指輪の選んだ婚約者2 恋する騎士と戸惑いの豊穣祭/茉雪ゆえ


指輪の選んだ婚約者2 恋する騎士と戸惑いの豊穣祭 (アイリスNEO)
指輪の選んだ婚約者2 恋する騎士と戸惑いの豊穣祭 (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年5月刊。
刺繍狂いの変人令嬢とコミュ障騎士のラブコメファンタジー第2弾。
前巻で綺麗に終わっていたので続いたことが少し意外だったり。
そして内容の甘いこと甘いこと・・・・・・。
不器用無口だった気がするフェリクスさんが「無口とは?」状態になっているのが楽しかったですw

☆あらすじ☆
“氷の貴公子”と名高い、美貌の近衛騎士・フェリクスが投げた指輪で縁を結ばれた、刺繍好きの伯爵令嬢アウローラ。初めての恋に戸惑いながら、豊穣祭の衣装準備に追わていたある日、彼女を狙う不審な団体がいるとの情報が! 彼女は婚約者であるフェリクスに護衛してもらうため、同じ屋敷に住むことになって…!?

以下、ネタバレありの感想です。

 

今回の舞台はアウローラの実家があるポルタ領。
豊穣祭の準備でやたら忙しい時期に現れた「古代魔術に関する不審者」と、その調査のために訪れた王太子&フェリクス一行を迎えつつ、アウローラはひたすら刺繍をしたり恋煩いしたりとてんやわんやすることになり――というストーリー。

 

フェリクスさん、こんな人になってしまったんですね・・・と思わずにいられない溺愛っぷりでした。
無口コミュ障イケメンだったはずが、無口ってなんだっけ?と聞きたくなるくらい喋る喋るひたすら喋る。
アウローラへの愛の言葉が尽きることなさすぎてキャラ崩壊レベルじゃないですか!(褒めてる)

 

あまりにも溺愛が激しすぎて、アウローラが「なんで私こんなに好かれてるの・・・?」と疑問に感じてしまう姿に笑ってしまいましたw
愛が重すぎて不安になるってww
しかもその不安を解消するのが更なる愛のささやきっていうのがね。
小細工なしの愛情一本勝負で全ての憂いを押し流すパワフルさが最高だと思いました・・・!

 

そんな感じで糖度大増量の溺愛イチャラブが楽しめた第2巻。
不穏な気配を漂わせていた「不審者」については、うーん、まぁコメディと考えればこんなオチが妥当かな?という感じ。
もう少し盛り上がっても良かったけれど、ブチ切れ突進したフェリクスが面白かったので満足ですw

 

どちらかというと、不審者騒動よりもアウローラ親衛隊的な騎士たちとフェリクスの対決の方が個人的には面白かったかな。
少女小説比でいうとかなりバトル描写を頑張っていた印象。剣と魔法のファンタジーな雰囲気が大好物でした。
しかしドM開眼したユールはそのまんまなんですね・・・・・・彼に幸あれ。

 

アウローラの刺繍狂いっぷりも安定。
相変わらず刺繍に目がないけれど、恋患いで集中できなかったり悩みすぎて知恵熱だしちゃうのが可愛いなって思ってしまいましたw
刺繍はやっぱりイラストで見てみたかったなぁ。

 

さて、後日談的な内容で面白かったけれど、シリーズは続くのかな?
フェリクスとアウローラの関係がカンストした感じがあるので、もし続くなら今回以上の波乱がほしいところ。
とりあえず続刊か次回作を楽しみに待っています。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。