「プライムノベルス」カテゴリーアーカイブ

神様は少々私に手厳しい3/守野伊音

神様は少々私に手厳しい 3 (プライムノベルス)
神様は少々私に手厳しい 3 (プライムノベルス)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年7月刊。
もはやタイトルの「少々」に疑問を覚える異世界セカンドトリップファンタジー第3弾。
カズキの珍妙言語力でもカバーできないほどのシリアス展開に突入です。
カズキの周囲が良い人たちばかりだからこそ、この展開が辛すぎる・・・・・・

☆あらすじ☆
ゼフェカの企みにより、十年の蟠りが噴出したグラース国とブルドゥス国。軍士の大規模な離反が現実となってしまった中、カズキは偽黒スヤマの侍女としてお茶会に付き添っていた。ゼフェカがそばを離れたこの好機に、少しでもスヤマから情報を得ようと、イヴァルとヒューハと共におしゃべりに花を咲かせてスヤマの動揺を誘う。そんな中、会場内に一人の男が現れ、カズキに同行を願い出る。知らない男に警戒するカズキだが、男の正体を知って一気に警戒を解く。男は問う。「異世界人の目から見て、この国はどう見える」と。カズキは、その質問にこう答えた―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神様は少々私に手厳しい3/守野伊音

神様は少々私に手厳しい2/守野伊音

神様は少々私に手厳しい 2 (プライムノベルス)
神様は少々私に手厳しい 2 (プライムノベルス)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年3月刊。
異世界転移してうまく言語習得できなかった平凡少女が色々頑張るセカンドトリップファンタジー第2弾。
今回もひたすら笑ってました。シリアスなシーンなのに笑いすぎてもう何がなんだか・・・・・・あー楽しかった! ほんと外では読めない!
今回は前回よりもカズキが酷い目にあっているけれど、表紙のボロボロな姿の理由がもっと酷すぎて、そんなカズキが私は大好きだと思いました。

☆あらすじ☆
十年ぶりに降り立った異世界で無事にルーナと再会できたカズキ。だが、黒曜という肩書の為に命を狙われてしまう。身の安全を守る為、アリスローク・アードルゲの家にかくまわれ、彼の女家族達と楽しい時間を過ごすことに。だが、娼館を襲ったものと同じ集団がアードルゲを襲う。戦争によって大切な人を失い続けてきたアードルゲにある、故人を偲ぶ唯一の絵を燃やさせるわけにはいかないと、カズキは自ら囮となって屋敷を飛び出した。捕らわれた先で地下室に閉じ込められたカズキは、謎の青年ゼフェカに出会う。彼はカズキの「いつまでここにいればいいのか?」という質問に「時代が終わるまで」と答えるのだった―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神様は少々私に手厳しい2/守野伊音

神様は少々私に手厳しい1/守野伊音

神様は少々私に手厳しい 1 (プライムノベルス)
神様は少々私に手厳しい 1 (プライムノベルス)

評価:★★★★☆
2017年1月刊。
ヒーロー文庫発の新レーベル「プライムノベルス」の創刊第一弾。
めっっっちゃ楽しかった!
異世界で苦楽を共にした恋人と強制的に引き離されたと思いきや、10年後の世界に再転移した少女カズキ。
タイトルの通り、少々(?)手厳しい運命に巻き込まれるものの、基本的には明るく楽しい純愛系のラブコメです。
異世界の言語を拙くも一生懸命喋る女の子は可愛いはずなのに、カズキの語学力は愛でるには面白すぎました。腹筋痛い・・・!
人情味溢れるキャラクター陣がとても魅力的だし、メインとなる10年越しの恋も微笑まし・・・いや、ごめんやっぱり爆笑してた。
何はともあれ、元気で宜しい恋せよ乙女!
今後もすごく楽しみな期待の新作です。

☆あらすじ☆
戦時中のグラース国に転移した須山一樹は、年下の少年、ルーナ・ホーネルトと恋に落ちた。しかし、長かった戦争が終わった夜、気がつくと日本に帰っていた。それから十か月後。何の因果か、カズキは再び異世界にいた。だがそこは、敵対関係にあったブルドゥス国の王都。しかも、自分が消えた夜から十年が経過していた。行き場のないカズキは、偶然出会った少女リリィが経営する娼館で下働きとして過ごすことになる。二度目の異世界生活に慣れてきたある日、カズキはこの十年で名が知れ渡った「黒曜」という存在を知る。それは、終戦の夜に消えた異世界人の自分が、終戦の女神だと担ぎ上げられたものだった―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神様は少々私に手厳しい1/守野伊音