レッド・クイーン/ヴィクトリア・エイヴヤード

レッド・クイーン (ハーパーBOOKS)
レッド・クイーン (ハーパーBOOKS)

評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
X-MENのシンデレラストーリーをディストピアSF世界でやってみたファンタジー。
銀の血を持つ異能者の支配階級シルバーと、赤い血を持ち虐げられる奴隷階級レッド。
レッドにはないはずの異能に目覚めた少女は、偽りの身分を与えられシルバーとして王侯貴族の世界に放り込まれることになるのです。
支配者たちと抵抗勢力、相次ぐ裏切り、揺れる三角関係、ハリウッド映画的に派手な異能バトル、などなど色んな要素が詰め込まれた作品でした。
三部作の一作めということで、この巻は壮大な序章といった感じかな。
ここまででも十分面白いけれど、本領発揮するのはここからなんでしょ?と期待しちゃいます。
今のところ鬱すぎて爽快さに欠けるので、スッキリハッピーエンドを願います・・・!

☆あらすじ☆
貧しい村で家族と暮らす少女メアは、ある日、不思議な力に目覚める。それは奴隷階級の“レッド”が決して持つはずのない、支配階級“シルバー”の力だった。メアは王家に直ちに捕らえられ、死を覚悟するが、命と引き換えに名前を奪われ、“行方不明になっていたシルバーの王女”に仕立て上げられてしまう。宮殿で待ち受ける謀略と裏切り、冷酷な国王と二人の王子―果たしてメアの運命は。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む レッド・クイーン/ヴィクトリア・エイヴヤード