ぼんくら陰陽師の鬼嫁2/秋田みやび


ぼんくら陰陽師の鬼嫁 二 (富士見L文庫)
ぼんくら陰陽師の鬼嫁 二 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年4月刊。
面白かったー!
退魔ができないぼんくら陰陽師と、彼を叱咤激励する鬼嫁の契約夫婦が、二人三脚で頑張ってお化け退治する現代陰陽ファンタジー第2弾。
相変わらずのポンコツっぷりを見せる皇臥だけど、前巻よりもちょっと成長が見えてきました。彼を奮起させようとする芹の叱咤は愛と理解が深まっていてニヨニヨ。
廃村の呪いと対決するストーリーは伝奇ホラー的で結構怖かったけれど、最後のオチが最高すぎて死ぬほど笑いました。
ああもう、このシリーズほんっと好き!3巻も待ってます!!

☆あらすじ☆
仮嫁の新婚旅行先は、廃村!? 式神(モフ)も増量の退魔仮嫁語、第二弾!
利害の一致で陰陽師の皇臥と契約結婚をした芹。持ち前の機転と旦那使役スキルで、不思議な事件を乗り越えたのも束の間、姑から結婚のお披露目を迫られる! そんな中、幽霊に憑かれたという相談事が舞い込んで……?

以下、ネタバレありの感想です。

 

「廃村を探検してから悩まされる、髪の長い女の呪いを解いてほしい」という依頼を受けることになった北御門夫妻。

退魔系が死ぬほど苦手な皇臥が、芹の大学の知人だから(あと、お得意筋だから)という理由で嫌々でも引き受けたところに前巻からの成長を感じてほっこり。
皇臥はかなり芹のことを大事にしてますよね。芹もまたしかり。
契約夫婦だけど契約以上の絆を感じられるのがこの夫婦の好きなところです。

 

そんな感じで、サークルの大学生たちと一緒に問題の廃村を訪れ、呪いの謎を解き明そうとするのが2巻のメインストーリー。
1巻同様、怖いところは結構ガチめに怖くてゾクゾクしました。
とはいえ、呪いの原因となった因習や、呪いのルールを示すわらべ唄、それを逆手に取る機転のきいた反撃など、伝奇ファンタジー的な雰囲気を堪能できて面白かったです。こういうの本当に好きw

 

苦手分野を必死に頑張る皇臥と、二人きりになるとすぐにヘタレを発揮する彼をディスりつつ励ます芹の関係もすごく良かった。
皇臥を悪く言われて芹が苛立つところとか、式神をめぐる夫婦喧嘩とか、ラストのうらみ髪との直接対決での共闘とか、夫婦の絆がしっかりと深まっているところがたくさん見られて大満足です。
芹は厳しいけど愛がある良い嫁だよなぁ。これは皇臥がノロケたくなるのも分かる。

 

それにしても今回の皇臥はめっちゃ頑張ってた。そらもう頑張ってた。
だからラストで飛び出した奥の手は許してあげてw めちゃくちゃ笑ったけれどww
裏サイトって裏サイトだったんですね。
その発想はなかったわー。リスペクトはちょっとできないかなー。
ぼんくら陰陽師の面目躍如(?)だと思いました。
皇臥の格好良いタイムの短さよ。でもこのポンコツなやり方しかできないところが大好きですw

 

さて、今回は夫婦二人三脚のお化け退治であると同時に、式神・祈里を掘り下げられるストーリーでもありました。
可愛い護衛役としてマスコット的にみていたのだけど、途中で嫌なフラグが立ったから心配していたんですよね。結果、斜め上の属性がついてしまったのは予想外だったけれど。
大丈夫。私、ヤンデレキャラ大好きです。祈里ちゃん可愛い。病んでても可愛い。
皇臥のラキスケを阻止してた有能ヤンデレボディーガード・祈里ちゃんの今後の活躍も期待しています!

 

それと、新登場の式神・も良キャラでした。
口も態度も悪いけど憎めないなぁ。「ふしだら」呼びは笑ったけれど。
「主、ふしだら!」って皇臥を唐突にディスったのかと思ったじゃないですか。
このシリーズに出てくる式神たち、好き勝手に動きすぎですよね。生き生きしていて実に良い。

 

出番控えめだったけれど、存在感とお役立ち感は増していたお義母さんも相変わらずお人好しで素敵でした。
せっせと一生懸命に嫌がらせしてるのが可愛くて楽しい。
作り置きした出汁の麦茶は結局自分で飲んだのでしょうか? お腹壊してないかな?

 

あぁもう本っ当に楽しかった!
3巻出てほしいなぁ。長く続くシリーズになってほしいです。
もし3巻が出たら、今回ちょろっと話が出ていた結婚式(お披露目?)をやるのでしょうか。読みたい。
あと女子大生の飲み会に放り込まれた皇臥が面白そうなので、その伏線?もぜひ回収していただきたいですw

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。