令嬢鑑定士と画廊の悪魔2 永遠の恋を描く者たち/糸森環

令嬢鑑定士と画廊の悪魔 永遠の恋を描く者たち (角川ビーンズ文庫)
令嬢鑑定士と画廊の悪魔 永遠の恋を描く者たち (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年4月刊。
病弱無表情令嬢と世話焼き悪魔のコンビが、「歪画」に潜む悪魔と戦うラブファンタジー第2弾。
前巻よりもストーリーが面白かったし、リズとジョンの掛け合いも更に光っていたと思います。終盤のリズの悪魔を恐れぬ所業は本当に笑ったw
恋の自覚があるのかないのか微妙だけど甘い距離感も堪能できたのだけど、ラストで一気に関係が進んじゃってびっくり。これはもしや完結?

☆あらすじ☆
あなたを誰にも渡さない――悪魔のために、リズが選ぶ道は!?
養父ペテロン殺しの容疑で、悪魔のジョンが教会に拘束された。無実を証明しないと、一緒にいられない――リズはジョンを取り戻すため、真犯人の悪魔が棲む歪画を追うが、待っていたのは“神が宿る”という絵で!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 令嬢鑑定士と画廊の悪魔2 永遠の恋を描く者たち/糸森環