侍女ですが恋されなければ窮地です2/倉下青

侍女ですが恋されなければ窮地です2 (一迅社文庫アイリス)
侍女ですが恋されなければ窮地です2 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
忠義者な侍女の一人二役ラブコメ第2弾。
今回は色々詰んでる王国の王太子からの求婚を断るために、マリアダが再び公姫のフリをするというストーリー。
板についた悪役っぷりを披露してくれるジルヴィーノは前巻よりもキャラが立っていたと思います。もうちょっと掘り下げてくれたらもっと良かった。
ちなみに出てくると主役二人を食ってしまう勢いでキャラが濃い公妃さまは今回出番控えめでした。妥当かもしれないけど寂しい。

☆あらすじ☆
大切な姫様の幸せを邪魔する者は許さない! 公姫の身代わりを務め、傭兵隊長ジルヴィーノとの政略結婚阻止に成功した侍女マリアダ。ところがマリアダ自身が気に入られ、彼の婚約者として傭兵の住む館に迎えられることに。傭兵隊長の妻なんて無理!――と求婚に抵抗していたある日、姫に新たな婚姻話が。姫のためにマリアダは再び身代わり&今度はジルヴィーノと恋人の演技まですることになって!? 侍女と傭兵隊長の身代わりラブ第2弾★

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 侍女ですが恋されなければ窮地です2/倉下青