みかこ のすべての投稿

九州在住のラノベ好き。少女小説を含むライトノベル全般を読みます。人生で1作品しか選べなければ迷わず「伯爵と妖精」を選びますが、他に東京レイヴンズ、薔薇のマリアが特に好きです。つい最近、エスケヱプ・スピヰドが完結して寂しくなっていたものの、ネトゲ嫁にはまって心を慰めてたり。Twitterでぐだぐだと喋っていることが多いです。ラノベクラスタのフォローを心よりお待ちしております。

折れた竜骨

『折れた竜骨(上・下)』(米澤穂信/創元推理文庫)★★★★☆

折れた竜骨 上 (創元推理文庫)
折れた竜骨 上 (創元推理文庫)

本屋さんで目に止まって購入。第64回日本推理作家協会賞受賞作で、様々なミステリーランキングで1位や2位を獲っている作品だそうです。
帯のあおりが秀逸。「魔術と剣と謎解きの巨編」。舞台は中世イングランドのソロン島で、魔法とか騎士とかわんさか出てきますが、実態は王道ミステリーでした。

☆あらすじ☆
ロンドンから出帆し、波高き北海を三日も進んだあたりに浮かぶソロン諸島。その領主を父に持つアミーナはある日、放浪の旅を続ける騎士ファルク・フィッツジョンと、その従士の少年ニコラに出会う。ファルクはアミーナの父に、御身は恐るべき魔術の使い手である暗殺騎士に命を狙われている、と告げた……。
自然の要塞であったはずの島で暗殺騎士の魔術に斃れた父、「走狗(ミニオン)」候補の八人の容疑者、いずれ劣らぬ怪しげな傭兵たち、沈められた封印の鐘、鍵のかかった塔上の牢から忽然と消えた不死の青年――そして、甦った「呪われたデーン人」の襲来はいつ?魔術や呪いが跋扈する世界の中で、「推理」の力は果たして真相に辿り着くことができるのか?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 折れた竜骨

(仮)花嫁のやんごとなき事情5 離婚の裏に隠れた秘密!?

『(仮)花嫁のやんごとなき事情〜離婚の裏に隠れた秘密!?』(夕鷺かのう/ビーズログ文庫)★★★★☆

(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~離婚の裏に隠れた秘密!?~ (ビーズログ文庫)
(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~離婚の裏に隠れた秘密!?~ (ビーズログ文庫)

ビーズログ文庫ではこれが一番お気に入り。死神姫は・・・続きでないかもしれないし。主人公フェルがはっちゃけまくって可愛いです。伏線が多くなってきたので、次巻が出る前に最初から再読します。その時に感想も書こう(決意)

☆あらすじ☆
最大の敵は旦那さま!? 仮嫁vs毒旦那、まさかの夫婦ガチバトル!!
本物のシレイネにより(仮)花嫁をクビになったフェルは、故郷に強制送還! のはずが、鬼畜な旦那さまクロウの策略により、召使として黒龍城に引き留められていた。そんなある日、クロウが突然、シレイネは別人じゃないかと疑いだした。焦るフェルをよそに、なんとクロウがシレイネを拷問! 慌てて止めに向かうフェルだったが!? 秘密がついにバレ……る?うっかり婚ラブコメ逆襲の第5弾!

以下、ネタバレ感想

続きを読む (仮)花嫁のやんごとなき事情5 離婚の裏に隠れた秘密!?

シュガーアップル・フェアリーテイル13 銀砂糖師と紺の宰相

『シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と紺の宰相』(三川みり著/角川ビーンズ文庫)★★★★☆

シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と紺の宰相 (角川ビーンズ文庫)
シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と紺の宰相 (角川ビーンズ文庫)

なんだか佳境に突入しているような?糖度がどんどん高くなっているシリーズ第13巻。

☆あらすじ☆
銀砂糖がなくなろうとしている!? 銀砂糖師のアンは、国王陛下から直々に詳しい調査をせよとの命を受け、恋人となったシャルと共に「最初の砂糖林檎の木」へ向かおうとするが、最大のピンチが訪れて――!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む シュガーアップル・フェアリーテイル13 銀砂糖師と紺の宰相

贅沢な身の上10 ほら、眸がときめきを伝えるから!

『贅沢な身の上 ほら、眸がときめきを伝えるから!』(我鳥彩子著/コバルト文庫)★★☆☆☆

贅沢な身の上 ほら、眸がときめきを伝えるから! (贅沢な身の上シリーズ) (コバルト文庫)
贅沢な身の上 ほら、眸がときめきを伝えるから! (贅沢な身の上シリーズ) (コバルト文庫)

妄想暴走娘と恋愛脳残念陛下の掛け合い漫才を楽しむシリーズ第10巻。

☆あらすじ☆
帝国の実権を握る皇太后の許可まで得て、皇帝・天綸が煌星的男子デビューに向けて本格的に始動!? ところが養成合宿で天綸と離ればなれになった花蓮に変化が! 花蓮、ようやくデレる!? の巻、開幕!

以下、ネタバレありの感想。

続きを読む 贅沢な身の上10 ほら、眸がときめきを伝えるから!

デ・コスタ家の優雅な獣5

『デ・コスタ家の優雅な獣5』(喜多みどり著/角川ビーンズ文庫)★★★★★

デ・コスタ家の優雅な獣5 (角川ビーンズ文庫)
デ・コスタ家の優雅な獣5 (角川ビーンズ文庫)

臆病だった少女ロージーがマフィアの世界で成長していく姿を描くシリーズの最終巻。
全5巻と短めだったけど、きれいにまとまっていてとても面白かったです。

☆あらすじ☆
ノアがデ・コスタ家を裏切った――。エミリオも爆弾事故に巻き込まれ組織は崩壊寸前!! ロザベラはノアへの思いを断ち切ろうとダリオのプロポーズを受けるが、そこには敵対組織の陰謀が渦巻いていて!?

以下、ネタバレありの感想。

続きを読む デ・コスタ家の優雅な獣5

0能者ミナト1

『0能者ミナト』(葉山透著/メディアワークス文庫)★★★★★

0能者ミナト (メディアワークス文庫)
0能者ミナト (メディアワークス文庫)

田倉トヲルさんによるコミカライズを読んで面白かったので原作も購入。現代の伝奇譚というキャッチコピーにふさわしく、科学的な部分とオカルト的な部分の混じり合い具合が素晴らしかったです!

☆あらすじ☆
科学が隆盛を極める現代。だが、その片隅にひっそりと息づく異形のものたちがいた。存在を知る一部の者たちは、それを「怪異」と呼んだ。
当然、怪異を相手にする生業もある。修験者、法力僧、呼ばれ方は様々だが、その中でひと際変わった青年がいた。九条湊──どこか斜に構えたクセのある青年だが、彼が同業者から疎まれているのはそこではない。霊力、法力、神通力、彼はそんな力を一切持っていない。それにもかかわらず怪異を倒すという。その手腕は驚くべきものだった──。
葉山透が贈る、現代の伝奇譚が登場。

以下、ネタバレありで感想。


続きを読む 0能者ミナト1

エスケヱプ・スピヰド1

『エスケヱプ・スピヰド』(九岡望著/電撃文庫)★★★☆☆

エスケヱプ・スピヰド<エスケヱプ・スピヰド> (電撃文庫)
エスケヱプ・スピヰド<エスケヱプ・スピヰド> (電撃文庫)

第18回電撃小説大賞“大賞”受賞作。昭和的雰囲気のボーイ・ミーツ・ガールものでした。

☆あらすじ☆
昭和101年、夏。暴走した戦闘兵器に襲われた叶葉は、棺で眠る奇妙な少年に助けを求める。それが、二人が主従の契約を結んだ瞬間だった。少年は自らを軍最強の兵器《鬼虫》だと名乗り!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む エスケヱプ・スピヰド1

クジラの彼

『クジラの彼』(有川浩著/角川文庫)★★★☆☆

クジラの彼 (角川文庫)
クジラの彼 (角川文庫)

続けて一気に読んだ「海の底」と「空の中」に出てくるカップルたちのその後を読めると聞いて購入。自衛隊員の恋がテーマの短編集です。ベタ甘です。ニヤニヤが止まらないので、人目は避けておうちで一人で読むべき。
上記2作を読んでからのほうが倍楽しめるので、これ単品としては★は3つ、2作と合わせて★4つです。

☆あらすじ☆
ふたりの恋は、七つの海も超えていく。
男前な彼女たちの制服ラブコメシリーズ第一弾!!『空の中』『海の底』番外編も収録した6つの恋!
『元気ですか? 浮上したら漁火がきれいだったので送ります』彼からの2ヶ月ぶりのメールはそれだけだった。聡子が出会った冬原は潜水艦(クジラ)乗り。いつ出かけてしまうか、いつ帰ってくるのかわからない。そんなクジラの彼とのレンアイには、いつも7つの海が横たわる……。表題作はじめ、『空の中』『海の底』の番外編も収録した、男前でかわいい彼女たちの6つの恋。有川浩がおくる制服ラブコメシリーズ第1弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む クジラの彼

プシュケの涙

『プシュケの涙』(柴村仁著/メディアワークス文庫)★★★★☆

プシュケの涙 (メディアワークス文庫)
プシュケの涙 (メディアワークス文庫)

メディアワークス文庫で何か面白いのないかなぁーと思いつつ、ネットで名前をみたことがあったこちらを購入。
実家に同文庫のビブリアが全巻あるのですが、そちらはなぜか積みっぱなしという。ドラマで観ちゃったからなんだか満足しちゃったんだよね。
文体があまりにも軽く、いかにもライトノベルという感じだったのですが、ストーリーと構成が秀逸でした。
思わず母に薦めてみたけど、受け入れられるかどうかは微妙なところ(ビブリアは面白かったらしいけど・・・)

☆あらすじ☆
「こうして言葉にしてみると……すごく陳腐だ。笑っていいよ」
「笑わないよ。笑っていいことじゃないだろう」
あなたがそう言ってくれたから、私はここにいる――あなたのそばは、呼吸がしやすい。ここにいれば、私は安らかだった。だから私は、あなたのために絵を描こう。
夏休み、一人の少女が校舎の四階から飛び降り自殺した。そのわけを探る二人の少年。一人は、全てがうまくいかず鬱々としてる受験生。もう一人は、何を考えているかよく分からない“変人”。そんな二人が導き出した真実は……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む プシュケの涙

空の中

『空の中』(有川浩著/角川文庫)★★★★★

空の中 (角川文庫)
空の中 (角川文庫)

自衛隊三部作の2作目。「塩の街」「海の底」に引き続き、読んでみました。今回は航空自衛隊が絡むお話。
「塩の街」はライトノベルSF、「海の底」は特撮もの(私的見解です)。では、今度の話はどんなのかなぁとワクワクしながら読んでみたら、なんと『E.T.』でした(?)。

☆あらすじ☆
200X年、謎の航空機事故が相次ぎ、メーカーの担当者と生き残った自衛隊パイロットは調査のために高空へ飛んだ。高度2万、事故に共通するその空域で彼らが見つけた秘密とは?一方地上では、子供たちが海辺で不思議な生物を拾う。大人と子供が見つけた2つの秘密が出会うとき、日本に、人類に降りかかる前代未聞の奇妙な危機とは――すべての本読みが胸躍らせる、未曾有のスペクタクルエンタイテインメント!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 空の中