長崎・オランダ坂の洋館カフェ シュガーロードと秘密の本/江本マシメサ

長崎・オランダ坂の洋館カフェ シュガーロードと秘密の本 (宝島社文庫)
長崎・オランダ坂の洋館カフェ シュガーロードと秘密の本 (宝島社文庫)

評価:★★★★☆
2017年4月刊。
面白かったー!
長崎を舞台にした地元グルメ(甘味多め)満載の恋愛小説。
雨の夜にしか営業しない不思議な洋館カフェと謎めいたオーナーに出会った女子大生が、長崎の様々な魅力に触れていく物語です。
著者の江本マシメサさんが長崎県出身なだけあって、郷土愛にあふれていて実に良いです。読めば長崎旅行に行きたくなること間違いなし。食い倒れしたい・・・!
一年を通して長崎の魅力的な顔を色んな角度からたくさん紹介してくれるのも楽しいし、なにより、頑張り屋の主人公と挙動不審系ツンデレオーナーの距離感が!最高!!

☆あらすじ☆
長崎の女子大学に入学した東京出身の乙女は、オランダ坂の外れに一軒の洋館カフェを見つけ、バイトをすることに。クラシカルで雰囲気たっぷりのカフェのメニューは、一日一品のデザートセットのみ。不機嫌顔のイケメンオーナーは、本業不明でやる気ゼロ。その上、雨降る夜にしか開店しないという謎システム。乙女は怪しすぎるバイトをやめようかと思うが、提供される極上スイーツに攻略され、徐々にカフェと長崎の歴史に夢中になって…。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 長崎・オランダ坂の洋館カフェ シュガーロードと秘密の本/江本マシメサ