【漫画】『菜の花の彼―ナノカノカレ―』72話〜74話の感想


『菜の花の彼―ナノカノカレ―』の本誌連載分、12巻の後のエピソード(マーガレット17年6号〜8号)についてのネタバレあり感想。
ほぼ殴り書きのメモなので注意。

 

【72話】

やっぱり記憶を取り戻す鍵は「隼太の声」なんだろうなぁ。そう簡単には戻らないよね。
きっともっと効果的なところで「隼太の声」を聞くことになると予想。
それまでに鷹人がどこまで追い上げられるかが勝負だと思う。
隼太の存在に勝てるとはあまり期待してないけど、彼なりに頑張ってほしい。頑張れ・・・・・・。

でもラストの「ごめんな」には心臓を打ち抜かれた。
ここで謝るとか! 泣きそうに歪んだ顔が切ないなぁ・・・! この表情は罪悪感だろうか。

結局好きになってくれないんだろって諦めを見せた直後に(そうだろうな、の哀愁が。身長は負けてるけど顔と勉強は勝ってるよ・・・人間性についてはノーコメで・・・)脈アリな希望をもたされて(!)、そこで出てくる言葉が「ごめん」のところに鷹人の葛藤を感じる。

記憶喪失を踏み台にすると決めても、自分が下劣な男だっていう後ろめたさが消えるわけじゃないんだよね。
菜乃花の隼太への恋心を踏みにじった自覚はあるに決まってる。カットインされた菜乃花が恋心にあふれているのがまた・・・・・・。

ああ、「お前の大切にしたいものを力づくで踏みにじるような事はしない」っていう約束を破った報いが待ってそう・・・・・・あ、この約束は文化祭ですでに破ってたわ。

 

【73話】

これまでのラブレターの扱いを思い出すと、モブ子ちゃんからのチョコ受取拒否に鷹人の成長を感じる。
報われない恋心を共感させたら右に出る者はいない当て馬氏だ。

しかしバレンタイン回でまさか菜乃花がヤキモチを焼くとは。しかも鷹人に。え、なにこれ、幸せな夢?

でも71話でも思ったけど、菜乃花は鷹人に対して当たりが強いなー。
記憶を失っても鷹人を素でボコってた感覚は消えてないってことかな(再会以降ずっと言いたい放題だもんね)。
菜乃花、隼太相手には泣き虫で頑張り屋の可愛い女の子だったのになぁ。
しかし私は鷹人に対して強気な物言いをするクールビューティ菜乃花も割と好きだ。

それにしてもチョコ渡すのギリギリまで悩んでたとか・・・・・・なんで・・・・・・一応付き合ってるんでしょ・・・・・・いや、鷹人さん喜んでるけどw
このバレンタイン絡みの一連の鷹人の言動、当て馬根性が染みついてて不憫かわいすぎて笑った。プルプルしてるwww

そこからの「すげーうれしい」の笑顔にはきゅんとした〜〜。
自嘲、嘲笑以外の笑顔って初めてじゃない? 困ったような笑い方だけど。
どってことないって言い聞かせてるあたり、やっぱり当て馬根性が染み付いてて不憫なんだけど、それでも思わず喜びがあふれちゃうところがさらに不憫w

でもラストの鷹人の髪型に吹いた。七三やめてー!

 

【74話】

鷹人の髪型マトモだ!よかった!!

うーん、2年間プラトニックなお付き合いだったって、これもう隼太くんに菜乃花をお返しするフラグですよねー?

しかしそこは安定のヤンデレ鷹人。簡単に手放すつもりはさらさらなさそう。
幻覚みえるって半端ないわ。72話の「ごめん」みたいに罪悪感の発露かな?って思ったら健介から鋭いツッコミが入ってひぁあああってゴロゴロしてしまった。
鷹人さん、相変わらず病んだ恋心を抱えてるなぁw

まぁ怯えていたって言われるよりもそっちの方が鷹人らしい気もする。
君はそういう人だよね・・・・・・菜乃花を求めて悪あがきしまくるのが鷹人だと思ってるから納得。
こじらせすぎて幸せになれない厄介な性分だとは思うけど。
でもチョコちまちま食べてるのは可愛かったw

一方の菜乃花は、完落ちしてる?どっち?
隼太のときに比べるとテンションが落ち着いててデレが薄いから分かりにくい。
隼太のときほどの情熱はない感じ。好意があるのは分かるけれど、昔に比べると物足りないんだよなぁ。
それに、優子たちと喋ってるときの「そうかな・・・?」ていう憂い顔が気になる。
幻覚のことを察しているとしたら、また「鷹人くんが好きなのは鷹人くんの頭の中の私」って話がぶり返しそう。怖い。

しかしここでまた「花畑」か。
3巻花畑は何度でも出てくる重要な場所だよなぁ。
隼太との約束もあるから、もうちょい先で出てくるかと思ってた。むしろ最終回の舞台かと。

鷹人は花畑の件をあの文化祭からずーーっと根に持ってたってこと?さすが執念深くていらっしゃるw
失われてはぐれた菜乃花→隼太に奪われた菜乃花→隼太に奪われた思い出の象徴である花畑 っていう連想かなぁ。

でも欲をかいて大丈夫?

「菜乃花にとっては隼太の方と強くつながってしまうかもしれない風景」って言ってるから、記憶が戻るかもしれなくても菜乃花の全てを手に入れる覚悟を決めたってことだろうか。いやそれ負けフラグでは???

あと菜乃花を見下ろす目がちょっと病んでるように感じたのは私だけかな。
ヤンデレの独占欲の顛末が怖いw

 

【今後についての勝手な予想】

やっぱり隼太エンドは揺るがないんじゃないかなぁ。
記憶が戻った菜乃花が隼太から心変わりをするとは思えない。
鷹人は必死で頑張っていたけれど、隼太ほどの愛情を手に入れられたとは思えないんだよね。菜乃花の態度的に。

そもそも鷹人さんは色々やりすぎたから。無理心中未遂まで至った時点で鷹人エンドはメタ的に諦めた(少女マンガだし)。
あと2年すっ飛んだことでもやっぱり涙をのんだ。「鷹人の春」の巻きっぷりが酷い。これはもう無理だろ・・・・・・。

だから、この先に望むのは綺麗にスッキリと鷹人の恋が終わること。

鷹人の不器用で暴走した恋心が切なくて不憫で大好きだったけれど、もう開放してあげてもいいと思う。
そして、彼の恋を終わらせるためにも、記憶喪失の2年間、菜乃花と鷹人がリセットした状態で素直に向き合ったのは必要なことだったのだろう。

記憶喪失以降、鷹人は菜乃花との恋をやり直してきたけれど、このままの流れで2巻ファミレスでの別れ話をやり直すんじゃないかな。

ファミレスで菜乃花は鷹人の恋心を知らなかったから(鷹人自身がそこで自覚したから仕方ないのだけど)、別れ話の最中も互いの気持ちについてすれ違っている。
その後は、6巻の告白では菜乃花は鷹人を眼中に入れず、第二部以降は隼太に誤解されないように頑なに鷹人の存在をシャットアウトしている。
「踏みにじらない」の約束以降は友達扱いだからやっぱり鷹人の恋心は意識の外だったしね。

これじゃ鷹人の恋は終われない。
いや普通の人は心折れるんだろうけれど、鷹人はそうじゃない。

鷹人がひとりで壁打ちしてるだけは終われなかった恋だから、最後は菜乃花が打ち返さないといけないんじゃないかな。
だからこそリセット後に素直な好意をぶつけまくって菜乃花に意識させたことがきいてくると思う。

ちょっとは好意を持ってる今の菜乃花が鷹人を正面から見つめて、好きにはならずとも彼の想いを真摯に受け止めて、その上できちんと振ってあげる。
菜乃花が鷹人の恋心を認めてあげることで、ようやく鷹人の恋は終われるんじゃないかな。そうだといいなぁ。

少なくとも、今までのように無慈悲に言葉のナイフでザクザク切り捨てるような振り方はしないんじゃないかと信じてる。
頼むよ、菜乃花・・・・・・。

まぁ、奇跡の大逆転が起きて鷹人エンドになったら、それはそれで嬉し泣きするけれど!
期待したら後が怖いから期待しない!! かなり無理筋だと思ってるし。

しかし、もし私の予想通りの結末になるとしたら、2部って『当て馬が恋を終わらせるための話』ってことになるんだよね。だって菜乃花の恋は1部でまとまってるし。
当て馬の失恋をこんなに丁寧に描いた漫画を私はちょっと知らないぞ・・・・・・。

菜の花の彼─ナノカノカレ─ 12 (マーガレットコミックス)
菜の花の彼─ナノカノカレ─ 12 (マーガレットコミックス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

 

スポンサーリンク
 
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。