「ポプラ文庫」カテゴリーアーカイブ

英国幻視の少年たち2 ミッドサマー・イヴ/深沢仁

(P[ふ]4-2)英国幻視の少年たち2 (ポプラ文庫ピュアフル)
(P[ふ]4-2)英国幻視の少年たち2 (ポプラ文庫ピュアフル)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年5月刊。
現代のイギリスを舞台に、おとぎ話のような幻想的世界が広がる英国ファンタジー第2弾。
今回は終盤でなんだか「不思議の国のアリス」を読んでる気分になりました。ワンダーランド突入的な。

☆あらすじ☆
イギリスに留学中のカイは、居候先の家主である叔母のマリコが、自分は魔女であると書き残して行方をくらましたため、英国特別幻想取締報告局のランスと同居することになった。夏至が近づいてきたある日、ウィッツバリーで子どもが妖精に連れ去られる事件が起こる。取り返すために妖精の国へ赴くランス。カイは、同行するよう報告局から命じられる―。1巻が大反響の注目の英国ファンタジー、シリーズ第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 英国幻視の少年たち2 ミッドサマー・イヴ/深沢仁

英国幻視の少年たち ファンタズニック/深沢仁

(P[ふ]4-1)英国幻視の少年たち (ポプラ文庫ピュアフル)
(P[ふ]4-1)英国幻視の少年たち (ポプラ文庫ピュアフル)

評価:★★★★☆
2016年3月刊。
英国が舞台で妖精が出てくる現代ファンタジーとか、それもうめっちゃ好きなやつですよね・・・!
と思って読んだら当たりでした。
訳あって渡英した日本人留学生が、幻想事件を扱う組織の少年と共に様々な幻想的事件に遭遇していくファンタジー。
全体的に穏やかで寂しい雰囲気が漂う物語でしたが、それがなぜか心地よい作品でした。
終盤にかけての盛り上がりも面白かったし、霊感少年と貧血少年に生まれていく奇妙な絆は興味をひいたし、設定・ストーリー共にとても好み。
シリーズ第1巻ということで色々と謎が残っているものの、今後の展開が楽しみです。

☆あらすじ☆
日本人の大学生皆川海(カイ)は、イギリスに留学し、ウィッツバリーという街に住む伯母の家に居候している。死んだ人の霊が見える目を持つカイはそこで、妖精に遭遇。英国特別幻想取締報告局の一員である青年ランスと知り合う。大学の構内で頻繁に貧血で倒れているランスをかまううちに、カイは次第に、幻想事件“ファンタズニック”に巻き込まれていく―。英国の雰囲気豊かに描かれる学園ファンタジー第1巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 英国幻視の少年たち ファンタズニック/深沢仁

セレクション3 永遠交響曲/キーラ・キャス

セレクション III 永遠交響曲 (ポプラ文庫)
セレクション III 永遠交響曲 (ポプラ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

1巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年12月刊。
王子の花嫁を選ぶ「セレクション」で戦う少女を描いたディストピア小説三部作の完結巻。
状況に流されるのを良しとせず、自分の人生を自分で選ぼうとする主人公の行動に散々ハラハラさせられる作品でした。でもとっても面白かった!
三角関係も決着。悔しくない。悔しくないよ・・・!

☆あらすじ☆
全国の少女からプリンセスを選ぶ「セレクション」。 階級制の撤廃を訴え国民の支持を得たアメリカだったが、宮殿内は敵だらけで、王子・マクソンとも距離を縮められずにいた。 反対勢力を鎮圧すべく、アメリカは元恋人・アスペンの力を借り、マクソンとともに敵の本拠地に乗り込むが、彼女を待っていたのは、最愛の人物との悲しい別れだった。 マクソンは誰を、アメリカは何を選ぶのか? 感動の完結篇!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む セレクション3 永遠交響曲/キーラ・キャス

セレクション1 片恋協奏曲/キーラ・キャス

([き]3-1)セレクション I 片恋協奏曲 (ポプラ文庫)
([き]3-1)セレクション I 片恋協奏曲 (ポプラ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年10月刊。
これは「シンデレラ・ストーリー」ではあるけれど、選ばれるのを待つだけの受け身なシンデレラではありません。
自分の人生は自分で選んでみせる! という気概のあるシンデレラなのです。

物語の主人公は、王子妃を選ぶセレクションに参加し、王子への淡い恋と元彼への未練で心を揺らす庶民の少女。
状況に流されず「自分らしさ」を貫こうとする彼女は、セレクションの先に何を選び取るのか。
その選択を見届けたくなる、王道にして刺激的なラブロマンスです。

近未来を舞台にしながら中世的な雰囲気を醸す世界観も魅力的。
厳格な身分制や反乱組織の存在が物語をシリアスに引き締め、その影に見え隠れする謎には好奇心をそそられました。

今後の展開に期待が高まる三部作の序章。この続きがとても楽しみです。

 

ちなみに、気になる方はAmazon商品ページに掲載されているイラストをチェックしてみるのも良いと思います。巻末掲載のあとがきです。

([き]3-1)セレクション I 片恋協奏曲 (ポプラ文庫)

表紙絵師さんが作品の魅力(というか萌えポイント)をイラストでわかりやすく紹介されていて、メイン3人のキャラクターを把握するのに丁度良いですよ。ネタバレは控えめ。
このあとがき、絵師さんの萌えポイントが私の萌えたポイントを網羅していて、わかるー!それわかるー!!ってブンブン頷いてました。ほんとわかるー!

☆あらすじ☆
少女たちが王子を巡って闘う、まったく新しいシンデレラ・ストーリー!
厳格な身分制が支配する近未来の王国を舞台に、全国から集められた少女たちが王子の心とプリンセスの座を巡って熾烈なバトルを繰り広げるイベント、「セレクション」。
およそ20年ぶりに開催されることが決まり、ひょんなことから超庶民・アメリカが候補者に選ばれてしまう。失恋したばかりの彼女は半ばヤケクソで王宮に向かうが、そこで待っていたのは、変わり者の王子と――超個性的なライバルたち!
厄介な元カレが現れるわ、王国の黒い陰謀に巻き込まれるわで、こんなの、全然「プリンセス」じゃない! 乙女の闘いを勝ち残り、プリンセスになるのは誰だ――? そして、厄介な三角関係の結末は――?
女性も男性も胸キュン&ハラハラ間違いなし、超肉食系シンデレラ・ストーリー三部作、お見逃しなく!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む セレクション1 片恋協奏曲/キーラ・キャス

五龍世界 WOOLONG WORLD1 霧廟に臥す龍/壁井ユカコ

五龍世界 WOOLONG WORLD: I霧廟に臥す龍 (ポプラ文庫ピュアフル)
五龍世界 WOOLONG WORLD: I霧廟に臥す龍 (ポプラ文庫ピュアフル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2013年1月刊。
守銭奴な見習い少女道士が主人公の中華ファンタジー。
騒がしくも幸せだった少女の日々が、ひとつの出来事を契機に大きく変わっていくというストーリーなのですが、この1巻はまだまだ序章な感じ。キャラの配置も魅力的だけど、これからどうなっていくのか全く予想がつきません。
道士モノらしく呪術や妖怪(?)などが跋扈してワクワクする作品だったし最後にはホロリとくる場面もあったので、続きを読んでいくのが楽しみです。

☆あらすじ☆
五頭の龍の屍の上につくられたといわれる五龍大陸。 とある山に廟をかまえる高名だが悪人面の道士のもとに預けられた少女ユギは、兄弟弟子の左慈とともに修行にはげむ日々を送る。 ある日、追われている幼い少女をかくまったことから、ユギの日常は変わり始める。 少女に嵌められた呪入りの枷の謎、追う金髪の青年牧師の目的は…? ときめきや興奮、感動を盛り込んだ極上エンタテインメントシリーズ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 五龍世界 WOOLONG WORLD1 霧廟に臥す龍/壁井ユカコ