勇者は、奴隷の君は笑え、と言った/内堀優一

勇者は、奴隷の君は笑え、と言った (Novel 0)
勇者は、奴隷の君は笑え、と言った (Novel 0)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
奴隷として生きてきた少年が元勇者と出会い、自分の世界を広げていく物語。
師弟もので魔王討伐系の王道ファンタジーでした。ただし主人公がかなり壊れているので、そこが特徴的な作品となっているのですが。
私の好み的に言えば少し淡白だしダイジェスト的なストーリーだったけれど、心を持たない少年の変化はなかなかに見もの。
彼の今後の成長に期待したい新作でした。

☆あらすじ☆
『笑え、おかしくなくても笑えばそのうちおもしろくなってくる』―とある山村で村人たちから奴隷のような扱いを受ける少年ヴィスは、村はずれに住むやたらと明るい男グレンにずっとそう言われ続けてきた。やがて、長き眠りから魔王の復活が迫った頃、とある事件からヴィスはグレンがかつて世界を救った勇者だと知る。そして二人は村を出て、世界を周る旅に出発。魔法使いの少女ニーニとの出会い、初めての大きな街、暁森人の住む森でのこと―勇者と旅した時間のすべてが、大切な何かを失った少年を、ひとりの“勇者”に変えていく。これぞ、必読の“男泣きファンタジー”!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 勇者は、奴隷の君は笑え、と言った/内堀優一