Kindle版]
純潔ブルースプリング (角川書店単行本)[Kindle版]【BOOK☆WALKER】

2009年8月刊。
第7回角川学園小説大賞受賞作。
「薔薇のマリア」「灰と幻想のグリムガル」の十文字青先生のデビュー作です。
すごく良かった。青先生の描く不器用で色々と剥き出しな青春が私は大好きなのですが、その原点に触れることができて満足。
親友というには互いを知らなくて、他人というには放っておけない。そんな微妙な距離感の6人の高校生たち。
カウントダウンを知った世界で生きる彼らの、ちょっと儚くて切なくて、それでも賑やかな恋と友情の青春群像劇です。
日常のなかに溶け込んだ絶望と、そこから生まれる様々な感傷が印象的。
痛々しいけれど爽やかに笑える読後感が最高でした。

☆あらすじ☆
とびきりポップでクレイジー!十文字青、幻の受賞作にして最高の青春小説
過去のトラウマから世の中を醒めた目で俯瞰する真南了、時代遅れのリーゼントが自慢の熱き男・番場公威、支離滅裂で破滅的な紅一点・七瀬林檎をはじめとする、淡い団結で結ばれた六人のクラスメート。刻一刻と“終わり”が迫る世の中で、不格好ながらも曇りのない正義感と友情、そして不器用な恋に生きる彼らのひと夏を綴った、とびきりポップな青春グラフィティ──。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 純潔ブルースプリング

ノベルダムと本の虫

『ノベルダムと本の虫』(天川栄人著/KADOKAWA)★★★☆☆

ノベルダムと本の虫
ノベルダムと本の虫【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年2月刊。
第13回ビーンズ小説大賞「審査員特別賞」受賞作。
気の弱い少女が憧れの「物語の王国」に招かれ、そこで起こる様々な出来事を通して成長していく物語です。
なぜ受賞作なのに単行本?と思っていたのですが、恋愛色はなく内容的にも児童文学寄りな感じなので、たしかに今のビーンズ文庫っぽくはないのかも。
世界観や設定はとても凝っていて魅力的でした。大きな図書館ってそれだけでワクワクするのに、物語からの「引用」が楽しすぎる。
説明過多になっている部分や演出が過剰な部分が気になりましたが、今後に期待したい新人さんだと思います。ビーンズ文庫の新作の方も読む予定です。

☆あらすじ☆
「物語の王国へおいでなさい、アミル」本好きな少女・アミルが招かれたのは、『物語機関(ノベルエンジン)』という独自の技術を使って本を独占し、長い戦争の中で中立を保つイストリヤ王国――通称『物語の王国(ノベルダム)』。遅刻魔の上司・ディレイや個性的な同僚とともに王立図書館司書『本の虫』として働き始めるアミルだが、広大な図書館には未完の傑作『五國物語』の謎が隠されていて……!?
物語を愛するすべての人へ贈る、異世界ビブリオファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ノベルダムと本の虫

空想オルガン(ハルチカシリーズ3)

『空想オルガン』(初野晴著/角川文庫)★★★☆☆

"空想オルガン<「ハルチカ」シリーズ
空想オルガン<「ハルチカ」シリーズ> (角川文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2012年7月刊。初出は角川書店2010年9月刊。
吹奏楽&青春ミステリ第3弾。
今回は構成がうまいというか・・・・・・ラストで完全に意表を突かれました。

☆あらすじ☆
穂村チカは、憧れの草壁先生の指導のもと、吹奏楽の“甲子園”普門館を夢見る高校2年生。同じく先生に憧れている、幼なじみの上条ハルタと、恋のさやあて(?)を繰り広げながらも、夏の大会はもう目前。そんな中、どうも様子がおかしいハルタが、厄介な事件を持ち込んで…!? 色とりどりの日常の謎に、頭脳明晰&残念系美少年ハルタと、元気少女のチカが立ち向かう! 絶対に面白い青春ミステリ、“ハルチカ”シリーズ第3弾!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 空想オルガン(ハルチカシリーズ3)

初恋ソムリエ(ハルチカシリーズ2)

『初恋ソムリエ』(初野晴著/角川文庫)★★★★☆

初恋ソムリエ<「ハルチカ」シリーズ> (角川文庫)
初恋ソムリエ<「ハルチカ」シリーズ> (角川文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
退出ゲーム(ハルチカシリーズ1) | 晴れたら読書を
2011年7月刊。初出は角川書店2009年10月刊。
吹奏楽×日常ミステリ×三角関係第2弾。
ふふっと笑えるテンポの良いライトミステリでありつつ、時には切ない気持ちにもさせてくれる4本の短編が収録されています。
今回も面白かったです!

☆あらすじ☆
廃部寸前の弱小吹奏楽部を立て直し、普門館を目指す高校2年生の穂村チカと上条ハルタ。吹奏楽経験者たちに起きた謎を解決し入部させることに成功していた2人だったが、音楽エリートの芹澤直子には断られ続けていた。ある時、芹澤の伯母が高校にやって来た。「初恋研究会」なる部に招待されたのだという。やがて伯母の初恋に秘められた、40年前のある事件が浮かび上がり…(表題作より)。『退出ゲーム』に続く“ハルチカ”シリーズ第2弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 初恋ソムリエ(ハルチカシリーズ2)

退出ゲーム(ハルチカシリーズ1)

『退出ゲーム』(初野晴著/角川文庫)★★★★☆

退出ゲーム<「ハルチカ」シリーズ> (角川文庫)
退出ゲーム<「ハルチカ」シリーズ> (角川文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2010年7月刊。初出は角川書店2008年10月刊。
青春×吹奏楽×学園ミステリー。
面白かったです。三角関係モノと聞いていたのですが、今のところそれでドロドロするわけではなさそう?
高校生達の騒がしくも楽しそうで、そしてちょっと切ない話が詰まった4本の短編が収録。最後の話はとても好きだなぁ。
2016年1月から始まるアニメも楽しみです(*゚▽゚)

☆あらすじ☆
「わたしはこんな三角関係をぜったいに認めない」──穂村チカ、廃部寸前の弱小吹奏楽部のフルート奏者。上条ハルタ、チカの幼なじみのホルン奏者。音楽教師・草壁先生の指導のもと、吹奏楽の“甲子園”普門館を夢見る2人に、難題がふりかかる。化学部から盗まれた劇薬の行方、六面全部が白いルービックキューブの謎、演劇部との即興劇対決……。
2人の推理が冴える、青春ミステリの決定版、“ハルチカ”シリーズ第1弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 退出ゲーム(ハルチカシリーズ1)