灰と幻想のグリムガル11 あの時それぞれの道で夢を見た/十文字青


灰と幻想のグリムガル level.11 あの時それぞれの道で夢を見た (オーバーラップ文庫)
灰と幻想のグリムガル level.11 あの時それぞれの道で夢を見た (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年7月刊。
前巻のショックでなかなか読めなかったのだけど、ようやく読みました・・・!
でも、これは、良かった・・・のかな・・・?(不安)

☆あらすじ☆
この残酷な世界で、おれは彼女を失った――はずだった。
新たな運命が廻り始める第11巻!
──やらなきゃいけないことを、やる。やるんだ。今は。
歯を食いしばり、両足を踏ん張り、グォレラたちの襲撃に再び向き合うハルヒロ。彼は、使命で自分を奮い立たせ、”彼女”の死という現実から目を背けようとしていた。そして、抱えきれない後悔と絶望を前にした時、謎の男・ジェシーが囁く。「方法ならある。一つだけ」と。
一方、フォルガンを脱退したランタは、世話役であったタカサギの追跡から必死に逃げていた。千の峡谷(サウザンドバレー)で、いつ終わるともしれぬ逃避行。体力と精神が限界に達しようとした時、ランタの脳裏を去来したものとは……?

以下、ネタバレありの感想です。

 

冒頭から現実を受け入れられずにボロボロに崩れるハルヒロの心に涙が・・・!
現実から目を背けてバーサーカーしかけるところを止めるメリイの声がまた切ない。
「どんなときでもハルヒロの心の中にメリイはいるんだよ」ってことなのかと思って不安も煽ってくれましたが・・・・・・

 

さて、前回ラストのメリイ死す!?な展開に散々やきもきさせられた第11巻。
一応は希望を持たせるような予告だったけれど「言うて十文字青作品だし・・・」という怖さがあって、もう本当にどうなることかと思いました。

 

しかも本編が始まっても焦らす焦らす。
結局メリイは生き返るの!?違うの!?と最後までハラハラし通しでした。

メリイのことを考え続けるハルヒロの想いにも泣けますし。
心の中で何度もメリイを呼びかけて「きみの手を強く握りたかった」「きみをもっと笑わせたかった」「力いっぱい抱きしめたかった」「きみの手を引いて、ずっと歩いてゆきたかった」というハルヒロの述懐が切なすぎて・・・!
こんなに切ない言葉の数々を目にしたら、前巻のサブタイ「ラブソングは届かない」を思い出しちゃうじゃないですか!
お願いだからハルヒロの気持ちがメリイに届きますように、ハルヒロの想いが本当の後悔に変わりませんように、と祈るしかない辛さ。
最後を読むまで深刻にきつかったぁ・・・・・・

 

そこを焦らす一方で描かれるのは、ランタの孤独な戦い。
毎回思うことだけど、ランタの内心が描かれると「ほんと面倒くさいしウザい男だなぁ」と思いつつ、嫌いになれません。むしろ好きw
ランタなりに迷走しつつも色々考えてるのが伝わるからかな。あと今回はモグゾーへの思いも語られてちょっと泣けてきましたし。
タカサギに「一生の目的」を聞かれて咄嗟にハルヒロたちのことを思い出してるシーンとかも、素直じゃないくせにハルヒロたちとの絆だけは強く感じさせて、なんかもう切ない。
ランタはいつ合流するのかなぁ。もう合流しないのでしょうか。戻ってきてほしいな・・・・・・

 

さて、そんなこんなで色々ありつつも、なんとか復活したメリイ。
ランタの話でも出てきたけれど、途中のアレはグリムガルに来る前のメリイですよね?
この世界は異世界なのか、それともゲーム世界なのか、あるいはそれ以外の何かなのかは分からないままだけど、世界観がとても気になってきます。そして思い出す薔薇マリ・・・・・・

メリイが見ていたアレは夢なのか他の何かなのかは分からないけれど、ハルヒロの声にメリイが気づく流れはとても素敵。
届いた・・・!という感動とロマンスに震えるしかありません。

 

でもまぁ、戻ってきたメリイが本当に大丈夫なのかは不安もあったり。
ジェシーやジェシーの中にいた色んな人たちの記憶?がメリイに引き継がれた感じなのかな。
人格はメリイのままみたいだけど、うーん、大丈夫と信じていいのかな? 怖いです。

セトラも蘇りのリスクと疑問を語っていたし。
セトラといえば、今回は彼女の株も上がった回だったのではないでしょうか。
ハルヒロへの愛ある厳しさはメリイとはまた違う方向で、なかなか良いポジションに立った気がします。

 

まぁでもメリイが戻ってきてくれたから、ひとまずはそれだけを喜んでいたい!
今回でハルヒロにはメリイだけだし、メリイにはハルヒロだけだと思えたので、二人の関係の変化にも期待しています。
次巻も楽しみ!

 

スポンサーリンク
 
0

「灰と幻想のグリムガル11 あの時それぞれの道で夢を見た/十文字青」への4件のフィードバック

    1. 茶一こりんさん、コメントありがとうございます。

      だ、大丈夫ですよ・・・?
      一応は救われたんですから、たぶん、うん、大丈夫のはず・・・!(不安)

  1. もし、このあと「ハルが死ぬ、メリィは似たようなことをしてハルを復活する」のような展開であれば...

    想像したくないです、むしろ不可能です、前向きにしなきゃダメです、うん...

    1. 青い風さん、コメントありがとうございます。

      うわ〜〜〜、あ、ありそうな展開・・・!!
      怖い。怖いです。。。
      あんまり、考えないようにしないと、きついですね・・・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。