「角川ビーンズ文庫」カテゴリーアーカイブ

堀川さんはがんばらない/あずまの章

堀川さんはがんばらない (角川ビーンズ文庫)
堀川さんはがんばらない (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年10月刊。
面白かった〜!
できるだけ省エネで生きていたい女子高生が、頑張らない方向に頑張っていく物語。
序盤は驚くほどに無気力なヒロインなのだけど、廃部寸前の弓道部に入った理由が彼女の分かりにくい優しさそのものでグッときました。
部活仲間や女友達との絆が実に青春していて気持ちよい作品。
恋愛色はあまりないものの、ほんのりとした甘酸っぱさを堪能したので満足です。
それにしても弓道って読んでるだけでも格好いいものなんですねぇ。

☆あらすじ☆
「先輩、弓道は楽しいですか?」
堀川伊与は、無気力マイペースな高校1年生。なるべくラクな部活を選ぼうと、ゆるいと噂の弓道部を見学しに行った伊与は、一人黙々と弓を射る鏑木鉄矢と出逢う。彼に入部希望者だと思われた伊与は、強引に弓を引かされたうえ「お前、弓道に向いてるぞ」と言われて圧倒されっぱなし!思わず入部したものの、鉄矢の伊与に対する距離はやけに近くて…!?
甘酸っぱい、青春部活ストーリー!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 堀川さんはがんばらない/あずまの章

王女フェリの幸せな試練2 祝福のベールアップ/時田とおる

王女フェリの幸せな試練 祝福のベールアップ (角川ビーンズ文庫)
王女フェリの幸せな試練 祝福のベールアップ (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年1月刊。
ネガティブ引きこもり王女の恋物語第2弾。
完結巻ですが、割と綺麗にまとまって終わっていると思います。
ちょっと寂しいけれど、ネタ的に考えると丁度良かったのかもしれない。

☆あらすじ☆
“愛され”王女のひきこもり脱出劇、第2弾!!
「俺がキスした意味を考えろ――」強引な王子ベルホルトのおかげでひきこもり体質から脱却しつつある王女フェリは、別れ際、彼から言われた言葉にずっと頭を悩ませていた。そんなある日、フェリは隣国のドレスコンテストに招待される。久しぶりに会うベルはなぜか少しよそよそしくて戸惑うフェリだったが、さらに突然現れたベルの従兄・享楽王子のテオに「僕がコンテストで勝ったら君をちょうだい」と宣言されてしまって!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 王女フェリの幸せな試練2 祝福のベールアップ/時田とおる

レディローズは平民になりたい/こおりあめ

レディローズは平民になりたい (角川ビーンズ文庫)
レディローズは平民になりたい (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年1月刊。
乙女ゲームのヒロインに転生したものの、望み通りにバッドエンドを迎えた元・公爵令嬢の物語。
うーん、かなり中途半端なところで終わっているので、この1冊だと評価が難しい。
キャラの背景にあるものが見えてこないこともあって、物語の方向性がわかりにくく(貴族は嫌だ平民になりたい!ってのは分かるけど)、やや迷走気味に感じました。
ポテンシャルはありそうなので、次巻に期待しています。

☆あらすじ☆
転生して目指せ“平民エンド”!? 完璧令嬢のお妃ルート脱出ストーリー!
前世でプレイしていた乙女ゲーム「救国のレディローズ」そのままの世界に転生した私・フェリシア。お妃様になる未来を全力で回避……のはずが王子のお兄様やら義弟やら、攻略プレイヤー達から次々邪魔が入り!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む レディローズは平民になりたい/こおりあめ

平安時代にタイムスリップしたら紫式部になってしまったようです/中臣悠月

平安時代にタイムスリップしたら紫式部になってしまったようです (角川ビーンズ文庫)
平安時代にタイムスリップしたら紫式部になってしまったようです (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年1月刊。
第1回カクヨムWeb小説コンテスト恋愛・ラブコメ部門「大賞」受賞作。
乙女ゲーム好きの女子高生が平安時代にタイムスリップし、イケメン貴族と一緒にオタク活動に励んでいたら「源氏物語」を共同製作しちゃった!という平安ファンタジー。
平安時代の生活様式やルール&マナーなどがしっかり描かれていて、舞台背景に読み応えがある作品でした。
展開にやや強引なところもあるけれど、「源氏物語」の執筆動機や製作過程はなるほどなぁと感嘆する場面が多く、そちらもとても楽しかったです。
ただ、「恋愛・ラブコメ部門」なのに、恋愛・ラブコメパートが一番ぎこちなかったような?

☆あらすじ☆
ここは乙女ゲームの世界ですか? いいえ、現実です!
京都に修学旅行中、突然平安時代にタイムスリップした女子高生・香子。イケメン貴族に助けられた恩返しに、中宮様へ献上する物語作りを手伝うことになった香子は、持ち前の妄想力でアイデアを出しまくる。しかし出来上がっていく話が『源氏物語』と似ていることに気がついて……? もしかして、私が”紫式部”になるの? 現代×平安、時間を超えたラブファンタジー開幕!! 

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 平安時代にタイムスリップしたら紫式部になってしまったようです/中臣悠月

いじわる令嬢のゆゆしき事情 灰かぶり姫の初恋/九江桜

いじわる令嬢のゆゆしき事情 灰かぶり姫の初恋 (角川ビーンズ文庫)
いじわる令嬢のゆゆしき事情 灰かぶり姫の初恋 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年12月刊。
第14回角川ビーンズ小説大賞「奨励賞」受賞作。
シンデレラの意地悪な義姉の正体は、口うるさい世話焼きお姉さんだった!というシンデレラパロディ。
存在感はあるのに微妙に生かせてない恋敵や、いくらなんでも酷すぎる義妹シンデレラなど、色々と粗さが気になる部分が多かった印象。
ただ、童話版の名シーンを面白い切り口でストーリーに突っ込んできて、「あっ、そこにつながるの!」な展開の連続は良かったと思います。
続刊があったら恋愛方面をもっと頑張ってほしいかなー。

☆あらすじ☆
男爵家の令嬢イザベラは、美しくもものぐさな義妹アシュトリーテを立派な淑女に育てるべく日々奮闘中。しかし厳しすぎる言動から、周囲では継子いじめとの不名誉な噂が! そんな中7年ぶりに再会した幼馴染みのフリッツから、王子が妃探しの舞踏会を開くと聞かされる。「リーテならお妃になれる!」と息巻くイザベラだが、自身も恋愛騒動に巻き込まれてしまって……? 世話好き“悪役”令嬢が贈る、恋と波乱のシンデレラストーリー!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む いじわる令嬢のゆゆしき事情 灰かぶり姫の初恋/九江桜

ドイツェン宮廷楽団譜 嘘つき婚約コンチェルト/永瀬さらさ

ドイツェン宮廷楽団譜 嘘つき婚約コンチェルト (角川ビーンズ文庫)
ドイツェン宮廷楽団譜 嘘つき婚約コンチェルト (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
2016年12月刊。
とっても素晴らしかった!
恩人との再会を願う新人バイオリニストと、彼女に偽りの婚約を持ちかける若き天才指揮者。そんな二人の恋と音楽の物語です。
感覚型で危なっかしい天才少女と、彼女を支える意地悪で過保護なヒーローっていう関係性がまず良い。
二人の間にある「嘘」とすれ違いは切ないけれど、悪態の応酬すら可愛いケンカップルぶりにニヨニヨが止まりません(*´∀`*)

音楽モノとしての完成度も文句なし。
ひとつひとつの表現が繊細で心に響くし、演奏と恋心のシンクロは鳥肌が立つほどでした。
ストーリーの緩急も巧みで、試練を乗り越えバイオリニストとして花開いていく主人公の姿にカタルシスを得ずにはいられません。

魅力的なキャラがたくさん登場し、コメディパートが面白すぎてやたら笑ってしまった本作。
正直、めちゃくちゃ好きです。ぜひシリーズ化してほしい!

☆あらすじ☆
共犯者になるなら守ってやる――暴君指揮者と“婚約”の結末は!?
“養護院出身の伯爵令嬢”にして、新人バイオリニストのミレア。そんな彼女が、「音楽の邪魔になる求婚者よけ」という利害が一致し、公爵家の跡取りで、気鋭の指揮者でもあるアルベルトと仮婚約することに……!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ドイツェン宮廷楽団譜 嘘つき婚約コンチェルト/永瀬さらさ

皇太后のお化粧係/柏てん

皇太后のお化粧係 (角川ビーンズ文庫)
皇太后のお化粧係 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年6月刊。
メイクアップアーティストの主人公が中華風異世界にトリップし、女性達を綺麗にしながら陰謀渦巻く後宮で戦う物語。
陰謀も恋愛もちょっと駆け足気味だったけれど、特技持ちの主人公の活躍が楽しい作品でした。私もメイクしてほしい・・・!

☆あらすじ☆
メイクアップアーティストの卵、後宮で美を武器に無双します!
ある日突然、中華風の異世界へトリップしてしまったメイクアップアーティストの卵・鈴音。現世で鍛えたメイク術で妓女を相手に大活躍するが、皇太后の悪事を暴くためお化粧係として後宮へ潜入することに!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 皇太后のお化粧係/柏てん

アルバート家の令嬢は没落をご所望です 3/さき

アルバート家の令嬢は没落をご所望です 3 (角川ビーンズ文庫)
アルバート家の令嬢は没落をご所望です 3 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年11月刊。
本編完結後の後日談や、メアリとアディの子供時代のエピソードを含む短編集。
最後までめちゃくちゃ笑えて楽しい主従ラブコメでした!

☆あらすじ☆
表は完璧・実は残念お嬢様メアリは従者アディとゴールインして、めでたく物語はハッピーエンド……では終わりません! メアリ最大の夢、渡り鳥丼屋開業が遂に実現!? 他にも本編のその後を詰めこんだ短編集登場!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む アルバート家の令嬢は没落をご所望です 3/さき

一華後宮料理帖 第二品/三川みり

一華後宮料理帖 第二品 (角川ビーンズ文庫)
一華後宮料理帖 第二品 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年11月刊。
料理好きの妃嬪と恋知らずの食学博士の中華後宮ロマンス第2弾。
今回は後宮で最も地位の高い四夫人が登場。
艶やかな4人の美人さんが揃うと画面的にも華やかになって良いですねー(ノ´∀`)ノ
理美を巡る三角関係もゆっくり進展しているし、続きも楽しみです。

☆あらすじ☆
誰しも求めるのは自分の居場所。「食」を愛する皇女の中華後宮記第2弾!!
明来告知――それは、四人の妃嬪が新皇帝の寵愛を争う儀式。料理好きな皇女・理美と食学博士の朱西は、儀式前の妃嬪達の心を落ち着かせるよう、後宮で料理番の任務を命じられる。個性の強い四夫人を相手に奔走する理美。一方、皇帝・ショウ飛は五龍に会う名目で頻繁に理美の元を訪れていた。朱西は女性に興味がなかったショウ飛の変化を喜びつつも、内心は複雑。そんな折、儀式で使う大切な宝珠が何者かによって盗まれてしまい!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 一華後宮料理帖 第二品/三川みり

令嬢鑑定士と画廊の悪魔/糸森環

令嬢鑑定士と画廊の悪魔 (角川ビーンズ文庫)
令嬢鑑定士と画廊の悪魔 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年10月刊。
病弱令嬢と毒舌悪魔が、悪魔が潜む絵画を探すというファンタジー。
人外×美少女で、契約主従で、絵画に悪魔や宗教が絡むゴシックな雰囲気があり・・・・・・という、美味しいものが詰め込まれてますね!な作品でした。
主人公ふたりがローテンションな割に、掛け合いやノリがテンション高めなところがシュールな面白さを生んでいたと思います。
まだまだ序章な物語だけど、続けば更に面白くなりそうな予感。期待しています!

☆あらすじ☆
契約する。私に飼われなさい――令嬢と悪魔、秘密の関係とは……
絵画好きの伯爵令嬢リズは、叔父の画廊の臨時管理人ジョンから「あんたをくれ」と告げられる。それは恋ではなく、リズの持つ“絵画に棲む悪魔を見抜く目”が必要だから。実は悪魔のジョンに契約を迫られたリズは!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 令嬢鑑定士と画廊の悪魔/糸森環