「文藝春秋」カテゴリーアーカイブ

玉依姫(八咫烏シリーズ5)/阿部智里

玉依姫
玉依姫【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年7月刊。
毎巻ガラッと作品の雰囲気を変えてくる八咫烏シリーズの最新作。
いよいよ現代日本と山内の世界がリンクし、これまでの伏線についても回収が始まりました。
そして今回の物語で重要な位置にいるのは八咫烏たちではなく、村の因習に巻き込まれた女子高生。
少し外伝っぽさを感じつつも現代伝奇譚な雰囲気が新鮮。今回も安定して面白かったです。

☆あらすじ☆
生贄伝説のある龍ヶ沼と、その隣にそびえる荒山。かつて、祖母が母を連れて飛び出したという山内村を訪ねた高校生の志帆は、村祭りの晩、恐ろしい儀式に巻き込まれる。人が立ち入ることを禁じられた山の領域で絶対絶命の志帆の前に現れた青年は、味方か敵か、人か烏か―

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 玉依姫(八咫烏シリーズ5)/阿部智里

空棺の烏(八咫烏シリーズ4)/阿部智里

空棺の烏
空棺の烏【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2015年7月刊。
統一感あるデザインの文庫版で揃えたいなぁと思いつつ、先が気になりすぎて単行本に手を出しました。後悔はしてないし文庫版も買います。
今回は雪哉が山内衆となるために訓練学校に入学するというストーリー。学園ものならではの青春&友情要素がありつつ、シリーズ全体の話もどんどん動き出す読み応え満点の1冊でした。
雪哉の性格の悪さにワクワクせずにいられないし、コミカルなノリも楽しくてずっとにやけながら読んでいた気がしますw

☆あらすじ☆
人間の代わりに八咫烏の一族が支配する世界=山内を舞台とする、大人気「八咫烏」シリーズの第4弾。
本作の舞台はこの世界を統治する宗家の近衛集団「山内衆」を養成するための訓練学校「勁草院」である。15歳から17歳の少年たちが集められ、全寮制で上級武官になることを目指した、厳しい生活が待ち受けている。前作の『黄金の烏』で突如出現した人を喰う大猿へ立ち向かうため、次の日嗣の御子である若宮へ忠誠を誓った雪哉も新入生の一人。若宮の近習であった経歴や自らの経歴はあえて明かさず、勁草院での日々がはじまったものの、そこに待ち受けていたのは、若宮の母の実家である西家の御曹司・明留を中心とする若宮派のグループと、廃太子された若宮の兄・長束を再び皇太子へと推す南家系統の公近グループの激しい対立、さらに兄弟の父である金烏代の意向を重視する教授陣――間近と見られていた、若宮の即位が神官たちによって延期が決まるという不穏な空気の中で事件は次々に起こる。
実力主義が前提の学内で、貴族階級出身の宮烏と庶民階級出身の山烏の身分格差が歴然となるにつけ、山烏出身で雪哉と同室となった茂丸、あらゆる武術で天才的な腕をみせる千早らもこの争いに絡んでくる。果たして身体が誰より小柄な雪哉は、頸草院での争いを勝ち抜くことができるのか? そして若宮の即位はなるのか……。雪哉、明留、茂丸、千早という四人の少年たちのビルディングス・ストーリーとしての要素も強く打ち出し、友情あり、冒険ありの一冊!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 空棺の烏(八咫烏シリーズ4)/阿部智里

黄金の烏(八咫烏シリーズ3)/阿部智里

黄金の烏 (文春文庫)
黄金の烏 (文春文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年6月刊。初出は文藝春秋2014年7月刊。
人の姿と鳥の姿をもつ「八咫烏」の一族を描いた和風ファンタジーシリーズ第3弾。
今回もとても面白かったです。
前2冊が前日譚であったのだと納得するほど、ぐぐっと一気に世界観が広がっています。
大きく広げた風呂敷にワクワクが止まらない・・・!

☆あらすじ☆
人間の代わりに「八咫烏」の一族が住まう世界「山内」で、仙人蓋と呼ばれる危険な薬の被害が報告された。その行方を追って旅に出た日嗣の御子たる若宮と、彼に仕える雪哉は、最北の地で村人たちを襲い、喰らい尽くした大猿を発見する。生存者は、小梅と名乗る少女ただ一人―。八咫烏シリーズの第三弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 黄金の烏(八咫烏シリーズ3)/阿部智里

烏は主を選ばない(八咫烏シリーズ2)

『烏は主を選ばない』(阿部智里著/文春文庫)★★★★★

烏は主を選ばない (文春文庫)
烏は主を選ばない (文春文庫)

前巻の感想はこちらから
烏に単は似合わない(八咫烏シリーズ1) | 晴れたら読書を
2015年6月刊。初出は文藝春秋2013年7月刊。
第1作「烏に単は似合わない」は若宮を巡るお后候補たちの争いを描いた作品でしたが、こちらはその時に若宮が何をしていたかを描く若宮サイドの物語となります。
1作目と表裏の関係にあたる第2作。単体でもかなり面白いのですが、1作目の直後に読むと2作合わせての傑作ぶりに震えます。

今回の語り手は若宮の近習となる少年。
彼の目から見る若宮は、意地悪で隠し事が多くて、それでも心を惹きつけてやまない魅力的な人物でした。

☆あらすじ☆
人間の代わりに「八咫烏」の一族が住まう世界「山内」で、優秀な兄宮が廃嫡され、日嗣の御子の座についた若宮。世継ぎの后選びには大貴族の勢力争いが絡み、朝廷は一触即発の異常事態に陥る。そんな状況下で、若宮に仕えることになった少年・雪哉は、御身を狙う陰謀に孤立無援の宮廷で巻き込まれていく・・・・・・。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 烏は主を選ばない(八咫烏シリーズ2)

烏に単は似合わない(八咫烏シリーズ1)

『烏に単は似合わない』(阿部智里著/文春文庫)★★★★☆

烏に単は似合わない (文春文庫)
烏に単は似合わない (文春文庫)

2014年6月刊。初出は文藝春秋2012年6月刊。
長らく積んでいたのを後悔するほど面白かったです!!
深窓の姫君が、姉の代わりに皇太子の妃選びの場に出ることになったものの、そこは様々な思惑が絡む権力争いの場で・・・・・・という感じで始まる物語。
少女小説と児童文学を足して2で割ったような世界観の異世界ファンタジー+ミステリー風後宮小説でしたが、なんというか、この作品は少女小説読みにとってトラップだと思うんですよね。
気になる方は是非ネタバレを踏まずに読んでいただきたい。
シリーズの続きもすぐに読もうと思います。

☆あらすじ☆
人間の代わりに「八咫烏」の一族が支配する世界「山内」で、世継ぎである若宮の后選びが始まった。朝廷で激しく権力を争う大貴族四家から遣わされた四人の后候補。春夏秋冬を司るかのようにそれぞれ魅力的な姫君たちが、思惑を秘め后の座を競う中、様々な事件が起こり…。史上最年少松本清張賞受賞作。

以下、ネタバレありの感想です。未読の方は要注意!

続きを読む 烏に単は似合わない(八咫烏シリーズ1)