「電撃文庫」カテゴリーアーカイブ

Babel 2 剣の王と崩れゆく言葉/古宮九時

BabelII ‐剣の王と崩れゆく言葉‐ (電撃文庫)
BabelII ‐剣の王と崩れゆく言葉‐ (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年11月刊。
物語が動き始めたことで、さらに面白くなってきた異世界ファンタジー第2弾。
保護者であるエリクの過去が掘り下げられたり、なかなか魅力的なキャラクターが登場したりと、人間ドラマとしても読み応えが増してきました。
「言語」にまつわる独特の世界観も意味深だし、続きがとても気になります。

☆あらすじ☆
『―立ち去るがよい、外部者よ』
ついに辿り着いた、魔法大国ファルサス。しかし世界を害する“異物”と判ざれた雫は、非常にも王・ラルスに剣を向けられる。ラルスと戦う決意をし、瀕死の重傷を負った雫だが、その一方でエリクは過去を追憶する。自らが殺した、ある一人の少女のことを…。そして“死者蘇生”の禁呪による事件で国中に暗雲が漂うなか、雫とエリク、二人の運命は分岐点を迎え―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む Babel 2 剣の王と崩れゆく言葉/古宮九時

ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット/渡瀬草一郎

ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット (電撃文庫)
ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット (電撃文庫)

評価:★★★★☆
2016年11月刊。
和風ホラーファンタジー+VRMMO+探偵さん、というSAOスピンオフ作品。
SAO本編はまだ7巻までしか読んでないけれど、マザーズ・ロザリオ絡みのエピソードということで読んでみました。7巻まで読んでれば問題ない内容かな。ただ、7巻で泣いた私にはハンカチ必須なお話でもありましたが・・・・・・。
SAO事件の爪痕を外からみせるところがまさに外伝的である一方、この作品単体でも完成していて面白かったです。

☆あらすじ☆
《アスカ・エンパイア》。SAО事件の最中に運営を開始した、古参の和風VRMMOである。ユウキとラン達のギルド《スリーピング・ナイツ》結成のきっかけとなったこのゲームにも、秘められたエピソードがあった――
戦巫女のナユタと忍者のコヨミ。《アスカ・エンパイア》で出会い仲良くなった二人の少女は、ゲーム内で不思議な法師ヤナギと出会う。その老僧侶は、とあるクエストの《謎解き》を《探偵》に依頼したいという。しかもその報酬は一〇〇万円。法外すぎる値段に驚く少女二人だが、その奇妙な依頼を受ける《探偵》も負けず劣らず奇妙な青年だった。ステータスボーナスは《運》に《全振り》――つまりバトルは最弱、しかしレアアイテムドロップ率最強のトリッキーなプレイヤーで……。
最先端VRMMOの世界で、少女二人を引き連れた《胡散臭い探偵》による《謎解き》が始まる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット/渡瀬草一郎

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン11/宇野朴人

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンXI (電撃文庫)
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンXI (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年11月刊。
天才という名の劇薬を投下する第11巻。
ほぼ内政回だけど、これまでの人間関係をいったん整理する話でもある感じ?
最後の展開にめちゃくちゃワクワクしたので次巻がとても楽しみです。

☆あらすじ☆
イクタ・ソロークの推挙によって、三等文官として国政に携わることになる少女ヴァッキェ。アナライ博士の弟子で、イクタの妹弟子でもある彼女は、たしかに尋常な人材ではなかった。国政の場では、誰もが畏れる女帝が相手であっても理路整然と反論を声高に唱えて周囲を凍りつかせ、日常生活では、シャミーユの食事の場に乗り込んでいって「一緒に楽しく食べよう!」と女帝の顔をひきつらせる…。その無邪気さと人懐っこさと狂気を発揮する彼女によって、硬直した帝国や女帝シャミーユは、どのように変わっていくのだろうか―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン11/宇野朴人

幸せ二世帯同居計画 妖精さんのお話/五十嵐雄策

幸せ二世帯同居計画 ~妖精さんのお話~ (電撃文庫)
幸せ二世帯同居計画 ~妖精さんのお話~ (電撃文庫)

評価:★★★★☆
2016年11月刊。
「家族」に恵まれなかった少年少女が、一つ屋根の下で「家族」として絆を育てるハートフルストーリー。
主人公達の抱える事情は重くて暗いものだけど、そんな人生の中で掴んだ幸せを大切に抱きしめる彼らの姿に切なくも温かい気持ちになるお話でした。
こういう話、とても好きです。
奇をてらうことなくストレートな展開ではあるけれど、じんわりと優しさを伝えてくる感じに癒やされました。
あと、ヒロインと「妖精さん」の関係がすごく好み。深夜のお茶会、可愛いなぁ。

☆あらすじ☆
とある事情により家を失って公園でサバイバル生活を送っていた俺たち兄妹は、近所で発見した空き家にこっそり移住することに。でも実はそこには同級生の女の子がたった一人で生活していて!?「まさか…まさか、“妖精さん”!?」そしてなぜか“妖精さん”と勘違いされてしまった俺たちは、彼女から隠れたまま奇妙な同居生活を始めることになったんだ。やがて一緒に暮らすうちに、彼女が抱える悩みを知った俺は―。「“妖精さん”はいつでもお前の味方なんだよ!」五十嵐雄策が贈る、新しい“家族”のハートフルストーリー開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 幸せ二世帯同居計画 妖精さんのお話/五十嵐雄策

いでおろーぐ!5/椎田十三

いでおろーぐ!5 (電撃文庫)
いでおろーぐ!5 (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年10月刊。
ブーメランが楽しすぎる反リア充ラブコメ第5弾。
ようやくあのカップルにツッコミが・・・・・・からの、予想外の急展開にめちゃくちゃ笑いましたw

☆あらすじ☆
非リア充全面的解放の日は近い――リア充爆発アンチラブコメ第5弾!
「文化祭における生徒会との闘争で、反恋愛運動の革命的勝利を果たすのだ!!」
夏休みにリア充への怒りを新たにし、恋愛至上主義の極みとも言うべきイベント、文化祭を反恋愛闘争の天王山と定めて準備を進める反恋愛主義青年同盟部。しかし、その動きを察知した生徒会に先んじられ、革命拠点たる地下アジトを壊滅させられてしまう。
「地下アジト陥落の責任をとって、私は、議長を辞任する――」
「領家、お前は除名だ。軟弱者はこの部に必要ない、今すぐ出て行け!!」
そして反恋部対生徒会、史上最大の闘いが始まる。リア充爆発アンチラブコメ第5弾、非リア充全面的解放の日は近い!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む いでおろーぐ!5/椎田十三

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?12/聴猫芝居

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.12 (電撃文庫)
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.12 (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年10月刊。
どれだけ砂糖を吐くことができるのか、その限界に挑戦させられた気分です。もうこれ以上は砂糖吐けません・・・・・・!
バカップルがバカップルしすぎた上に完全に夫婦で顔面崩壊しそうなGW回でした。

☆あらすじ☆
リアルでもネトゲでも「お家」を守ろう! 必要なのは……凶悪トラップ!?
ゲーム内の家って、建てたはいいけど使い道なくない?
そんなユーザーの声に応え……ネトゲ内の「西村家」に追加された家具は『トラップ』『タワー』『ガーディアン』に……『車輪』? なんぞこれ? 一体何が始まるんです?
「家に家以外の使い道を求めるのは変だと思うんですが……」
残念美少女・アコのそんな疑問をよそに、ゴールデンウィーク限定のモンスター襲撃イベントがスタート!しかも、それと時を同じくして玉置夫妻(※両親)が夫婦で仲良く旅行に出発。後を頼まれた英騎とアコの、期間限定同棲生活もスタートしてしまい!? まずい、ゲームの家と一緒にリアルの家も守らなきゃ……果たして二人は大事なお家を守り切れるのか!? あと、英騎の貞操とか大丈夫?
残念で楽しい日常≒ネトゲライフ、鉄壁防御の第12弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?12/聴猫芝居

狂気の沙汰もアイ次第/神田夏生

狂気の沙汰もアイ次第 (電撃文庫)
狂気の沙汰もアイ次第 (電撃文庫)

評価:★★★☆☆
2016年10月刊。
宇宙人に拉致された7人の日本人が、閉鎖空間のなかで狂気に苛まれながら「アイ」について考えていくというサスペンス。
宇宙人からの理不尽な要求に精神をガシガシと削られながらも、予想以上に真剣に「愛とは何か」を考えていく物語は読み応えがありました。
読後感もまた、意外にも悪くない。
しかしこれ続刊予定が出てるけれど一体どうやって続くのだろう?

☆あらすじ☆
水を飲んだら、無差別殺人。監禁期間は無期限。
宇宙人により遠く離れた星まで拉致された、山口健次ほか地球の男女7人。彼らは宇宙人から「《アイ》を理解するために、あなたたちを観察する」と宣言される。脱出不可能な集団生活の中で、皆に与えられる水分は「飲むと人を殺したくなる水」だけ。当初は、殺人衝動なんて理性で抑えられると自分に言い聞かせていた山口だが──。
人は水を飲まなければ乾き、飢え、死ぬ。理不尽な絶望の中に見つけたわずかな希望とは? そこに賭けた山口のたどり着く結末は? 殺したくない! 殺されたくない! 衝撃のサスペンス・ストーリー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 狂気の沙汰もアイ次第/神田夏生

青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ない(青春ブタ野郎シリーズ7)/鴨志田一

青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ない (電撃文庫)
青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ない (電撃文庫)【Amazon】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2016年10月刊。
冒頭からボロボロ泣きっぱなしのまま読了。
素晴らしかったです。良い小説だー!!

☆あらすじ☆
翔子のついた優しい嘘。麻衣が願った真剣な思い。咲太が選んだ答えとは!?
「わたしはね咲太君。大好きな人には幸せになってほしいんです」
初恋の人、翔子から教わった優しさ。
「ふたりで幸せになるわよ」
今を支えてくれる、恋人の麻衣から学んだ勇気。
高校二年生の冬、今と過去を支えてくれた大切な人たちが幸せになれる未来を求め、咲太は歩み始める――。
新たなる未来へ踏み出すシリーズ第7弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ない(青春ブタ野郎シリーズ7)/鴨志田一

続 この大陸で、フィジカは悪い薬師だった/鳩見すた

続 この大陸で、フィジカは悪い薬師だった (電撃文庫)
続 この大陸で、フィジカは悪い薬師だった (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年9月刊。
敬虔なエイル教徒の少年と、教会の教えと反する「悪い薬師」の少女の物語第2巻。
この続編で色んな伏線も回収されたし、フィジカとアッシュの微妙な関係にも決着がついて満足。前巻同様、様々な幻獣が登場するファンタジーとしても面白かったです。
内容的には完結とみていいのかな。次回作も期待しています。

☆あらすじ☆
幻獣は癒やすが、人の治療には高額な報酬を請求する。そんな“教会の忌むべき異端者”は、可憐な少女の姿をしていた…。“悪い薬師”フィジカと共に旅をすることを決めた僕は、彼女が見据える先、『幻獣と人間の行く末』を信じることにした。僕は、異端者を狩る『角笛の騎士』様からフィジカを守るんだ。…そのはずなのに、なぜ僕の妹が目の前に?ロッテ、君は『騎士』様になったのかい…?ケルピー、ワイバーン、カーバンクル。異世界にまつわるモンスターの神秘と医療を描く、新感覚ファンタジーの続編登場。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 続 この大陸で、フィジカは悪い薬師だった/鳩見すた

小さな魔女と野良犬騎士1/麻倉英理也

小さな魔女と野良犬騎士 1 (ヒーロー文庫)
小さな魔女と野良犬騎士 1 (ヒーロー文庫)

評価:★★★☆☆
2016年8月刊。
母親を探して王都にやってきた少女と、彼女の手伝いをすることになった野良犬騎士の物語。
母である魔女をめぐる陰謀に巻き込まれていくストーリーも良かったけれど、個人的には敵キャラが結構好きな感じ。
戦闘狂の美少女剣士が面白すぎて、それだけでなんだか満足してしまう物語でしたw

☆あらすじ☆
風来坊と美少女魔女が出会って……! ? 「あの子の母親を斬って欲しい」。騎士はかつての輝きを取り戻せるのか?
水神の加護に抱かれた水と大河の国エンフィール王国。その王都に暮らす青年アルトが、かつて騎士として戦場を駆けていたのも今は昔、現在はその日暮らしの風来坊。
金なし地位なし甲斐性なし、仲間内からは野良犬騎士と呼ばれていた。そんなある日、アルトがスラム街で誘拐されかけた少女ロザリンを助ける。少女は右目に“ウイッチクラフト”と呼ばれる特別な力を宿し、「小さな魔女」と呼ばれていた。彼女は生き別れとなった母親を探す為に王都へやってきたのだった―――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 小さな魔女と野良犬騎士1/麻倉英理也