「電撃文庫」カテゴリーアーカイブ

俺を好きなのはお前だけかよ4/駱駝

俺を好きなのはお前だけかよ(4) (電撃文庫)
俺を好きなのはお前だけかよ(4) (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年1月刊。
タイトル詐欺に歯止めがかかってない学園ラブコメ第4巻。
今回は上下巻構成の上巻とのこと。途中で胃がキリキリする展開を挟みつつ、面白いところで次巻に続いてしまいました。5巻はまだか!

☆あらすじ☆
今度こそ、俺は完全に負けだ。え?何のことだって?決まってる。パンジーこと三色院董子の『争奪戦』に俺が敗北するってことさ。目の前には、凄いヤツが立ちふさがっている。あの最強無敵であるパンジーの天敵が現れたのだ。モブから卒業し、成長した俺だとしても、ぶっちゃけ勝ち目はゼロだろう。でも、やるしかない。パンジーを取り戻すために。パンジーの『呪い』を解いてやるために。あいつは、いつも俺の悪口を言ってきてムカつくし、今でもあいかわらず大嫌いなんだが、ときどきちょっぴり、守ってやりたくなっちまう。だからこそ宣言しよう。俺は本当の自分をさらけ出す。そして、パンジーに愛の告白をする。高校生活一番の大勝負だ。さあ、まっていやがれ強敵!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 俺を好きなのはお前だけかよ4/駱駝

手のひらの恋と世界の王の娘たち/岩田洋季

手のひらの恋と世界の王の娘たち (電撃文庫)
手のひらの恋と世界の王の娘たち (電撃文庫)

評価:★★★☆☆
2016年12月刊。
糖分補給にぴったりの甘々ラブコメ。
ツッコミどころは正直たくさんあるのだけど、それがどうでもよくなるくらいヒロインの可愛さに打ちのめされました。
世界の覇権をかけた戦いのなか、場違いなくらい恋愛脳が爆発している女の子。ここまで恋に一生懸命になれる子を応援せずにはいられません・・・!

☆あらすじ☆
八つの平行世界の王の娘たちが通う「八重ノ学園」。この学園に通うことになった第二世界の少年・美哉は、王の娘である羊子をサポートし、彼女を統合世界の王にする使命を持って入学した…はずが、なぜか彼女と同棲することに!?「美哉のことが、す、…好きなんだ!」突然の告白の訳を聞けば、彼女は一目惚れした美哉を自分の“持ち物”として登録したのだとか。そんな二人の恋を応援しようと、他の世界の可愛いけど迷惑千万なプリンセスたちによる“超絶恋のおせっかい”が美哉を待ち受けていて。ストーリーショートショート形式で贈るサクセス&プリンセスストーリー!手のひらに残るのは世界か恋か―!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 手のひらの恋と世界の王の娘たち/岩田洋季

ゼロから始める魔法の書8 禁書館の司書/虎走かける

ゼロから始める魔法の書VIII -禁書館の司書- (電撃文庫)
ゼロから始める魔法の書VIII -禁書館の司書- (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年12月刊。
前巻ラストで世界が一変し、物語が新展開に突入したわけですが、今回も安定した面白さでした。
シリアスで残酷なダークファンタジーなのに、合間に入るゼロと傭兵のイチャイチャに和んでしまうw

☆あらすじ☆
泥闇の魔女による悪魔召喚で、世界の半分が崩壊した。世界を救う決意をしたゼロ達は、教会騎士団とともに、北の地にあるという祭壇を目指す事に。しかし遠征部隊の隊長であるジェマは、“黒の死獣”に父を殺された過去を持っていた。しかもジェマの従卒は、傭兵の過去をよく知る男で―?“黒の死獣”の正体が傭兵であることを隠し、荒廃した世界を進軍するうち、教会騎士団は統率を失い始める。副隊長である老兵、レイラントに強く糾弾され、部隊との決別を余儀なくされるジェマ。兵の信頼を取り戻すため、ゼロ達はジェマとともに、悪魔が待ち受ける“禁書館”を目指すことになるが―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゼロから始める魔法の書8 禁書館の司書/虎走かける

Babel 2 剣の王と崩れゆく言葉/古宮九時

BabelII ‐剣の王と崩れゆく言葉‐ (電撃文庫)
BabelII ‐剣の王と崩れゆく言葉‐ (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年11月刊。
物語が動き始めたことで、さらに面白くなってきた異世界ファンタジー第2弾。
保護者であるエリクの過去が掘り下げられたり、なかなか魅力的なキャラクターが登場したりと、人間ドラマとしても読み応えが増してきました。
「言語」にまつわる独特の世界観も意味深だし、続きがとても気になります。

☆あらすじ☆
『―立ち去るがよい、外部者よ』
ついに辿り着いた、魔法大国ファルサス。しかし世界を害する“異物”と判ざれた雫は、非常にも王・ラルスに剣を向けられる。ラルスと戦う決意をし、瀕死の重傷を負った雫だが、その一方でエリクは過去を追憶する。自らが殺した、ある一人の少女のことを…。そして“死者蘇生”の禁呪による事件で国中に暗雲が漂うなか、雫とエリク、二人の運命は分岐点を迎え―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む Babel 2 剣の王と崩れゆく言葉/古宮九時

ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット/渡瀬草一郎

ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット (電撃文庫)
ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット (電撃文庫)

評価:★★★★☆
2016年11月刊。
和風ホラーファンタジー+VRMMO+探偵さん、というSAOスピンオフ作品。
SAO本編はまだ7巻までしか読んでないけれど、マザーズ・ロザリオ絡みのエピソードということで読んでみました。7巻まで読んでれば問題ない内容かな。ただ、7巻で泣いた私にはハンカチ必須なお話でもありましたが・・・・・・。
SAO事件の爪痕を外からみせるところがまさに外伝的である一方、この作品単体でも完成していて面白かったです。

☆あらすじ☆
《アスカ・エンパイア》。SAО事件の最中に運営を開始した、古参の和風VRMMOである。ユウキとラン達のギルド《スリーピング・ナイツ》結成のきっかけとなったこのゲームにも、秘められたエピソードがあった――
戦巫女のナユタと忍者のコヨミ。《アスカ・エンパイア》で出会い仲良くなった二人の少女は、ゲーム内で不思議な法師ヤナギと出会う。その老僧侶は、とあるクエストの《謎解き》を《探偵》に依頼したいという。しかもその報酬は一〇〇万円。法外すぎる値段に驚く少女二人だが、その奇妙な依頼を受ける《探偵》も負けず劣らず奇妙な青年だった。ステータスボーナスは《運》に《全振り》――つまりバトルは最弱、しかしレアアイテムドロップ率最強のトリッキーなプレイヤーで……。
最先端VRMMOの世界で、少女二人を引き連れた《胡散臭い探偵》による《謎解き》が始まる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット/渡瀬草一郎

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン11/宇野朴人

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンXI (電撃文庫)
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンXI (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年11月刊。
天才という名の劇薬を投下する第11巻。
ほぼ内政回だけど、これまでの人間関係をいったん整理する話でもある感じ?
最後の展開にめちゃくちゃワクワクしたので次巻がとても楽しみです。

☆あらすじ☆
イクタ・ソロークの推挙によって、三等文官として国政に携わることになる少女ヴァッキェ。アナライ博士の弟子で、イクタの妹弟子でもある彼女は、たしかに尋常な人材ではなかった。国政の場では、誰もが畏れる女帝が相手であっても理路整然と反論を声高に唱えて周囲を凍りつかせ、日常生活では、シャミーユの食事の場に乗り込んでいって「一緒に楽しく食べよう!」と女帝の顔をひきつらせる…。その無邪気さと人懐っこさと狂気を発揮する彼女によって、硬直した帝国や女帝シャミーユは、どのように変わっていくのだろうか―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン11/宇野朴人

幸せ二世帯同居計画 妖精さんのお話/五十嵐雄策

幸せ二世帯同居計画 ~妖精さんのお話~ (電撃文庫)
幸せ二世帯同居計画 ~妖精さんのお話~ (電撃文庫)

評価:★★★★☆
2016年11月刊。
「家族」に恵まれなかった少年少女が、一つ屋根の下で「家族」として絆を育てるハートフルストーリー。
主人公達の抱える事情は重くて暗いものだけど、そんな人生の中で掴んだ幸せを大切に抱きしめる彼らの姿に切なくも温かい気持ちになるお話でした。
こういう話、とても好きです。
奇をてらうことなくストレートな展開ではあるけれど、じんわりと優しさを伝えてくる感じに癒やされました。
あと、ヒロインと「妖精さん」の関係がすごく好み。深夜のお茶会、可愛いなぁ。

☆あらすじ☆
とある事情により家を失って公園でサバイバル生活を送っていた俺たち兄妹は、近所で発見した空き家にこっそり移住することに。でも実はそこには同級生の女の子がたった一人で生活していて!?「まさか…まさか、“妖精さん”!?」そしてなぜか“妖精さん”と勘違いされてしまった俺たちは、彼女から隠れたまま奇妙な同居生活を始めることになったんだ。やがて一緒に暮らすうちに、彼女が抱える悩みを知った俺は―。「“妖精さん”はいつでもお前の味方なんだよ!」五十嵐雄策が贈る、新しい“家族”のハートフルストーリー開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 幸せ二世帯同居計画 妖精さんのお話/五十嵐雄策

いでおろーぐ!5/椎田十三

いでおろーぐ!5 (電撃文庫)
いでおろーぐ!5 (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年10月刊。
ブーメランが楽しすぎる反リア充ラブコメ第5弾。
ようやくあのカップルにツッコミが・・・・・・からの、予想外の急展開にめちゃくちゃ笑いましたw

☆あらすじ☆
非リア充全面的解放の日は近い――リア充爆発アンチラブコメ第5弾!
「文化祭における生徒会との闘争で、反恋愛運動の革命的勝利を果たすのだ!!」
夏休みにリア充への怒りを新たにし、恋愛至上主義の極みとも言うべきイベント、文化祭を反恋愛闘争の天王山と定めて準備を進める反恋愛主義青年同盟部。しかし、その動きを察知した生徒会に先んじられ、革命拠点たる地下アジトを壊滅させられてしまう。
「地下アジト陥落の責任をとって、私は、議長を辞任する――」
「領家、お前は除名だ。軟弱者はこの部に必要ない、今すぐ出て行け!!」
そして反恋部対生徒会、史上最大の闘いが始まる。リア充爆発アンチラブコメ第5弾、非リア充全面的解放の日は近い!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む いでおろーぐ!5/椎田十三

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?12/聴猫芝居

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.12 (電撃文庫)
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.12 (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年10月刊。
どれだけ砂糖を吐くことができるのか、その限界に挑戦させられた気分です。もうこれ以上は砂糖吐けません・・・・・・!
バカップルがバカップルしすぎた上に完全に夫婦で顔面崩壊しそうなGW回でした。

☆あらすじ☆
リアルでもネトゲでも「お家」を守ろう! 必要なのは……凶悪トラップ!?
ゲーム内の家って、建てたはいいけど使い道なくない?
そんなユーザーの声に応え……ネトゲ内の「西村家」に追加された家具は『トラップ』『タワー』『ガーディアン』に……『車輪』? なんぞこれ? 一体何が始まるんです?
「家に家以外の使い道を求めるのは変だと思うんですが……」
残念美少女・アコのそんな疑問をよそに、ゴールデンウィーク限定のモンスター襲撃イベントがスタート!しかも、それと時を同じくして玉置夫妻(※両親)が夫婦で仲良く旅行に出発。後を頼まれた英騎とアコの、期間限定同棲生活もスタートしてしまい!? まずい、ゲームの家と一緒にリアルの家も守らなきゃ……果たして二人は大事なお家を守り切れるのか!? あと、英騎の貞操とか大丈夫?
残念で楽しい日常≒ネトゲライフ、鉄壁防御の第12弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?12/聴猫芝居

狂気の沙汰もアイ次第/神田夏生

狂気の沙汰もアイ次第 (電撃文庫)
狂気の沙汰もアイ次第 (電撃文庫)

評価:★★★☆☆
2016年10月刊。
宇宙人に拉致された7人の日本人が、閉鎖空間のなかで狂気に苛まれながら「アイ」について考えていくというサスペンス。
宇宙人からの理不尽な要求に精神をガシガシと削られながらも、予想以上に真剣に「愛とは何か」を考えていく物語は読み応えがありました。
読後感もまた、意外にも悪くない。
しかしこれ続刊予定が出てるけれど一体どうやって続くのだろう?

☆あらすじ☆
水を飲んだら、無差別殺人。監禁期間は無期限。
宇宙人により遠く離れた星まで拉致された、山口健次ほか地球の男女7人。彼らは宇宙人から「《アイ》を理解するために、あなたたちを観察する」と宣言される。脱出不可能な集団生活の中で、皆に与えられる水分は「飲むと人を殺したくなる水」だけ。当初は、殺人衝動なんて理性で抑えられると自分に言い聞かせていた山口だが──。
人は水を飲まなければ乾き、飢え、死ぬ。理不尽な絶望の中に見つけたわずかな希望とは? そこに賭けた山口のたどり着く結末は? 殺したくない! 殺されたくない! 衝撃のサスペンス・ストーリー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 狂気の沙汰もアイ次第/神田夏生