ゲーマーズ!7 ゲーマーズと口づけデッドエンド/葵せきな


ゲーマーズ!7 ゲーマーズと口づけデッドエンド (ファンタジア文庫)
ゲーマーズ!7 ゲーマーズと口づけデッドエンド (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年3月刊。
はぁああ!?!?
これだから、これだから、このシリーズは・・・・・・!
サブタイ怖いと思ったら・・・・・・!!
あと修学旅行描写は普通に怖すぎでした。真顔になるからやめて。

☆あらすじ☆
ぼっちには生き地獄。リア充待望のイベント、修学旅行開始!
星ノ守の衝撃の告白によって、またもやめんどくさい勘違い案件が勃発! と思いきや、自称「察しの良さ」に定評のある天道には今回、解決の秘策があるらしく!? 一方、雨野は修学旅行に向け……バイトを始めた。

以下、ネタバレありの感想です。

 

千秋の告白に続く第7巻。
あれだけ彼女のことが好きな雨野くんなので、まぁ結果は分かってはいたけれど思った以上にうまいことやりやがって。

 

女をフって好感度あげるとか、ずるいわー。私もそう思うわー。この対応はイケメンすぎだわー。

 

人の良さが滲み出るお断り対応に完敗です。これは諦めるに諦められないパターン。そして案の定・・・・・・。

 

というわけで雨野くんがうまいことやったにもかかわらず、それでもなぜか拗れてしまうのが「ゲーマーズ!」。
今回はハイスペックポンコツメインヒロインさんが、ひとりで面白い勘違いしてまたグダグダ(笑)な展開に突入してしまいました。なんでそんな自信たっぷりに間違えるの!
あと悲劇のヒロインなノリで彼氏についてノロけるって新しいなと思いましたまる

 

彼女のポンコツノロケの流れ弾を食らったコノハはなんだかんだで良い子だったなぁ。
このシリーズ、基本的にみんなお人好し揃いなのがいいですよね。安心して見守っていられる。
まぁ一部ヤンデる弟氏とかいたりするものの、彼は彼で兄愛ゆえのことだから良いのです。
弟氏といえば、シスコンとブラコンのコンビがなんか楽しかったので今後も二人一組で漫才してほしいなーとか思ったり。
ふたりともキャラが強烈すぎてカップリングは想像できないけれど、コノハの光正に対するツッコミが楽しすぎるからぜひセットにしてほしいw

 

さて、今回はそんな感じで花憐がモヤモヤを抱えたまま修学旅行へ突入。

 

班決めのくだりもそうだけど、旅行当日の班員から悪意をもって接せられる雨野の姿にメンタルがガシガシ削られました。なにこれつらい。
他のメンバーとのラインが癒やしですね。へんに気を使う感じじゃないアグリの軽さほんと良いな〜。

 

で、大なり小なりトラブルが起こりつつも、なんとか迎えた修学旅行最終日。
途中で予告されてたので、心の準備はしていましたけどね。そもそも今回のサブタイからして「デッドエンド」だったしね。

 

でもさ・・・・・・なんでそんな結論になっちゃったかなぁ!?

 

あーーーー心が死ぬ展開キターーーーーー・・・・・・。

 

「恋とは何か」とか「恋人とは何か」とか考え始めたら泥沼にはまるしかないのにーーー!!

 

うわぁ〜〜〜〜(ゴロゴロゴロ
まさか本当にこのままデッドエンドとか言わないよね? 続き早く!!

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。