みかこ のすべての投稿

九州在住のラノベ好き。少女小説を含むライトノベル全般を読みます。人生で1作品しか選べなければ迷わず「伯爵と妖精」を選びますが、他に東京レイヴンズ、薔薇のマリアが特に好きです。つい最近、エスケヱプ・スピヰドが完結して寂しくなっていたものの、ネトゲ嫁にはまって心を慰めてたり。Twitterでぐだぐだと喋っていることが多いです。ラノベクラスタのフォローを心よりお待ちしております。

幻獣調査員2/綾里けいし

幻獣調査員2 (ファミ通文庫)
幻獣調査員2 (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年6月刊。
人と幻獣の間に介在する幻獣調査員の少女と、彼女を守る従者たちの旅を描くファンタジー第2弾。
人外×少女が好きなら必読の作品ですが(注・私見)、今回も素晴らしく面白かったです。
可愛いおとぎ話のようなエピソードもあれば、残酷さに胸が痛くなるエピソードもあり、また最後の話ではうるうると涙腺が・・・・・・
ほんとにこういうシリーズ大好きです。
1巻同様、2巻も綺麗に終わっているけれどできれば長く続いてほしいなぁ。

☆あらすじ☆
人外×少女でつむがれる残酷で優しい幻想幻獣譚、第2集!
伝説の悪竜に攫われた村娘。その御伽話にも似た事態の真相とは――。かつて海豹乙女を嫁にもらった老人。だが人と幻獣の結婚の先にあったのは……。第一種危険幻獣の中でも伝説級に該当する生物ヒュドラ。行く手を全て毒に染め、不死の体を持つヒュドラを倒すには幻獣、それも「火の王」の炎が必要だという。フェリ達は王都が保護していた“勇者”を連れて「火の王」の元に赴くことになり――。人と幻獣の関わりが生む残酷で優しい幻想幻獣譚、第二集!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 幻獣調査員2/綾里けいし

ラノベのプロ!2 初週実売1100部の打ち切り作家/望公太

ラノベのプロ!2 初週実売1100部の打ち切り作家 (ファンタジア文庫)
ラノベのプロ!2 初週実売1100部の打ち切り作家 (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年6月刊。
ラノベ作家とアシスタント幼なじみのラノベ作家ラブコメ第2弾。
副題通りに「打ち切り」を扱った話なのだけど、予想外の方向から私までメッタ刺しにされました。なぜ。
主役カップルの甘酸っぱすぎる純愛ラブコメにはローリング。
とっても楽しかったです!

☆あらすじ☆
ラノベ作家のプロポーズによって、二人の関係は急速に動き出す。
「俺と、結婚してくれ」幼馴染みの結麻へ思いの丈をぶつけた、意識高い系作家の神陽太。突然の関係性の変化に、いつもの日常もどこかギクシャクしてしまう。そんな中、小太郎のデビュー作にトラブルが発生して!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ラノベのプロ!2 初週実売1100部の打ち切り作家/望公太

ジャナ研の憂鬱な事件簿/酒井田寛太郎

ジャナ研の憂鬱な事件簿 (ガガガ文庫)
ジャナ研の憂鬱な事件簿 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年5月刊。
第11回小学館ライトノベル大賞「優秀賞」受賞作。
学生新聞を発行するジャーナリズム研究会の編集長である主人公が、ある美人の先輩と知り合ったことから、日常の様々な謎に遭遇していくという青春ミステリー。
論理的に推理する主人公と、直感的に違和感を訴えるヒロインのコンビがなかなか魅力的で良かったです。
人の秘密を暴くことに対するエゴと、それを押しても真実を知ることの意味を問いかけるような内容だったのかな。
ほろ苦いエピソードが多いなか、なにげに救いだったのは主人公と親友2人の関係性でしたw

☆あらすじ☆
新鋭作家が織りなす日常系ミステリー!
海新高校2年生の工藤啓介は、他人との接触をできるだけ断つために、部員が啓介一人しかいないジャーナリズム研究会に属している。中学時代からの親友である大地と良太郎とだけと親交を保ち、余計なトラブルに巻き込まれないように平穏な学園生活を送ろうとしているのだ。ある日、学内でも評判の美人の先輩白鳥真冬と関わり合ってしまったことによって、少しずつ学内の事件やトラブルに巻き込まれていくことになっていく。
高校生活の中で起きるちょっとした事件を次々と解決していくことになっていく啓介。真冬もまた、その完璧さ故に学内でも疎外感を感じていたのだが、啓介たちと触れあうことで少しずつ本来の自分を取り戻していく……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ジャナ研の憂鬱な事件簿/酒井田寛太郎

おいしいベランダ。3 3月の桜を待つテーブル/竹岡葉月

おいしいベランダ。 3月の桜を待つテーブル (富士見L文庫)
おいしいベランダ。 3月の桜を待つテーブル (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年6月刊。
ベランダ菜園&飯テロラブストーリー第3弾。
今回はまもりの家族が登場して色々と大変なことになる年末年始のお話。
亜潟さん、子どもなんだか大人なんだか・・・・・・そこが魅力的で格好いいのだけど!

☆あらすじ☆
ベランダ菜園&クッキングで癒される、大好評・園芸ライフラブストーリー
栗坂まもりは、イケメンでベランダ菜園オタクの亜潟葉二とお隣住まいの恋人。年末、心配性のお母さんがずぼらな娘を心配し不意打ちで訪問してきた! 隠していた亜潟さんとのお付き合いもバレてしまい――?

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む おいしいベランダ。3 3月の桜を待つテーブル/竹岡葉月

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!5/海空りく

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 5 (GA文庫)
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 5 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年6月刊。
新展開突入の異世界革命ファンタジー第5弾。
いつかこうなるよな・・・と予想していた人は多かったに違いない展開。分かっていても不穏です。

☆あらすじ☆
激動の異世界革命物語第5弾の幕開けです
エルム共和国を成立させ、通貨の発行によってその基盤を確かなものとした超人高校生たち。だが、異世界の人々に国を委譲するための選挙を始めようとした矢先、亡国≪ヤマト≫の皇女カグヤが現れた。エルムの基本理念『万民平等』をタテに、帝国に苦しめられている自分たちへの援助を求めてきたのだ。司は旧ヤマト領の扱いについて帝国への介入を始めようとするが――
「俺はその方針には反対だ」
勝人が地球への帰還を優先するため、帝国元帥ネウロとの敵対を避けるべきだと言い出し、超人高校生たちの間に不協和音が流れ始める!
激動の異世界革命物語第5弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!5/海空りく

紅霞後宮物語 第六幕/雪村花菜

紅霞後宮物語 第六幕 (富士見L文庫)
紅霞後宮物語 第六幕 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年6月刊。
文林が心をねじ切ってくれた前巻に続く第6巻。
夫婦の愛って色んな形があるものだとしても、この夫婦の愛の形はひときわ歪で、だからこそ目が離せないんだよなぁと実感した回でした。

☆あらすじ☆
小玉を、大切にしたくなっている。――二人が選んだ夫婦の形とは
康への使者に選ばれたのは、小玉ではなく班将軍だった。小玉に名誉を与えたいと思う反面、戦場という死地へ送ることに躊躇いを覚えはじめた文林。一方の小玉も、自分らしくないと感じつつも心を持て余していて――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 紅霞後宮物語 第六幕/雪村花菜

君と四度目の学園祭/天音マサキ

君と四度目の学園祭 (角川スニーカー文庫)
君と四度目の学園祭 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年6月刊。
学園祭が迫るなか何度も死の危険に遭遇していく主人公と、彼を助けようとする幼なじみのヒロイン。
仲良しで両片思いのふたりがすれ違いに苦しみながら想いを伝えようとするタイムループ青春小説でした。
構成が好みじゃなかったり終盤のご都合主義が気になったものの、幼なじみ特有の至近距離恋愛が堪能できたところは良し。
綺麗に終わっているから単巻ものかな。次回作に期待します。

☆あらすじ☆
このままの関係が続けばいい。そう思ってた――。
高2の秋。5日後に迫った学園祭の練習の帰り道、刻谷結羽太はトラック事故に遭いかける。傍らにいた幼馴染の少女・新都久遠がわがままを言って引き留めなければ、大事故になっていたかもしれない。九死に一生を得た結羽太だったが、その後も何かとトラブルに見舞われるように。そんな折り、久遠が学園祭で誰かに「告白」するという噂を聞く。はっきりと彼女への想いを認識した結羽太は久遠に想いを伝える決意をするが……。今日の「告白」を忘れてしまっても、明日君が「思い出」から消えても、必ず伝えにいくから。だから、どうか学園祭で待っていて――。恋と焦燥と疾走が胸を焦がす、青春エンターテイメント!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 君と四度目の学園祭/天音マサキ

男装王女の波瀾なる輿入れ/朝前みちる

男装王女の波瀾なる輿入れ (ビーズログ文庫)
男装王女の波瀾なる輿入れ (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年5月刊。
超ポジティブの脳筋男装王女と、彼女にペースを狂わされっぱなしのツンデレ皇太子のラブコメ第2弾。
今回は舞台を星王国から帝国に移して異文化交流するのだけど、内容的には前哨戦とのこと。
確かに伏線設置の回という印象で、ちょっと盛り上がりに欠けるかな?
いろいろと動き始めるらしい次巻に期待します。

☆あらすじ☆
男装王女、ますます天然発揮で敵国もメロメロ!? 勘違い輿入れ第2弾!
男装王女、ますます天然発揮で敵国の舅姑もみんなメロメロ──!? ……って、そんなことお兄ちゃんたちが許しません!! 勘違い輿入れラブコメ第2弾登場!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 男装王女の波瀾なる輿入れ/朝前みちる

かりゆしブルー・ブルー 空と神様の八月/カミツキレイニー

かりゆしブルー・ブルー 空と神様の八月 (角川スニーカー文庫)
かりゆしブルー・ブルー 空と神様の八月 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年6月刊。
面白かったー!
とある呪いをかけられた高校生が助けを求めて訪れたのは沖縄にある「神々の住む島」。
そこで出会った「花人」の少女と共に行動することになった主人公の目を通して、人と神の繋がりから生まれるトラブルや、異国情緒あふれる沖縄の鮮やかな風景が描かれていく物語です。
カミツキレイニーさんらしいズシッとくる人間ドラマも読み応えあり。
明るくコメディタッチな前半と様々な真実が明らかになるシリアスな後半の落差が激しいのだけど、後半からの流れが好きすぎて思わず物語に引き込まれてしまいました。
担当絵師の白狼さんのキャラありきで始まった企画ものらしいのだけど、単体で十分に楽しめる作品だと思います。
あー!沖縄行きたい!!

☆あらすじ☆
悪童〈ヤナワラバー〉が切り結ぶ、神様とのちょっと不思議な“縁”の話。
「人間の上でもなく、下でもなく。私たちのすぐそばにいるもの。それが沖縄の神々さ」
怪異を祓うため神々の住む島・白結木島を訪れた春秋の前に現れたのは、地元の少女、空。天真爛漫で島想い、どこまでもフリーダムな彼女に呆れる春秋だったが、空は神様との縁を切ることで怪異を祓う“花人”の後継者――春秋が島を訪れた理由そのものだった。未熟ながらも、島の人々とともに怪異解決に挑む少年少女の、沖縄青春ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む かりゆしブルー・ブルー 空と神様の八月/カミツキレイニー