臨床真実士ユイカの論理2 ABX殺人事件/古野まほろ


臨床真実士ユイカの論理 ABX殺人事件 (講談社タイガ)
臨床真実士ユイカの論理 ABX殺人事件 (講談社タイガ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年1月刊。
客観的な真偽と主観的なウソ/ホントを判別することができる心理学者が主人公のロジカルミステリー第2弾。
今回はクリスティーのABC殺人事件をモチーフにした連続殺人事件が発生。
論理パズルを解き明かしていく爽快感は前回同様で、今回も面白かったです。むしろ難易度が下がったぶん、今回のほうが理解しやすくて楽しめたかも。
それはそうとユイカのデレ度上がってない???

☆あらすじ☆
言葉の真偽と虚実を判別する瞳を持つ臨床真実士、本多唯花の元に届いた挑戦状。差出人ABXの予告通り、赤坂で頭文字Aを持つ少年が殺された。連続殺人勝負に見立て、ABXは唯花を挑発する。一週間後、第二の殺人が起こり頭文字Bの女性が被害者となる。現場に残された、犯人の署名ともいえる遺留品の意味は? ABXの仕掛けに隠された嘘を、唯花の論理が解き明かす。

以下、ネタバレありの感想です。

 

さて、今回はユイカのもとに「ABX」と名乗る怪人物から挑戦状が届き、その予告通りに連続殺人事件が発生していくというストーリー。

 

血液型が1つのヒントになっているにもかかわらず、なぜ「ABO」ではなく「ABX」を名乗るのか?という大きな疑問を念頭に、ユイカと晴彦は連続殺人事件の謎を追っていくことになるのです。

 

今回もまたユイカの聞き取り調査の中で真偽とウソ/ホントを適宜明らかにされていくのだけど、個人的な心象としては前巻よりもクイズの全体像が分かりやすかった気がします。いや、説明を理解しやすかったというべきか。

 

このシリーズ独特のアプローチに面食らうこともなく、ユイカがどんなロジックで犯人の正体を暴いていくのかを素直に楽しめたと思います。
でもあのどんでん返しは驚きました・・・・・・。ひっかけとみせかけたひっかけ。そして最後の真相は切ない。
全ての元凶も犯人も本当に最悪なんですよね。邪悪すぎる・・・・・・。隠す森にされてしまった被害者が哀れでなりません。

 

それはさておき、今回はユイカが前巻よりも可愛くなっていた気がしてソワソワしちゃいましたw
もはや遠回しじゃなく直球で晴彦にアピールしてるようにみえるのだけど。「真-ホント-素直で好き」とか「あなたが私を愛・・・・・・私を信じてくれるほど」とかww
ここまで言われても気づかない晴彦くん、ちょっとにぶすぎですよ!プンプンするユイカも可愛いから良いんですけど!

 

そろそろ晴彦とユイカの出会いを描くエピソード0とか読んでみたいなぁ。
それにユイカ自身の過去も気になります。彼女が奴隷にされていたという『恐ろしい嘘と嘘吐き』とは一体・・・・・・?

 

とりあえず次巻があるものと信じて楽しみに待っています。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。