終奏のリフレイン/物草純平


終奏のリフレイン (電撃文庫)
終奏のリフレイン (電撃文庫)

評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
かなり凝った世界観(レトロ・フューチャーって良いね)で送られるヒトでなしの少年とモノでなしの人形のボーイ・ミーツ・ガール。
オルゴールモチーフの自動人形や天空に浮かぶ不思議な球体が存在し、それらのオーバーテクノロジーの秘密に迫っていくという展開がすごく好みな作品でした。
大戦が不完全燃焼だったことで史実から改変された世界の行く末も気になります。
主人公とヒロインの対になった関係性も素敵だったけど、物語的には序章な雰囲気。
伏線を回収してほしいので続刊に期待しています!

☆あらすじ☆
「重力子」を操る特殊なオルゴール技術と、その粋である「歌唱人形」が一般化し、ついに「電気離れ」を果たした世界。“機械しか愛せない”壊れた少年技師・タスクがある日、出会ったのは―。「わたしは、ガラテア・シスターズNo.7/リフレイン。今このときより、貴方の『花嫁』です」歌唱人形技術、その始まりとなったオーパーツそのものだと主張する、美しき歌唱人形リフレイン。彼女を巡って事態は動き出す。追う者、追われる者、そして、恋をする者―。“機械しか愛せない”少年と“人間に近づきすぎた”少女型人形。ヒトでなしの人間と、モノでなしの人形の織りなす恋が、世界を変えてゆく―!?世界の歯車が音色を奏でる、旋律のギアハート・ファンタジー登場!

以下、ネタバレありの感想です。

 

物語の舞台となるのは、未知のオーパーツによってオルゴール文明として進歩してきた世界。
そこではオルゴール仕掛けの自動人形「歌唱人形(オルドール)が存在し、天空に謎の巨大飛行球体「スフィア」を見上げ、人々はそのテクノロジーの恩恵を受けている。
加えて「先の大戦」が半端に終わったことから「敗戦国」が存在せず、大日本帝国は維持されており、主人公はその大日本帝国から留学してきた政治家の息子で・・・・・・という歴史改変SF要素満載の歯車ファンタジーとなっている作品でした。

あとがきにあるように凝りに凝りまくった世界観だけに、序盤は怒涛の説明ターンがにちょっと面食らってしまったり。そのへんもスラスラ読めるのは流石ですけどね。

 

さて、物語は、オルゴール技師として学校で勉強中の少年タスクが、ひょんなことから謎の少女・ミーネが持ち込んだ騒動に巻き込まれ、眠るオルドールの少女・リフレインのマスターになってしまったことから大きく動き出していきます。

リフレインの正体は、全てのオルドールのオリジナルモデルである「ガラテアの娘」。

タスクはリフレインと出会ったことにより、「ガラテアの娘」を巡る世界規模の陰謀に巻き込まれていくことになるのです。

 

中盤で起こってしまうテロ事件はその手始めのようなものだったけれど、巨大飛空艇でのスリリングな攻防戦は迫力があってとても楽しかったです。
「ガラテアの娘」の規格外っぷりや潜在的危険性、そしてそれを水面下で奪い合う世界情勢の緊張感なども伝わってきたし、スフィアに繋がったことでタスクが聞いた言葉の意味など、今後の展開に期待が持てそうな伏線も盛り沢山。ここからどんな物語になっていくのか楽しみです。

 

キャラクターもよかった。
タスクの「人間より人形が好きだけど、人形らしい人形は嫌だ」という異常性癖は笑ってしまうくらい面倒くさいですねー。もはや「人形」が好きというより、好きになるべき「特定の人形」を待っていたとしか思えないレベル・・・・・・あっ(察)
彼の特技についても秘密がありそうだし、タスク自身も知らない何かを隠していそうなところが気になる主人公でした。

 

そんなタスクのパートナーとなるリフレイン。
機械っぽいフリをする自動人形って可愛い。そのせいで全然機械っぽくなくなっちゃうのもポンコツ可愛い。でもあの仕様は変態性ありすぎて正直引きました。

 

リフレインは機械らしく割り切れない優しさが魅力的なヒロインだったと思います。
その割り切れない部分をタスクがフォローするっていう関係性も良かった「ヒトでなし」の少年と「モノでなし」の少女の、かっちりと噛み合うように対となっているところが素敵で好みでした。

 

他のキャラもなかなか良かったんだけど、個人的にはタスクを可愛がってるクールヴェ先生が結構好きだったり。出番は少ないんだけどなんか印象に残るというか。
タスク&リフレインに協力することになるミーネも良キャラだったし、ツンデレの気配あふれるイヴリンも面白い修羅場を持ち込みそうな予感。

 

あとがきには続刊なしでも心残りはないみたいなことを書いてあったけれど、いやいやこの設定はきっとここから更に面白くなるに違いない!
というわけで続刊楽しみに待ってます。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。