【漫画読了メモ】2017年7月分


2017年7月に読んだ漫画の感想メモです。

新規開拓では「モンテ・クリスト伯爵」
既刊シリーズで面白かったのは「応天の門7」「憂国のモリアーティ3」「デビルズライン9」「ヲタクに恋は難しい4」「もののがたり6」

7月はあんまり漫画を読めてないー!
8月はもうちょっと意欲をもって新規開拓していきたい所存。

「この愛は、異端。」の森山さんの前作。
タイトル通り、アレクサンドル・デュマ・ペールの「モンテ・クリスト伯」をコミカライズしたもの。
駆け足気味に話が進むけれど、緩急の付け方がうまくて引き込まれる。
そういや原作読んだことないなーと思いつつ、このマンガですごく満足してしまったw

 

サザンアイズの続編の続編。
これが最終シリーズになるとのこと。
八雲の問題が解決したと思ったら、次はパールバティーかよ〜〜
もう普通に幸せになってくれよ〜〜
・・・・・・でも子どもの問題はやっぱりパールバティーがいたらダメなのか・・・・・・え、つらい・・・・・・
しかしサンハーラの問題は引っ張るなぁ。本編最終回はなんだったんだよ!読みますけどね!!

 

ホリミヤファンブック。
かなり前に発売していて、当時は品薄でゲットできずそのまま忘れてたのを今さらゲット。
カラーページ多くて眼福〜!
そしてHIRO先生のネームは四コマ形式なのね。このまま色つけてサイトに載ってそう。
描き下ろしはスーツ来た宮村がちょっとホストっぽいなと思いました(小並感)

 

超絶クズ執事のプライベートの顔にお嬢様に惚れられてしまった・・・!という一人二役三角関係(?)主従ラブコメ第3弾。
相変わらず自分に嫉妬する和巳さんがどんどん情緒不安定になっていて笑う・・・w
自律神経がおかしくなってらっしゃるww
そして椿ちゃんは本当にバカ・・・・・・分かっていたけどびっくりするほどバカ・・・・・・
なんで執事コスさせた歳三の正体に気づかないの? そのお目々はガラス玉なの??

 

マジかよ。アイドル対決に現代チート持ち込むとかエグすぎかよ。
シエルは潰すときは徹底的に潰す容赦なさが格好いい・・・が、リジーの問題はまだ続くのかぁ。
ていうか最後ー!最後やめてー!!!
めっちゃ死亡フラグ立てやがってと思ったら!!!!(怒)

 

菅原道真&在原業平の平安クライム・サスペンス第7弾。
入内をめぐる藤原家の内部抗争勃発。
といっても、おおっぴらに争うのではなく、闇から闇に・・・という暗い闘争と駆け引きにゾクッとする。
相変わらずおもしろいんだけど、もう、最後の高子さまが・・・・・・彼女の幸せを願いたいけれど、これは歴史ものだから・・・・・・

 

若きモリアーティ教授の暗躍を描くホームズパスティーシュ第3弾。
シャーロックが名実ともに名探偵となったけれど、彼はいつ操り糸の存在に気づくのかな。このまま気づかないのか、それとも・・・?
エグい人狩り貴族狩りのエピソードは、すごくサイコパス×兵部京介って感じだった。
厨二病だ・・・・・・そこが好き・・・・・・

 

7〜10巻。
アニメ化おめでとうございまーす!
吸血鬼(鬼)とヒトの共存と対立を描いていく現代吸血鬼アクション。
安斎さんのために安斎さんとの約束を破り、そしてまた安斎さんのために前へと進んだつかさちゃん、本当に良いヒロインだ・・・!
他にも色んなところでカップルができているけど、牧村さんは意外だった。そしてあなたちょっとヤンデレですね???
ようやく話がオンロに入りそう??と思ったら、あ、そっちの話にいくのか・・・!
鬼と人の恋は前途多難だけど、前向きに頑張ろうとする二人にエールを送りたくなる。

 

バラバラになった悪魔の身体を集める女ファウスト博士の物語第4弾。
え、次で最終巻なの!?終わる!?!?
まぁ確かにあと一つだけども。これはなんかいわゆるハッピーエンドにはならないんだろうなぁ。
でもこの旅を終わらせることができたとき、ヨハンナはすごく良い笑顔で笑いそうだなって思う。

 

絆と恋の付喪神物語第6弾。
わーん!不穏なフラグ立てすぎィ!!と思っていたら予想外の方向からフラグが回収されてしまって衝撃を受けた。
まぁ、まぁ、定番っちゃ定番なんだけど、でも、外れてほしかったんだよー!気に入ってたから!!

 

14歳の様々な恋を描くシリーズ第7弾。
中二の冬といえば進路を考えなきゃいけない時期ですよねぇ。
みんなして「お前らそんなノリで進路を決めていいのかー!」とツッコミたくなる感じだったけれど、中学の頃なんてそんなものだったなぁと思い直した。
長井くんと先生が一番真剣に進路について考えていたのが、なんとなく面白かったりw

 

取締りの厳しい明治の世で、妖怪本を収集保護する貸本屋の物語最終巻。
綺麗に終わったなぁ。妖怪や陰陽師がたくさん出てくるシリーズでドンパチもあるのに、どこか落ち着いていてホンワカとした空気に和む作品だった。

 

人間と吸血鬼がバディを組む、スチームパンクファンタジー第3弾。
塔の上での仲直りが最高に青春しててよかった。パンドラハーツのときもだけど、この不意打ちの爽やかさにやられるんだよね。
ところでジャンヌとヴァニタスの間にノエが首を突っ込む三角関係になるのかとハラハラしてるんだけど、ノエはドミでいいんだよね?ノエドミ以外のCPは嫌ですよ???
ガジガジ可愛すぎて死にそうだった。

 

アニメ化おめでとーございまーす!
樺倉と小柳の馴れ初めは気になっていたから読めて嬉しかった。高校時代の二人、可愛いな・・・!
卒業式の振り返りエピソードが最高に胸キュンだったけど、個人的には負けた樺倉の代わりに小柳がボロ泣きしてるシーンに萌えまくった。
でも就職先まで一緒って普通にすごいな。あ、それはナルたちもか。

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。