愛原そよぎのなやみごと 時を止める能力者にどうやったら勝てると思う?/雪瀬ひうろ

愛原そよぎのなやみごと 時を止める能力者にどうやったら勝てると思う? (ファミ通文庫)
愛原そよぎのなやみごと 時を止める能力者にどうやったら勝てると思う? (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
自称魔法少女の放課後アドバイザーとなった男子高校生の不思議な日常(?)を描いた物語。
ヒロインがかなり不思議ちゃんなアホの子で、そんな彼女に愛のあるツッコミを入れまくる主人公との掛け合いが楽しい作品でした。
あばたもえくぼレベルのデレっぷりだね、主人公!
テンプレをメタに外していく構成と、色々と伏線をおいた上でのどんでん返しも面白かったし、ストーリーも綺麗に着地。
あとがき的に2巻を予定しているの??
もし続くなら読みたいと思います。

☆あらすじ☆
「放課後、また相談してもいいかな?」
「時を止める能力者にどうやったら勝てると思う?」
僕が好意を寄せるクラスメイト、愛原そよぎの“なやみごと”は僕の想像を遥かに超える独特なものだった。本気とも冗談ともつかないその相談に真剣にアドバイスを送り、彼女のなやみはどうやら解決されたようだった。僕たちの関係も進展したかに思えたのだけど、この相談がきっかけで僕は彼女のとんでもない“秘密”に近づいてしまったようで!?
僕と彼女の非日常系おなやみ相談日常ラブコメ開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 愛原そよぎのなやみごと 時を止める能力者にどうやったら勝てると思う?/雪瀬ひうろ

境域のアルスマグナ2 盾の死神と博士の絡新婦/絵戸太郎

境域のアルスマグナ2 盾の死神と博士の絡新婦 (MF文庫J)
境域のアルスマグナ2 盾の死神と博士の絡新婦 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
ラミア嫁の愛で絞殺されそうな新米龍王の物語第2弾。
このシリーズ、夫婦がたくさん出てきてあっちこっちで夫婦漫才してるところがかなり好きですw
今回の敵であるフランケンシュタイン博士との戦いも面白かったけれど、やっぱりまだ色々と荒削りかな。引きは良かったので3巻が楽しみです。

☆あらすじ☆
それは一つの可能性。道を踏み外したもう一人の「レオ」。
鳴海との激戦を経て<王>としての一歩を踏み出した怜生。怜生の強大な力を巡ってあらゆる勢力が権謀術数を巡らす中、彼が出会ったのは災厄の怪物――医療魔術師『レオ・フランケンシュタイン』

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 境域のアルスマグナ2 盾の死神と博士の絡新婦/絵戸太郎

臨床真実士ユイカの論理2 ABX殺人事件/古野まほろ

臨床真実士ユイカの論理 ABX殺人事件 (講談社タイガ)
臨床真実士ユイカの論理 ABX殺人事件 (講談社タイガ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年1月刊。
客観的な真偽と主観的なウソ/ホントを判別することができる心理学者が主人公のロジカルミステリー第2弾。
今回はクリスティーのABC殺人事件をモチーフにした連続殺人事件が発生。
論理パズルを解き明かしていく爽快感は前回同様で、今回も面白かったです。むしろ難易度が下がったぶん、今回のほうが理解しやすくて楽しめたかも。
それはそうとユイカのデレ度上がってない???

☆あらすじ☆
言葉の真偽と虚実を判別する瞳を持つ臨床真実士、本多唯花の元に届いた挑戦状。差出人ABXの予告通り、赤坂で頭文字Aを持つ少年が殺された。連続殺人勝負に見立て、ABXは唯花を挑発する。一週間後、第二の殺人が起こり頭文字Bの女性が被害者となる。現場に残された、犯人の署名ともいえる遺留品の意味は? ABXの仕掛けに隠された嘘を、唯花の論理が解き明かす。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 臨床真実士ユイカの論理2 ABX殺人事件/古野まほろ

幼馴染の自動販売機にプロポーズした経緯について。/二宮酒匂

幼馴染の自動販売機にプロポーズした経緯について。 (カドカワBOOKS)
幼馴染の自動販売機にプロポーズした経緯について。 (カドカワBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年8月刊。
タイトルの「自動販売機」のインパクトがすごいけれど、正しくそのままな内容の恋愛小説でした。
まさか自動販売機に可愛さを感じる日がくるとは・・・!
無邪気で人外な彼女に振り回される主人公の恋の懊悩が楽しい作品だったと思います。

☆あらすじ☆
――僕は、自販機の彼女に、恋をした。
田舎町のおんぼろな自動販売機、そのそばには着物姿の女がいる。軽やかに歌う彼女は、人ならぬもの。そんな「自販機」にうっかり恋をしてしまった“ぼく”の片思いを描いた、笑って泣ける青春恋愛劇。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 幼馴染の自動販売機にプロポーズした経緯について。/二宮酒匂

レッド・クイーン/ヴィクトリア・エイヴヤード

レッド・クイーン (ハーパーBOOKS)
レッド・クイーン (ハーパーBOOKS)

評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
X-MENのシンデレラストーリーをディストピアSF世界でやってみたファンタジー。
銀の血を持つ異能者の支配階級シルバーと、赤い血を持ち虐げられる奴隷階級レッド。
レッドにはないはずの異能に目覚めた少女は、偽りの身分を与えられシルバーとして王侯貴族の世界に放り込まれることになるのです。
支配者たちと抵抗勢力、相次ぐ裏切り、揺れる三角関係、ハリウッド映画的に派手な異能バトル、などなど色んな要素が詰め込まれた作品でした。
三部作の一作めということで、この巻は壮大な序章といった感じかな。
ここまででも十分面白いけれど、本領発揮するのはここからなんでしょ?と期待しちゃいます。
今のところ鬱すぎて爽快さに欠けるので、スッキリハッピーエンドを願います・・・!

☆あらすじ☆
貧しい村で家族と暮らす少女メアは、ある日、不思議な力に目覚める。それは奴隷階級の“レッド”が決して持つはずのない、支配階級“シルバー”の力だった。メアは王家に直ちに捕らえられ、死を覚悟するが、命と引き換えに名前を奪われ、“行方不明になっていたシルバーの王女”に仕立て上げられてしまう。宮殿で待ち受ける謀略と裏切り、冷酷な国王と二人の王子―果たしてメアの運命は。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む レッド・クイーン/ヴィクトリア・エイヴヤード

灰と幻想のグリムガル10 ラブソングは届かない/十文字青

灰と幻想のグリムガル level.10 ラブソングは届かない (オーバーラップ文庫)
灰と幻想のグリムガル level.10 ラブソングは届かない (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2017年3月刊。
待望のグリムガル第10巻。
なんだか重要そうなことを語りだした!とか、ハルヒロ格好よすぎるよ!とかなんとか楽しく読んで、絶句して読み終わりました。

☆あらすじ☆
このゲームみたいな世界で、おれは今日も生きていく――。緊迫の10巻!!!
ある義勇兵が深い傷を負い、山中で一人その人生の終焉を迎えつつあった。死に間際、彼は思い出す。元いた世界の残滓を。そして、疑問を抱く。
――この“グリムガル”という世界とはなんなのか?と。
一方、千の峡谷(サウザンバレー)を抜けオルタナを目指し東へ進んでいたハルヒロたちは、道中の森で、巨大な猿のようなモンスター・グォレラたちの襲撃を受けていた。レッドバックというリーダーに率いられたグォレラの群れに苦戦を強いられる。辛うじて追撃を振り払い、逃げ込んだのはオークの出来損ないが隠れ住む村だった……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 灰と幻想のグリムガル10 ラブソングは届かない/十文字青

花冠の王国の花嫌い姫4 縁を結ぶゼラニウム/長月遥

花冠の王国の花嫌い姫 縁を結ぶゼラニウム (ビーズログ文庫)
花冠の王国の花嫌い姫 縁を結ぶゼラニウム (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
まさかの婚約解消から始まる第4巻。
今回ちょっと引っかかる部分もあったりしたものの、イスカが面白かったからまぁいっかー!って気分になりました。イスカかわいいよイスカ。

☆あらすじ☆
花粉症姫まさかの――婚約解消!! 打算から始まった結婚生活第四弾!
大砂漠帝国の侵攻を見事に止めたフローレンスとイスカ。二人は思いを伝えあい、ついに結婚のお披露目を……と思ったその矢先。和平の条件として、フローレンスを嫁がせろと皇帝が言ってきた!二人に反論の余地すらなく、フローレンスは覚悟を決め、イスカに「一年で皇帝と離縁する」と約束。だがイスカとしては、ただ待つこともできず、帝国に潜入しようと考え!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 花冠の王国の花嫌い姫4 縁を結ぶゼラニウム/長月遥

私の心を刺し続ける『菜の花の彼 ―ナノカノカレ―』という漫画について

菜の花の彼―ナノカノカレ― 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)
菜の花の彼―ナノカノカレ― 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

私が今一番楽しみにしている漫画に「菜の花の彼ーナノカノカレー」という作品があります。
新刊を読むたびに刺さりすぎて悶え、続きが気になって情緒不安定になるほど好きな作品です。

高校生の三角関係恋愛を描いたストーリーで、刺さる人には狂わんばかりに刺さる繊細で丁寧な心理描写が持ち味の作品だと思います。

ただし、キラキラした爽やかな恋愛だけを楽しめるわけではなく、どちらかというとドロドロとした重い作風。
話が進むほどに物語が暗く病んでいくクセの強い漫画なので、人によっては合う合わないが激しい部類かもしれません。

ですが、もしも興味があれば、とりあえず2巻(できれば第1部が完結する7巻)まで読んでみてほしい・・・!

この物語を好きになってくれる人が増えることを願いつつ、『菜の花の彼 ―ナノカノカレ―』という作品について紹介していきたいと思います。

続きを読む 私の心を刺し続ける『菜の花の彼 ―ナノカノカレ―』という漫画について

神様は少々私に手厳しい2/守野伊音

神様は少々私に手厳しい 2 (プライムノベルス)
神様は少々私に手厳しい 2 (プライムノベルス)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年3月刊。
異世界転移してうまく言語習得できなかった平凡少女が色々頑張るセカンドトリップファンタジー第2弾。
今回もひたすら笑ってました。シリアスなシーンなのに笑いすぎてもう何がなんだか・・・・・・あー楽しかった! ほんと外では読めない!
今回は前回よりもカズキが酷い目にあっているけれど、表紙のボロボロな姿の理由がもっと酷すぎて、そんなカズキが私は大好きだと思いました。

☆あらすじ☆
十年ぶりに降り立った異世界で無事にルーナと再会できたカズキ。だが、黒曜という肩書の為に命を狙われてしまう。身の安全を守る為、アリスローク・アードルゲの家にかくまわれ、彼の女家族達と楽しい時間を過ごすことに。だが、娼館を襲ったものと同じ集団がアードルゲを襲う。戦争によって大切な人を失い続けてきたアードルゲにある、故人を偲ぶ唯一の絵を燃やさせるわけにはいかないと、カズキは自ら囮となって屋敷を飛び出した。捕らわれた先で地下室に閉じ込められたカズキは、謎の青年ゼフェカに出会う。彼はカズキの「いつまでここにいればいいのか?」という質問に「時代が終わるまで」と答えるのだった―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神様は少々私に手厳しい2/守野伊音