「幻冬舎」カテゴリーアーカイブ

鳥居の向こうは、知らない世界でした。 癒しの薬園と仙人の師匠/友麻碧

鳥居の向こうは、知らない世界でした。 癒しの薬園と仙人の師匠 (幻冬舎文庫)
鳥居の向こうは、知らない世界でした。 癒しの薬園と仙人の師匠 (幻冬舎文庫)

評価:★★★☆☆
2016年11月刊。
「かくりよの宿飯」シリーズの友麻碧先生の新作。11月だけで2作めですね。
こちらは和風(というよりアジア系無国籍風?)な異世界に迷い込んだ女子大生が、仙人に弟子入りして薬師修行に励むというファンタジー。
様々な効能の薬膳料理を作ったり、人のためになる薬品を一生懸命考えたり作ったりするお話でした。
元の世界では複雑な家庭環境で育ち居場所がなかった主人公が、見知らぬ世界で新しい家族と居場所を手に入れるハートフルな物語としても良かったです。
色々と謎があるからシリーズ化するのかな?

☆あらすじ☆
孤独な女子大生・千歳は、二十歳の誕生日に神社の鳥居を越え「千国」という異界に迷い込む。イケメン仙人の薬師・零に拾われ彼の弟子として働くが、「この安本丹!」と叱られる毎日。しかし、客を癒す薬膳料理を作るうちに、ここが自分の居場所に…。そんな中、夢で自分を探す家族の姿を見てしまう。ほっこり師弟コンビの異世界幻想譚、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鳥居の向こうは、知らない世界でした。 癒しの薬園と仙人の師匠/友麻碧

翼の帰る処5 蒼穹の果てへ 上・下/妹尾ゆふ子

翼の帰る処 5 ―蒼穹の果てへ― 下
翼の帰る処 5 ―蒼穹の果てへ― 下【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
上巻:2015年3月刊、下巻:2016年9月刊。
左遷された超虚弱体質の文官が、過去視の力と優秀な頭脳を駆使して、歴史に隠された秘密に迫っていく傑作ファンタジーの最終巻。
神々の存在まで絡んでくる壮大な物語となりましたが、きっちりと纏めて完結。最後まで本当に面白かったです。
毎度毎度ぶっ倒れては「やばい、こいつほんとに死ぬ・・・!」とビクビクさせられた主人公も、なんとかゴールまで辿り着いてくれてホッとしました。

☆上巻あらすじ☆
念願の隠居生活にもかかわらず、相変わらず仕事に忙殺され納得がいかないまま忙しい日々を送るヤエト。反旗を翻した第七皇子との戦いのさなか、魔界の罅を塞ぐ方法の調査を皇帝から任命されたヤエトは、着実にその方法に近づきつつあった。そんな中、「兄上たちの喧嘩を止められる」という理由から玉座をとると皇女が言い出す。突然の宣言に驚き、困惑するヤエトだったが、その矢先、都から竜種一同に招集がかかり、ヤエトも皇女の副官として列席することになり―。

以下、上下巻合わせてネタバレありの感想です。

続きを読む 翼の帰る処5 蒼穹の果てへ 上・下/妹尾ゆふ子

翼の帰る処4 時の階梯(下)

『翼の帰る処4 時の階梯(下)』(妹尾ゆふ子著/幻冬舎コミックス)★★★★★

翼の帰る処 4 ―時の階梯― 下
翼の帰る処 4 ―時の階梯― 下

2013年11月刊。
皇女の成長を感じつつ、シリーズクライマックスの近さを思わせる怒濤の下巻。今回も面白かった!!

☆あらすじ☆
“黒狼公”をキーナンに譲り、待望の隠居生活に突入した過去視の力を持つヤエト。しかし、残念ながら隠居とはほど遠い仕事量に忙殺される日々を送っていた。そんな中、ターンの預言者・ウィナエに導かれ、ヤエトはジェイサルドらと共に世界の罅を塞ぐ手がかりを得るため、砂漠の深部・シンリールへと赴く。数ヵ月後、ようやく都へと戻ったヤエトだったが、都では第七皇子が反旗を翻し、まさに戦いの火蓋が切られようとしていて―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 翼の帰る処4 時の階梯(下)

翼の帰る処4 時の階梯(上)

『翼の帰る処4 時の階梯(上)』(妹尾ゆふ子著/幻冬舎コミックス)★★★★★

翼の帰る処 4 ―時の階梯― 上
翼の帰る処 4 ―時の階梯― 上

2013年2月刊。
今回はもう予想外の連続でテンション跳ね上がるしかない状態にさせられました・・・!超面白かった!!

☆あらすじ☆
青鉄の鉱床発見の成果により、論功行賞を授与されることになったヤエトは皇都に赴き、皇帝から『隠居』を告げられる。かねてより、強い隠居願望を持っていたヤエトは静かに暮らせるかと思いきや、政務の引き継ぎや皇女との関係で慌ただしい日々を送っていた。そんな中、エイギルとミアーシャの息子のキーナンと養子縁素をし“黒狼公”家を継がせることに。政務を離れ「魔界の壺」がある場所の探索に本腰を入れるため砂漠へ旅立つが、「復縁」を迫られた皇妹殿下とヤエトは過ごすことを余儀なくされ…。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 翼の帰る処4 時の階梯(上)

翼の帰る処3 歌われぬ約束(下)

『翼の帰る処3 歌われぬ約束(下)』(妹尾ゆふ子著/幻冬舎コミックス)★★★★☆

翼の帰る処 3 ―歌われぬ約束― 下
翼の帰る処 3 ―歌われぬ約束― 下

2012年12月刊。初出は幻狼ファンタジアノベルス2011年8月刊。
爆弾大量投下の上巻に続く、なんとも苦い後味の下巻。主従の絆が救いです。

☆あらすじ☆
皇帝の策略によって罠に陥ったヤエトは、ルス公当主ライモンドと対面し、逃亡した商人を引き渡すよう要請する。要求は受け入れられたものの、無理がたたって倒れてしまうヤエト。からくも北嶺に戻るが、皇帝の策略を阻止するため、ヤエトは無理を押して再び北方へ向かうことを決意する。それを決断させた裏には、“過去視”の力で出会った謎の少女・ルシルの願いを聞き入れたいという思いがあり―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 翼の帰る処3 歌われぬ約束(下)

翼の帰る処3 歌われぬ約束(上)

『翼の帰る処3 歌われぬ約束(上)』(妹尾ゆふ子著/幻冬舎コミックス)★★★★☆

翼の帰る処 3 ―歌われぬ約束― 上
翼の帰る処 3 ―歌われぬ約束― 上

前巻の感想はこちらから
翼の帰る処2 鏡の中の空(下) | 晴れたら読書を

 

 

2012年12月刊。初出は幻狼ファンタジアノベルス2010年7月刊。
働けば働くだけ追い詰められるヤエトの物語第3弾。
今回は爆弾大量投下でひたすらハラハラしました(;`・ω・)

☆あらすじ☆
望んでもいないのに四大貴族の一角“黒狼公”に出世してしまったヤエトだったが、その隠居願望と病弱さは変わらぬまま。どこで倒れたのか気がついたら、皇女のいる北嶺国で看病されている始末だった。そんな折、ヤエトは、前の“黒狼公”妃であった皇妹から「復縁」を提案される。激しく動揺するヤエトに追い打ちをかけるように、宿敵・北方蛮族の使節が北嶺国を突然訪れ、相互和平のため人質交換を要求し…。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 翼の帰る処3 歌われぬ約束(上)

翼の帰る処2 鏡の中の空(下)

『翼の帰る処2 鏡の中の空(下)』(妹尾ゆふ子著/幻冬舎コミックス)★★★★☆

翼の帰る処 2 ―鏡の中の空― 下
翼の帰る処 2 ―鏡の中の空― 下

前巻の感想はこちらから
翼の帰る処2 鏡の中の空(上) | 晴れたら読書を
2012年11月刊。初出は幻狼ファンタジアノベルス2009年8月刊。
皇女とヤエトの絆の強さにニヤニヤしていたのですが、一方で恩寵や神々の話も大きく目立ち始めてきました。
面白すぎる!!

☆あらすじ☆
四大公家のひとつ“黒狼公”となったヤエトのもとに、砂漠に巣食う盗賊を捕縛しようと第二皇子の使いがやってくる。その盗賊団と接触を試みたヤエトは、自らの恩寵の力と対になる未来視の力を持つ女性と出会い…。一方、兄である皇子同士の激しい後継争いを目の当たりにし、衝撃を受けた皇女は、ヤエトの助けを得ながら、自らの進むべき道を模索し始める。―陰謀と謎が渦巻く中、ヤエトの過去視の力が視た『真実』とは。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 翼の帰る処2 鏡の中の空(下)

がらくた屋と月の夜話

『がらくた屋と月の夜話』(谷瑞恵著/幻冬舎)★★★★☆

がらくた屋と月の夜話
がらくた屋と月の夜話

2015年8月刊。
待望の谷さんの新作は、ガラクタ同然のブロガントたちが語る千夜一夜物語。

OLである主人公は、ある日、不思議なガラクタ屋の老人に出会い、彼が扱うブロガントの魅力に惹かれていきます。
老人とその息子の奇妙な関係を気にしながら、主人公は老人が語る様々なガラクタたちの物語を聞いていくのです。

連作短編の形式で話が進むのですが、どのエピソードも苦さと温かさのバランスが絶妙で、読んでいてじんわり心が癒やされるようでした。
女性の弱さを繊細に優しく描いていく、谷瑞恵作品ならではの空気も最高。
これがあるから谷さんの本を読みたくなるんですよねぇ。

☆あらすじ☆
仕事も恋も上手くいかないつき子は、ある日、道に迷い、一軒の骨董品屋に辿り着く。そこは、モノではなく、ガラクタに秘められた“物語”を売る店だった。古い時刻表、欠けたティーカップ、耳の取れたぬいぐるみ…。がらくたばかりの「河嶋骨董店」を、今日もまた忘れてしまった大切な何かを探しにお客たちが訪れる。トランクいっぱいに、あなたへの物語が詰まっている。「河嶋骨董店」へようこそ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む がらくた屋と月の夜話

翼の帰る処2 鏡の中の空(上)

『翼の帰る処2 ー鏡の中の空ー(上)』(妹尾ゆふ子著/幻冬舎コミックス)★★★★☆

翼の帰る処 2 ―鏡の中の空― 上
翼の帰る処 2 ―鏡の中の空― 上

前巻の感想はこちらから
翼の帰る処1 下 | 晴れたら読書を

2012年11月刊。初出は幻狼ファンタジアノベルス2009年7月刊。
深く深く物語の世界に没入していける読み心地が最高です。
展開が進むほどに面白くなっていきますね。
それにしても、ヤエトは「面倒くさい」と「隠居したい」が口癖のくせに相変わらずの働きアリです。
働けば働くだけ仕事が増えちゃう不憫な人・・・・・・
虚弱社畜系主人公だなぁ(´-ω-`)

☆あらすじ☆
蛮族との戦で傷ついた北嶺の復興のため、病弱な体を押しながらも奮闘するヤエト。そんな彼に、皇女の推薦で貴族に出世するという「悪い知らせ」が飛び込んでくる。失意の中、新年祭のために皇女と都に向かった彼は、その式典の最中、さらなる衝撃の事実を知らされることとなる・・・・・・。

以下、上下巻まとめてのネタバレあり感想です。

続きを読む 翼の帰る処2 鏡の中の空(上)

翼の帰る処1 下

『翼の帰る処 下』(妹尾ゆふ子著/幻冬舎コミックス)★★★★☆

翼の帰る処 (下)
翼の帰る処 (下)

前巻の感想はこちらから
翼の帰る処1 上 | 晴れたら読書を

2012年10月刊。初出は幻狼ファンタジアノベルス2008年11月刊。
読了直後にあれ!?1冊しか読んでない!?と思わずにいられないくらい濃密な下巻でした。
めちゃくちゃ面白くなってきています。ヤエトがあっちにこっちに大忙しすぎて、ますます過労で死にそうです・・・(´;ω;`)

☆あらすじ☆
北嶺太守である皇女に療養を命じられ、都に戻ってきたヤエト。皇女の実兄の元に身を寄せるが、そこで皇位継承権を巡る政争にヤエトは巻き込まれてしまう。一方、北嶺でヤエトの帰還を待つ皇女の身にも陰謀の魔の手が迫っていた!皇女を救い出すため、ヤエトは都を脱出し、雪に閉ざされた北嶺へ向かおうとするが―。歴史の光陰が織りなす壮大なるファンタジーロマン。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 翼の帰る処1 下