公爵令嬢の嗜み4/澪亜


公爵令嬢の嗜み4 (カドカワBOOKS)
公爵令嬢の嗜み4 (カドカワBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
悪役令嬢転生&バッドエンド済みのワーカホリック嬢の領地改革物語第4弾。
おお、なんか怒涛のごとく話が進んで1つの問題が解決してしまいました。
色々と火種が残ってる上に、引きが引きなので物語はまだまだ続きそうな雰囲気。
悲恋っぽい雰囲気が醸し出されてきたのも気になるところです。

☆あらすじ☆
恋を忘れた働くお嬢さまに、隣国から政略結婚の申し込み……!?
護衛・ディダも戻り、領地経営を謳歌するアイリス。彼女はある理由から、ディーンへの恋を忘れようとしていた。そんな中、アカシア国王子の使者がアルメリア領を訪れる。その用件は、アイリスへの求婚で……!?

以下、ネタバレありの感想です。

 

まだまだ続くアイリス嬢の領地改革。
保険の導入まで・・・・・・。
ところで領主代行になってからどれくらいの月日が経ったのでしょうか。
改革が急速に進みすぎて、毎度作中時間が気になるんですよね。

 

それはさておき、前半の大きなイベントは、隣国アカシア国の第一王子カァディルがアイリスに求婚したこと
たしかに国内では結婚望めないかも? みたいな話はあったけれど国外ならOKなんですね。
まぁそうかもしれないけれど、うわー、マジかー。
ディーンへの想いを封じて、貴族としての義務も自覚して、でも縁談を受けることにどうしても躊躇してしまう、というアイリスの心情がとても切なかったです。

 

このアカシア国の縁談についてはいったん棚上げされ、後半からは第一王子と第二王子の王位継承争いが一気にデッドヒート。
第一王子不在のまま第二王子派の王国乗っ取りが始まり、一方で偽金貨騒動やら何やらと国情不安も高まって。
アイリスは流石にそつなく窮地を乗り切っていたけれど、同時にそれが彼女の首を締めるはめにもなって。

 

さぁどうなる!?と思ったところでついに『彼』の正体発覚!!という展開はなかなかのカタルシスがありました。
ユーリたち、あれだけ面倒な敵だったのに最後のツメの甘さはんぱないなーとは思ったんですけどね。
うん、でも、ベルンが頑張ったのか。弟くんの成長が頼もしい。

 

なんか、あれよあれよと王位継承問題がクリアされちゃったなぁと思ったのは、基本的にアイリスが傍観者だったからでしょうか。
領地は必死に守っていたから、活躍がなかったとは言わないけれど。

 

さて、ディーンの正体が明らかになったところで気になるのはアイリスの恋の行方。

このままアカシア国に嫁いじゃうの?
それともディーンと結ばれるの??

と、ドキドキしていたら予想以上に切ない方向に話が進んでいってしまいました・・・・・・。
まぁ、言われてみればそうなんですけどね。アイリスを王妃にすることのデメリットをこれでもかと並べ立てられるとディーンエンド無理なんじゃないかって思えて悲しい。
本人たちも、自分たちの間に芽生えた想いを淡い思い出として過去にしようとしているのがさらに辛い。

 

そしてラストでまたも急展開。
内憂を取り除いたら即座に外患とか忙しないですねぇ。立て直したばかりの国でなんとかなるのか。
ディーンとの未来があるのかないのかをものすごく気にしつつ、次巻を待ちたいと思います。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。