「角川ホラー文庫」カテゴリーアーカイブ

怪談撲滅委員会1 幽霊の正体見たり枯尾花

『怪談撲滅委員会 幽霊の正体見たり枯尾花』(黒史郎著/角川ホラー文庫)★★★☆☆

怪談撲滅委員会 幽霊の正体見たり枯尾花
怪談撲滅委員会 幽霊の正体見たり枯尾花

学園ホラーコメディ?
ホラー的に怖いシーンは多々あるのですが、それを払拭するかのような怒濤のコメディ連打を食らいました・・・・・・。結果、怖かったのか怖くなかったのかよくわからないけどお風呂これから入るのやだなって思ってる。
21もの「学校の怪談」を有する高校を舞台に、怪談をぶっ潰す!と息巻く謎の男によって超絶ビビリの女子高生が巻き込まれるというお話。
なかなか面白かったですが、プロローグ的な感じですね。続きに期待。

☆あらすじ☆
超ド級の怖がり・大神澪は、事情により七不思議ならぬ“21の怪談”がある白首第四高校に入学してしまった。友達も作らず怪談を避ける日々を過ごしていたが、突然、破天荒な不良・雲英の脅しにより、「怪談撲滅委員会」―有害な怪談の殲滅を目指す組織の一員となることに。早速、“あかいちゃんちゃんこ”が出ると噂のトイレに連れていかれ…!?超怖がり少女と不良青年が学校の怪談を“口撃”する、前代未聞の学園ホラー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 怪談撲滅委員会1 幽霊の正体見たり枯尾花