臨床真実士ユイカの論理2 ABX殺人事件/古野まほろ

臨床真実士ユイカの論理 ABX殺人事件 (講談社タイガ)
臨床真実士ユイカの論理 ABX殺人事件 (講談社タイガ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年1月刊。
客観的な真偽と主観的なウソ/ホントを判別することができる心理学者が主人公のロジカルミステリー第2弾。
今回はクリスティーのABC殺人事件をモチーフにした連続殺人事件が発生。
論理パズルを解き明かしていく爽快感は前回同様で、今回も面白かったです。むしろ難易度が下がったぶん、今回のほうが理解しやすくて楽しめたかも。
それはそうとユイカのデレ度上がってない???

☆あらすじ☆
言葉の真偽と虚実を判別する瞳を持つ臨床真実士、本多唯花の元に届いた挑戦状。差出人ABXの予告通り、赤坂で頭文字Aを持つ少年が殺された。連続殺人勝負に見立て、ABXは唯花を挑発する。一週間後、第二の殺人が起こり頭文字Bの女性が被害者となる。現場に残された、犯人の署名ともいえる遺留品の意味は? ABXの仕掛けに隠された嘘を、唯花の論理が解き明かす。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 臨床真実士ユイカの論理2 ABX殺人事件/古野まほろ