ひとくいマンイーター/大澤めぐみ

ひとくいマンイーター (角川スニーカー文庫)
ひとくいマンイーター (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年3月刊。
「おにぎりスタッバー」の前日譚であり、魔法少女サワメグが主人公の物語。
今回も面白かったです。文章は前巻よりもマトモ(?)になっているのだけど、それは全てサワメグのおかげ。しかし前巻とは打って変わって哲学的というか形而上学的というか、考えれば考えるほどに深みにはまっていきそうな雰囲気をこじらせてるのもサワメグのおかげ。
歪で凄惨でわけわからん物語が繰り広げられていくのは相変わらずで、それが爽やかな青春ストーリーとして綺麗に着地するのも相変わらず。お見事でした。

☆あらすじ☆
「わたしは魔法少女。敵は連続殺人鬼」――世界と戦う、孤高の青春エンタメ。
「あ、目が覚めたんだ」見知らぬ天井。咽せるような血の臭い。「こんな場所で何してたの?」思い出せない。ここはどこだ。なぜわたしは倒れている。「とにかく気を付けなよ、人食いマンに」巷で噂の美少女専門の連続殺人鬼?「攫われて殺されてバラバラにされて食べられちゃうんだよー」そうだ、わたしはそいつを必ず見つけて
――「この手で殺さないといけないんだった」
サワメグとアズの出会いを語る「おにぎりスタッバー」前日譚。

以下、ネタバレありの感想です。ネタバレ強めなので未読の方は要注意です。

続きを読む ひとくいマンイーター/大澤めぐみ