新宿コネクティブ1/内堀優一


新宿コネクティブ1 (HJ文庫)
新宿コネクティブ1 (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年5月刊。
新宿の街を舞台に、掃除屋稼業を手伝う平凡な高校生が様々なトラブルを関わっていく物語。
連作短編形式で軽く楽しめる読み心地の作品でした。
「平凡(自称)」という紹介文を見て「はいはいまた自称普通の高校生ね」と思っていたのだけど、本当に彼自身はいたって平凡な高校生。
しかしある一点において確かに非凡。あ、JKの有能ストーカーを飼ってる(語弊)ところも非凡か!

☆あらすじ☆
新宿に複数存在する、おかしな都市伝説。その中のひとつである【依頼遂行率100%の何でも屋】に下宿している男子高校 生・佐蛹慶介<ささなぎけいすけ>は、今日も家主である蔵祭平三郎<くらまつりへいざぶろう>とともに、新宿で起こる数々の事件解決に奔走していた。とびきり優秀かつ超個性的な新宿の面々に囲まれながら、平凡を自称する慶介。だが、新宿に住む者は皆、口を揃えて言う。――――本当に凄いのは、慶介なのだと。人脈<コネ>の力で人も事件も世界も回す、新宿系エンタメミステリー!

以下、ネタバレありの感想です。

 

新宿に存在する都市伝説のひとつである『掃除屋』の従業員である高校生・佐蛹慶介
彼の周囲は個性的なメンバー揃い。
『掃除屋』への依頼や日常のトラブルなどの様々な問題に関わっていく慶介は、個性豊かな友人たちの力を借りながら問題の解決を目指していくのです。

 

連作短編形式の4本立ての作品で、どれもサクサクと軽く楽しめるお話ばかりでした。

中でも気に入ったのは第二話『心象の冤罪』
同級生の冤罪を晴らすために一発もらうことを躊躇わない慶介くんが男前すぎてw
こういうことを素で誰にでもしちゃうから彼は友達がたくさんできたんだろうなぁとしみじみ思った瞬間でした。

 

この他のエプソードからも見えてくるのは主人公である慶介の愛されっぷり。
新宿にこれだけのコネを持つ高校生とか末恐ろしいってレベルじゃないw
事件を解決する探偵役は他にいて慶介自身は特に何かができるってわけじゃないのだけど、ただひたすらに人脈を駆使して事件解決を目指していく姿は探偵たちよりも頼もしくみえるほどでした。
やはり持つべきものは友達なんですね。
自分ができないならできる他人を集めればいいっていう発想、素晴らしいと思います。

 

そんな慶介を善意と好意で助ける周囲のキャラクターも魅力的。
なかでもヤンデレJKストーカーの清子ちゃんが私のイチオシですw
陽気に可愛くドン引きなストーカー行為を繰り返す清子ちゃんと、そんなヤンデレの愛を優しく柔らかく利用しまくる慶介ちゃんの組み合わせがすごく好き。
いつか清子ちゃんの愛が届くといいなー。この二人のラブコメがもっと読みたいです!

 

慶介の一応のボス?である蔵祭平三郎もクセの強さがとても素敵。
てっきり騒がしい系の俺様だと思っていたらまさかの躁鬱病患者でした。これを介護できる慶介くん、すごい。
でも「ラムネ」は本当に普通のお薬なんです・・・?
あまりにも平三郎が嫌がるから実はやばい薬なんじゃないかと最後まで疑っていたり。

 

他にも多くの構成的なキャラクターが大量投入され、賑やかに新宿の街を駆け回るラストにはワクワクしました。
この騒がしさ、とても心地よい。

2巻刊行予定らしいので、続きも楽しみにしています。
慶介くんと友人たちの馴れ初め話とか少しずつ明かされていくといいな。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。