魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?2/手島史詞


魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? 2 (HJ文庫)
魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? 2 (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年6月刊。
一目惚れした奴隷エルフとの幸せな生活を送る新米魔王のファンタジー第2弾。
家族が増えました!という新ヒロイン投入展開をしつつ、ザガンとネフィのイチャラブは安定。
1巻に引き続き、良い糖分補給ラブコメでした。甘えることを覚えたネフィが可愛すぎて死ぬ。
魔王ファンタジーとしても少しずつ話が動いている感じで、今後の展開が楽しみです!

☆あらすじ☆
相変わらず、居城に引きこもりながらも不器用な共同生活を続けているザガンとネフィ。そんな彼らのもとに、新人魔王の力を奪うべく、全身を鎧で覆った魔術師が襲撃してくる。いつものように撃退したザガンだったが、鎧の中から出てきたのは竜の少女・フォルだった。一方教会では、新たな魔王の出現に対し、竜を殺したこともあるという逸話を持つ聖騎士が赴任してきており――。果たして不器用な魔王と奴隷のエルフは、にぎやかになった周辺にめげずに距離を縮めることができるのか!?

以下、ネタバレありの感想です。

 

今回は、ザガンのところに襲撃をかけてきた竜の少女・ウォルウォレ(フォル)が登場し、なんのかんのあってザガンの養女に
一方で聖騎士・シャスティルは魔王討伐の任を拒絶したことから教会内で窮地に立たされ――というストーリー。

 

新キャラ・フォルはヒロインポジではなく娘ポジで、正妻がネフィ一択なのには安心しましたw
ザガンの不器用一途なキャラが好物すぎるので、ここは頼むから揺らがないでほしい・・・!

 

そんなフォルの登場によって、二人きりの世界に閉じ気味だったザガンとネフィの関係にも良い刺激が。
甘えたりおねだりすることを覚えたネフィが可愛すぎる〜〜!
初っ端の「だーれだ・・・・・・届かない・・・・・・」とか、お約束なんだけどお約束なんだけど、萌えるしかないというか・・・!
ネフィの無言の要求にタジタジになりながらも、ちゃんと彼女の望みを正確に察するザガンの成長にもニヤニヤ。
ほんとにどこまでも甘すぎるカップルですね・・・! 素晴らしい・・・!

 

さて、そんなザガンたちの前に今回立ちはだかるのは魔術師討伐数史上最多を誇る聖騎士ラーファエル
異端となったシャスティルの暗殺未遂や、教会の内部抗争、フォルの敵討ちの話などを交えつつ、ラストでザガンとラーファエルが激突する展開はなかなか面白かったです。

ただまぁザガンが強すぎるので、バトルにそこまで緊張感がなかったのは惜しいかなぁという感じ(個人的には本作に求めてるのはラブコメなのでバトルはあまり重視してないけれど)

でもネフィに背中を押されたシャスティルが奮起して駆けつける展開は、少女たちの友情が気持ちよくてすごく素敵でした。
実はザガンに想いを寄せているシャスティルがどう出るかなぁと心配していたのだけど、片思いのまま共闘相手に落ち着きそうなのもGOODw

 

しかし色々揉めた割には意外と面白い形に落ち着いたものですね。
特にラーファエルの身の振り方が秀逸でした。なるほどそのポジションは考えてなかった。
フォルを交えた擬似親子の安らぎ感も良かったけれど、新米パパママとなったザガンとネフィが思いっきりイチャつけなくなったのは心配してたんですよね←
意外なところから丁度よい子守をゲット!

 

さて、売上好調のようなのでシリーズはきっとまだ続くはず。
シャスティルが背負う「共生派」の動きも気になるし、ザガンの求める「魔族を殺せる手段」や魔王の刻印の秘密についてもまだ不明ですし。

そして何よりザガンとネフィのイチャイチャをもっと見たい!!

というわけで3巻も楽しみに待ってます。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。