幼馴染の自動販売機にプロポーズした経緯について。/二宮酒匂

幼馴染の自動販売機にプロポーズした経緯について。 (カドカワBOOKS)
幼馴染の自動販売機にプロポーズした経緯について。 (カドカワBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年8月刊。
タイトルの「自動販売機」のインパクトがすごいけれど、正しくそのままな内容の恋愛小説でした。
まさか自動販売機に可愛さを感じる日がくるとは・・・!
無邪気で人外な彼女に振り回される主人公の恋の懊悩が楽しい作品だったと思います。

☆あらすじ☆
――僕は、自販機の彼女に、恋をした。
田舎町のおんぼろな自動販売機、そのそばには着物姿の女がいる。軽やかに歌う彼女は、人ならぬもの。そんな「自販機」にうっかり恋をしてしまった“ぼく”の片思いを描いた、笑って泣ける青春恋愛劇。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 幼馴染の自動販売機にプロポーズした経緯について。/二宮酒匂