Re:ゼロから始める異世界生活12/長月達平


Re:ゼロから始める異世界生活12 (MF文庫J)
Re:ゼロから始める異世界生活12 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年3月刊。
まだまだ聖域編は続くんですね・・・!
なかなか長いなぁ。いつこの地獄が終わるんだろう?(震)
そして胸糞の悪いものを見てしまった・・・・・・ああ、でも確かに『死に戻り』を突き詰めるとその話は避けられないのかもしれませんね・・・・・・。

☆あらすじ☆
繰り返すたび、記憶と異なる展開を見せる『聖域』――四度目の機会を得たその場所で、スバルはついにあってはならない存在、『嫉妬の魔女』との邂逅を果たす。影に呑まれる集落、敵であるはずのガーフィールの助力、実験場と呼ばれた『聖域』の真実。――そして、白い終焉を迎える世界でスバルの覚悟を嘲笑う魔人。希望に裏切られ、真実に絶望し、それでも未来を諦められないスバルは魔女との再会を求めて墓所へ臨む。そこでスバルは、『ありうべからざる今』と対面し――。「――もう、立てなくなってしまいましたか? スバルくん」大人気Web小説、期待と裏切りの第十二幕。――置き去りにした世界の、声を聞け。

以下、ネタバレありの感想です。

 

まだまだ続くよ聖域ループ。

今回もまぁ酷かった。そしてそろそろ時系列と情報がよくわかんなくなってきた(阿呆)

 

まずは前回の「らぶらぶらぶゆー」から今回の第一章「らぶらぶらぶみー」。
ヤンデレ怖すぎるのだけど。サブタイからもあふれるメンヘラ臭。
嫉妬の魔女、エミリアに憑依していたから彼女の顔だったと書いてあるけど本当に?
途中の壊れたエミリアがかなりそれっぽく感じたんですけど??
このシリーズって、スバルのエミリアへの恋心からスタートしているけれど、エミリアとの恋が実る展開ってくるのかな・・・・・・なんだか一気に疑問に思えてきたのですが・・・・・・。

 

それはさておき、今回も色んな情報伏線がてんこ盛りでした。
特に印象的だったのはベアトリスとロズワールの話。

ロズワール、なんとなくそれっぽい言動が気になっていたけれど、やっぱりちょっと知っていたのか。彼の目的が気になるところです。しかし姉様への仕打ちは絶対に許さない。

そしてベアトリス・・・・・・報われなかった悲嘆がつらすぎて・・・・・・しかもその裏に隠された魔女の思惑が本当にどうしようもなくて、なんとも哀れでした。このループの果てにベアトリス救済の結末がちゃんと待っているといいなぁ。

 

様々な情報を集めつつ、またも繰り返されていくループ。

――――と思わせてからの『ありうべからざる今を見ろ』

ちょっとこれは残酷すぎません?
私はなんとなくスバルごと世界が巻き戻っていると思っていたけれど、そうか、平行世界の可能性もあったのか・・・・・・。
「この世界はもうだめだ」的なことを散々スバルが考えたあとに、もしかしたらそれが「この世界」を本当に見捨てることなのかもしれないって可能性を突きつけるのはいくらなんでも酷すぎる。答えを出してくれないのが更に酷い。

ただまぁ『死に戻り』という設定を突き詰めていく上で、『スバル死後の世界』の存否は避けられない疑問ではあったわけだし、いずれ本当のところどうなのか明らかになると嬉しいです。こわいけど。

 

ラストはまさかの魔女大集合。
エキドナの超長セリフにゾッとしてたらラストでついにテラちゃん登場とか・・・・・・!
スバルを巡る魔女たちのお茶会の行方が気になります。
次巻も楽しみ!

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。