お守り屋なのに、私の運が悪すぎて騎士に護衛されてます。/黒湖クロコ


お守り屋なのに、私の運が悪すぎて騎士に護衛されてます。 (一迅社文庫アイリス)
お守り屋なのに、私の運が悪すぎて騎士に護衛されてます。 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年2月刊。
お守り屋の少女が、ある依頼を受けたことから命を狙われ、騎士に護衛されるというタイトル通りのラブファンタジー。
なのだけど、個人的には
「お守り屋なのに、私の運が悪すぎて美人オネエに餌付けされてます。」
って感じの印象。騎士ヒーローなのに半分はドレスを着てらっしゃった!
悪運+ツンデレ+不器用という厄介なヒロインと、世話焼きで心配症の美人オネエの組み合わせは可愛くてニヨニヨw
テンポの良いストーリーは予想外にひねった真相があり、全体的に楽しくて満足です。
ただ糖度はあまりなかったし、主人公のデレがもうちょっと見たかったかなぁー。もしシリーズ化するなら続きも読みたいです。

☆あらすじ☆
ご利益があると評判のお守り屋を経営している少女エレナの運は、壮絶に悪い。だから、先日知りあった青年騎士ルイから紹介された、とある高貴なご令嬢から依頼を受けた直後に、矢が飛んできても、馬車に轢かれそうになっても、いつものことだと思っていたのに……。えっ、今回は運が悪いんじゃなくて、依頼のせいで命を狙われてるの? だからってなんで、私が騎士に護衛されないといけないの!? あり得ないほど運が悪すぎる凶運少女と護衛騎士のラブコメディ!

以下、ネタバレありの感想です。

 

とても効くと評判のお守りを扱う若き店主・エレナ
しかしエレナ自身は「よく今まで生きてたね・・・」と引くレベルの凶運の持ち主。たくさんのお守りをつけていないと外出もままならないほど運が悪いのです。

 

そんなエレナが引き受けたのは、ミエルと名乗る少女のお守りを作ってほしいという依頼。
その直後から命を狙われていると思しき事件が多発したことで、騎士・ルイがエレナの家に住み込んで護衛をすることになりーーという流れで物語は進んでいきます。

 

このルイが素晴らしく女子力の高いオネエ。
護衛のくせにハイヒール履くなよって思わずにいられない完璧な女装。
エレナの胃を満たしつつ女子力格差で心にダメージを与える高度な料理スキル。
そして運の悪いエレナが外出するたびにハラハラする優しく心配性な気質。

おかしい、私は騎士ヒーローものを読んでいたはずなのに・・・・・・お母さんと呼びたくなるなんて・・・・・・!

女子力というか主婦力が高すぎてときめきが迷子でした。

 

ただ、ルイがそんな感じだから男嫌いのエレナもあっさりと受け入れることができるんですよね。
そのへん「オネエ騎士」という突飛なキャラクターの使い方がうまくて面白かったです。
ルイの個性とエレナの性格もよく馴染んでいたと思いますし。
お人好しなのにトゲトゲしい物言いで心を隠そうとして、でもそんな言葉しか言えない自分を嫌悪してしまう不器用なエレナ。
こういう子だからこそ包容力オカン級のルイがぴったりだし、「ツンデレ娘をよしよしする美人オネエ」っていう図がもう尊い。

 

それにしてもエレナの悪運は本当に凄まじかった〜。
何が凄まじいって、今回の一連の騒動ぜんぶが彼女の悪運が引き起こしたことだったっていうのがもう・・・・・・。
見るからに怪しい男がそのまま真犯人だったわけだけど、罪状が上乗せされまくった真相はかなり予想外でした。関係ないんかい!って突っ込まずにはいられなかったw

 

エレナの悪運には原因があったけれど、このあたりはシリーズ化したら更に掘り下げられたりするのでしょうか。
疑いとかではなく本当に魔女の血筋だったりして。そうするとお守りの効きが凄まじいのも納得がいきますし。

 

まぁでも綺麗に話がまとまってるから単巻ものかもしれません。
でももし次巻があれば読みたいなぁ。ちょっと糖度が足りなかったし、エレナがルイにデレるところがもっと見たい!

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。