ケダモノと王女の不本意なキス/松村亜紀


ケダモノと王女の不本意なキス (ビーズログ文庫)
ケダモノと王女の不本意なキス (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
第18回エンターブレインえんため大賞 ライトノベル ビーズログ文庫部門「特別賞」受賞作。
これは、うん、ケンカップルの人工呼吸ラブコメだ!
割と少女小説を読み慣れている私ですが、ここまで読んでて照れくさくなる少女小説は久しぶりでした。
君ら何回キスするんだよ! ってくらいキスシーン多いし、その全部がめっっっちゃ恥ずかしい・・・!
いやこういうのも楽しいけれど、恥ずかしくなるのはどうしようもないw
二人がキスしなきゃいけなくなる事件勃発から、キスしないで済むように解決を目指すというストーリーは、続刊の余地を残しつつも綺麗にまとまっていたと思います。
ヒロインが自立心高くて好みだし、ケモミミヒーローはワイルドにツンデレだし、ヒロイン兄はセコム・・・・・・といった感じでキャラクターも魅力的でした。
内容的にはシリーズ化できそうなので、続きに期待しています。

☆あらすじ☆
1日1回キスしないと死ぬ!? 獣と王女のキスからはじまる……!?
ライオール国の王女リーデリアは、ある日謎の青年に魔力を喰い尽くされて死ぬ魔法をかけられてしまった!生きるためには闇魔法士アルヴァンに、キスで魔力を送り込んでもらわなければならない。というかこの男、ケモ耳生えてるんですけど……!?
「死にたくなけりゃ、黙って俺にキスされときゃいいんだよ」
一生懸命生きてきただけなのに、なんで私がこんな目に――!!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

王族なら魔法を使えて当たり前の国で、唯一魔法を使うことのできない王女・リーデリア(リディ)
そのコンプレックスに負けまいと魔法理論の知識を磨き「飴色の賢者」と呼ばれるようになったリディは、ある日、謎の魔法士によって呪いのような紋様を刻まれてしまう。
それはリディのなけなしの魔力を死ぬまで食い尽くすという魔法。
これによって、リディは偶然王都にきていた闇魔法士アルヴァンから1日に1回魔法を分け与えてもらわねば生きていけなくなり――というのが本作のストーリーです。

 

で、この魔法を分け与える方法がタイトルにある通り「キス」。
そんでもってお相手のアルヴァンはケモミミ魔法使い尻尾付き。

 

・・・・・・やばい!
この時点でニヤついちゃうくらい(設定が)照れくさいのだけど・・・・・・!
というか、新人さん、趣味を詰め込みましたね!? 良いと思いますよ!

 

そんなこんなで人工呼吸的にキスシーンが入りまくるのだけど、これがまた毎回長くて艶めかしくて羞恥心を加速させるんですよね。
まだするの〜〜〜!ってゴロゴロしてしまった。しかし途中の空中ちゅーに夢中になりすぎて(?)墜落しかけたのには死ぬほど笑いましたがw
一体この1冊で何回キスシーンがあったんだろう・・・・・・途中から完全にアルヴァンの役得でしたね?

 

アルヴァンの役得はさておき、「アルヴァンとキスしないと生きていけない体にされて」(原文ママ)しまったリディは、王宮を出てアルヴァンと彼の弟子・ブランと3人で暮らすことになり、その生活の中でなんとか魔法を解こうと奮闘するのです。

ヴィロン人とライオール人の確執や、アルヴァン絡みのトラブルにリディが巻き込まれたり、セコム・・・じゃなかったシスコンの兄レオンが乗り込んできたりと、様々な出来事に見舞われるアルヴァンたちとの共同生活。

負けん気の強いリディと俺様気質のアルヴァンは頻繁に衝突するけれど、共に過ごす時間の中で互いの抱える心の傷を知り、少しずつ仲を深めていくのです。

王道だしベタなストーリーではあるものの、リディとアルヴァンの心の変化が丁寧に描かれていく物語は素敵でした。
キスから始まるだけに物理的距離は最初から0に等しいのだけど、それだけに心の距離感の移り変わりが印象的だったんですよね。こういうの好きだな。

 

ラストでは大きな盛り上がりをみせて一段落。ただ、リディの問題は持ち越しになったのでシリーズ化されるのかな?
最終的に可愛いツンデレケンカップルが出来上がったので、二人の今後の攻防が楽しみ。続刊が待ち遠しいです。

 

余談ですが、エルヴィラは王女だけど王妃の連れ子なの?
レオンに恋してるっぽいけど「異母妹」ってことは父は国王でいいの?え、禁断の恋??

 

まぁ何はともあれ2巻待ってます!
次はレオン兄成分増し増しでよろしくお願いします〜

 

スポンサーリンク
 
1

「ケダモノと王女の不本意なキス/松村亜紀」への1件のフィードバック

  1. 拍手コメントへの返信です。

    ねこさん、拍手とコメントありがとうございます。
    嬉しいお言葉をいただけて、とても励みになりました!
    これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願いします(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。